English日本語

Hashtag Search

Search results for "#詩"
  • 詩には ギターもなく ドラムもなく ベースもなく 裸で素を晒している ノリの悪いジャンルを やっているのは 自己満だけじゃないし それにピエロを 気取っているわけじゃない このひとりが めちゃカッコいいからさ 詩にはひとりの度胸が試される...
  • 向こう側に

    あなたは強くて 負けないひとだった だけど弱音を吐くことを知らず 疲れてしまったのね 今は遠くを見ているばかりで あなたは誰になってしまったの それともずっと芝居をしていたの ねえ答えてよ 海の向こうに何を見ているの 私はとなりにいるよ ずっとずっとあなたを見ているから わかったことがあるの 私は弱...
  • だったの涙

    だったの涙 さよなら そんな言葉は知らない だって聞きたくないんだから いつの日か そんな言葉は辛すぎてしまう 会えないのだから 歌うひとだったから 私に勇気をくれた とってもエネルギーになった 泣かないで そんな言葉は言わないで もっと涙がこぼれてしまうから ありがとう その言葉は私に言わせてよ ...
  • #驀地(まっしぐら)

    へとへとになるまで働き 今日という日を詩にして 死んだように寝れる幸せ こんなラッキーを 有難くいただいて歳をとる ひとの顔色も自分の顔色も気にせず 大切だと思う一本道を歩き 時には走って息が切れ躓いて怪我をしても この身体で進める喜びと大きな空 今日も行く明日も行く明後日も行く...
  • #詩書き

    惑わされてはいけない 自分の景色を他人の色に染めてはいけない 表現することは評価を得ようとすることでなく 自分の中にある間違いのない言葉を探し ひとつの感性を露骨に複写していくことだ 誰でもいい自分なら自分は誰でもいいのだから 人間も社会も宇宙も捨ててただ自分が書くために...
  • 鬼ごっこ

    霧の森にいる 突然、彼女は鬼ごっこをしようと言った 足の遅い僕はすぐに捕まってしまう だから鬼をやることにした くすくす笑いながら彼女は逃げてゆく 息を切らし頑張ってみるが 触れることはできないようだ うつむき息を整え顔を上げたら 彼女は視界から消えていた 目先の小枝が揺れている 気配は遠くへ行って...
  • 雪解け

    さらさら重なり ここはどこのあそこ 光は私に反射すればするほど ここはどこのあそこ 静けさに耳を傾けてみると 未知に身体をピクリとさせては 白い呼吸の詩に変えてゆく この静けさは誰が聴く この冷たい切なさは誰が聴く ひとりの景色は 便りの種になり春を待つ たらたら解ける ここはどこのあそこ 雨は自分...
  • #初めて

    思ったより 細くて柔らかい腕に 君を守ってあげなくては と、気づいた気持ちに 僕は驚いています 恋とは違う感情があって 鏡を覗いて見ても まだ僕の顔は頼りなく 愛という言葉は映りません だけど 僕の心より君という初めてに 生きる意味を知りました...
  • #塩詩

    砂糖入れる? わたし 甘党だから三杯で 新築祝いに来てくれた 友だちにコーヒーを入れた どうぞ ブッファッーーー とゴジラが火を吐くように コーヒーが飛んだ どうしたの? と訊くとコーヒーカップを渡された そして私も コーヒーをおもっきり吹き出した ………汚れた新築祝いに笑う...
  • #110番詩

    息子と公園で遊んでいた 公園内をスクーターで乗り回すヤンキー ひとりのお父さんがそのヤンキーに近寄る ヤンキーの足をはらい倒す このお父さん どんだけケンカしてきたんだろう 百戦錬磨の強さだった 110番され ヤンキーは逃げ お巡りさんに囲まれるお父さん ヤンキーを追いかけろよ...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

Page 1/294