English日本語

Hashtag Search

Search results for "#詩"
  • #落語詩

    詩のマクラも ひんやりと涼しげだったり いきなり雷が光って びしょ濡れにされたり 入り口はワクワクするのだ 詩のサゲは ちょっと微妙な感じだ 言いたいこと 伝えたいことを すべて語ってしまえば 読み手が完成させる作品の 楽しみを奪ってしまう 「………………」へ 誘うサゲもある...
  • #測量詩

    僕は最近 自分を測っている どうやら地図を作るには 必要みたいだ しかし正確に測るには ひとと比べてしまう 悪い癖がある そして デカ過ぎる地図を作っても 歩けなければ意味がない 小さすぎても ぜんぜん面白くもない 地図を片手に いずれ旅に出る まずは 僕を正直に測ることから...
  • #禁煙詩

    タバコをやめ 爪を齧るようになり 指をしゃぶるようになり なんだかイライラして うぎゃーうぎゃーと 泣き始めました そしてサチコは私を抱き抱え 歌うのでした 折れたタバコの吸殻で 男の嘘がわかるのよ と...
  • てにおは君の嫌いなところ

    て君 は 距離感近い説明する に君 は 差し響かせ説明する を君 は 決めつけて説明する は君 は つまらなく説明する...
  • 透明人間

    ずいぶんと 俺は俺を忘れていたよ 昨日の雨 いつもの轍に溜まる水となり そこから青空を見つめ 風に気分よく揺れながら あーだのこーだの考え ゆるゆるに透過する 清々しい俺を感じては 濁りのない幸せとかいって 笑っている素っ頓狂 ああ好きだな 世間とは遠いところで この嵌って守られ 俺がどんな人間だと...
  • #旅詩

    たびたびたびだつ たびなれたたびびとは たびかさなるたびをするたびに たびせんだけがたびたった びたいっせんもないたびびとが たびのそらをみるたびは たびにたびするたびびとのたび たびびとはこれをたびたび たびしいという...
  • ここから。

    「心のどこかで自分の詩に満足しているという不自由」 これに気がつくのに四十年かかってしまった。 ああ、やはり先人たちから学ぶことは大きい。 ここから。...
  • ボクの空と雨ふり 

    初めて書いた詩を覚えている 内容は忘れているけれど ボクはその時に 言葉の連なる絵をきれいだと思った 頭の上を余白の雲にして 落ちてくる言葉は センチメンタルな雨ふり 愉快な雨ふり 句読点を使わないことに ちょぴり不安になった気持ちと 自由になれた不思議があった ボクの思いをふらすと この空は鏡より...
  • #感謝詩

    窓辺 雲の隙間から日が届き タブレットの画面が暗くなり 私たちを見てください  青々した葉が輝き出して 揺れるほどの風に乗り いっしょに踊りませんか の囁きに軽くステップを踏み 手のひらをさし出して 閉ざされた場所から 聴こうとする音楽が流れ始め...
  • #感謝詩

    アーティストたちが 俺たちは音楽を愛している 私たちは絵を愛している なんだかクサイこと言って なんて思っていたけれども ちょっと待てよ 自分を支えてくれた詩に 感謝をしたことのない気付きに 欠けていた心根を知る あたりまえの日常にある詩に これからは有りがきを思い綴ろう...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

Page 1/297