Search Bloguru posts

freespace

          部下や若手社員とのコミュニケーションで悩んでいませんか。人事総務歴18年のコーチ 木村多喜子です♪ コーチ探せる プロフィールページへ
クリック
にて受け付けております。

ゆっくり動き、ゆっくり話す。

thread
言葉に関連する基本的(上)と非... 言葉に関連する基本的(上)と非基本的(下)の感情の身体状態。
ボディマップには、活性化が増加した部位が表示されます
それぞれの感情を感じると(暖色)または減少(涼しい色)します。
(P < 0.05 FDR が修正されました; t > 1.94)。
カラーバーは、t 統計量の範囲を示します。
Nummenmaa et al. PNAS |2014年01月14日 |第111巻 |第2号 |64
人事総務歴18年のコーチ 木村多喜子です♪

図は、フィンランド人の研究チームから
2014年に発表された論文によるもの。

フィンランド人と台湾人の合計773人の参加者を対象に
「怒り、恐怖、幸福などの感情は、
体のどのパーツに影響を与えるのか?」
について調査した結果だとか。

左上から順に「怒り」「恐怖」「嫌悪」
「幸福」「悲しみ」「驚き」「自然な状態」。
左下からは「不安」「愛情」「憂鬱」
「軽蔑」「誇らしさ」「恥」「嫉妬」と並んでいる。

実験に参加したのは、
フィンランドと東アジアの台湾の方たち。
情動の反応には地域の差はないのかも。

「悲しみ」「憂鬱」を感じる時
身体が辛く感じ、そこから脱したいと思うのは
心だけでなく身体を守るために必要な反応なのだろう。
どんな感情を感じているのか。
それによって体への負荷が変わることがわかる。

日々のさまざまな刺激から
どんなふうに心と身体を守るのか。

自律神経研究の第一人者として活躍する
小林弘幸さん(順天堂大学医学部教授)は
まずは「ゆっくり動き、ゆっくり話す」ことを
心がけてくださいという。

そうすることで、自然と副交感神経の働きが高まり、
緊張が解け、穏やかになり、呼吸が整うのだとか。

脳の血流もよくなって、判断力・思考力も回復するというから
これはやらない手はない。
しかも、なんの準備もいらなくて、すぐできる。

今、この瞬間の動き、誰かへの声かけ。
ちょっと意識してみよう。

~.:*★今日の問いかけ★*:.~

ゆっくり動いてみた感想は?


部下や若手社員とのコミュニケーションのお悩み解決!
コーチ探せる プロフィールページへ
クリック


たくさんのコーチの中から、あなたにあったコーチが探せます。
コーチ探せる
クリック


#すべて答えは自分の中に #コーチングマインド #コーチ探せる #中小企業 #木村多喜子 #部下

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account