Search Bloguru posts

Tai - Diary

https://en.bloguru.com/tai

毒麻疹

thread
私は1〜2年に一度、蕁麻疹が出ます。20〜22歳の頃に初めて発症し、救急病院へ連れて行ってもらい、抗ヒスタミン剤を点滴してもらったところ、即効性があった記憶があります。直前に食べたのが天津飯で、卵が痛んでいたのだと思いますが、確証はありません。何かの食あたり、また夏の高湿度による疲れもあったと思います。

今月も発症してしまいました。寒い時期にも関わらず、身体全体が熱を持ち、過去最も酷い状態でした。何もしなければ、回復まで1ヶ月かかる事もありますが、今回は病院へ行き、約10日で回復しました。


  • 2/3
    昼食にイワシの開き2枚。
    夕方、何か腕にプツプツ出来ているのに気付くが、あまり気にしなかった。
    夕食にイワシの煮干し。
  • 2/4
    深夜、身体中が痒くなり出し、身体中に蕁麻疹が出ているのに気付く。
    調子は悪いが、会社へは行く。
  • 2/5
    痒みにより注意力が散漫で、午後退社し、皮膚科へ行く。
    蕁麻疹とは、湿疹が不定期に出たり引っ込んだりする症状。
    私のものは、体内に異物が侵入した事による拒否反応であり、見た目も蕁麻疹のそれではなく、正しくは毒麻疹と説明される。
    薬を処方される。
  • 2/6
    出社。服と皮膚が擦れるのが辛い。特にお尻が真っ赤。
  • 2/7
    回復の傾向が見られず、馴染みの内科へ行き、抗ヒスタミン剤を処方してもらう。
    即効性は無かったが、これを点滴してもらうと、体内がひんやりして気持ちいい感じがする。
  • 2/8〜11
    快方へ向かう。


発症前後に食べたものの中で、唯一疑われるのはイワシらしい。アレルギー症状は複数の組み合わせで発症するらしく、例えばイワシ・乳製品・疲れ・花粉症など。何のアレルギーか検査するのは可能だが、高額だし、判明したとしても治療出来ない。それよりも、発症時に、今回のように点滴に来ることをお勧めされた。
#health

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account