Search Bloguru posts

漢字が覚えられない詩を書くひと

thread
久しぶりに難しい本を読んでいる。普段、あまり本を読まない私なので、勉強不足なのか、子どもの頃からの短期記憶が数字三桁という脳みその問題か、わからない漢字が多すぎる。理由はともかく、わからない漢字を飛ばすのも気持ち悪いし、調べながら読むが「知ってるよ、そんな漢字」と答えを見て呟く情けない感じになっている。十年前くらいにあれっと気づいた。私の場合は記憶力が乏しいが、印象の強かった出来事や思い出はけっこう鮮明に覚えている。その時の心情とか匂いとか。それをどうにか詩を書く時に活かせないかと考えるようになった。それにしても漢字が覚えられないということで、広辞苑を読めば私にとって印象の強い漢字が覚えられるだろう、と。だが、今度は長期記憶の問題が発生する。覚えたはずの漢字が長期記憶から想起できないのである。年齢も関係するのかなあ。だから、広辞苑を読破しても知識的には何も得ていない感じであった。しかし、読んでいる時は旅でもしているような、そう言葉の旅をしている気分がいま思うと詩を書く上で身になっているのだろう、と勝手にポジティブシンギングしている。その旅をもう一度しようかと思うが、うーん時間がさすがにないなあ。まあ、読めなくてもだいたい漢字の意味は経験でわかるので、まあいっか、こんな私で。

#詩 #雑記

People Who Wowed This Post

鳩の水浴び

thread
鳩の水浴び
冬にも羽根についた寄生虫や脂粉をとる為に
鳩は水浴びをするらしい

しかし、冬に水浴びをしない鳩もいる
俺はそっちのタイプかも
#詩

People Who Wowed This Post

成長の涙

thread
おじさんが
詩を書き、詩を読み
涙がでたりする
そんな場面が多くなった

この涙、子どもの頃とは
すこし違ったりする
寂しいとか、悲しいとか
嫌だ、ではない

ひとの思いやりだったり
がんばりだったり
優しさだったり
感じてしまうんだな

こんな自分でも
すこしは成長したのかな
また涙がでてしまう

#詩

People Who Wowed This Post

ベビーカー

thread
昼からの勤務
駅のホームにはベビーカーが並ぶ
すでに抱っこやおんぶは
時代じゃないのだろう
赤ん坊がちょこんと静かに
これも時代だろうか

いやいやそうではない

うぎゃー うぎゃー うぎゃー

赤ん坊は泣き出し
不自然さがすこし消えていった

#詩

People Who Wowed This Post

真っ直ぐ

thread
なんとも陽射しの真っ直ぐなこと
すこし曲がった心持ちを
矯正するかのようにカラダを通過する

生きているだけで儲けもの
目の前の道をしっかりと歩けばいい
辛い日々の中にいても
信じることから勇気を得よう

今日はやけに陽射しが真っ直ぐだ

#詩

People Who Wowed This Post

どうして

thread
‪どうしてだろう‬
‪ぼくはさんすうのじかん‬
‪えをかくのかな‬

‪どうしてだろう‬
‪ぼくはこくごのじかん‬
‪ねむくなるのかな‬

‪どうしてだろう‬
‪ぼくはせんせいにおこられて‬
‪ないているのかな‬

#詩

People Who Wowed This Post

癒されるなあ猫ちゃん

thread
癒されるなあ猫ちゃん
なんとなく猫ちゃんをアップして……
#雑記

People Who Wowed This Post

同人誌って、いいな。。。

thread
同人誌って、いいな。。。


‪詩人会の方から同人誌(本)『みみずく』(みみずくの会)が送られてきた。少年詩と批評が掲載されている。少年、少女時の残っている想い出。その意味を大人になっても追いかける詩に、まだ我が身にある感性へ言葉が響いてくる。少年、少女を読む。心も少年、少女のままで。‬

#詩 #雑記

People Who Wowed This Post

テステス

thread
テステス
詩のテスト中

テステス
あいうえおえういあ
詩のテスト中

テステス
かきくけこけくきか
詩のテスト中

テステス
さしすせそせすしさ
詩のテスト中

テステス
たちつてとてつちた
詩のテスト中

テステス
なにぬねのねぬにな
詩のテスト中

テステス
はひふへほへふひは
詩のテスト中

テステス
まみむめもめむみま
詩のテスト中

テステス
やいゆえよえゆいや
詩のテスト中

テステス
らりるれろれるりろ
詩のテスト中

テステス
わゐうゑをゑうゐわ
詩のテスト中

テステス
んんんんんんんんん
詩のテスト中

テステス
詩のテスト中

#詩

People Who Wowed This Post

詩の評を書く

thread
今週火、水、木曜日は詩の掲示板へ投稿された作品に評を出す担当だ。数年前まで、ひとの詩を読むくらいなら、自分が詩を書く時間にあてたい、と思っていた。なんとも成長を伴わない思考をしていたようである。そして、このような機会を与えて頂くと自分の読解力がないことに気づき慌て、なんとか想像力を膨らませて対応している。すぐに雰囲気をつかめる作品、難解な作品等、読み込んでいくと今まで見えなかった世界を堪能することができる。そして、作者のもとから離れた作品は読者の数だけ世界が広がる。今まで二度ほど評を出してみて、作者から「そういう捉え方も……」というご意見を頂いた。詩はこのセレンディピティ要素が濃い芸術ではなかろうかと感じる。そこが面白い。ただ、的を外した評を書いている言い訳のように聞こえてしまうだろうが……

評を書く時はとても集中する。詩を書く時とはまったく違う脳の部位を使うのだろうか、文章が纏まった時の達成感に充実をこれでもかと得るのである。幸せなことだ。ありがたいこととだ、感謝。ということで評を書くこと、私は好きみたいだ。できの良し悪しは置いといて……、もっと勉強するぞ!

作品をお待ちしております!

#雑記

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/88
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>