Search Bloguru posts

ペニンシュラホープ教会に

thread
ペニンシュラホープ教会に ペニンシュラホープ教会に ペニンシュラホープ教会に

ペニンシュラホープ教会の礼拝にお邪魔してきました。

現在は牧師のいない教会ですが既に新しい牧師の赴任が決まり今は日本にあってビザの発行を待つばかりの段階とりました。

そこでほとんど毎月のようにピンチヒッターとして立っていた私の役割も来月をもって終了となる様子です。

1年間ほども通っていないのですがここの教会の皆様は実に暖かく迎えて下さり

私の要領得ない説教にも忍耐ぶかく耳を傾けていただき

何よりもともに主イエスを讃える共通体験から生じる連帯意識にはかなりのものが積み重ねられて来ました。

名実ともに主にある家族とさせていただいている今、
来月の最後のご奉仕ではやばいことになりそうです。
#キリスト教会

People Who Wowed This Post

SanRafaelへ

thread
SanRafaelへ SanRafaelへ SanRafaelへ



この日は朝からサクラメント後にしてベイエリアへ向かいます。

途中Beniciaに寄りそれからSanRafaelへ向かいました。

そこのルートは東から西へ、
サンフランシスコベイの北端を横切ることになります。

空が良く晴れ渡りとても気持ちの良いドライブでした。

シアトルは今日も雨かなぁ。





#旅行 #交通

People Who Wowed This Post

雄鶏の町、フェアオークス

thread
雄鶏の町、フェアオークス 雄鶏の町、フェアオークス




日焼けしているDiannaさん。

この方は昨日までハワイでした。

10日間ほどのバケーションを終えて翌日から出勤し、
Sacramentoのオフィスで私を歓迎してくれました。

この方とも15年以上のお付き合いとなりますが
毎回私の来るのを待っていてくれることが嬉しいです。

ハワイのビーチですっかり緩んでしまったとしても
ここフェアオークスに放し飼いされている雄鶏の雄叫びを聞けばたちまち日常を取り戻したことでしょう。
私にも甲高く歓迎の声をかけてくれました。

コケコッコー
#旅行

People Who Wowed This Post

MIKUNI Kaizen

thread
MIKUNI Kaizen MIKUNI Kaizen MIKUNI Kaizen



この日も夕食はMUKUNIレストランと決めています。

サクラメント一帯に8店舗ほど展開しているので
そのうちのどこにしようかなぁ、と思っているところでした。

ホテルに近いローズビルのお店にしようと車の進路を決めました。

10分ぐらい走っていると、やはり同じローズビルの街に新しいスタイルのMIKUNIレストランが開店していることを思い出しました。

MIKUNI Kaizen

そこに行ってみて正解でした。

創業者荒井家のご次男であるナオミチさんが寿司をカウンター越しに握っていらっしゃいます。

早速ご挨拶をすると、いつもの親しみのある笑顔で迎えてくれました。

そればかりではなくグリーンと言う大トロの脂が乗った1番うまい部分の刺身をくれたり

抹茶チーズケーキをいただいたりもしちゃいました(^O^)

ナオミチさん、だから私はあなたの大ファンです‼️

長男の太郎君はそこまでしてくれないよね〜

彼は寿司ネタの調達と称して今も日本に遊びに行っちゃってるんだけど、どうぞそこで遊んできてちょうだい。

私はこうしておいしいお寿司をいただいてますよ〜

Kaizenでは他の店にはないユニークなメニューがあったり
斬新的なお店のレイアウトなどで楽しめます。

ぜひともオススメです。


#レストラン

People Who Wowed This Post

MIKUNI ダウンタウン店

thread
MIKUNI ダウンタウン店 MIKUNI ダウンタウン店 MIKUNI ダウンタウン店




サクラメントに来ると必ず寄らなくっちゃならない日本レストランがあります。

ここで何度も紹介してきたMIKUNI レストランです。

お店の雰囲気といいサービスといい、
もちろん食材・食感といい、全て最高のクオリティーです。

サクラメントの最初の夜ももちろんここに足を運びました。

ダウンタウンにある三号店です。

写真の青年はこの日が就労2日目と言うビクター君でした。
#レストラン

People Who Wowed This Post

夏の日本行きチケットは厳しかったが、、

thread
この日はサンフランシスコダウン... この日はサンフランシスコダウンタウンにある日本町へ 夏の日本行きチケットは厳しかっ... 二日間だけどお得なディールとな... 二日間だけどお得なディールとなっていました


夏の日本行きチケットをここ数週間検討しています。

昨年は初めてのバンクーバー経由で850ドルほどで行くことができました。

夏休みなのに1,000ドル以下で往復できると言うのは良いほうだと思います。

4-5年前だったでしょうかオイルサーチャージ料金が非常に高くて1人1,800ドルを超えていた夏もありました。

さすがに家族4人での帰国は無理でその年は娘を伴って2人での帰国となったのです。

数ヶ月前からちょくちょく探しているのですが
直行便で1,500ドルほど
2-3箇所を経由してようやく1,100ドルほどなっています。

この日何気なくバンクーバーにある日系旅行会社のウェブサイトをのぞいてみると、二日間だけの特別ディールを発見です。

バンクーバーから関空までの直行ですが諸経費を込めて1,000ドルほどとなっています。

これはカナダドルの表示なのでUSドルにすると$750ドルほどになります。

ここ最近にはないとても良い料金なので迷わずに購入を決めました。
関空から羽田まで乗り継ぎ便を考えねばなりませんがそれを入れてもお得な感じです。

娘を始め子供たちは日本行きを死ぬほど楽しみにしていて、
このままの高額が続くならば諦めるほかないと言ってたのです。

神様が道を開いて下さるように祈るようにと要請していました。

その祈りが応えられて感謝します。

#交通 #旅行

People Who Wowed This Post

19年目のイミグレーションディ

thread
数ヶ月前のオレゴンコースト 数ヶ月前のオレゴンコースト 今年のオーナー会の新年会 今年のオーナー会の新年会 ニューヨークにある聖堂 ニューヨークにある聖堂
本日5月13日は、
私のイミグレーション・ディ(米国移住記念日)です。

1997年19年前の本日、両手にスーツケースを持った私は1人でシアトルの空港に降り立ちました。
どこまでも青く晴れ渡った空にベルビューの家々のシャクナゲやアゼリアの色とりどりの花花が映えて、
まさに百花繚乱と言う言葉がふさわしく溢れんばかりに咲いていたのが印象です。

この記念日を特別に祝うかと言えばそんな事はなく、
いつもの土曜日のように時は進んでいるところです。

そもそもこのイミグレーションディがいつであったか私自身覚えてなく、
数日前に家内から教えてもらって知った次第です。

子供たちにこれを伝えてこれまでの苦労話や今後の意気込みといった感じを垂れるまでもなく、彼らはそれぞれ友人宅へ泊まりに行ってしまってます。

家内はシアトルにある女子プロサッカーチームの会合に出かけていて残された私は1人で寂しくこれからうどんでも作りランチにしようかと。。

このまま筆を置いたのではあまりに寂しいので今朝のディボーションから頂いた励ましの聖書メッセージをシェアさせて下さい。

言うまでもなく「筆を置く」とは長く使われている比喩的表現であって、現実はiPhoneに話しかけて文字変換しているに過ぎません。

さてさて脱線する前に聖書メッセージでした。

「神は真実でありその方の召しによって、
あなた方は神の御子、私たちの主イエス・キリストとの交わりに入れられました」
(第1コリント1章9節)

①神の召しによって今がある。
神がCallしてくださった、すなわち呼んでくださったので私たちは今の場所に住み、職を持ち、家庭の中に置かれ使命を負っていると教えています。
19年前に米国に移住したのも私自身を超える大きな力と計画が働いていたことを認めざるを得ません。

②イエスとの交わりの中に入れられた。
交わりとは、原語ギリシア語でコイノニア、英語でフェローシップと訳されるものですが
これは「交友」「付き合い」「仲間」最近流行りの言葉で「絆」とも日本語訳できるものです。
生きておられるイエスが私と共に私のうちにおられてその生命的な絆の中にあるゆえに私たち自身が生かされるのです。

③私を最後まで全うしてくださる。
信仰を持ったからといって問題や悩みが全て解決されるわけではありません。
むしろ信仰ゆえの試練や迫害、通常と同じような天災にも人災にもあいます。
にもかかわらず前節の8節にはこのような約束があります。
「主も、あなた方を私たちの主イエス・キリストの日に責められるところないものとして
最後まで堅く保ってくださいます」
世が改まって主イエスと面会するその瞬間、私たちを責められるところのない完全なものとして立たせてくださると言うのです。

えー、こんな失敗だらけの私が完全なものに??

それにふさわしく私たちは克己や努力をせねばならないと言うのでしょうか?
そうではありません。この約束は神ご自身のご真実にかかっていると教えています。
もう一度、9節をご覧ください。

「神は真実でありその方の召しによって、
あなた方は神の御子、私たちの主イエス・キリストとの交わりに入れられました」
(第1コリント1章9節)

主イエスはご自身の血潮を流すことにより私たちと契約を交わしてくださいました。
それが2,000年前、エルサレムに立った十字架です。
その契約の確かさゆえに私どもの救いを完成してくださると言うのが聖書の言う約束です。

今日もこの方に信頼しながら、来年の20周年を目指して歩みたいと励まされました。


#家庭

People Who Wowed This Post

タコマまで行ってきました

thread
雹が降り出した高速5号線 雹が降り出した高速5号線 ダウンタウンの公園からタコマ港... ダウンタウンの公園からタコマ港を見下ろします タコマまで行ってきました 開港当時、主な輸送機関は列車で... 開港当時、主な輸送機関は列車でした




シアトルから40分ほど高速5号線を南下するとタコマがあります。

そのハイウェイを走っていると、なんと雹が降り出しました。

このところ気温が上がらず今朝は久方ぶりの室内ヒーターが必要でした。
みるみるうちに空が怪しく黒い雲に覆われたかと思うと氷の混じった雨がフロントガラスを叩きつけ始めます。

その時前方に衝突事故があったらしく警察車両が見えて渋滞となりましたおかげでそんな様子をパチリ。

良い子の皆さんは走行中は写真撮影なんて決してしないようにしてください。

タコマに着くと雨は止み、雲間から光も差し出してきました。

ここタコマも港湾から街が開かれ入植が進んだ街でダウンタウンに入ると
当時の面影の偲ばれる古いレンガ造りの建物が見られます。

ざっくり言えば、日本が開港し明治維新を迎えた頃に形成し始めた街です。




#交通

People Who Wowed This Post

日本刀の伝統

thread
少々見難いですが講師の今野さん... 少々見難いですが講師の今野さんが時価6,500,000円ほどの刀を手に取りレクチャーしておられます 数百年前に侍が使っていたもの 数百年前に侍が使っていたもの 今野さんのオフィスに飾られてい... 今野さんのオフィスに飾られているかつて現役で使われていた鎧 日本刀の伝統







本日のオーナー会の講師はメンバーの1人でいらっしゃる今野さん。

日本刀のコレクターであられその研摩も手がけていらっしゃる剣道の有段者。

ご自身が日本刀とどのように出会い剣道を志したのか、その小学生から大学時代の半生のお話を伺いながら奥深い日本刀のお話を興味深く伺いました。

日本刀は単なる侍の武器にとどまらず、まさに日本の製鉄・陶冶技術の結晶であるということ、
さらには侍の魂が顕在化したものとしての人文的文化の代表作品でもあることを教えていただきました。

出席者の中からも有意義なレクチャーに対する賛辞が寄せられていてこれを紹介させていただきたいと思います。

「今野さん、
 
昨日は貴重なお話をありがとうございました。大変興味を持ち聞かせていただきました。日本の刀は総合芸術であること、そこに、魂が入っていてまさに時代を超えて生きているということがよくわかりました。侍が最後の切り札に常に自分のコミットメントを確認するために身に着けていたのが理解できました。それらを評価できるひとたちのところに大事に保管されているということはありがたいことです。」( Tさん)


「今野さん、
 
昨夜は大変面白いお話ありがとうございました。
小さい時、田舎で、木の枯れ枝を刀に見立て、チャンバラごっこをやっていた私には、本当の刀剣の意味、深さをお聞きして、目が覚めた感じでした。また、現代の日本語の中にも、普段何気なく使っている言葉の中に、日本刀を語源とする単語があることにも驚きました。これからは、もう少し違った観点から日本刀を見たり、感じたるすることができると思います。
 
20日、21日は日系人会の役員会、孫娘のバレーの公演といろいろ予定が詰まっていますが、少しでも顔を出したいと思います。よろしくお願いします。」(Sさん)


「今野さん

昨晩は刀剣についてのお話、ありがとうございました。
実際に、素晴らしい刀や装飾品の数々を見せて頂き、刀の素晴らしさに魅了しました。

今週末から日本に行くため、吉原刀匠にお会いできないのは非常に残念ですが、時間を作ってそうけん堂さんにも寄ってみたいと思います。」(Mさん)



「今野さん

昨夜は、刀剣のお話だけではなく、
『日本人の美に対する意識と感覚』をより深く知ることができ、
私のこれからの太鼓にも、
たくさん活かしていかなくてはいけない事を痛感いたしました。

蛍丸プロジェクトの映像で、刀匠の方が『刀の雰囲気を再現する』と言われていた、
この『雰囲気』が自分の太鼓の演奏にも創りあげることができるように、
精進していきたいと思いました。

今野さんの、話しつつ刀を紹介してくれる姿を見て、
武器であって武器ではない刀は、
それを持つ人があって、
より高みの美へと昇華される
と感じました。

作法を知らない、私達が刀を持つと、危なっかしくて仕方ありません。
ちょうど、免許を取り立てのわが子の車の隣りに乗るようなものです。

土曜日、日曜日は、太鼓のクラスがありますので時間が余りありませんが、
少し抜け出してでも、吉原さんにお会いしたいと思っております。」(Sさん)



「今野さん、
 
昨夜はどうもありがとうございました。(レクチャー中に二度も電話を鳴らしてしまった事、お詫びを申し上げます。)
日本刀は本当に美しいです。(これからおこづかいをためます!)」
(Kさん)

....................................................................................................................


さらには講師の今野さんからも以下のようなフィードバックをメンバー全体にいただいています。
たたら製鉄の刀匠が来週シアトルにお越しになられ今野さんのオフィスで展示講演会があるとの事ですのでそのご案内も兼ねてお知らせします。



「オーナー会の皆さま
今日は刀という事で、とりとめもなく話を致しました。
タイムスリップした様で時差の調整ができなかたかと思います。
いま日本で国宝指定の工芸品252点のうち約半数が刀剣で締められております。
文化財としていかに重要かその数が物語っております。
貴重な日本文化の遺産を再認識するきっかけとして頂けたら幸いです。
吉原刀匠も幅広い分野で美術品としての認識を高めるために世界を駆け巡って来ました。
8日ハリウッドでの試写会の記事も見てください。
https://mdpr.jp/cinema/detail/1685742
YouTubeたたら侍
YouTube
 
 
吉原刀匠は17-22シアトルに来て
20と21日12-5時
彼の作品の展示と
 
吉原義人(刀鍛冶): 情熱大陸
吉原義人(刀鍛冶): 情熱大陸
 
のビデオ、4Kかたなプロジェクトを見せる予定です
https://m.youtube.com/watch?v=qvqyNOYIJ9Y
 
吉原刀匠との懇談会も1-3時 両日予定してます。
 
 本日はありがとうございました。




.......................................................................................



そんなわけで刀造りの名匠の吉原さんが来週シアトルにおいでになられます。

会場は今野さんの刀のコレクションのオフィスのある以下のところです。

お時間が許せる方は行って見られたら?

Rain City Fencing Center
1776 136th Place NE,
Bellevue WA 98005

#ビジネス

People Who Wowed This Post

横浜出身だからYOKOHAMAタイヤ

thread
横浜出身だからYOKOHAMA... 横浜出身だからYOKOHAMA... タイヤの現場は取り替えボーダー... タイヤの現場は取り替えボーダーラインの4だった
カムリの後輪タイヤがいつも凹むのでメンテナンスに見てもらったところ
ステープルが刺さっていて空気が漏れているとのこと。

それ以外のタイヤの目地も減っていて取り替え時期のボーダーライン。

私自身が運転するならボーダーラインをはるかに超えていても酷使するのであるが
免許を取った長女に近くこの車を譲らねばならないことを考えて4つのタイヤを全て新調した。

これまでは米国メーカーのタイヤを使っていたが
娘のためにクオリティーの良いタイヤを選んだ。

その名がYokohama タイヤ。

国道1号線に沿った実家近くにそのブリヂストン横浜本社工場というのがあって、常にその前を通ってダイエーへ買い物に行ったのものです。

1つにつき30ドル少々も米国製よりも高く値は張りますが、安全性とともに故郷への望郷の念に押されてしまったのでした。

横浜は私の出身地なのでそちらにしますと伝えたところ、
販売担当の白人男性も横須賀に海軍勤務の経験があり、横浜までよく遊びに来ていたとの事でした。

顧客との共通経験を見つけて感動も共有できたならセールスも簡単になるわけですね。
#交通

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/167
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>