Search Bloguru posts

日常のつぶやき~この庭と草木

https://en.bloguru.com/moon
  • Hashtag "#本" returned 53 results.

【本】三鬼 三島屋変調百物語四之続

thread
『三鬼 三島屋変調百物語四之続... 『三鬼 三島屋変調百物語四之続』
宮部みゆき著 
日本経済新聞出版社 (2016/12/10)

図書館のHPを見ていると

三島屋変調百物語に五之続が出ていることに気付きました。

そういえば、四之続を読んでいません。

新刊本(五之続)は、予約しても1年近く待たされるけれど、

四之続は、数日で借りることができました。

事始と事続は、主人公のおちかが鼻についていましたが、

参之続くらいから、愉しめるようになりました。

四之続は、ますます愉しめました。

◇内容紹介◇
待望の最新作は冬に贈る怪談語り、変わり百物語。
鬼は人から真実を引き出す。
人は罪を犯すものだから。不思議な話に心がふるえ、身が浄められる。

江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、
神田の三島屋は“お嬢さん"のおちかが
一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。
訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、
夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、
山陰の小藩の元江戸家老、
心の時を十四歳で止めた老婆。
亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、
せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。
「もう、胸を塞ぐものはない」
それぞれの客の身の処し方に感じ入る、
聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……

第一話 迷いの旅籠
第二話 食客ひだる神
第三話 三鬼
第四話 おくらさま


人は語る。語り得る。善いことも悪いことも。
楽しいことも辛いことも。正しいことも、過ちも。
語って聞き取られた事柄は、一人一人の儚い命を超えて残ってゆく。
~おくらさまより

#本

People Who Wowed This Post

【本】紅楼夢

thread
【本】紅楼夢

先日、読んだ『細雪』のあとがきに『細雪』は、

『源氏物語』と『紅楼夢』に似ているとありました。

書名は、聞いたことがあるのですが、読んだことはありませんでした。

図書館にリクエストして、閉架の文庫を取り寄せて一気に読みました。

残念なことに肝心な10、11がなく、講談社の簡単な本であらすじを掴みました。


岩が玉となって、人間界に生まれ、再び岩に戻るおはなし。


さて、お次は何を読みましょうか?

#本

People Who Wowed This Post

【本】細雪

thread
【本】細雪

先日『平成細雪』というドラマを観たので、原作が読みたくなりました。

図書館で借りようと思い、検索すると、貸出中が多かったので、

亡き義父の本棚を探しました。

日本文学全集の中にありました。

定価が260円・・・時代を感じます。

昭和36年7刷の本は、旧仮名遣いや舊字體で書かれていて読むのに苦労します。

図書館にある現代の本は、新字体で書かれているでしょうか?

時代を感じる本を最後まで読んでみようと思っているところです。


◆追記 2.28 読了◆
大変面白く読み終えました。
時間がある時は、ずっとこの本を読んでいました。
最近の作品にない面白さで、心惹かれました。
ただ、最後が尻切れ蜻蛉で終わっていたので、残念でした。

最近の作家さんの作品は、読みたいものがなく、詰まらなく感じていました。
この時代の文学全集を読んでみることにします。
私も歳を重ねて古い時代が理解できるようになったのかも。

#本

People Who Wowed This Post

【本】花を呑む

thread
光文社 (2017/1/17)... 光文社 (2017/1/17)
◇内容◇
どうにもならぬほど縺れ、
おぞましいほど歪な、思わず息を潜めてしまう、因縁の二人。
心に虚空を抱える同心、木暮信次郎。
深い闇を抱える商人、遠野屋清之介。
深紅の牡丹を口から溢れさせ、
妾に怨み殺されたと噂される怪異に挑む。

1月に新作が出て、2月に蔵書に加えられていたのを見逃していました。

気が付いたのは、5月の半ば。早速図書館に予約しました。

ようやく順番が回ってきたので、借りに行って一気に読みました。

今回もゾクゾクする面白さ。

シリーズ第7弾。ここまでくると、マンネリ化しそうですが、素直に面白かったです。


本の装丁が依然と比べると今一つでした。

#本

People Who Wowed This Post

【本】ミヤマ物語 第三部 偽りの支配者

thread
ミヤマ物語 第三部 偽りの支配... ミヤマ物語 第三部 偽りの支配者  あさのあつこ著
毎日新聞社 (2013/1/19)
散りばめられた謎の数々が、いよいよ明らかに!
固い友情で結ばれたハギと透流の運命は?
ウンヌの支配者“ミドさま”の正体とは?
ミヤマ物語 第一部 毎日新聞出... ミヤマ物語 第一部
毎日新聞出版 (2008/6/20)
深い山(ミヤマ)には、いろんなモノタチがうごめいている
ウンヌ/雲濡―同じ響きをもった二つの世界をめぐる
少年ハギと透流の物語
ミヤマ物語 第二部 結界の森へ... ミヤマ物語 第二部 結界の森へ
毎日新聞社 (2011/4/22)
運命の糸に導かれた二人の少年ハギと透流は、
殺されかけたハギの母を救うため、
得体の知れない闇の世界「ウンヌ」へと旅立つ
あらゆるものに生命がやどる、深い森の中へ…

図書館で借りてから、表紙を見ると「既に読んでいたのでは?」という思いに駆られました。
読んでみると、未読でした。
脳が衰えてきているのを感じました(苦笑)

ミヤマ物語の完結です。
第三部は、とても興味深く読めました。
第一部は、まどろっこしく、第二部は尻切れ蜻蛉でした。
ようやくすっきりとした終わりを迎えました。

ミヤマ=深山。
あさのさんの作品には、深山がよく登場します。
そういった作品を読む度に思い出すのは、小学四年生の頃、叔母が住んでいた近くにあった注連縄が飾られた洞穴です。
未だにその洞穴が何だったのか不明のままです。

第一部は、図書館で偶然見つけて読みました。
その後、第二部が出ているのを図書館で見かけて読みました。
先日、図書検索をして、第三部が出ているのを見つけて、早速借りて一気に読みました。


#本

People Who Wowed This Post

【本】天才

thread
石原慎太郎・著  幻冬舎 (2... 石原慎太郎・著 
幻冬舎 (2016/1/22)

4月頃、朝のテレビで紹介されていて、面白そうだったので図書館に予約していました。

4月に予約して、順番が回ってきたのは、年を越した2月のはじめ。

図書館で新刊本を借りるには、長い月日が必要です。もはや新刊とは呼べなくなっています。

読んでみると、つまらない作品でした。

本文よりも、長いあとがきを読めば、全てが語られている感じでした。

#本

People Who Wowed This Post

【本】魔法の言葉

thread
『魔法の言葉』コルネーリア・フ... 『魔法の言葉』コルネーリア・フンケ著
WAVE出版 (2013/2/22)

魔法シリーズ三部作をようやく読み終わりました。
闇の世界(インクハート)を描いた物語なので、暗い物語です。
ちょうど、家族が病気に罹ったりと、私の気分も暗い世界を彷徨っていました。
結局、闇の世界に留まる登場人物たちでしたが、最後はハッピーエンドでした。

読み応えのある作品でした。

◇内容◇
再び物語の世界に舞い戻ってきたメギー一家。
父モルティマは夜ごと、黒王子たちと連れ立って秘密の行動をしていた。
同じ魔法の声をもつオルフェウス、「闇の世界」の残虐王スネークヘッド、母レサ、ヴィオランテ、ホコリ指、ヤコポなど個性豊かな登場人物が集うスリリングなラスト、
読みだしたら止まらない「本」をめぐる冒険ファンタジー。

#本

People Who Wowed This Post

【本】魔法の文字

thread
魔法の文字 コルネーリア・フン... 魔法の文字 コルネーリア・フンケ著
WAVE出版 (2006/12/7)

先日読んだ『魔法の声』の続編です。
最初は、続編を書く予定はなかったようなのですが、次第に物語が続きを要求してきたようです。
三部作になりました。
これは、第二部です。

とても厚い文字の小さい作品なので、面白いのだけれど、読むのに時間がかかりました。
最後は、えっ尻切れ蜻蛉じゃない!!と思いました。

本日、早速続編(第三部)を借りてきました。

◇内容◇
朗読すると物語が現実になる魔法の声を持つ少女メギーと父モー。
物語の世界に閉じこめられた母親を無事取り戻してから、平穏な毎日を送っていた。
一方、火噴き師ホコリ指は、望郷の念に押され再びその世界へ帰ってしまう。
自ら物語を書き換え朗読し、危機が迫っているホコリ指を助けに物語の世界へ入り込んだメギーとファリッドは…。

#本

People Who Wowed This Post

【本】魔法の声

thread
新装版 魔法の声 コルネーリア... 新装版 魔法の声 コルネーリア フンケ 著
WAVE出版; 新装版 (2006/12/7)

本の紹介メルマガで気になった本を図書館で借りました。

この本が出版された頃、
ファンタジーをたくさん読んでいたのに、何故か巡り合わなかった本です。

内容は面白いのですが、分厚く、小さな活字の本なので、完読するまでに5日間かかりました。

この続きも2冊借りています。

◇内容◇
少女メギーの父モーは、物語の登場人物をこの世へ呼び出す魔法の声を持っていた。
9年前、その声に呼びだされてしまった登場人物と引き替えに、母親が物語の世界に消えてしまったのだ。
物語から飛び出た悪者に、父と叔母とともに連れ去られたメギーは、悪と立ち向かうはめに。
名作冒険小説がたくさん出てくる「物語」をめぐる冒険ファンタジー。
#本

People Who Wowed This Post

【本】目こぼし歌こぼし

thread
目こぼし歌こぼし 上野瞭作 目こぼし歌こぼし 上野瞭作

息子たちが小学生の頃、童話館から毎月本を取り寄せていました。

久しぶりに届いた通信に復刊の本として紹介されていました。

早速、図書館にリクエストすると、絶版になった本が手元に届きました。
本には、貸出ポケットと貸出カードが存在しています←懐かしい!!
1984年6月第七刷あかね書房刊・・・第七刷とは素晴らしい←最近では珍しいことですね。
装丁はそのままです。

◆本の内容◆
少年侍・足柄七十郎は殺人事件に巻き込まれ、父親も殺される。
父親の仇討を命じられ藩のはずれの三の庄へ向かう。
余所者から見れば美しい眺めのむらだが、そこは砂金掘りの集落だった。
巧妙につくられた藩の支配の仕組みを知った七十郎、危うし。


一人の少年侍が藩の闇の仕組みを解明して行くおはなし。
正義はどこに?
御伽噺のようでした。
最後はめでたしめでたしで終わらないところは、浦島太郎ぽいでしょうか?
武士の時代のおはなしですが、現代にも通じています。

#本

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account