Search Bloguru posts

評を書いてみました

thread
人生初めての評というものを書いてみました。今回はどちらかというと感想を述べた感じで。投稿された作品を読み込んで私なりに表現しました。なかなか勉強になることばかりあり、良し悪しは置いといて詩に関わったという充実感ありましたね。

投稿された方が「もっと詩を好きになれるよう」をモットーに、精進して作品を読み込んでいこうと思っています。

評を書くというプレッシャーはありますが、いざ作業に入るとこれがなかなか詩を書くことのように集中していて、楽しい作業であることに気づく。有難い機会を頂いて感謝、感謝です。

先輩詩人に読者は、評を書いている人の気持ちはわかりますよ、とアドバイスをもらっていましたので、平等と冷静、平常心をもって真摯な気持ちで対応できたと思います。

いや〜、とりあえず第一弾は放った。再来週、第二弾がやって来る。どんな作品が投稿されるのか、とっても楽しみです!

#詩

People Who Wowed This Post

個室の固執

thread
自分はいつも正しくて
わがままは膨らみ
僕は部屋から出れなくなった

ご飯が廊下に置いてある
ひとりでは
何もできないクズ野郎なのに

どうすればいいんだ
これで生きていると言えるのか
外に出れば怖くて
ひとの視線が僕を馬鹿にする

ほんとうは僕
風を感じたいんだ
つい数年前まで風に吹かれ
笑っていられたのに

どうすればいいんだ
外に出れば
今の僕はどうなってしまうのか

怖い
自分が怖い
だけど新しい僕には会いたいんだ

風が窓を叩いている

#詩

People Who Wowed This Post

さあ、今日一日を……

thread
二十代の頃は
体力の違いだろうか
仕事帰りに受診し
体温が42度あっても

へぇ〜
熱っぽいと思ったら
けっこう高かったなあ
しかし体温計って
何度まで計れるのだろう、と
今ならインフルエンザと診断され
仕事をすることなど厳禁だろう

次の日も少し体温が下がったから、と
働いていたのだから
若さは熱に負けていなかった

今ではもう38度を越えれば
はあ〜、俺はもうダメだ
これが今の自分だ

そしてビタミン剤と薬を
たらふく飲み
仕事へ行く組織人間は
何年後に進化を遂げるのだろう

ああ、のど飴を落としてしまった

休めばいいのに……

#詩

People Who Wowed This Post

なぜか無題の詩?

thread
ひとの作品を読み
連詩を最近、楽しんでいる私

ああ、相手の方はこれを拝読されることはないだろうな

と、いうことで無題の詩を



挟み込まれた老犬には
過去はあるが未来はない
此処にお前の幸せはあるのか

暫し解放されるのは
お前か俺か

海岸線の微かな弧を得た一本
身が縒れ続く蛇行の旋律
此処にお前の幸せはあるのか

空を見上げている老犬

老犬が嘆き吠える気がして
動転し写真集を閉じた
その音は図書館に響き俺を刺した
#詩

People Who Wowed This Post

風邪の季節が来たな

thread
おっと
これは扁桃腺がやられる
流行りの風邪だな

目が覚めた途端
喉がイガイガ苦しくて痛い

こんばんは、森進一です

目覚めの挨拶
息子にガラガラ声で言ってみた

こんばんは、じゃないだろ
おはようだろっ

モノマネより
基本的なところにツッコミがくる

今のところ
喉が苦しいくらいなので
なんとか仕事はできそうだ
たいていこんな体調の時には
忙しくなるのが常である

ほらっ
めちゃ忙しいじゃないか
俺は風邪をひいているんだぞ

と、誰に文句を言っているやら

なんとか業務を終え
帰ろうとして自分のPHSを
充電器に差し込もうとする

あれっ
ないぞ、ないぞ
落とした記憶もない

でも、青い目立つ紐もついているし
他のPHSから鳴らせば
ピーピーピー
と、すぐに見つかるはずさ

フロアは広い
どこからも聞こえない
ああ、泣きたくなる
もう帰ろうとした時なのに

久しぶりにおじさん、泣いちゃう

そんな気分になり
だんだん怒りがこみ上げるが
そこは冷静に考える

これが大人だ

って、いうことで
蓋つきのゴミ箱から発見される
三十分も探し物で残業だ

ふぅ〜
喉の痛みが増してきたぞ
もうこれは寝ないと駄目だ

薬を飲み
久々に10時間ほど寝た

ああ、風邪の二日目
寝たのが良かったのか
現状維持でなんとか持ち堪えている

こんばんは、森進一です

こんばんは、森進一です

息子もガラガラ声だった

#詩

People Who Wowed This Post

冬のブルー

thread
冬のノックが聞こえたら
未来に緊張が走り始めたよ

厳しさの中で微笑む喜びがあろうに
そらの色はグレーと思いこみ

力の入った肩を冷たい悪魔が
とんとん、と叩き始めても
今日は透き通ったブルーの重なり

どんな下手くそな生き方をしていても
平等な夢みたいな空が
そこにあるから大丈夫さ

#詩

People Who Wowed This Post

以心

thread
以心


止まった君なのに
勢いが観えるのは不思議ですね
お互いに生きているから
感じるものがあるのでしょう

君は何を想像していますか
とてもアピールが上手な色で
わたしを惑わすように
何も言わず咲いていますね

でも、もしわたしが
君の言葉を聴けたのなら
もう詩を書くこともないでしょう

君の想像を想像できないのなら
心ふくらませるトキメキは
枯れてしまいますから

言葉にできないから
言葉にしようと
君について書いています

#詩

People Who Wowed This Post

サッカーボール

thread
僕たちは
サッカーボールのように
転がって跳ねて
零れそうな感情を歌う

カンカン照った太陽の下でも
ジリジリと君と手を繋げば
欠点さえも許せるくらい

僕たちは
サッカーボールのように
転がって跳ねて
零れそうな感情を歌う

変わらない時間を過去と
言うのならば
僕たちは可能性の見える
未来へと歌うのさ

そう僕たちは
サッカーボールのように


#詩

People Who Wowed This Post

いろいろなことを詩にする

thread
なんのため?

そこはモヤっとしておこう
答えを探しても
おもしろいところではないから

いろいろなこと
って、なにがあるのだろう

それはステキ
あれはステキ
これはステキ

では、なにがステキなの?
主語がないとわからないから

主語は必要?
誰がどうだろうと、なにがどうだろうと
いいではないか

ねえ、その前にこの詩は
ふたりの会話があるけど
誰と誰なの?
そして、誰が書いているの?

はは、そこに気づいたか
それはあれなんだよ
もう、わかっているのだろっ
そろそろ書き終えよう、っと
では、それでは

はあ、それでは

#詩

People Who Wowed This Post

齋藤、お前で大丈夫なのか?

thread
来週よりネット詩誌 MY DEAR の掲示板に投稿された詩作品へ評をだすことになった。そこでは私も沢山の作品を投稿し、すべてに丁寧で心ある評を頂いていた。そのおかげで、詩が読めるものとなり、また楽しく書けるようになった感謝は忘れられない。

そして、まさか私が評を出す立場になるなんて夢にも見ませんでしたので、びっくり仰天。しかし、詩の楽しさは伝えたいと以前から思っていたので、この機会を活かすよう懸命に取り組もう。

さて、どうなるのだろうか?

やってみないとわからない。ただ、私の評期間中に作品が来るのだろうか、そんな不安もあるが、今回はもうひとりの評者さんとチームを組み行うので、その方の人気にあやかろう。

さあ、かかって来いや〜

#雑記

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/82
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>