Search Bloguru posts

猫の揺りかご Blog

https://en.bloguru.com/catscradle
  • Hashtag "#夢幻伝説タカマガハラ" returned 260 results.

freespace

書きたいストーリーと鍵のお話

thread
「夢で逢えたら」では、
タカマ那智が「夢でいいから颯太に逢いたい」と、
中ツ国に行く話を書きたかったし、

「それは蛍のように」では、
タカマ那智に嫉妬する中ツ那智の話を書きたかった。

「廻り舞台と紡ぎ歌」では、上記二作では謎だった、
タカマ颯太の安否や橋姫の思惑を書きたかったし、

叶わない恋に見悶えるオリキャラや、
中ツ那智の所業に気づいたタカマ那智の心情を描きたかった。

「片恋の比翼」では、ガチで隆臣に片想いする那智と、
そんな那智に片想いする颯太の話を書きたかったし、

「陽光の届かぬ塔の雲雀」では、
伽耶姫が体験した「天の岩戸計画」を描きたかった。

「取り残された世界で君と見たものは」では、
真実を知った天ツ神たちが悲しみを乗り越える過程を描きたかったし、

「宿り木の果てに」では、
高天原から帰ってきたばかりの結姫と仲間たちの交流を描きたかった。

「陽炎~玉響の記憶~」では、
中ツ国に焦点を当てて颯太と那智の関係を描きたかったし、

「Hide and seek~花をさがしに~」では、
記憶喪失になった颯太が、
それでも那智を捜して見つけ出す話を描きたかった。

さて、それでは、「はじまりの恋歌(仮)」では……?

颯太が那智に出会ってから好きになるまでの過程を描きたい、
というのがひとつなんだけど。

それは割とすぐに書けちゃうというか。

タオナの村の醍醐味は、
那智が颯太を意識する部分だから、

颯太→那智については、
タオナの村がなくても十分書けるというか。

むしろ、タオナの村まで書いちゃうと、
中途半端に那智→颯太が出てきて、

話にまとまりがなくなってしまう。

かといえ、この先ダラダラと続けても
締りが悪いし。

那智が颯太を好きになる過程は、
「片恋の比翼」で十分書いてしまってるしなぁ。。。

いや、タオナの村を省略してしまったのが
心残りなんだけど、

でも、あのシーンがなくても成立してしまうというか、
あのシーンがあると妙に流れが悪くなるというか。

あのシーンではまだ、那智が隆臣を好きじゃないと、
その後のシーンがいろいろおかしくなるというか。

原作では、あくまでも結姫と隆臣に
焦点が当てられていて、

那智の気持ちの変化には
重点が置かれていないから、
不自然じゃないけど。

那智の気持ちに焦点を当てて深堀りして考えると、
あの時点ではまだ隆臣を好きじゃないと、
その後の言動がいろいろおかしくなってしまうというか。

原作の主人公はあくまでも結姫で、
だから誤解を恐れずに言えば、

原作の那智はある意味、
結姫を中心にしたストーリーを展開する上で、
都合よく配置された「ライバル」兼「友達」キャラ。

だけど、颯太と那智に焦点を当てて考えたら。
タオナの村の位置づけがものすごく微妙になる。

あのシーンを原作と同じ濃度でなぞったら物足りないし、
かといえ安易に膨らませたら、いろんなことが破綻する。

あそこを膨らませる以上、
その後を原作に沿った展開にはできないし、

かといえ、何をどうつなげる?っていう。

あえてあそこで終わらせるのもひとつの手だと思ってたけど、
那智にとってターニングポイントになるあのシーンで急に終わるのは、

起承転結の起承転で終わるのと一緒だし、
序破急の序破で終わるのと一緒だし。

歌に焦点を当てるなら、
中ツ国での音楽のシーンにつなげるのもアリかもしれない。

だけどそれも、目的をはっきりさせないと、
颯太→那智を強化するだけに終わってしまって、
なんら意外性のないものになる。

ぶっちゃけ、颯太が那智への想いを強くするだけの話であれば、
さほどおもしろくはないんだよな。

那智側の変化をどう描くのか。
それによって、ふたりの関係がどう変わるのか、変わらないのか。

それがキーポイントな気がする。


#夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

書きたいシーンvs書きたい物語

thread
タカマ二次小説、
実はだいぶ前から新作を執筆してる。

新作といってもほぼほぼ、
原作の颯那智シーンを膨らませただけなんだけど。

「片恋の比翼」では描けなかった、

颯太と那智の出会いのシーンや
タオナの村でのシーンを

膨らませて描きたいと思ってる。
というかもはや、書いてある。

……んだけど。
なんかどうも収まりが悪い。

たぶん、「どんな物語を書きたいか」ってのが
ないからなんだろうな。

書きたいのはあくまでもシーンであって、
「物語」になっていないから。

帰着点のイメージが湧かない。
というか、帰着点が存在しない。

おまけに、一番描きたいタオナの村のシーンは、
原作上、すごく特殊なシーンだから。

この作品で唯一、結姫や隆臣が登場しなくても、
成り立ってしまうシーンだから。

颯太と那智のふたりで完結してしまう世界だから。

カーボンヘッドという媒体は必要だけど、
それ以外のキャラは必要のない、完全にふたりだけの世界。

よくこれを、結姫が主人公の原作で成し得たよなと、
その絶妙のバランスに感心してしまう。

でも、だからこそ、
安易にこのシーンを膨らませてしまうと、
バランスが崩れてしまう。

原作ベースの展開が難しくなる。

そう、だからこそ私は、
「片恋の比翼」ではあえてこのシーンを切ったんだ。

すごく書きたいシーンだったけど、
書きたいストーリーを優先させるために、
あえて省いた。

そんなシーンを盛り込んだ小説を
書きたいと思っているから。

全体の流れは原作そのままで、
世界観は「片恋の比翼」そのままで、

タオナのシーンを描きたいと思っているから。
それが目的の小説になってしまっているから。

何かがすごく中途半端になる。

漠然とでもいいから、
「書きたい物語」を見つけないと、
永遠に迷子になる。

尻切れトンボになって、
いつまでも終われない。

いったい何を書けばいいのかなぁ。。。


#夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

闇と光と光と闇と。

thread
タカマ二次小説「廻り舞台と紡ぎ歌」。

あのシーンを入れる場所が決定した!
ってか、ほぼほぼクライマックスまで来た!!

ちょっと時間を置いて読み直して良ければアップする。
……けど、それがいつになるかはわからない。

ごめんなさい……m(_ _)m

早く今よりも楽な部署に行きたい……。
それが無理なら、せめてやりがいのある部署に行きたい……。

もぉ、マジで今の部署、辛くて苦しくてしんどくて辛い。
こんなのマジで聞いてない。

働きやすい部署に異動したいと強く希望したのに、
「これからはプライベートを充実させてください」と前の上司から送り出されたのに、

なんで残業時間更新せにゃらなんの。
その上、残業代全然つかないし。有給消化率も最悪だし。

ブラックにもほどがあるわ。



#夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆 #雑記

People Who Wowed This Post

舞台をどこで廻そうか。

thread
連日過労死ライン並み(月によっては普通にそれ以上)の残業が祟ったのか、
それとも、発熱以外の形でワクチンの副反応が出ているのか、

はたまた5月病なのか。

今日は仕事に出ようと思ってたけど、体が重たくて。
もう諦めて、家でだらけながらも久しぶりにタカマ二次小説小説書いてたら、
思いの外筆が進んだ。

ただ、あのシーンをどこに入れようかと迷ってる。

下手に入れると話の流れを止めちゃうし、
けど、どっかにちゃんと入れないと話がつながらないし。

う~ん。。。どうしようかなぁ。。。


#夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

最強のイメージソング

thread
ほんとにこの曲、
作品全体のイメージにぴったりなんだ。

タカマ二次小説のいろんなキャラに合う。

那智から那智へもそうだし、
柊から美舟へも成り立つし。

美舟自身が歌っているようにも思えるし。

都(リューシャ―)になかなか戻ってこない颯太と、
彼を捜しに来た那智に当てはめることもできる。

橋姫の策略にはまって
高天原にやって来た中ツ那智と、

彼を救うために、
魂羅川のほとりに降り立った
タカマ颯太に当てはめることもできるし。

颯太の体を借りて胡琴を奏でる橋姫や、

彼女に意識を奪われながらも
必死に自我を保とうとする颯太に当てはめることもできる。

まさにこれ以上の曲はないように思えてきた。






#動画探索 #夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

合唱のその先に 

thread
久々の小説談義。
執筆中のタカマ二次小説に出てくる歌について。

全国優勝を果たす歌とはどんなだろうと、
合唱曲ジプシーをする一方で。

「あの人」に届く歌とはどんなだろうと、
あれこれ考えを巡らせていた。

前者を優先させて曲選びをすると、
後者が成り立たない。

後者を優先させようとすると、
そもそも合唱曲でピンと来るようなものがなくて。

だけど、独唱にするわけにもいかないし。

でも、やっとわかった。これだ。
合唱曲バージョンがないのなら、作ればいい。

音楽的才はないので、
作曲や編曲は無理だけど。

仮にそれをしたところで、
歌ってくれる合唱団もいないけど。

だけど、私には「言葉」があるから。
「小説」があるから。

イメージを膨らませて言葉にすることはできるから。

「天泣」のイメージで、
「この歌に誓おう」を合唱曲にする。

これだ。

一人はみんなのために。
みんなは一人のために。

「正確な歌唱」が、「調和の取れた合唱」が、
行き着く先にあるもの。

それは、一人ひとりが違うけど、
でも、決して一人の力では成し得なくて。

だからこそ、力を合わせる。
だからこそ、素晴らしい合唱になる。

粒が立った、けれど調和のとれた、
素晴らしい合唱になる。

だからこそ、「あの人」の心に届く。

目指すのは、全国優勝じゃなくて、
独りよがりな独唱でもなくて。

たった一人のために。
一人ひとりのために。

全員が力を合わせてつくる集大成。

これだ。
ようやくつかめた気がする。









#動画探索 #夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

タイムトラベルとパラドックス

thread
仕事が忙しすぎて、
小説を書く暇がない……。

続きを待ってくださっている方、
本当にごめんなさいm(_ _)m

いつかそのうち、必ず書こうと思ってるので、
気長に待っていていただければ……。

特にタカマ二次小説の澪標シリーズについては、
必ず完結させたいと思っているので、

どうか見限らずに、
気長に待っていていただけると助かります。(>人<:)

さて、まさにその執筆が途中となっている
澪標シリーズ第三部「廻り舞台と紡ぎ歌」。

この中で重要なテーマとなっているのが、
いわゆる「タイムトラベル」です。

ドラえもんやら何やらの影響で、
昔っから好きなんですよ。

「あの日に戻りたい」を実現可能とする設定と、

戻った先で「未来」を変えられるか否か、
変えていいのかどうか、っていう観点が。

中学か高校の時には、
「タイムパラドックス」という言葉に惹かれて、
いろいろ調べた記憶があります。

「廻り舞台と紡ぎ歌」で
橋姫さまがやろうとしていることもまさに、

「親殺しのパラドックス」とその回避です。

自分が生まれる前に戻って、
自分を生み出した存在を亡き者にする。

それが実現できれば、
「自分」は生まれないわけだから、

「未来の自分」が過去に戻ることもできず、

「自分を生み出した存在」を
亡き者にすることもできなくなる。

だから、何度「相手」を殺しても
「相手」は死なず、

「自分」が生まれてきて、

再び過去に戻り、
「相手」を殺すも「相手」は死なず、

再び「自分」が生まれて……と、
無限のループを繰り返す。

これが「親殺しのパラドックス」。

そして、様々なSF作品では、
この矛盾を回避する手段として、

「相手」を殺そうとした際に、
ナイフが折れて殺せなくなるなど、

「どんなに頑張っても歴史の改変ができない」
という設定にしたり、

あるいは、歴史の改変はできるものの、
歴史の改変により時間軸が分岐し、

元の世界と並行した別の世界が生まれる、

いわゆる「パラレルワールド」の
概念を用いたりしています。

さて、「廻り舞台と紡ぎ歌」ではどうか。

読んでくださった方はご存じのとおり、

歴史の改変はできるものの、
それをしてしまえば、

時空に歪みが生じて、
世界が滅亡します。

「過去に遡って今と未来を変えたい」。

そんな人間の欲望を利用して、
世界を滅亡へと導く装置。

それがこの作品の鍵を握る
「時の石(ツァイト・ストーン)」なのです。

この設定、かれこれ10年近く前に
考えたのだけど。

個人的に、なんだかものすごく
タイムリーだ……。


#夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

七夕の夜に聴きたい大本命

thread
7月7日のツイッターで、

七夕に聴きたくなる、
颯那智にぴったりな曲をご紹介しましたが。

実はその時からすでに、
「8月にはこの曲を紹介したい!!」って思ってた。

実は本命はこっちなんだぞ、っていう(笑)

もう、このコラボが最強すぎる。





#動画探索 #夢幻伝説タカマガハラ

People Who Wowed This Post

不定形という名のひとつのカタチ

thread
前にも何度か触れたことが
あるような気がするけれど。

もともと私、夢幻伝説タカマガハラの颯那智は、
タカマverのみが好きだったのです。

初めて颯那智の魅力に触れて、
胸キュンシーンに身悶えていた頃は、

「BL」なんて概念、知らなかったし、

「男の娘」なんて概念も、
この世に存在していなかったか、
存在していても、今ほど浸透していなかった。

「BL」という概念を知った後も、
このふたりにそれはそぐわない気がして。

中ツではせいぜい、

友達として仲良くやってくれ、
程度にしか思っていなかった。

それが次第に、

中ツも込みで颯那智が
好きになっていった理由のひとつに、

確実にこの歌がある。





「それは蛍のように」執筆時には
何度も聴いてた。

私もこの曲を知ると同時に、

彼女がかつて「彼」であったことを
知った人間だから。

どうしても、背景にそういうものを
感じてしまって、

それは、彼女が望んでいたことでは
ないのかもしれないけれど。

でも、なんていうか。

たまたま、好きになった人が、
同性だった。

叶わない恋だった。

そういう切なさを、やるせなさを
感じさせる曲だったから。

手をつなぐくらいでいい。
並んで歩くくらいでいい。

それすら危ういから、
大切な人は友達くらいでいい。

そんな歌詞が、
中ツの颯那智と重なって。

笑われて、バカにされても、
相手を憎めなかったり、

自分だけ責めてしまったり、というのも、
那智に当てはまるんじゃないかと思って。

この曲にめちゃめちゃインスピをもらいながら、
「それは蛍のように」を書き上げた。

私にとって、
那智は那智だから。

もともとの性癖が、とか、
そういうのはあんまり、考えたことがなくて。

ただ、たまたま隆臣を好きになって、
たまたま颯太を好きになったのだろうなと。

そんな気がして。

だから、「BL」とか「男の娘」って括りは、
いまいちしっくり来ないというか。

あえて分類するなら
そうなるかもしれないけれど、

でもあえて分類する必要性を
感じないというか。

そこがまた、
彼らの魅力だなぁというか。

颯太も那智も、
互いに人として好きなだけで、

「男が好き」なわけではない気がして。

性別は時に障壁にはなるけれど、
「条件」ではない気がして。

人として互いに惹かれ合う、
そんなふたりだからこそ、

いつの間にやら、
どちらの世界でも好きになっていたのだろうなと。


#動画探索 #夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

丑三つ時のRevive

thread
初っ端のアインス、ツヴァイ、ドライが
懐かしかった(笑)

そういう意味でも、
我が家の橋姫さまに合ってる曲だなと。

時の石(ツァイト・ストーン)の語源の一部は、
この言語です。





#動画探索 #夢幻伝説タカマガハラ #小説執筆

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account