Search Bloguru posts

詩は元気です ☆ 齋藤純二

https://en.bloguru.com/shoboter99

freespace

○ツイッター 齋藤純二
https://mobile.twitter.com/@shoboter123

⚪︎リンクㅤネット詩誌『MY DEAR』
http://www.poem-mydear.com/

⚪︎MY DEAR 詩の仲間たちツイッター
https://mobile.twitter.com/mydear2000s

“ # ” のついたタイトルはツイッター詩(140文字以内)

オジサン子ども

thread
私は三歳。ひとは私のことを天才児だと言うが、
前世の知能がそのまま残されて生まれた人間と
いう特殊な誕生をした。その前世でどのような
生涯を得たかは全く分からない。頭の中だけが
オジサン。そう、私はオジサン子ども。客観的
に考察すると、まあ五十歳くらいの精神年齢で
あろう。知能はさほど高くないが、なんせ身体
が三歳なのだから世間は私を天才と騒ぐわけだ。
最近では雑誌、テレビ局やユーチューバー達が
毎日のように私を目当てにやって来る。玄関先
で彼らは母親に出演の交渉をするが、私はまだ
呂律の回らない口で「勝手に私の映像や記事を
流すなよ。きちんと契約を取れた相手だけゲス
トとして質問に答える。ああ、ダメダメ、そこ
の君、録画はダメだよ」と、言った感じで彼ら
の視線の下から話し出す。私の喋りに気持ち悪
がって帰ってしまう者もいるくらいだ。母親は
若く、まだまだ社会経験が少なく騙されやすく
心配の元だ。父親? ああ、そりゃ酷いものだ。
私が再教育したいくらい浅はかな思考の持ち主
で、仕事はろくにしないし、どこからか見つけ
てきた日付の切れた添加物の多い弁当を、三歳
の私に食べさせようとしたり、時には夕ご飯が
抜きとか、一家をきちんと養っていない、どう
しようもない父親だ。まあ、こんな家族に生ま
れて来たら、私がしっかりしなくてはならない、
となる。三歳にして一家を何とかしなければい
けないというのが現状だ。そんな私は最近、キ
ショい子どもなんて言われる。この状況での私
の気持ちなどわかる者などいない。近い将来、
もう少し身体が発達し、パソコンのキーボード
が自由に打てるようになれば、自分の特殊な存
在を生かし、自から世界にジャンジャン配信し、
ユーチューバーとしてこの家族を裕福にするこ
とができるだろう、そう考えている。これが今
の私の夢だ。夢ってほど大したことじゃないな、
目標ということにしておこう。もしかして私は
前世で家族を幸せにできなかった後悔とか持っ
ていたのだろうか。まあ、分からないことは考
えても仕方ない。人生は一度きり、いや二度目
か、そんなわけで楽しんでオジサン子どもして
みるよ。私の身体が大人になれば普通のオジサ
ンになる。それまでの勝負だな。

#詩

People Who Wowed This Post

夏の白

thread
「まさか」の
鋭利たちが刺さり
夏の肺は
黒い空を白く
身近に死を浮かせ
家族の過去と
未来に今を
詰まらせていく

軽症の私は
先に隔離解除され
玄関の向こうで
足枷が照り返しの
風に解かれ
苦い汗が滴れる

まだ高熱が続き
酸素を欲している家族
この雲が
どうか消えますようにと
祈り見上げている




(家族たちは通常に戻りつつあります。お世話になった医療従事者に深く感謝いたします)
#詩

People Who Wowed This Post

背後占い『字念屋』「咲」

thread
ごきげんよう
お入りになって涼んでください
冷たいお茶をお持ちしますね
どうぞお座りになってください

そうでしたか
学校で守衛さんを
もう醸し出す雰囲気から
生徒さんたちに好かれている様子が
想像できますね

それではあなたの背後にある
中核文字を見ていきましょう
リラックスしてください

はい見えました
花が咲くの「咲」の文字です
もともと「咲」の文字は
笑う「笑」の古字でありまして
「山が笑う」と言いまして
春に芽吹き山が華やかになる様子
山に花が咲くように微笑んでいる
そんなひとの心を和ます
素敵な中核文字をあなたはお持ちです

そうですよ
あなたが明るく笑顔で挨拶をされるので
生徒さんたちはハッピーな気分で
登下校されていることでしょう
そして「咲」の念字をみなさんに
そっとお配りして
前向きな気分にさせてしまう
愛しき中核文字です

ただご自身を咲かせるということは
土や光、そしてお水が必要です
これらのエネルギーの源を
しっかりと供給しなければなりません
ご自身の身体を労ることが大事になります
栄養のバランスをとり適度な運動を
心掛けて生活することをお勧めします

そうですか
以前は山に登られていたのですね
それでしたら心がリフレッシュするような
コースで楽しまれてください
あなたのパワースポットである山から
「咲」のエネルギーがもっと得られます
そしてもっと大きく咲いた笑顔をお裾分け
生徒さんからの微笑み返しにほっこりです

世代ですね
キャンデーズの「微笑がえし」
私もよく歌い踊っていましたよ

そうですか
これから夜の見廻りがあるのですね
ご苦労様です
では今日の占いはこの辺にしておきましょう

そのあなたの笑顔
ほんとうに癒されます

そうですね
本日はご来店いただき
誠にありがとうございました
お気を付けてご出勤くださいませ

#背後占い字念屋の詩 #詩

People Who Wowed This Post

リカバリー

thread
夕暮れ時の公園で呟く
どうかわたしが
元気でありますように

紙くずがカサカサと
風に身を引きずられて
踊りたくないのに
踊っている

今は我慢とか頑張りとかを
遠ざけたくて

ベンチに背を丸め座り
黄昏れ空なんか見て
浮き沈み物語は
始まっては消えてゆく

ボールが見えなくなると
賑やかな子どもたちは
わたしに贅沢な時をくれる

もう誰もいない公園
どうかわたしが
元気でありますように

ひとり佇む寂しさに冷され
気持ちがリセットする

ガッシャンと
自転車のスタンドは響き渡り
電灯の照らしが身体を包み込む
優しいお疲れさん

明日も
どうかわたしが
元気でありますように

隙間のできた心で
強くペダルを踏み込めば
風が心地よく
わたしは微笑んでいる

#詩

People Who Wowed This Post

車窓

thread
疲れは揺らされ
そっと我に帰る時
懐かしさへ入り込む

いつかの
切なくて涙を流した
いつかの
悔しくて拳を握った
いつかの
楽しくて腹を抱えた
いつかの
嬉しくて叫んでいた

想い出たちが
暮れては頬を染め

遠くほど
ゆっくり流れる景色
足元を高速で流れる枕木
弧を描く風
意味ある重ねは
窓の向こう
景色と溶け込んで

ひとりの揺れが
胸の詰まりを
息から吐き出させて
曇らせるガラスは
疲れを消す

今日も同じ心へ
帰る幸せに
ありがとうが洩れる

#詩

People Who Wowed This Post

ステイホーム

thread
部屋の中
春の風が嘆いている

グオオ
グオオ
グオオー

きっと俺のいる
部屋なんかには
来たくなかったのだ

そして風は死ぬ

また
次の風がやって来る
窓の隙間を使い
声を出すのさ

グオオ
グオオ
グオオー

俺みたいに
籠った奴になりたくない
そう嘆いているのだ

そして風は死ぬ

もう来ないのかと
待っていた
そう
春の風は止まない

グオオ
グオオ
グオオー

風は心の底から
運の悪さを
低い声で窓も揺らす

そして風は死ぬ

空を吹いていれば
いいものを
たまたま
俺のいるところに

グオオ
グオオ
グオオー

嘆く春の風は
死骸になり
俺の胸を積もりだした

やがてその重さに
俺は耐えきれず
マスクを忘れ飛び出した

#詩

People Who Wowed This Post

#チューリップの緩衝

thread
無口なメッセージは
アスファルトによく響く

向かって行く勇気とシステムの中
君が綺麗だったりする

救われる気がするのではなく
もう救われている

僕と違うから
どこかの誰かとは違うから

君のカラダには届くけれど
色の果ての君を触れてしまったら
繋がりは消えてゆく

People Who Wowed This Post

#君が落ちて来た

thread
君は突然にさよなら
追いかけられる場所でないところへ

猫の悪戯で落ちて来た一枚の写真
今でも若い君 変わらない君
僕はもう身体も心も変わってしまった

取り戻せない青空
痛くても声も涙も出ない悲しみが…

想い出になった君に辿り着いても
「どちら様ですか?」と
君は笑いもせずに言うのだろう

#詩

People Who Wowed This Post

thread
自分を愛していないとか
そんな話ではない

僕が僕でいない僕を
可哀想に思い始めたのさ

ひとの輝きばかりに眩しくなり
世間という椅子に座り
拍手を送ることばかり上手になり
自分からは何も光を放つことなく
足元さえ真っ暗で
どこに居るのかも分からず
誰かが生きる僕になっている

光放つ者から勇気をもらっても
僕のいつかきっとは
いつかきっとのまま
始まりもせず終わりもせず

それならどうなりたいの僕?

まずはそこから始めよう
考えることが僕になるから
思うことが僕になるから

もっともっと僕を探す
誰にでも引けるスタートライン
勇気なんていらない
踏み出した足音を響かせるだけさ

僕が僕へ近づいている

#詩

People Who Wowed This Post

#蝸涎詩

thread
361°のview
カランと氷が沈む勇気
見つめる未来に
ぷかぷか浮かび出す強さ
テーブルに涙の蝸涎
引き摺り進むリアルの光

#詩

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account