Search Bloguru posts

猫の揺りかご Blog

https://en.bloguru.com/catscradle
  • Hashtag "#映画" returned 22 results.

freespace

君の膵臓をたべたい

thread
タイトルがインパクトありすぎて、
もっと凄惨だったり悲劇的だったりするのかなと思ってた。

もっとも、そういう印象を持たれがちだけど、
実は違うんだ、という前情報も軽く見聞きはしてたのだけど。

思った以上にコミカルで驚いた(笑)

あと、初っ端から「葬式には行かなかった」で始まったものだから、
行かんかいっ!!と突っ込んでしまった。

現実から目を背けたくなるのはわかるけど、
受け入れたくない気持ちもわかるけど、

でも、きっと「僕」にとって
「彼女」はすごく大切な人だったのだろうから。

「彼女」のために、行ってあげてほしかった。

でも、そこら辺はきちんと終盤で、
フォローというか、挽回をしてくれたので、

これはこれでありかなと。

自分は誰それに会うために生きてきた、
誰それと会えるのをずっと待っていた、という表現も、

今や非常に青臭く感じてしまうのだけど、

ふたりは高校生だから、
まあ、これもこれでありかなと。

彼女の死因だけが非常にもやる。
え!?そっち……!?っていう。

今思うに、きっとそういう反応を期待して
この設定にしたんだろうなぁと。

でも、あえてそういう設定にしたのたら、
もっと背景や「その後」に触れてほしかったなぁ。

あまりにもさらっと行き過ぎて、
え!?その理由で死ぬ必要あった!?って思ってしまった。

あまりにも唐突すぎて、
心が追いついていかないというか。

でもそれはきっと「僕」も同じだから、

視聴者を「僕」と同じ視点に立たせることに
成功したわけではあるんだけど。

でも、もっとこう、
ニュースや新聞のカットを入れるとか、
「僕」がそれを拒絶する描写を入れるとかした方が、

すんなり入って行けたかなぁと。

「彼女」の母親役は、まさかの和久井映見さん。

彼女が出てるって知らなかったから、
声聞いた途端、テンション上がって、

若干、物語の世界から現実に舞い戻ってしまった(笑)

でもすごく包容力のある素敵な声だった。
優しい母親役が板についているなぁと。

「僕」の葛藤がもっと描かれた上であれば、
もっと心にじんと来るシーンになっていたかも。

「僕」が心を整理するのに時間がかかったように、
視聴者にももっと時間を与えてくれれば、なお良かったなぁと。

それにしても、ちょくちょく出てくる同級生、
名前調べたら、「ガムくん」って(笑)

可哀そうだから名前つけてあげてって思っちゃうけど、

「僕」にしてみたら、
「ガムくん」以上でも以下でもなくて、

そこがミソなのかもしれない。


#アニメ #レビュー #映画

People Who Wowed This Post

似て非なるもの

thread
「夜叉姫」に対して
私があれこれ書いていることと、

「天気の子」のレビューで書いたことが、
似通っているけど。

新海監督の方がまだ、
雰囲気抜群のミュージックビデオを作ってくれるから、

ずうっと見応えがある気がします。

あの人の場合は、裏設定がいろいろありすぎて、
それをチラ見させることにご執心で、

核心を描ききれていないように思える。

「本当はちゃんとあるんだよ!!」と
別の媒体使って言われたところで、

映画なら映画という媒体の中で
「見せて」くれないと、

「それはないと同じです」と
言わざるを得ない感じなんだけど。

夜叉姫の場合は、
本当に「ない」んだろうなぁと。

いきなり出てきた、
とわと理玖の逢瀬?も、

新海監督なら、

ばっちり雰囲気満点のミュージックビデオを
作ってくれると思うのよ。

けど、夜叉姫は、
それすらない感じなんだよな……。

もう、ほんと絶望的……。

#アニメ #レビュー #映画

People Who Wowed This Post

設定に裏打ちされた説得力

thread
またまた、「天気の子」のレビューです。

「天気の子」、何やらいろんな細かい
裏設定があるようだけど。

裏設定ってさ、

作中では少ししか描けなかったけど、
実はこんな細かくて深い設定があるんだよっ!すごいでしょ!?

……って言うためのものではないと思うんだ。

まあ、作者しか知らない設定を、
読者や視聴者に言いたくなる気持ちはよくわかるんだけどさ。

でも、裏設定って、
そのためにあるわけじゃないと思う。

物語の舞台や登場人物の
骨格や肉付きを決めるための設計図。

その世界が、その人物が、

リアリティを持って息づくための、
細かなプロフィール。

それが、裏設定じゃないの?

その設定が実際の物語の中で、
どの程度反映されるかは、

諸事情により異なるだろうけど。

でも、作中に「裏設定のヒント」を散りばめて、

「どう?君は見つけられた?」、「ね?すごいでしょ!?」って
言うためのものじゃないと思うし、

それを見つけて喜んでるファンの心理も
あんまり理解できない。

……いや、かくいう私も、
神木くんの声に気づいたときは、

ちょっとした「発見!」って感じで
嬉しかったけどさ。

あ~、なんか「君の名は。」のキャラデザと
めっちゃ似たキャラ出て来たな、

あれ?声、神木くんじゃね?ってなって、

ネットで調べたら「似たキャラ」じゃなくて
同じキャラだった(笑)

確かに表札、「立花」だったね(笑)

三葉も出てると知って探したら、
確かにいたし(笑)

あと、何やら四葉もさやちんもてっしーも
いたとかいないとか(笑)

なんつーか、
そういう細かい枝葉部分に力を注ぐんじゃなくて、

もっと本筋に力を注いでほしかった。

ってか、そういう枝葉部分は、
本筋をしっかり描いた上で、

余力で行う「お遊び」としてやってほしかった。

世界観に、人物像に、キャラの言動に、
説得力を持たせるためにあるはずの設定が全部、

中途半端なお飾りになってしまっている。

作中では描かれていない裏設定を読み解くための
ヒントに成り下がっている。

だから、全く説得力を感じない。
だから、全く中身がないように感じる。

どんなに緻密に練られた裏設定だって、

それが物語の説得力を高めるのに
寄与していないとすれば、

リアリティを高めるのに
寄与していないとすれば、

それはないのと同じなんじゃないかな。

映画という限られた時間枠の中で、
そんな細かい「裏設定のヒント」、

描く必要ありますか?

それよりももっと、
描かなければいけないこと、

いっぱいあった気がするんだけど。

素材が良いだけに、
映像がすっごく綺麗なだけに、

なんかめっちゃもったいないんだよなぁ。

新海監督、

あなたにできることは
まだいっぱいあったと思います。



#アニメ #レビュー #動画探索 #映画

People Who Wowed This Post

謎と必然性のバランス2

thread
前記事の続き。

そういう意味ではさ。
大河「麒麟がくる」は大成功だと思うのよ。

「光秀はなぜ本能寺の変を起こしたのか」という
歴史上の大きな謎を、

丁寧に描き切ろうとしているわけだから。

宴の席での信長による
公開パワハラは有名だけどさ。

でも、この物語ではずっと、

「信長様であれば、麒麟を連れて来れるかもしれぬ」って
流れで来てたわけじゃない。

それが、いったいどこから
二人の歯車が噛み合わなくなってしまうのか。

いったいどうして、
長谷川光秀が染谷信長を殺すに至るのか。

その過程を追うのが、
すごくおもしろいんだよね。

途中、オリキャラ出過ぎで批判もあったけど、
オリキャラのパートを飛ばして見てた視聴者もいるけど、

それでも見放さずについてきた人、
けっこういるわけじゃない?

それってやっぱり、この世紀の謎を、
この作品ではどう描くのかを、

見届けたいからだと思うんだよね。

だから、「謎」を謎のままにして物語を展開し、
最後まで視聴者を惹きつけることは、

すごく重要なことだけど。

それをするためには、

起承転結の「起」から「転」に至る過程、
つまりは「承」を丁寧に描く必要があるんだよね。

それなしに、矢継ぎ早に
「転」と「結」をやられても、

わからんのだよ。

大げさな例を挙げるとすれば。

信長との初対面時に、
「信長様ならば、麒麟を連れて来れるかもしれぬ」って言って、

その日の夜に、「膳が違うっ!!」と公開パワハラを受けて、
翌日に本能寺の変を起こして、その次の日に秀吉に敵討ちされる、

そんな、「3日天下」ならぬ、
「3日物語」みたいな状態じゃあ、わけわからん、って話です。

感動も何もないだろ、って話です。

どうして、信長ならば麒麟を連れて来れるかもしれないと、
思うに至ったのか。

そして、そう思ったにも関わらず、
信長も光秀を重用していたにも関わらず、

どうして二人の間に溝ができたのか。

そしてそれがどう、
本能寺の変に発展していくのか。

そこら辺を描かないと、
視聴者は置いてけぼりを食らうわけです。

そして、それを丁寧に描いているからこそ、
少しずつ、少しずつ謎が解明されていくからこそ、
微妙な心情の変化がわかってくるからこそ、

最後まで見たいと思うんです。

それなのに、貴重なパーツを
うまくつなぎ合わせようとしないどころか、

単なる「雰囲気作りのための小道具」として
かき集めて使い捨てにしてたんじゃあ、

「雰囲気だけで内容の薄いミュージックビデオ」と
酷評されても仕方ないと思う。




#アニメ #ドラマ #レビュー #動画探索 #映画

People Who Wowed This Post

謎と必然性のバランス

thread
録画してた「天気の子」をようやく見た。
全体的に意味不明だった。

中盤あたりは、ストーリーの勢いや映像美に引き込まれて、
序盤の疑問や違和感が帳消しになりかけたけど、

またすぐに置いてけぼり感を味わうことになった(笑)

「は?」、「なんで?」、「いやいや……」、
「ダメだろっ!!」、「わけわかんない……」

何度もそんなツッコミを入れながら見ていました(笑)

最後まで見れば疑問や違和感がなくなるとは、
これっぽっちも思ってなかったけど、

まさかここまで、見れば見るほど、
疑問や違和感が積み重なっていくとは思わなかった(笑)

この作品、ぶっちゃけ必然性が薄いのよ。
理由付けが薄い。

薄いというか、もはやない。

なんで、陽菜が「天気の子」になったの?

もう一度、母親と一緒に青空の下を歩きたかった。
そう願えば、誰でも天気の子になれるんですか(笑)

あの廃ビルの屋上にある神社はいったい何なのか。
その説明も一切ないし。

なんで帆高が拳銃を拾い、
それを持ち歩くことになったのか、

その経緯の説明もないし。

別に、言葉でいちいち説明してほしいわけじゃなくて、
それとなく描写してくれればそれでいいけど、

それをところどころに散りばめてくれれば
それでいいけど、

それが全くないんだもの。

ほんの一瞬、「え?なんでこんなもの入っているんだ?」みたいな描写をして、
それで終わり。

「おもちゃだと思ってた」というセリフはあるけど、
だからって、ずっと拳銃を持ち歩くか?

本物だと知った後も、
何食わぬ顔で平然と持ち歩くのも理解できない。

持っていることに罪悪感を覚えるでもなければ、
護身用として持ち歩いていることを伺わせる描写があるわけでもない。

ただ、ピンチの時にいきなり取り出して、
震える手でかまえて、そんで発砲して、警官に追われる。

ただ、それだけ。

他にも疑問点はいっぱいある。

なんで、陽菜が「人柱」なんてものになってしまったのか。
この作品で言うところの「人柱」とは、「巫女」とは、いったい何なのか。

彼女が贄となることで、ならないことで、
何が起きるのか。

いったい何がどうなって、天気に変化が現れるのか。

その辺が全く描写されていない。

頼むから、お得意の「小説読めばわかるよ!」は辞めてほしい。

読者や視聴者を物語に引き込む誘因として、
「謎」はものすごく重要だけど、

次々と新たな謎を作り出して、
その答えもヒントも明示することなく、

「雰囲気でわかるでしょ?わからなかったら小説でも読んで」と
言わんばかりのストーリー展開は、違うと思う……。

……。

なんか、朝はめっちゃ天気よかったのに、
急に天気が荒れてきた……。

そんな時に何だけど、

「天気」、「雨」、「巫女」、「人柱」というワードで
思い出すのがこの曲なのだ。



#アニメ #レビュー #動画探索 #映画

People Who Wowed This Post

君の名は。

thread
こりゃ、ヒットするわ。
見終わった直後に、また最初から見たくなる。

最初のうちは、「これ、めちゃめちゃタカマガハラや!!(笑)」って思って見てた。
タカマ那智と中ツ那智の入れ替わり話書こうかって思うくらいに。

でもこれ、「胡蝶の夢」要素だけじゃないんだね。
いろんな懐かしさと斬新さが詰まってる。

途中からはもう、ハラハラドキドキ。
いろんな意味で圧倒されてた。

美しすぎて、見過ごしてしまった可能性。
まさか、そんなっていう衝撃。

そして、その言葉がここで生きてくるかっていう驚きと感動。

ああ、マジでもう一回見たい。
#アニメ #レビュー #映画

People Who Wowed This Post

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 

thread
劇場版公開時に興味を持ち、その後もなんとなく気になってはいたものの、見ないままになってしまっていた作品。

ようやく、劇場版&アニメ版を見ました。

劇場版は、アニメ版の総集編+αって感じですね。

アニメ版を見て思ったこと。サブキャラ達がものすごく切ないよぅ。。。

メインのふたりよりも、サブキャラたちに感情移入して見てました。
こういう、登場人物すべてにそれぞれの魅力が詰まってる作品、大好きです。

逆に、脇がお粗末で、メインに感情移入できなきゃアウト!!って感じのお涙ちょうだいものは苦手です。

ええと、話を元に戻して……。

見る前は、ヒロインの亡霊が、主人公にしか見えないっていう設定、知らなかったんですよ。
だから余計に、その設定ゆえに起こるいろんな葛藤に引き込まれました。

人間模様というか、心理描写っていうか。
なんか、すごくおもしろくて。

うわぁって胸に迫るものがありました。

なんとなく、「北のカナリアたち」や「十年後の卒業文集」に似てるなぁって思った。

ある事故がきっかけで、心に傷を負い、疎遠になってしまった子どもたちって設定とか、
その数年後に、それぞれが当時の思いを吐露していく過程とか。

すごく、おもしろかったです。
#アニメ #レビュー #映画

People Who Wowed This Post

トリック劇場版ラストステージ

thread
相変わらず、くだらない部分もあったけど(笑)
全体として、ものすごくおもしろかった!!

ラストでようやく、「ああ、そうか!だから月光が主題歌なんだ!!」って思った。
ラストの上田の表情がもう、何とも言えず、うるうるうるうる(ノд<。)゜。

呪術師としての最期の役目……。
めちゃめちゃ、タカマを彷彿とさせるでないかいっ!!

すごく、すごくよかった!!
#レビュー #映画

People Who Wowed This Post

思い出のマーニー

thread
はっきり言って。
ジブリ作品独特のドキドキ感、わくわく感は一切期待してませんでした。

だって、それを脱却しようとして作った作品だと思うし、
それを期待したら後悔する、というレビューを目にしていたから。

だから、そういう“ジブリらしさ”ではなくて。

少女の心の内面を、その変化を、繊細に描いた作品だと紹介されていたから。
そこを期待して見に行ったのに。

見事裏切られました。よかったのは、映像がすごく綺麗だったことだけ。
夜の入り江、めちゃめちゃ綺麗でした。

なんていうか。アンナの心の葛藤がなさすぎる。
サイロのシーンが薄すぎる。

そこ、重要でしょ!?もっと盛り上げようよっ!!って言いたくなる。

あと、「和彦」の扱いが雑。「和彦」に対するアンナの思いも雑。
なんで、マーニーが自分を和彦と勘違いすることにもっと戸惑いと苛立ちを覚えないのかがわからない。

マーニーの、「だってあのとき、あなたはいなかったもの」のセリフが生かしきれてない。
アンナがなぜマーニーを許せるのかがわからない。

マーニーと和彦が結ばれる過程も意味不明。

もっと、もっと、描いてほしかった。
もっと、もっと、“みせて”ほしかった。

描き方次第で、みせかた次第で、絶対にもっとおもしろくなる。
そんな作品。
#アニメ #レビュー #映画

People Who Wowed This Post

アナと雪の女王

thread
ディズニーのすごさに圧倒された。

しょっぱなから涙腺ゆるゆる。

もう1回見たい。何度でも見たい。

そんな映画でした。
#アニメ #レビュー #映画

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account