Search Bloguru posts

freespace

コズモ

thread
Cosmo (右) and B... Cosmo (右) and Bevo
11/07/2020








自分を戒めるためにも、記録しておく。


・・・


今朝、Cosmoを救急病院へ連れて行った。
なぜ、こうなるまで気付かなかったのか、、、情けなかった。でも、メソメソしても何もならない。
とにかく急いで出かけた。


確実に様子がおかしい、と思ったのは昨夜のことだ。でも、後から考えれば考えるほど、その兆候はあったじゃないか、と自分を責めた。
昨夜、コズモが動かなくなった。動けなくなった。

いつものように寝る前に外へ出そうとしたら、上目使いで見るだけで動かない。どうした?声をかけても動こうとしない。コズモは推定11歳で、最近は随分動きが緩慢になってはいた。だから今回も老犬特有のものかな、と思って小さなトリーツを持ってきた。なのに、食べようともしない。
これは絶対に変だ、と、思った。

無理に動かすわけにはいかないと思って、Bevoだけを外へ出した。後から付いて来るかもしれない、とも思ったが、やっぱりコジは動かなかった。やっぱりおかしい。

呼吸が苦しそうだった。
先住犬のBruceもそうだった。食べなくなって、動けなくなって、そして獣医さんから治療法はない、と言われた。

最近、なぜかCosmoのことをBruceと呼んでしまったことが何度かあって、やだなぁ〜もう〜と、夫と笑い合っていた。そんなことを思い出して、心細くなった。ブルース、お願い、まだ連れて行かないで、と心の中で言った。


コズモが臥せっていた隣にブランケットと枕とを持って行って、ゆっくりと撫でながら一緒に寝た。どれくらい経ったか、コジが自力で立ち上がり、キッチンの方へ移動した。様子を見ていたらそこでまた臥せったので、撫でて声をかけ、わたしはベッドへ入った。
その後、夜中に2度、コジが水を飲んでいる音が聞こえた。立ち上がって水飲み場まで行ったことに安堵し、朝まで寝た。


今朝、コジはびぃ坊と一緒にバックヤードへ出た。自力で階段も降りてきた。コジは動けないかもと思ったのが、びーちゃんの後を追ってきたのだった。少し安心した。そのあと、長い長いおしっこをした。

犬たちを外に出している間に着替えなどを済ませ、びーちゃんは家に残して救急動物病院へ朝一番で向かった。うちの獣医さんは土曜日は8時から12時までだったけど、待てなかった。それに連絡したとしても救急に行くよう言われるだろうと思った。

救急病院に到着すると、「ドアはロックされているので電話をしてくれ」というサインがあった。駐車場からすぐに電話をかけた。受け付けた人は、わたしが直接来院したことに驚いていて、担当の獣医さんには連れて行かなかったのか、などと質問された。事情を説明すると、診察まで時間がかかると思うが待機していて、と言われた。同時に、担当の獣医にも連絡するよう言われ、すぐに連絡した。そこでもまた事情を説明。すると、救急病院に連れて行ったのは正解だった、と言われた。何かあったらメディカルレコードなどをファックスして欲しいことを伝え、それから夫に連絡したり娘にLINEしたり、オンラインクラスの日だったので保護者さんに連絡したり、、、、パニクりながらも、なんとか平静を保つべく、、、


結果から言うと、コズモは緊急手術を受け、今はリカバリー中だ。
腹部に腫瘍があった。開腹した時には、腹腔内での出血がひどかったそうで、「今朝、連れてこなかったら、、、」と言われ、眩暈がした、、、、ごめん、こーちゃん、ごめん。

腫瘍は摘出できるだけ摘出した、とのことだった。出血が酷くてまだ輸血をしているが、状態は悪くない、という連絡だった。神さま、ありがとう。
このまま安定していれば、明日の夕方には退院可能だと思う、とのことだった。

あああああ、どれだけ安堵したことか、、、、、



腫瘍が悪性か良性か、それはまだわからない。
悪性なら、悪性で、この先の治療詳細も決めなければならない。
それでも一命は取りとめた。
とにかく輸血によって貧血状態を改善し、容態が落ち着けばとりあえずは帰宅出来る。
それで良い。
本当に、良かった。


出先の夫も、日本にいる娘も、わたしからの連絡を待っていて、どちらもこの朗報に喜んで、安堵して、神さまに感謝した。ふたりとも口にはしなかったけれど、わたしたちの先住犬たち、Bruce, Pookie, Deweyにもお祈りしていたと思う。わたしは3頭に「ありがとう」と祈った。護ってくれて、ありがとう。まだ迎えに来ないでね、本当に、まだ、早いからね。


コジは脚先に腫瘍が出来て、2度、手術を受けた。
2度目の手術後から、動きが緩慢になった。大好きだったフリスビー遊びも、そんなに出来なくなった。
今回は開腹手術だから侵襲も大きいと思う。
Bevoはまだやんちゃなヤングパピィなので、病み上がりのコジに負担をかけないかも心配だ。
でも、夫が言う通り、コズモが無事に帰ってきてからそれからのことを考えよう。

コジ、無事に元気な姿で帰って来てね。待ってるよ。












#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account