Search Bloguru posts
Hashtag "#家庭" returned 136 results.

泳げ、鯉の子らよ

thread
泳げ、鯉の子らよ 泳げ、鯉の子らよ 泳げ、鯉の子らよ


明日こどもの日を迎えます。

数日ぶりに晴れてくれたさつきの空に、
鯉を泳がせました。

今は可愛い鯉である子らも、やがて龍と成り駆け登って行くのでしょうか。
#家庭

People Who Wowed This Post

有名寿司レストランにも負けじ

thread
Mikuniの寿司ロール Mikuniの寿司ロール シェフ・カイの自作ディナー シェフ・カイの自作ディナー



生きるために食べる。
食べることは生きること。

最近オープンしたばかりのコンコードにあるミクニレストランである会合のセッティングのため電話したところ、予約は受け付けていないとのこと。

金曜の6時台の待ち時間を聞いたところ、一時間以上であるという。

諦めてその金曜日の会合はアラメダにあるAngel Fish日本レストランに決める。

ただし木曜日のその日、サクラメントまで来てミクニへ行かないことはありえないのでEl Grove にあるミクニレストランで夕食。

一人なら待つこともなくカウンター席に通してもらえた。

メニューを選んでいる時だった。

息子が始めて作ったという夕食の写真が送られて来た。
自らの評価はアッパークラスの下だそうだ。

ミクニのロール寿司はどれもアッパーの上になるけれど、息子のシェフカイが作った夕食も食べて見たいもの。

自らの夕食をこうしてテキストで写真交換できる時がいつまで続くだろうか?

この先数十年たっても息子とそのような関係でありたいと願うばかり。

#家庭

People Who Wowed This Post

人付き合いは違う発想を学ぶ機会

thread
人付き合いは違う発想を学ぶ機会 人付き合いは違う発想を学ぶ機会 人付き合いは違う発想を学ぶ機会 人付き合いは違う発想を学ぶ機会 人付き合いは違う発想を学ぶ機会


長女の18歳の誕生会をウェストシアトルにあるアルカイ通りにあるレストランで行いました。

ここはエリオットベイの対岸に位置するダウンタウン・シアトルが見え、しかも夕方は落日の放つオレンジ色がビル群に反射してとてもきれいです。

長女は今年大学を卒業すると国外の大学に入学予定ですのでおそらく共に誕生日を祝うのはしばらくの間、今日が最後となるでしょう。
子供と思っていた彼女がレディーにすっかり変身しているのに改めて驚いてしまいます。

その子供の成長や変化の様子を数点にまとめてみたいと思います。

①柔軟な子供の発想力。
レストランの前はエリオットベイに面していて格好のピクチャースポット。予約よりも2時間前に行って写真を撮ったですが強風が吹いていてとても寒いのです。ところが息子は上着を持参しておらず私のコートをせびります。年寄りから上着をせびるとはどういうわけだ、と幾度も要求してくる彼に答えたところ、彼の答えがまた意外すぎて面白かったです。

「年寄りは先に死ぬんだから」

....だから上着なくても良いと言う論理、すごい発想ですよね(笑)。

②親の知らなかった兄妹間のやり取り
息子の長女へのプレゼントバックには彼らの歴史がイラストで描かれたものでした。そこには誕生から家の中で遊んだこと、兼六園の池に落ちたこと、日本の滞在先で自転車を乗りましたことなど、ともに遊んだ思い出深いことが描かれていますが、親の知らなかったことが1つあったのです。それは当時3歳位だった息子に対して娘が「夜中の2時になると家の前を恐竜が通るんだよ」と伝えたのだそうです。大の恐竜ファンだった息子はその時間になると目覚ましで起きて窓越しに家の前の通りを見張っていたそうなんです。いくら待っても恐竜が現れない事を翌朝彼女に伝えると、彼女は「それは午前3時のことだった」と。息子は再び午前3時に起きて窓の外をしばらく見るが恐竜は現れない。すると娘は「日曜日の朝だけだ」と言ったそうなのです。

私たちの知らない子供らの意外な側面やその豊かな発想力に参った宵となりました。

もう一つ知らないかったことにそのレストランに昨年の5月、日本の安倍総理ご夫妻が訪れたそうなんです。シアトルにおいでになっていたとは全く知りませんでした。一声かけてくれたらよかったのに(^^)
#家庭

People Who Wowed This Post

スピード違反チケット

thread
スピード違反チケット スピード違反チケット スピード違反チケット
教師の顔をして息子に運転を指図していた私に手痛いしっぺ返しが襲ってきた今朝。

昨夜、坂道の手前では充分に加速し途中でアクセルを踏み込むことがないように、なんて言うことを教えたその場所が鬼門となってしまったとは、とほほ(涙)。

今朝息子をドライビングスクールに送り、一人で帰る途上、その場所でスピード違反のチケットをいただいてしまったのでアール。

おめでとう、私!

その坂を上りきった所でバックミラーをふと見ると、パトカーが赤白の電飾をつけて何やら楽しそうにしている。

どうもそのフェスティバルに私を参加させたいみたいようなので路肩に停車しておまわりさんの指示を待つこと15分ほど。

23マイルオーバーのスピード違反で罰金は259ドルなり(約3万円程)。

痛っ、 痛いっつーの‼︎

これが市民生活向上の税金と思えば喜んでお支払いしますよ。

でも皆さんこの坂道を見てください。

両側は林に覆われていていつも人なんて歩いてないところなんです。
こんな道が長く続くところなら誰だってスピード出ますよね。
#家庭

People Who Wowed This Post

初めて高速道路を運転する15歳に気付いた10点

thread
初めて高速道路を運転する15歳...



初めて15歳の息子が高速道路を運転。

その際に気がついた10のこと。

仮免許を持ってすでに路上教習を何度も受けている長男がハイウェイを運転させてくれと言ってきた。

無理な事は言わない子なので、その自信があるのかと聞くと、イエスと答えるのでハンドルを握らせてみた。

夜間9時を過ぎていて交通量が減っていることもあるし、わずか10分ほどの距離なので試してみる。

結論から言うとヒヤリハットが何度かあったけれども目的地まで無事に到着。

運転の評価を彼が求めてきた。
いつもは彼が私の料理に対してする9段階の評価だが、今回は逆の立場となった。

ミドルクラスのミドルと言う成績を与えた。

気がついた10点とは次の通り。

①車線変更の際ウィンカーシグナルを出して3秒後に変更させる。その直前でミラーだけでなく直接目視で確認させる。(これは私が彼に口うるさく言ったこと。実際の教習所でなんて教えられてるかは知らない)

②制限速度の時速60マイル(100キロ)を守らせた。というか、彼が自ら守った。大抵スピードオーバーしている私の運転を見てる割には適切な判断。

③発車前にバックミラーをアジャストしヘッドランプを点灯させることを忘れていたので停車させてこれを実行。

④スピードの強弱加減がいまひとつ。車線変更する際には後続車や先行車のスピードに合わせなくてはならない。十分な車間距離を確保するためにはそれ以上のスピードやブレーキが求められることがある。

⑤雑談を話しかけてきが交差点に進入する際にはそんな話はしてはならない。初心者はとにかく運転だけに集中せよ。

⑥交差点で赤だとしていつまでも停止している必要はない。
車が来てなければ一旦停止してから右折が出来る。

⑦上りの坂道の手前ではもっとスピードを出して途中加速することがないようにせよ。ガス節約のため。

⑧暗かったこともあるが交差点を右折する時に縁石にタイヤを擦り付けてしまった。カーブでは特に旋回方向に注意を払うべし。

⑨目的地に到着後、離れた距離の駐車場に停車した。今回は搬入する荷物がたくさんあるので建物の入り口に近い駐車場に移動するように指示。大抵この時間はスペースがないがあえてリスクをとるだけの必要があった。駐車できるスペースがなければ1周してさらに最寄りのところに駐車すれば良い。

⑩車内に手荷物を残す場合は常にシートの下や隠れた場所に置くべし。車上荒らしを防ぐために。

教習所の教官が座る助手席にはブレーキペダルがあるが私の車にはない。何度か運転中に悲鳴をあげたのはやむを得ない。こちらにもストレスがかかっていることを知らせた。

写真は無事に生還できて喜びの乾杯をしたところ。
#家庭

People Who Wowed This Post

今晩の夕食は

thread
今晩の夕食は 今晩の夕食は 今晩の夕食は
時に私が作る食事に毎回ランク付けをしてくれる子供たち。

アッパークラス
ミドルクラス
ローアークラス

それぞれのクラスにはさらに3つの細分化がある。
ここ最近はずっとアッパークラスを維持している。
それが私のモチベーションや自信にも繋がっているようだ。

今日は夕食が終わるなり席を立った彼ら。
私の書斎で何かこそこそしてるな、と思っていたらそのランク分けのチャートまで作った上に壁に貼りだした。

これでますます手も抜けなくなるじゃん

ちなみに今夕の成績はミドルクラスのアッパークラスだそうです。

Costcoで買ったアイルランドシチュー、カニ、サラダにアスパラガスとライスという、あるものを振る舞っただけで別段調理をしていないところがミドルに落ちた理由だそうです。
#家庭

People Who Wowed This Post

30年のワープ

thread
30年のワープ 30年のワープ 30年のワープ

この日本滞在中にどうも歯が痛くなって敵わない。
ついに食事を摂ることが出来ないほど噛み合わせ時に痛みが走る。

そこで知人の経営する歯科医院に始めて訪れた。
その知人は、30年ほど前小学生であり日曜学校の生徒さんだった。


閑静な住宅街に建つその歯科医院は地域の信頼も厚く、常に予約でいっぱいの様子。

二日前に急に連絡した急患なのに、「かつての日曜学校の先生」を良いことに割り込ませてもらった。

果たして30年ぶりにお会いするその生徒は立派な医師に、そして親になっておらました!

レントゲンを撮った後、痛みとなっている原因を的確に指摘されて治療方法を説明される。

聞いたこともない薬品や処置名、そのプロセスをバンバンと主治医と対話される。

お母様の隣で会堂の床に大人しく座っておられた子供キャンプから大きくジャンプしている現実に時の経過のなせる偉業を見た思い。
#家庭

People Who Wowed This Post

子供には旅をさせよ

thread
子供には旅をさせよ 子供には旅をさせよ 子供には旅をさせよ

カリフォルニア州フレズノ近郊にあるピーチ農家へミッション・トリップに行っていた息子が今日の夜帰宅する。
教会のユースグループ6〜7人の一行で、約1週間ほどのボランティアの働き。シアトルから当地まで車で移動するだけで丸二日間。往復四日間が消費される。当地では月曜から土曜日まで毎朝7時からの食事、そして午前9時から午後4時半までの炎天下でのピーチの収穫・選別・梱包・発送作業が続く。そこからの収穫物や収益は貧困国へ送られる。

グループリーダーから次のような報告があり嬉しく思いました。
①ユースたちはこれまでになく神を体験し、神の御臨在を感じているようです。
②彼らは厳しい作業や長い拘束時間にもかかわらず積極的に奉仕に励んでいます。
③来年も同様にこのところにボランティアに行きたいと彼らは考えているに違いありません。

親の下にあっては家事にも消極的で、厳しい旅行スケジュールにあっては文句タラタラだったのに、我が子とは思えないほどの変貌ぶり。
子供って、親のいる巣箱から離さないと成長しないんですね(^^)
現在彼らの乗ったバンは、オレゴン州を北上中です。今晩1周大きくなった息子に会うのが楽しみ。
#家庭

People Who Wowed This Post

鯉くんも泳げ

thread
鯉くんも泳げ 鯉くんも泳げ 鯉くんも泳げ




子供らを学校に送り出す早朝、こいのぼりを設置。

天気予報によれば昨日は雨が降らないはず。

シアトル市内はまさに五月晴れで快適だった。

夕方になりワシントン湖を渡りベルビューに入ると空が黒い雲に覆われていて高速道路は雨上がりの後らしく濡れている。

「どーするのよ〜 雨でこいのぼりがビッショリよ〜」
家人からそうテキストメッセージが入る。

駆けつけてみると確かに水に濡れてゲンナリしている鯉さん達。

「およげたいやきくん」のメロディーが脳内で聞こえてきたのはどうしてだろう?


私が小学生の時に日本で大ヒットした歌。

たい焼きが店のおじさんのところから抜け出して海の中を自由に泳ぐと言うもの。

最後は釣り人に釣られて食べられちゃうんだけどね(^.^)



#家庭

People Who Wowed This Post

我が子よ いつか竜となれ

thread
我が子よ いつか竜となれ 我が子よ いつか竜となれ
五月晴れとなった今日、こいのぼりを設置。

風の無い時は空を自由に泳ぐとはいかないまでも、
青空に色とりどりの魚がたなびくのは楽しい。

どうして日本ではこどもの日になるとこいのぼりをあげるのか息子に聞いてみた。

「知らなーい」

かつて説明したはずなのに。。

やはりそう来たか。

そこで中国故事にあることを簡単に説明した。

鯉が急流をさかのぼりながら泳ぎ続け、最後の最難関の滝を登り終えるとそこから竜となって空へ駆け上がって行く。

聖書的には「竜」とは悪魔の象徴であり決して積極的に引用できないハズですが、
ここでは目をつぶりましょう。

いつか竜となり駆け上がれよ。
#家庭

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/14
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>