Search Bloguru posts

Diary

https://en.bloguru.com/tai

仮想通貨

thread
仮想通貨
証券会社で取り扱われ、カナダではATMができ、学生が興味ある分野で上位にある「仮想通貨」ですが、イギリスの政府企業Axelosは、添付のメッセージをメルマガで発信していました。彼らが取り扱う資格の更新を推進するためのものですが、イギリスの見解と考えると面白い。
#finance

People Who Wowed This Post

出産祝い

thread
出産祝い
去年の旅行でお世話になったドイツの同僚に子供が生まれたので、お祝いにタオルを選びました。送料が商品よりも高かった。
#shopping

People Who Wowed This Post

大阪万博の出来事

thread
大阪万博の出来事
友人に誘われて、先週初めて大阪万博へ行きました。栄えた町で、人が非常に多くて驚きました。万博の跡地にモールが出来ていて、見たことがないブランドが多数入っており、また食事が高かったです。

記念公園の敷地内にある美術館へ行く予定で、公園の入口でチケットを買いました。公園内に入り、美術館でチケットを提示すると、その美術館以外に別の美術館があるらしく、私が購入したチケットでは入れないと言われました。チケットは返金可能と言われたため、しばらく公園内に滞在し、後で返金することにしました。その後、公園の入口へ戻り返金を依頼すると、受付は16:30までで、返金が出来ないと言われました。

おかしなところ、いっぱいありませんか?
- チケット売場の店員は、複数の美術館の存在に言及しなかった
- 同じ敷地内で、チケットが統一されていない
- 返金できると言った美術館の受付
- 想定外に対処しない従業員
- 何十年も運営していて、私が初のケースでは無いはず
#trip

People Who Wowed This Post

PRINCE2の更新方法

thread
PRINCE2の更新方法
先日取得したPRINCE2 (PRojects IN Controlled Environments, 2nd version) は、イギリスの半官半民のAxelos社によるプロジェクト管理の資格で、初級試験と上級試験の2種類があります。更新不要でしたが、2017年から上級試験の更新が必要になりました。また、従来は日本語の試験が準備されていたそうですが、2018年は試験のバージョンも更新され、今はどうやら英語のみ。よって日本人は特に再試験のハードルが高いように思います。そこで、更新費用の支払いと、プロジェクト管理における活動を自主申告する事で、再試験を受けずに済むプログラム (Continuing Professional Development, CPD) が始まりました。しかし、これも現時点は日本語の情報がありません。本日重い腰を上げ、情報収集および、来年度の更新の準備まで整ったので書いてみます。

この資格の存在を教えてくれた元同僚(イギリス人)は2016年に取得しましたが、当時は更新不要で、この状況を知りませんでした。「費用対効果を考えると、自分は更新しないかも知れない」との事。また、私が通ったイギリスの学校(オンラインスクール)は、自社サイトである程度の説明はありましたが、あくまでもトレーニングを提供する学校であり、詳しくありませんでした。(小さな学校のようなので、更新必要となった事による受講者の減少を懸念した可能性もあります。)尚、トレーニングは10万円前後と高価ですが、日本の学校(おそらく東京のみ)で受講する場合、私が通ったイギリスの学校の1.5〜2倍かかります。

・初年度の会員登録費は£50。2年目の更新費は£30。3年目以降は£20。(1GBP = 147円)
・資格の維持に、毎年20ポイントが必要。ポイントが貯まると、資格所有者の印であるバッジをもらえる。
私はイギリスの学校に通った事で、登録費無料。また、資格取得後3ヶ月以内に会員登録を済ませたため、バッジもポイント無しで取得。3ヶ月後に会員登録した場合は15ポイントを取得し、残り5ポイントを自主申告し、バッジがもらえる。

・15ポイントは、受講したクラスや、Axelosが準備している教材などで取得するらしい。
・残り5ポイントは、プロジェクトに関連した仕事やコミュニティ活動を申告し取得する。
私は既にバッジを取得したので、この1年はポイントの取得は不要。次の1年を考える必要があるが、ポイントは今から温存しても良く、失効期限は無いらしい。学校で受講したクラスが該当し、15ポイント取得。残り5ポイントは最近の仕事を申告。今のところ第三者の評価は無く、自動的に取得。次の1年の20ポイントを取得完了した。

・今のところ更新難易度は低い。しかし会員サイトの利便性が悪く、英語を読み聞き出来ないと厳しい。
情報がWebページ、PDF、動画と散乱している。更新の一点に集中するならば、動画説明で理解できる。結局は単純作業であり、手順さえ分かればすぐ更新できる。但し、始まったばかりのプログラムであり、今後の更新方法が変わる可能性は十分あると思われる。
#study

People Who Wowed This Post

最強ヘッジファンドLTCMの興亡

thread
最強ヘッジファンドLTCMの興...
先日の試験勉強もそうですが、私は物事を進めるのが遅く、1冊の本を読み切るのに骨が折れます。この本は淡路島サイクリングの時に持って行った事から、5月には読み始めており、今読み終わったので、少なくとも5ヶ月以上かかりました。450ページは多いですね。内容は大体分かったので、後半は流し読みでした。

LTCM (Long Term Capital Management) という、90年代後半のヘッジファンドのノンフィクションです。彼等が考案した、各国の債券を運用する方法には莫大な資金が必要でした。その顔の広さから、世界の銀行と投資会社、日本なら野村證券が彼等に投資。ファンドは大成功を収めましたが、ロシア危機に適応出来ず、その途方も無い資金を一挙に失い、世界恐慌を起こしかけました。

その場にいたかのような描写。狭い世界かつ秘密主義の関係者もいる中、インタビューで情報収集したそうで、主に人間模様の本です。もう一冊LTCMの本を購入しています。そちらは金融工学についてのようで、少し楽しみです。
#book

People Who Wowed This Post

2017/05/04 - 2017/05/05 BWN - KUL - KIX

thread
ブルネイ市内の観光は実質2日。マレーシアで足止めされる事もあり短い旅行でしたが、あまり見所がない上に交通機関がバスで不便なので、十分な期間でした。

旅行のひと月前の3/29、廃車になるほどの車の衝突事故を起こしました。幸い双方に怪我はありませんでしたが、大事になっていればこの旅行はありませんでした。保険会社とのやり取りは続いていましたが、ゆっくりと時間が流れる国で、しばしの間リラックス出来ました。

帰りのバスを待っていると、一般車がバス停に止まり、乗車を促されました。バスを待つので大丈夫と断りましたが、あれに乗るとどうなっていたのか謎です。タクシーの一種だったのか、ただの親切な人だったのか。

メモ帳に2015年末の故宮博物館のチケットを挟んだままでした。今も挟んだままです。
IMG_7373

空港のThe Coffee Bean & Tea Leafで食べた辛口チキンパイが、この旅行で一番美味しかったです。
IMG_7375

アバターの写真はここで撮りました。
IMG_7379
IMG_7382

クアラルンプールは空港の時点で既に面白そうで、この時に次回の旅行をクアラルンプールに決めました。今年末はクアラルンプールで過ごします。
IMG_7389
IMG_7393
IMG_7394

読んでいませんが、有名どころの新聞がもらえて嬉しかったです。
IMG_7397
IMG_7422

南シナ海の雷雲。先程iMovieで、生まれて初めて動画編集をしました。
2017/05/05 Thundercloud over South China Sea
#trip201705brunei

People Who Wowed This Post

2017/05/03 Brunei

thread
各地にモールが点在し、それぞれ行ってみたかったのですが、交通手段がバスに限られ難しかったです。とりあへず最も人気がありそうな「The Mall Gadong」へ行きました。同じホテルのフィリピンの若い団体客も同モールへ行く予定でした。共にバスで移動し、モールで別れました。

IMG_7292
IMG_7294
IMG_7297
IMG_7298
IMG_7299
IMG_7300
IMG_7301

モールとホテルが隣接しています。このThe Rizqun International Hotelは五つ星で、私が泊まったホテルの2倍の宿泊料です。
IMG_7308

この後、Jame' Asr Hassanil Bolkiah Mosqueへ向かいました。徒歩には向かない道路で、また殺人的に暑く、到着時は汗だくでした。

IMG_7314
IMG_7320
IMG_7322
IMG_7324
MVI_7334
IMG_7335
IMG_7338
IMG_7343

礼拝所を見学出来る時間帯があり、休憩がてら待ちました。見学時にフィリピンの旅行客と再会。私と同じルートのようでした。礼拝所は、壁のアラビア語や地面いっぱいに敷き詰められた絨毯など、アートを見るようでした。
IMG_7351
IMG_7354

この後モールへ戻り、少し格調高いレストランで昼食をとりました。団体客向けのようで、時刻も3時を過ぎ、客は私一人でしたが、普通に食事できました。バナナの天ぷらとじゃこ天味のクリスピーで美味しかったです。6B$ = 500円位だったと思います。
IMG_7361
IMG_7364

ホテルに戻り、敷地内のレストランで夕食。
IMG_7369
IMG_7372
#trip201705brunei

People Who Wowed This Post

2017/05/02 Brunei: Downtown

thread
ブルネイの首都、Bandar Seri Begawanは、ダウンタウンに施設が集中しており、まずはダウンタウンへ向かいました。


ホテルの敷地内の服屋さん。
IMG_7182
IMG_7186

歩道が無い場所もあり、徒歩は注意が必要ですが、概してドライバーは安全運転で、一旦停止してくださる方も多いです。
IMG_7187
IMG_7188

ダウンタウンに到着。日が照ると暑かったです。
IMG_7189
IMG_7195
IMG_7197

アメリカの「The Coffee Bean & Tea Leaf」が幅を利かせています。暑いので、到着後しばらく店内で過ごしていました。バカンスか、年配の白人をちらほら見かけました。
IMG_7200

中心街にも関わらず活気が無く、空のテナントを幾つも見かけました。写真の奥に見える、Omar Ali Saifuddien Mosque (Masjid Omar Ali Saifuddien) へ向かいます。
IMG_7203

時間帯が合えば、イスラム教徒でなくとも礼拝堂の見学が可能です。高い天井から吊るされたシャンデリアの間を小鳥が飛び回る、非現実な光景を目にしました。写真は、この時の見学者が私と同じメーカーの靴を履いていて、珍しかったので撮りました。
IMG_7211
IMG_7216
IMG_7226
IMG_7227

天気がすぐに変わります。同日、スコールに逢いました。後述します。
IMG_7230

カンポン・アイール (Kampong Ayer) という水上集落へ向かうボート。観光の一つで、数十メートル先から声を掛けられます。川の水が茶色かったのと、カメラの故障を避けたかったため行きませんでした。
IMG_7231

デパートは特に目ぼしいものはありませんでした。このデパートに限らず、パチモンが売られているようです。Daniel Wellingtonという時計は2万円位しますが、10B$ = 800円で大量に売られていました。
IMG_7232

日本のカー用品が多くありました。
IMG_7233

香港レストランで昼食。食材に制約があるのか、美味しくなかったです。台湾旅行の時の香港レストランもイマイチだったので、香港料理が好みでないのかも知れません。
IMG_7235

このデパート内をうろついていました。
IMG_7237

とにかく暑く、危機感を持って観光しました。
IMG_7239
IMG_7241
IMG_7244
IMG_7247
IMG_7249

Royal Regalia Museum (Muzium Alat Kebesaran Diraja)。無料の歴史博物館です。日本を含め、各国からの寄贈品も展示しています。
IMG_7262
IMG_7264
IMG_7271
IMG_7275
IMG_7279

野生の猿がいて驚きました。
IMG_7283

Gloria Jean's Coffee。少し休憩し、ホテルへ戻りました。
IMG_7285

ブルネイは、アラビア語、マレー語、英語の3言語を見かけます。
お店の看板は、英語とアラビア語。
街中の標識や会話は、マレー語と英語、という感じです。
マレー語はアルファベットが使用されるので、英語と共に書かれた標識は読みにくいです。また、英語が公用語と思っていたところ、マレー語しか話さない人もおり、そういったレストランやバスの運転手には戸惑いましたが、優しくて愛嬌のある方が多く、問題はありませんでした。
IMG_7287

ホテルの敷地内のスーパーで買い物後、集中豪雨と共に雷が鳴り響き、怖い思いをしました。国民は慣れたもので、談笑しながら雨宿りをしていました。
MVI_7288
#trip201705brunei

People Who Wowed This Post

2017/04/30 - 2017/05/01 Brunei via Malaysia

thread
昨年のGWにブルネイという国へ旅行しました。ガイドブックでは、青空の下に壮大なモスクの写真が定番で、綺麗な国のイメージがありました。事前情報が少なく、現地に到着するまで、それ以外のイメージは湧きませんでした。

朝7時前の神戸です。












マレーシア経由でブルネイに入るのですが、むしろ関空から直通のマレーシアを旅行先に選べば良かったと思いました。ブルネイは、マレーシアのガイドブックに少し紹介されている程度で、マレーシアのほうが見どころが多く面白そうでした。(そんな訳で、今年末はマレーシアへ旅行します。)


今写真を見直すと、日本語が優遇されているように見えます。確かこの後の入国審査が大渋滞で、しんどかったかな。


クアラルンプールの空港で一泊しました。ターミナルが二つあり、ホテルは隣のターミナルであるのが分かるまで、だいぶ彷徨って疲れた記憶があります。


ホテルは驚くほど狭く(カプセルよりは広いですが)、換気やエアコンの音が酷かったですが、新しく清潔なのは良かったです。食事はビュッフェで、確か何時でも食べれるようになっていました。私はあまり好き嫌いはありませんが、ビールとナシゴレンが不味かったです。ナシゴレンは、自分で具やソースを混ぜ合わせるようでしたが、辛過ぎて食べられませんでした。


翌朝9時。空港内は涼しくしていますが、外は日中が恐ろしくなる蒸し暑さです。迂闊に外をうろつくと、熱中症で死ぬと思いました。




国際線と国内線でターミナルが分かれており、国際線は隣のターミナルへ戻る必要があると分かるまで時間がかかりました。ターミナルの移動にお金がかかったり、現金を持っていなかったり。時間の余裕を持ってホテルを出ましたが、それでも危なかったです。






出国審査は無いに等しく、拍子抜けした記憶があります。


空港で売っているタバコは、こんなパッケージのものしか無いように思いますが、売れるのでしょうか?




乗客を見る限り、ブルネイへ行く人は、マレーシアで買い物を済ませたブルネイ人のようでした。空席が多くて快適でした。










荷物検査は厳重でしたが、視点が変で、変圧器を怪しまれました。物珍しかったようです。

小さいですが綺麗な空港です。モスクが隣接し、町内放送のようにお祈りの声が流れ、イスラムというこれまで経験の無い国に来たと思いました。時折咳払いの声が漏れ、ユルさを感じました。お祈り以外、周囲は静かで、時間がゆっくりしていました。




空港からのタクシーの料金は、バスの15〜30倍する事が分かっており、バス停を探すのが最初のミッションでした。標識はあったと思いますが機能しておらず、写真の地図を見つけた事で、今いる場所がバス停と分かりました。


公共バスにしてはおんぼろで、あれほど乗り心地の悪い車に乗ったのは初めてです。国民全員が車を持つ国で、バスの利用者はいないとの事前情報がありましたが、そんな事はなく、多数の人がバスを利用していました。


空港からダウンタウンへ移動後、ホテル方面のバスに乗り換えました。治安はいい国だと思いますが、タクシー運転手の商魂たくましく、バスを探している間に声をかけられました。次のバスの番号は分かっており、問題ない旨を伝えると、ご親切にもそのバスの駐車場所を教えてくれました。標識が無いので助かりました。




ホテルは広く快適でした。敷地内にスーパーがあり、翌日にお土産を買う事が出来ました。




敷地内に多数のレストランがあり、食事には困りません。毎日どのレストランにしようか考えていました。この晩はピザにしましたが、二人分以上のボリュームがあり、値段は日本と変わらなかったかと思います。


#trip201705brunei

People Who Wowed This Post

悪の法則 The Counselor (2013)

thread
興行収入は良かったそうですが、最低な映画でした。

私は気になったDVDを安く買い、時間のある時に観るのですが、これからは購入前に誰が監督なのかを確認すべきと思いました。Ridley Scottは名作エイリアンの巨匠ですが、プロメテウス (2012)、本作、オデッセイ (2015) と、近年のものは見るに堪えないです。グラディエーター (2000) も二度観たいと思いませんし、ブラックホーク・ダウン (2001) は観ていませんが悲惨なストーリーだそうですね。

以下は私が合わなかった監督です。
- Daniel Espinosa
- Dave Parker
- Eli Roth
- Guillermo del Toro
- James Marsh
- Pedro Almodóvar Caballero
- Ridley Scott
#movie

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account