Search Bloguru posts

ツナ缶レビュー zu-mix3.0

https://en.bloguru.com/zumix

freespace



※当ブログのコンテンツの転載、再利用については、コンテンツ使用ポリシーを一読ください。

■初めての方は、国産ツナ缶の面白いとこをつまみ食いできる「めずらしいツナ缶」から読むのをおすすめしています。レビューはハッシュタグで整理してあるので、サイト下部(PCなら右ペインの)ハッシュタグ一覧が便利です。

 ごあんない
 このブログでは、ツナ缶(まぐろ・かつおの油漬け、味付け等)やその関連商品に対する筆者目線のレビュー、解説を掲載しています。
掲載しているフォーマットの詳細は、右記プロフィールをご確認ください。
 ・自家通販はじめました。コミケで頒布したツナ缶解説本のほか、アイコンの女の子にゃがいさんのグッズもあります。
 ・メロンブックスでツナ缶解説本の一部を委託頒布してもらっています。

HNA ツナまぜ~る?(Tuna Mazel?)梅かつお味を食べたレビュー

thread
HNA ツナまぜ~る?(Tun...
“混ぜて楽しい♪ ツナ缶 作っちゃいました”


  株式会社HNA(エイチ・エヌ・アソシエイツ)
  Tuna MAZEL? ツナまぜ~る? 梅かつお味
  きはだまぐろ油入り水煮フレーク



(パッケージの傷みは筆者保管の折についてしまったもの。ご容赦頂きたい)
☆コメント
 有名キャラクターのご当地グッズを作るHNAが企画した、ツナ缶に粉を振りかけて混ぜるというコンセプトの缶詰。
ツナ缶自体は老舗会社によるオーソドックスなきはだ油水煮で、味のバリエーションを作る上で新しい缶詰製造ラインを作る必要がない。製品ページでも、バリエーションの多さを前面に押し出している。
販路が長らく不明で、フォロワー諸兄の話ではヴィレッジヴァンガードにあるということだったが……静岡VVにはなかった。色々探し求めた末、一部のしずてつストアに置いてあるのを発見。
 2016.2製。ツナ缶と調味粉の賞味期限が大きくたがえている。ツナ缶はセオリー通り2019.2月が賞味期限だが、粉は2017.2月までしか持たない。

  
 缶詰自体は未印刷の白缶で、缶蓋も賞味期限のみ書いてある。書体はKYロットのシーチキンLフレークと同じ。スプーンが付属する。

  
 缶を開けたところ。身はフレークの中でやや大きめ、シーチキンLフレークとは異なる原材料まぐろを用いているのだろうか。。
 油水煮で若干パサパサしているが許容範囲内。 とりわけ大きな特長も欠点もない順当な国産ツナ缶といえる。
 
  
 問題の調味パウダーを全部かけた。香りが生まれ、味が一気に濃くなった。
 様子見ながら少しずつ足した方がよさそう。味はゆかり味のふりかけに近い。鰹の味ほとんどしない。
 
 正直なところ、あまり自分の口には合わないツナ缶だった。
 ただ、ツナ缶や調味パウダーの素性は悪くないし、「当社独自に開発した塩味ひかえめツナ缶」のポテンシャルを引き出せていないという印象を受けた。活かせるフレーバーを考えつけば、既存ツナ缶の味付けを食い入るかもしれない。


・グレード ★★★★★ #ツナ缶ブログきはだまぐろ缶で最も高価
・価格   ★★★★☆ #324円/個 
・味覚評価 ★★☆☆☆ #ツナ缶にゆかりかけたもの
・入手性  ☆☆☆☆☆ #ほとんど見ない
・原産国  国産

☆スペック
内容量 80g (添付調味料3g)
190+8.3kcal/缶 食塩相当量0.3+0.92g
原材料(缶詰)  きはだまぐろ、大豆油、野菜エキス
原材料(調味料) 砂糖、梅酢エキスパウダー、食塩、鰹エキスパウダー、粉末醤油、香味食用油/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、微粒二酸化ケイ素、甘味料製材、カラメル色素(I)、(原材料の一部に小麦、さば、大豆を含む)
JAN:4943586092297 製造固有記号なし
販売者 株式会社エイチ・エヌ・アソシエイツ(静岡県静岡市駿河区東新田1-55-44) 製品ページ
缶詰製造 山梨罐詰株式会社(静岡県静岡市清水区興津中町974)
Tuna canning review No.62
#油入り水煮 #めずらしいツナ缶

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account