Search Bloguru posts

日常のつぶやき~この庭と草木

https://en.bloguru.com/moon

【月】今宵は十三夜

thread
19:56 19:56 【月】今宵は十三夜 18:40 18:40

夕方から、十三夜のお月さまが顔を出しました。

薄雲が出ていますが、火星とともに望めます。

#月

People Who Wowed This Post

【白】白花曼殊沙華の花咲く頃

thread
【白】白花曼殊沙華の花咲く頃 【白】白花曼殊沙華の花咲く頃 公園 公園 【白】白花曼殊沙華の花咲く頃 散歩道 散歩道

散歩道で

白花曼殊沙華が咲いています。

赤みが入ったものと、黄みが入ったものとがあります。

#花

People Who Wowed This Post

【黄】野萱草の花咲く頃

thread
【黄】野萱草の花咲く頃 【黄】野萱草の花咲く頃 散歩道 散歩道 途中の公園 途中の公園

散歩道の先で

野萱草が咲いています。

そろそろ咲く頃だと思い、足を延ばしました。


#花

People Who Wowed This Post

【食】ハンバーグ・カニクリームコロッケランチ

thread
【食】ハンバーグ・カニクリーム...

友人とランチに行きました。

メニューを見て、迷ったけれど、

最近食べていなかったので、ハンバーグのランチにしました。

カニクリームコロッケがサクサククリーミィでとても美味しかったです。

ハンバーグは今一つでした。


展望の景色が楽しめるお店ですが、本日は雨で遠くが煙っていました。

残念でした。


#グルメ

People Who Wowed This Post

【本】草花たちの静かな誓い

thread
2016.12.10 2016.12.10

図書館で「み」の棚を眺めていると、この本に気付きました。

「ああ、新刊が出ていたのね。それも2016年の12月に」と。

この作者の作品は、テレビドラマ『青が散る』で見知って、

それ以来、初版本を買い求めていました。

終活に入って(まだ人生はこれからなのですが)、

もう本を増やすのは止めようと決意し、それ以来図書館で借りることにしています。

この本を開いた時、故郷に帰ったような気分になりました。

文章がしっくり来るのです。

でも、途中からは、作者の中だるみ時代の作品のように感じて、

少々興ざめしてしまいました。

◇内容◇
亡き叔母が遺した大きな謎と、幸せの種を探す旅。
生き別れた母子の運命の軌跡をたどる、最新長編。
ロサンゼルス在住の叔母の突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、
当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか。
娘はいまどこにいるのか。弦矢は謎を追い始める――。
生き別れた母子の運命を豊かに描き出す長編小説。

People Who Wowed This Post

【緑】田園風景~蘖の頃

thread
【緑】田園風景~蘖の頃

先日、稲刈りが終わった田圃が緑色に変わりました。

蘖の季節です。

今年は、無理にお願いしてお米を作ってもらったので、

新米が届かないようです。

#花

People Who Wowed This Post

【月】今宵は九夜月

thread
【月】今宵は九夜月 17:32 17:32

青空に九夜月が見えました。

今日は一日霞んだ空でした。

霞んだ夜空に火星も見えます。

この夏は、火星とともに夜を過ごしました。

まだ見えているので嬉しいです。←友人のような気分です。

#月

People Who Wowed This Post

【白】仙人草の花咲く頃

thread
【白】仙人草の花咲く頃 【白】仙人草の花咲く頃 【白】仙人草の花咲く頃

街路の花壇で

仙人草が絡まって咲いています。

久しぶりに咲いているのを見かけました。

#花

People Who Wowed This Post

【月】今宵は上弦の月

thread
【月】今宵は上弦の月

雨や曇り空が続き、ようやく新しいお月さまを望むことができました。

既に上弦の月になっています。

これから、見る見るうちに丸くなっていきます。

#月

People Who Wowed This Post

【本】雲の果

thread
2018.5.30 2018.5.30

相変わらず、江戸の中で起こる事件は、遠野屋の座敷で起こっている感じがします。
今回は、事件の真相が最後の数ページで完結した感じで、
いつもの面白みに欠けました。

本の装丁も、拘りがなく、前回と同じ雰囲気でした。

◇内容◇
遠野屋の番頭、喜之助が病に倒れ、主の清之介が看取った。
彼の遺品から不思議な織の帯が見つかる。
一方、ある仕舞屋が燃え、焼け跡から女の死体と焼けた帯が見つかる。
信次郎と伊佐治は、謎めいた帯の奇妙な繋がりを探る。
「弥勒シリーズ」第八弾。

#本

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account