Search Bloguru posts

日常のつぶやき~この庭と草木

https://en.bloguru.com/moon
  • Hashtag "#本" returned 58 results.

【本】雲の果

thread
2018.5.30 2018.5.30

相変わらず、江戸の中で起こる事件は、遠野屋の座敷で起こっている感じがします。
今回は、事件の真相が最後の数ページで完結した感じで、
いつもの面白みに欠けました。

本の装丁も、拘りがなく、前回と同じ雰囲気でした。

◇内容◇
遠野屋の番頭、喜之助が病に倒れ、主の清之介が看取った。
彼の遺品から不思議な織の帯が見つかる。
一方、ある仕舞屋が燃え、焼け跡から女の死体と焼けた帯が見つかる。
信次郎と伊佐治は、謎めいた帯の奇妙な繋がりを探る。
「弥勒シリーズ」第八弾。

#本

People Who Wowed This Post

【本】おまえさん上・下

thread
【本】おまえさん上・下 2011/9/22 単行本、文... 2011/9/22
単行本、文庫本同時発売だったとか
現在は、文庫本だけの流通(読んだのは単行本)

『日暮らし』の続き。
弓之助とおでこが成長し、初登場の弓之助の兄淳三郎の味わいが加わっていました。
痛快な文章です。

◇内容◇

痒み止めの新薬「王疹膏」を売り出していた瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された。
本所深川の同心・平四郎は、将来を嘱望される同心の信之輔と調べに乗り出す。
検分にやってきた八丁堀の変わり者“ご隠居”源右衛門はその斬り口が少し前に見つかった身元不明の亡骸と同じだと断言する。
両者に通じる因縁とは。


父親が殺され、瓶屋を仕切ることになった一人娘の史乃。
気丈に振る舞う彼女を信之輔は気にかけていた。
一方、新兵衛の奉公先だった生薬問屋の当主から明かされた二十年前の因縁と隠された罪。
正は負に通じ、負はころりと正に変わる。
平四郎の甥っ子・弓之助は絡まった人間関係を解きほぐすことができるのか。

#本

People Who Wowed This Post

【本】『日暮らし』上・下

thread
講談社 (2005/1/1) 講談社 (2005/1/1) 講談社 (2005/1/1) 講談社 (2005/1/1)

三島屋変調百物語を読んで以来、

図書館に惹き寄せられて、本を借りました。

読み始めると『ぼんくら』というドラマの原作でした。

懐かしい。物語の登場人物がするすると浮かんできます。

登場人物ひとりひとりが好い味を出しています。

謎解きと痛快娯楽作品ですね。

◇内容◇

似顔絵扇子絵師が殺された。
しかも素人とは思えない鮮やかな手口で。
「探索事は井筒様のお役目でしょう」―。
岡っ引きの政五郎の手下、おでこの悩み、植木職人佐吉夫婦の心、煮売屋のお徳の商売敵。
本所深川のぼんくら同心・平四郎と超美形の甥っ子・弓之助が動き出す。


葵殺しの裏に見え隠れするのは、二年前に鉄瓶長屋で起きた事件から尾を引く、大店湊屋のお家事情。
絡まった心を解きほぐそうとする平四郎。
「叔父上、ここはひとつ白紙に戻してみてはいかがでしょう」。
弓之助の推理が過去の隠し事の目くらましを晴らしていく。

一日、一日、積み上げるように。
てめえで進んでいかないと。おまんまをいただいてさ。
みんながそうやって日暮らしだ。
積み上げてゆくだけなんたから、それはとても易しいことのはずなのに、
ときどき、間違いが起こるのは何故だろう。
自分で積んだものを、自分で崩したくなるのは何故だろう。
崩したものを、元通りにしたくて悪あがきするのは何故だろう。
~下・本文より~

既に借りた単行本は廃版になり、今では新装の文庫本が流通しているようです。


日暮らし読書をしていたので、根を詰め過ぎて眩暈がしています。
良性発作性頭位めまいの症状です。←根を詰めるのがよくないのです。

#本

People Who Wowed This Post

【本】『ばんば憑き』

thread
角川書店(2011.2.28) 角川書店(2011.2.28)

怪談の短編です。

◇内容◇
湯治旅の帰途、若夫婦が雨で足止めになった老女との相部屋を引き受けた。
不機嫌な若妻をよそに、世話を焼く婿養子の夫に老女が語り出したのは、
五十年前の忌まわしい出来事だった…。
表題作「ばんば憑き」のほか、『日暮らし』の政五郎親分とおでこが謎を解き明かす「お文の影」、
『あんじゅう』の青野利一郎と悪童三人組が奮闘する「討債鬼」など、
宮部みゆきの江戸物を縦断する傑作全六編。

・坊主の壺
・お文の影
・博打眼
・討債鬼
・ばんば憑き
・野槌の墓

#本

People Who Wowed This Post

【本】『天を灼く』『地に滾る』

thread
祥伝社 (2016/10/12... 祥伝社 (2016/10/12) 祥伝社 (2018/7/11) 祥伝社 (2018/7/11)

先日、『天を灼く』を読んで、
その後続編が出ていることに気づいて、予約して借りました。
どちらかといえば、一般書というよりも児童書のような感じです。

『天を灼く』
◇内容◇
紅く焼ける空の下篠突く雨の中を、元服前の天羽藩大組組頭・伊吹家嫡男の藤士郎は、父・斗十郎の佩刀を抱え、山奥にある牢屋敷に向かっていた。
姉・美鶴が嫁ぎ、両親や親友の風見慶吾、大鳥五馬と送る平穏な日々が暗転したのは二十日前。
豪商・出雲屋嘉平と癒着し藩を壟断したという咎で斗十郎が捕縛されたのだ。切腹が申し渡されたこの日、謎の若者・柘植左京に牢屋敷に呼び出された藤士郎に、
斗十郎は身の潔白と藩政改革の捨て石になると告げ、介錯を命じた……。


『地に滾る』
◇内容◇
ならば、真っ直ぐに生きてみせる。
藩政の刷新を願い脱藩した天羽藩上士の子・伊吹藤士郎は、 人が行き交い、物が溢れる江戸の大地を踏み締める。
人生に踏み出した武士の子は、 貧し、迷い、慟哭しながら、
自由に生きる素晴らしさを知る。


江戸から、天羽へ帰ることになったところで終わったので、これからも続きがありそうです。

#本

People Who Wowed This Post

【本】三鬼 三島屋変調百物語四之続

thread
『三鬼 三島屋変調百物語四之続... 『三鬼 三島屋変調百物語四之続』
宮部みゆき著 
日本経済新聞出版社 (2016/12/10)

図書館のHPを見ていると

三島屋変調百物語に五之続が出ていることに気付きました。

そういえば、四之続を読んでいません。

新刊本(五之続)は、予約しても1年近く待たされるけれど、

四之続は、数日で借りることができました。

事始と事続は、主人公のおちかが鼻についていましたが、

参之続くらいから、愉しめるようになりました。

四之続は、ますます愉しめました。

◇内容紹介◇
待望の最新作は冬に贈る怪談語り、変わり百物語。
鬼は人から真実を引き出す。
人は罪を犯すものだから。不思議な話に心がふるえ、身が浄められる。

江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、
神田の三島屋は“お嬢さん"のおちかが
一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。
訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、
夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、
山陰の小藩の元江戸家老、
心の時を十四歳で止めた老婆。
亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、
せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。
「もう、胸を塞ぐものはない」
それぞれの客の身の処し方に感じ入る、
聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……

第一話 迷いの旅籠
第二話 食客ひだる神
第三話 三鬼
第四話 おくらさま


人は語る。語り得る。善いことも悪いことも。
楽しいことも辛いことも。正しいことも、過ちも。
語って聞き取られた事柄は、一人一人の儚い命を超えて残ってゆく。
~おくらさまより

#本

People Who Wowed This Post

【本】紅楼夢

thread
【本】紅楼夢

先日、読んだ『細雪』のあとがきに『細雪』は、

『源氏物語』と『紅楼夢』に似ているとありました。

書名は、聞いたことがあるのですが、読んだことはありませんでした。

図書館にリクエストして、閉架の文庫を取り寄せて一気に読みました。

残念なことに肝心な10、11がなく、講談社の簡単な本であらすじを掴みました。


岩が玉となって、人間界に生まれ、再び岩に戻るおはなし。


さて、お次は何を読みましょうか?

#本

People Who Wowed This Post

【本】細雪

thread
【本】細雪

先日『平成細雪』というドラマを観たので、原作が読みたくなりました。

図書館で借りようと思い、検索すると、貸出中が多かったので、

亡き義父の本棚を探しました。

日本文学全集の中にありました。

定価が260円・・・時代を感じます。

昭和36年7刷の本は、旧仮名遣いや舊字體で書かれていて読むのに苦労します。

図書館にある現代の本は、新字体で書かれているでしょうか?

時代を感じる本を最後まで読んでみようと思っているところです。


◆追記 2.28 読了◆
大変面白く読み終えました。
時間がある時は、ずっとこの本を読んでいました。
最近の作品にない面白さで、心惹かれました。
ただ、最後が尻切れ蜻蛉で終わっていたので、残念でした。

最近の作家さんの作品は、読みたいものがなく、詰まらなく感じていました。
この時代の文学全集を読んでみることにします。
私も歳を重ねて古い時代が理解できるようになったのかも。

#本

People Who Wowed This Post

【本】花を呑む

thread
光文社 (2017/1/17)... 光文社 (2017/1/17)
◇内容◇
どうにもならぬほど縺れ、
おぞましいほど歪な、思わず息を潜めてしまう、因縁の二人。
心に虚空を抱える同心、木暮信次郎。
深い闇を抱える商人、遠野屋清之介。
深紅の牡丹を口から溢れさせ、
妾に怨み殺されたと噂される怪異に挑む。

1月に新作が出て、2月に蔵書に加えられていたのを見逃していました。

気が付いたのは、5月の半ば。早速図書館に予約しました。

ようやく順番が回ってきたので、借りに行って一気に読みました。

今回もゾクゾクする面白さ。

シリーズ第7弾。ここまでくると、マンネリ化しそうですが、素直に面白かったです。


本の装丁が以前と比べると今一つでした。

#本

People Who Wowed This Post

【本】ミヤマ物語 第三部 偽りの支配者

thread
ミヤマ物語 第三部 偽りの支配... ミヤマ物語 第三部 偽りの支配者  あさのあつこ著
毎日新聞社 (2013/1/19)
散りばめられた謎の数々が、いよいよ明らかに!
固い友情で結ばれたハギと透流の運命は?
ウンヌの支配者“ミドさま”の正体とは?
ミヤマ物語 第一部 毎日新聞出... ミヤマ物語 第一部
毎日新聞出版 (2008/6/20)
深い山(ミヤマ)には、いろんなモノタチがうごめいている
ウンヌ/雲濡―同じ響きをもった二つの世界をめぐる
少年ハギと透流の物語
ミヤマ物語 第二部 結界の森へ... ミヤマ物語 第二部 結界の森へ
毎日新聞社 (2011/4/22)
運命の糸に導かれた二人の少年ハギと透流は、
殺されかけたハギの母を救うため、
得体の知れない闇の世界「ウンヌ」へと旅立つ
あらゆるものに生命がやどる、深い森の中へ…

図書館で借りてから、表紙を見ると「既に読んでいたのでは?」という思いに駆られました。
読んでみると、未読でした。
脳が衰えてきているのを感じました(苦笑)

ミヤマ物語の完結です。
第三部は、とても興味深く読めました。
第一部は、まどろっこしく、第二部は尻切れ蜻蛉でした。
ようやくすっきりとした終わりを迎えました。

ミヤマ=深山。
あさのさんの作品には、深山がよく登場します。
そういった作品を読む度に思い出すのは、小学四年生の頃、叔母が住んでいた近くにあった注連縄が飾られた洞穴です。
未だにその洞穴が何だったのか不明のままです。

第一部は、図書館で偶然見つけて読みました。
その後、第二部が出ているのを図書館で見かけて読みました。
先日、図書検索をして、第三部が出ているのを見つけて、早速借りて一気に読みました。


#本

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account