Search Bloguru posts

日常のつぶやき~この庭と草木

https://en.bloguru.com/moon

【白】黄烏瓜の花咲く頃

thread
【白】黄烏瓜の花咲く頃

道路脇の植込みに絡みついて

黄烏瓜の花が咲いています。

不思議な花姿です。

先日、線路脇の草むらにも咲いていましたが、

自転車に乗っていたので、写真を撮らずにそのまま通過しました。

#花

People Who Wowed This Post

【食】和食ランチ

thread
【食】和食ランチ 【食】和食ランチ

〇時代の友人たちと会い、和食のランチをいただきました。

950円、相席でしたが、美味しいランチでした。

#グルメ

People Who Wowed This Post

【緑】【実】花梨の実りの頃

thread
【緑】【実】花梨の実りの頃 【緑】【実】花梨の実りの頃

花園で

花梨が実っています。

これから黄色く色付いて来るのでしょう。

今年は当たり年のようで、たくさん実っています。

以前、喉に良いからと、花梨の蜂蜜漬けを作ったことを想い出しました。

#花

People Who Wowed This Post

【紅】【黄】【生】おんなじおんなじ

thread
【紅】【黄】【生】おんなじおん... 【紅】【黄】【生】おんなじおん... 【紅】【黄】【生】おんなじおん... 【紅】【黄】【生】おんなじおん... 【紅】【黄】【生】おんなじおん... 【紅】【黄】【生】おんなじおん...

花園で

七変化が咲いています。

同じ色合いのベニシジミが吸蜜していました。

おんなじおんなじ。

#花 #生物

People Who Wowed This Post

【実】向日葵の花終わりの頃

thread
【実】向日葵の花終わりの頃 俯くひとの顔のようです 俯くひとの顔のようです

花園で

大きな向日葵の花が終わって、種ができ始めています。

以前は、近くの公園にも大きな向日葵が咲いていたのですが、

ここ数年、咲かなくなりました。

#花

People Who Wowed This Post

【紫】瑠璃玉薊の花終わりの頃

thread
【紫】瑠璃玉薊の花終わりの頃 【紫】瑠璃玉薊の花終わりの頃

花園で

瑠璃玉薊が咲いています。

暑過ぎて花園に足が向かないうちに

そろそろ花終わりのようです。


#花

People Who Wowed This Post

【緑】【実】栗の実りの頃

thread
【緑】【実】栗の実りの頃 【緑】【実】栗の実りの頃 【緑】【実】栗の実りの頃

花園で

栗の実を見つけました。

地面に転がっている実もあります。

今年も栗の渋皮煮を作りましょう!!


昨日、新幹線の中で果物ナイフを洗っていた乗客が同行されたというニュースを見ました。
以前(私が子どもだった頃)は、旅には果物と果物ナイフを持参することが日常でした。
車中で、母が果物の皮をむいて手渡してくれたりと。
時代は変わっていきます。
旅情も。

#花 #ブログ

People Who Wowed This Post

【緑】サボテンくんに会いに

thread
【緑】サボテンくんに会いに

午後から、ポツリポツリの雨に変わったので、

サボテンくんに会いに行ってきました。

頭が伸びているサボテンくんに出会いました。

身体も大きくなっています。

#花

People Who Wowed This Post

【緑】サボテンくん

thread
【緑】サボテンくん

三日連続の雨。

サボテンくんに会いに行きたいと思いつつ、

出かけたいのに身体が重いです。

#花

People Who Wowed This Post

【本】『日暮らし』上・下

thread
講談社 (2005/1/1) 講談社 (2005/1/1) 講談社 (2005/1/1) 講談社 (2005/1/1)

三島屋変調百物語を読んで以来、

図書館に惹き寄せられて、本を借りました。

読み始めると『ぼんくら』というドラマの原作でした。

懐かしい。物語の登場人物がするすると浮かんできます。

登場人物ひとりひとりが好い味を出しています。

謎解きと痛快娯楽作品ですね。

◇内容◇

似顔絵扇子絵師が殺された。
しかも素人とは思えない鮮やかな手口で。
「探索事は井筒様のお役目でしょう」―。
岡っ引きの政五郎の手下、おでこの悩み、植木職人佐吉夫婦の心、煮売屋のお徳の商売敵。
本所深川のぼんくら同心・平四郎と超美形の甥っ子・弓之助が動き出す。


葵殺しの裏に見え隠れするのは、二年前に鉄瓶長屋で起きた事件から尾を引く、大店湊屋のお家事情。
絡まった心を解きほぐそうとする平四郎。
「叔父上、ここはひとつ白紙に戻してみてはいかがでしょう」。
弓之助の推理が過去の隠し事の目くらましを晴らしていく。

一日、一日、積み上げるように。
てめえで進んでいかないと。おまんまをいただいてさ。
みんながそうやって日暮らしだ。
積み上げてゆくだけなんたから、それはとても易しいことのはずなのに、
ときどき、間違いが起こるのは何故だろう。
自分で積んだものを、自分で崩したくなるのは何故だろう。
崩したものを、元通りにしたくて悪あがきするのは何故だろう。
~下・本文より~

既に借りた単行本は廃版になり、今では新装の文庫本が流通しているようです。


日暮らし読書をしていたので、根を詰め過ぎて眩暈がしています。
良性発作性頭位めまいの症状です。←根を詰めるのがよくないのです。

#本

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account