Search Bloguru posts

freespace

amish

thread
01/19/2020








昨日、Kからtextが届く。
I saw this on Facebook. というのが画面に出てきて OMG!!!

てっきり、例のシェルターでの写真がとうとう出回っちまったのか、、、と思ったのだがそれは考え過ぎで、AussieとMini Aussieが新しいHomeを探しているという誰かの投稿を見て、I thought about you.と。わざわざその投稿のスクリーンショットも添えてくれていた。

決してやましいことをしたわけでもないのに(だよね?)、罪悪感のなせる技。ありがとうK、でももう新しい犬、来たんだーと心の中で呟く。その1頭と1匹は、飼い主さんが倒れて入院、もう自宅には帰れないということで引き取り先を探しているようだった。Aussieは8歳のメス、Mini Aussieは8歳のオス。一緒に引き取ってくれるところを探しているらしい。顔本ではよくあることみたいだ。個人的に投稿したものが拡散される。良いことなのだろうけれど、あまりにも気軽な感じがして素直には賛同出来ない自分がいる。


Bはだんだん慣れてきた。これまで、人間の家の中、というのを知らなかったようで、あちこち探索している。何もかもがBにとっては未知のもの。特にTVには驚いたようだ。我が家のビッグスクリーンTVの前に座って、首をかしげる姿が面白かった。なんでここから音が???とでも思っているのか。それから鏡に映る自分の姿にも驚き、どうしたら良いか戸惑っていた。


昨日、Heartworm treatmentを最後に投与したのがいつだったのかをシェルターに問い合わせた時、BはAmish Familyのところにいた、ということを聞かされた。夫が我が家でのBの様子を伝えながら、こんな愛らしい犬を手放すなんて信じられない、素晴らしい犬だ、といったことを話した際、譲渡時には不在だったシェルターのマネージャーが言ったらしい。「Amish Familyは時にそうやって不要な犬をシェルターに置いて行くんです。」少々意外な感じもしたが、よくよく考えるとなんとなく納得した。Bは放飼いのような状態で、敷地内にある納屋の隅ででも眠っていたのだろう。


このところ、犬のことばかり書いている。違うこともメモしておこう。

いつの間にかハイキュー!!が始まっていた。
新しくなったという2020年版のW-4がよくわからない。
補習校が2週連続休校になったが予備日は1日らしい。よって卒業式は1週遅くなる見込み。
中島みゆき嬢が全国ツアーをやめる。でも、コンサートは続ける。彼女が引退する前にいつか行きたいものだ。
極寒用のロングコートを探している。せめて膝下15cmくらいのもの。



 ・・・

HTMLタグでAmishのリンクを入れてみたが、その部分から日記の内容が反映されないので消去。








#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

積もった!

thread
積もった!
01/18/2020









昨日はちょうど正午頃から雪。降り始めたかと思ったらあっという間に積もった。予報どおり!

積もりすぎると除雪作業がもっと大変になるので、まだ雪が降っている間に第1次の除雪。その後、また除雪。でも夫がいたので楽ちんだった。この時季は夫不在のことが多く当然ひとりで作業するので、ありがたいのなんのって。


午前中の早い時間と午後からと散歩へ。George改めBと名付けた我が家の新顔。熊みたいな顔。なんもわからんやんちゃ坊主。








#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

6連休

thread
01/17/2020






昨日の夫の検査は全てうまく行き、結果も上々。予想以上に早く終わったのは予約の時間より早めにチェックインしたおかげかも。

検査が無事に終わったと言われて夫のところへ誘導されたら、彼はまだ麻酔から醒めていなくて眠っている状態だったが、しばらくして医師がやって来てトントンと彼を起こし検査結果の説明を始めた。夫は良い知らせに喜んでいたが、まだ半分麻酔が効いていたのだろう、呂律の回らない口で色々と話すものだから笑ってしまった。

麻酔から完全に(?)醒め、なおかつバイタルサインが安定してからのリリースだったので、病院を出たのはその後40分くらいしてから。とりあえず近くのBakeryで軽くランチをとり、急いで帰宅。Cにも食餌を与え、いざ某シェルターへ。

夫が運転出来ないのでわたしが代わりに運転。Googleで調べた時間よりは早く着くかなと思っていたのだが、途中、単車線のカントリーロードで大型トラックの後に付きなかなかpass出来なかったり、小さな町(村?)を通ったりで意外と時間がかかった。

シェルターで、晴れてGeorge(シェルター名)に会う。か、か、かわい過ぎる、、、、、!!
シェルタースタッフは、わたしたちが片道4時間近くかけて来ることに加え、暴れ馬のようなGeorgeを本当に欲しがるのか、ものすごく心配だったようだ。Cとのマッチングが上手くいった後にも、本当にいいんですね?と、驚いていた。そして、入れ替わり立ち替わり、約2ヶ月いたらしいGeorgeに「おめでとう」とお別れを言いに数名のスタッフが来てハグしていた。「みんなGeorgeが大好きだったんです」。わかるよーーーー!!

書類が整いお代も済ませてから、写真を撮ってもいいかと言われたので、もちろん、と答え、George君とCとわたしたち二人で記念撮影。スタッフの若い女性は「チチチチチ!」とか言って犬たちの視線をとても立派なカメラに向けさせ連写していた。


シェルターを出る前に娘に(わたしたちが撮った)写真を送った。彼女にはGeorgeのことを一言も話していなかったので驚くぞ〜とか言って。
帰宅途中、わたしは運転していたので携帯を見ることが出来なかったのだが、LINEがぶんぶん鳴っていたので、代わりに夫からtextして説明してもらった。彼女は心底驚いたらしいが、すぐに喜んでくれた。そしてしばらくして・・・

Found you guys! lol lol lol

というtextとともに一枚の写真が送られて来た。そこにはなんと、わたしたち二人とCとGeorgeが写っている。あ、これは、、、、なんとシェルターで撮影されたものだった。

ヤバイーーーーーーーー!!

マズイでしょ、わたしの顔、顔、顔、、、、、写ってるよ!!

運転しながらかなり動揺。どうやって顔本に出て来たのか訊いて!!夫は夫で顔本を(アカウントはあるらしい)しない人間だ。タグされていたのか?と訊いても何を言っているのかわからない様子。娘に訊け〜〜〜!!!

娘の話ではシェルターのWebサイトに顔本のリンクがあったので跳んでみたらそこにあった、とのこと。タグはされていない、とも。また、夫がわたしの氏名を入力しても顔本上では出てこない、と言うのでまぁ大丈夫だろう。(てか、夫の検査が午前中で終わったと言っても、付き添ったのは事実なんだからこんなにビクビクする必要もないんだろうけれど、、、、)

また、シェルターの書類には夫の名前しか書かなかったと言う。「だから例えタグされていても大丈夫なんじゃないか?」「わからん。顔認識、とかいうやつがあるからそれで出てきたりもする。かも?どういうシステムかわからんが。」「だから顔本は好きじゃないんだ!」「わたしもだよ!」と、なんか熱く語り合ってしまった。
やっぱりSNSは侮れないね。自分の知らないところでこんな風に顔が出ちゃってるんだから。あのシェルターの人も許可を取るべきだと思ったが、「写真撮って良い?」の意味がここまで含まれていたんだろうね、、、、と、アンチ顔本のわたしたちにはショックな出来事であった。


昨夜は20:30頃に帰宅。往復8時間のドライブにヘロヘロ。とにかく晩御飯を軽く食べたらさっさと寝てしまおう、と思っていた矢先、

All classes canceled on Friday, January 17th.

のtextが・・・・!!


これで、まさかの6連休となったわたしでした。最高!







#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

2連休

thread
01/10/2020






昨日は思いがけずAll classes canceledという連絡が入り、休みになった。驚いた。2 hours delay startはあるかも・・とは思っていたが、まさかの休校。金曜日からまた天気が悪くなるという予報はさんざん聞いていた。が、昨日の予報に関してはどの局もここまで酷いとは予測出来なかったようだ。気温と湿度の関係で、(雪でもFreezing rainでもなかったのだが)広域にわたって路面が凍結したらしい。ブラインドを上げると、PC部屋の窓も凍っていて外の様子が見えないほどだった。今年度初の休校。ラッキー!


で、今日は夫の検査に付き添う(送迎)ためにあらかじめ休み(Family sick leave)を取ってある。したがって2連休。最高!



 ・・・


ここから小声で。

実を言うと今日この検査が終わったら、某州のhumane societyへ向かう。いわゆるアニマルシェルター。夫がそこにいる1歳7ヶ月になるオゥシーを見つけて連絡を取り合っていたらしい。夫の予定としては火曜日に引き取りに行くつもりでいたようだが、Cと引き合わせるための獣医関係の書類が間に合わず、今日となった。先にも書いたが、今日は夫の検査の日でそのために休みを取っていた。検査は午前で終了するだろうが、麻酔の関係で夫は運転できない。自分が運転するのは構わない。道路状況も今日は大丈夫だし。ただ、定時の14:45まではあまり目立った行動はしたくない。バレたら病休取っておいて・・てなことになり兼ねない。見つかることはないだろうけれど、、、顔本もしてないし(してても投稿しないが)Instagramにも投稿はしないつもりだから、まぁバレることもしないのだけど、、、、


と言うわけで、今日、新しい犬を引き取りに行くということはまだ公表していない。ここで言っちゃったけど、知り合いでこれを読んでいる人はいないので大丈夫(てか、アメ人に読まれてもわからないか!)



州外のそこまで、Googleマップで調べると3時間42分と出ている。え、、、そんなに遠いところなの、、、、

夫の検査も、Cとのマッチングも、どちらもうまく行きますように。








#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

National Spouses Day

thread
01/15/2020






昨日の午後、同僚のPの夫が職場に来た。最初は、てっきり彼女が早退するとかで迎えにきたのかと思った。が、そのままBreak timeを一緒に過ごした。Pは新婚さんで(それでも1年は経ったか?)とても嬉しそうに、そして弾けるような笑顔で彼をみんなに紹介していた。彼もニコニコと一人一人に挨拶していた。そして、15分の休憩の後、帰って行ったらしい。

謎の訪問だと思っていたら、Kが
" Today is National Bring Your Husband to Work Day."
と言う。

へ???そんなのがあるんだ???てか、それしちゃうんだ!?



新婚さんはキラキラだ。








#日記

People Who Wowed This Post

ショートカット

thread
01/14/2020







引っ越しした。
今度の家は辺境の土地のよう。家のすぐ近くに森がある。というか、森の中に家がある。

義母が彼女の犬Hを「じゃ、しばらく預かってね」と言って帰って行く。え?そんな話、聞いてなかったんだけど、、、。

古いがとても大きな家。ところどころ改修すればなかなか良い住処になりそうだ。
と、どこからか知らない連中がドヤドヤとやって来た。15人くらいはいる。老弱男女、見た目もバラバラ。パンク風な格好の人もいれば作業服姿のおじさんがた、小洒落たおばさまがた。一体何事かとこちらが驚いているのにも関わらず、彼らは使えそうな部屋を占領し、宴の準備を始めた。夫は遠くでその中の誰かと話をしている。近所(近所なんてものなさそうだが)の人たちなのか?それとも夫の知り合いか?

夫に訊くと、夫の友人の知り合いで、どこからかわたしたちの入居を知り、歓迎会をしてくれるのだと言う。いやいやいや、歓迎会というよりただの飲み会でしょう。

人見知りなわたしは挨拶こそすれど、何をどう話したら良いのかわからない。なんで人の家に勝手に来てこんな陽気に飲み食い出来るのだ?と、不思議な気持ちにすらなった。

で?どこから来たの?
ショートカットの若い女性に声をかけられた。地名を言ったって知らないだろうなぁ、、と思いつつ、答えると、今度は「チガウ、ニホンノドコカラ?」と言ってくる。え?日本語喋るの?と、びっくり。変なイントネーションもない。でももう長いこと使ってないから、と言う。なんでここに?と聞きかけて、辞めた。なんとなく。

しばらくして、年長の男性が(かなり酔っている)場所を移動するぞ!とか言い出して、皆がそれに賛同する。あぁ良かった・・・と安堵していると、主役も一緒に!などと言われて連れ出された。嫌だ嫌だ嫌だ、行かなくても良いよね?そうシグナルを夫に送るのだが、夫はしょうがないだろ、という顔で返事をする。えええええ、、、、

幌のついた古いトラックの荷車に何人かと一緒に乗り込まされた。もうどこをどう走っているのかもわからない。ほどなくして、会場?に着いたらしい。皆、飛び降り、そのビルの中へと入った。

そこは街中で、我が家からそう遠くないところにこんな都市があったのか、と驚く。でもなんとなく廃れた印象。あまり良い場所ではないのかもしれない。なんでこんなところに引っ越すことになったんだろう、と、今になって少し後悔する。

大きなホール一体がバーのようなカジノのような、そういうところに人々は散らばり、もう誰が参加者なのかなんなのかわからない。しかも夫ともはぐれてしまった。どこにもいない。携帯も使えない。知っている人もいない。だんだん心細くなる。

と、さっきのショートカットの子と目が合った。「あの!帰りたいんだけど、どうやったら良い?」思い切って訊いてみた。彼女は肩をすぼませ、後でね、と言う。どうやらこれから仕事らしい。

どうしよう、、、犬たちのことも心配だ。泣きたくなる。とりあえず外へ出ようとするが、ビルの中は迷路のようでどうやったら階下へいけるのかもわからない。


・・・続き・・・


ホールでサーバーをしているらしき、若い男の子に声をかけた。まだ少年のような子だったので、話しかけやすかったのかもしれない。彼は、英語があまり得意でないようだ、どこかの国の言葉をまじえながら、多分ここから出るのは難しいよ、というようなことを言っている(或いは、教えるのが難しい、ということなのかもしれない)。ガッカリだ。夫も見つからない。もうどうすれば良いのかわからない。

とにかく下へ降りないことには外へ出ることすら出来ない。盲滅法に歩き回っていると、回廊に出た。見ると、天井は大きな吹き抜けになっていて、とてつもなく広いホールが下に見える。降りるところ降りるところ・・と呟きながら見渡すと、回廊の柵の一部に積み木のようなオブジェが掛かっていて、よく見るとそれは下まで続いているようだ。よし、これはもうあれに乗っていくしかない。

下を見ると怖くなるかなと思ったが、積み木(?)は無造作に積み上げられていて、案外、下はよく見えなかった。おかげで目がくらむこともない。が、何個か渡っていくと、さっきのサーバーの子がわたしを見つけて大きな声を出したモンだから驚いてしまって、おおおおおお、、、、、バランスを崩してしまった。と、下の様子が目に飛び込んで来て思わず眩暈がする。

突然、腕を誰かに捕まれた。「何してるのよ!!」見るとさっきのショートカットの子だ。無理やり回廊へと引き戻され、仕事が終わるまで待ってくれれば、と言う。え、いいの?ホッとしてお礼を言おうとして、彼女の服装が変わっていることに気づいた。スパンコールのとても短いドレスを着ている。肩ひもなんか糸で出来ているのかと思うくらいに細い。

わかるでしょう、仕事を休むわけにはいかないのよ。
そう言って、彼女は少しだけ笑って見せた。それから、「終わるのは遅いけれど一緒に帰ろう。」と言った。


わかった。ありがとう。
そう答えながら、一緒に帰ろう、、、帰ろう、、、あれ?帰る?一緒に?あれ?もしかして彼女はわたしと一緒に暮らすつもりなのかな?と、なぜかそんなことを思い、少し不安になった。でも、彼女しか頼る人はいないのだから、とりあえずは大人しくここで待とう。
夫はもう家に帰ったのだろうか。犬たちは大丈夫だろうか。あの家、どうやって変えようかな、、、、あ、彼女はどこに眠るんだろ?






・・・


見たことのないショートカットの子。よーく見ると少しアジアの血が入っているのかもしれない、と思う。誰なんだろう?「本心」に出てくる三好さん?

目覚めた時、ものすごく疲れた。











#日記 #ユメモ

People Who Wowed This Post

あさんぽ

thread
01/13/2020







週末はどこにも出かけなかった。というか、車を運転しなかった。道路状況は土曜夕方には改善していたけれど、出来るなら運転したくない、というのが本音。
外へ出たのは我が家のバックヤードと、Cとの散歩で近所のみ。相変わらずバックヤードは芝生が凍っていて、歩くとまるで精巧なガラス細工を踏み潰しているような罪悪感すら感じる。Cにはブーツを履かせないと危険なレベル。

Dがいなくなってわたしも仕事を再開し、日中Cのみでの留守番が始まったのだが、なんとなく不憫。これまでCはいつも他の犬と一緒だった(最初に迎え入れた頃はBもいた)ので。
というわけで、いつまで続くかわからないがこのところずっと仕事前にもCを早朝散歩に連れて行ってる。午後からのように長く歩くわけではなく、せいぜい15-20分程度。これから冬本番になって気温が下がると朝の散歩も難しくなりそうだけど、、、出来る限り続けるつもりではいる。


さて、そろそろ散歩へ行く準備〜。










#日記 #犬日記

People Who Wowed This Post

Freezing rain

thread
水滴がそのまま凍ってた。 水滴がそのまま凍ってた。 我が家のバックヤード。お隣さん... 我が家のバックヤード。お隣さんの木の枝が氷の重みでこっち側へどどーんと垂れ下がっていた。 この木の他にも枝が折れてしまっ... この木の他にも枝が折れてしまっている木がいくつか。Paper birch? は弱いのかな?近所を歩いただけで3軒ほどのPaper birch treeの枝が折れていた。
01/12/2020







金曜日、いや木曜日からか?週末にかけて悪天候になるというニュースで持ちきりだった。Kなんかはそれこそ "updating every 2 hours" だと同僚のAに伝えると大笑いしていた。Midwesternは天気に 敏感 真剣なのだ。

昨日の朝は予報どおりのFreezing Rainで、外はすごいことになっていた。補習校も休校。ローカルニュースでは、金曜の夕方からずっと土・日曜日の学校関連のアクティビティほぼ全てキャンセルとなっていた。

朝、Cをまずバックヤードに出すと、彼はりすを追いかけてたたーーーーーっと駆けて行ったのだが、その時は足場がそんなことになっているとは思っていなかった様子。しばらくして「なんだこれは、、、」と戸惑っている感じで笑えた。のも束の間、足裏が相当痛かったみたいで(そらそうだ!)ヨロヨロとし始めた。慌てて近くまで行き、中へ入るよう誘導。きっと雪のほうが暖かいんだな、と思う。


Cにブーツを装着させて朝の散歩へ。わたしもスノーブーツにYaktraxを装着。
外はまさに氷の世界♪ 芝生の1本1本、木の枝の1本1本まで見事に凍っていた。歩くとジャリジャリ。

DrivewayとSidewalkに融雪剤を撒いていた男性に"Good morning!"と声をかけると、"Nice day, um-hum?"と返された。すかさずわたしも、"Yup, finally!"


冬が戻ってきた。









#日記

People Who Wowed This Post

Greeting card sales

thread
01/11/2020







年賀状が10年で10億通消えたらしい。
数字そのものにはピンと来ないが、激減という意味ではそらそうだろうなと納得。
わたし自身、年賀状をそれこそ20年以上利用していない、と思う。(厳密に言うと、一時的に日本で暮らしていた約3年間は、娘が友達に出したいとかで彼女のために買ったことはあった。)
自身が出さないのだから、もちろん年賀状が届くこともない。だから元日に郵便が届くのをドキドキしながら待つというのも、もう随分昔の記憶だ。(大)昔は絵を描くのが好きだったのもあり、年賀状は必ず無地のものを選んでデザインを決め、まずは絵を描いたものだ。あーなんか遠い目。


こちらには当然ながら年賀状はない。代わりになるのがクリスマスカード(Holiday Cardと言うべきかな)だが、郵送されてくるのは昔に比べると少なくなった、と思う。昔は色々なカードホルダーがあって、届いたカラフルなカードがそのままクリスマスデコレーションになったものだ。

それでも、カード交換自体はごくごく普通に行われている。家族、職場、友人間で。
1通99centという格安の(しかも結構素敵な)カードも多くあるが、1通$3.99-$6.99といったカードが主流で、お店のカード売り場は結構広い範囲をとっている。複雑な作りのデザインや手の込んだカードなんかはもっと高い。それでもアメ人はカードが好きなんだと思う。暮らしに根づいているのかな。Holiday cardの他にはBirthday card, Thanks card, Get well card, sympathy card, Easter card, Thanksgiving card, Valentine card, etc. 妻、夫、娘、息子、母、父、義母、義父、姪、甥、などなど、相手別になっているのもある。こんな記事Greeting cards are still a thing in the digital age.も見つけた。


実際、冬休み明けに仕事に戻った際、同僚のAからカードをもらった。彼女はわたしのインスタをフォローしていて、Dが亡くなったことを知った。その時にもダイレクトメッセージが届き、(普段は絶対にそんなことしないのに)コメントも残してくれていた。
ただ1通のカード、でも、ものすごく元気付けられたカードだった。



今年もクリスマス後に翌年分のクリスマスカードを購入した。半額!
もうすぐ夫の誕生日(娘と同日なのだ)なので、そのためのカードと、その後すぎに来るバレンタインのカードをそろそろ買わなくちゃ。













#日記

People Who Wowed This Post

転職

thread
01/10/2020







娘から、内定が決まっていた2社どちらも断った、というLINEが来ていた。
あらーーーーー残念。
この前話した時には「受けようと思う」と言っていたのだが、直前になって考え直したらしい。
「気持ちよく入社します、と言えなかった」と。
ビビったか?

いや、思うに、今の会社が良い、ということなのだろう。


あーあ、転職するとなるといよいよ春休みにこっちへ帰ってくるかな、と期待していただけので残念、、、、!!











#日記

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/181
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>