“面白くも不思議な色・形の植物”《森羅・/・万象19-67》

0 tweet
斑入ミズキ(園芸種) ミズキ科(Cornaceae)
学名:Cornus controversa‘Variegata’
タマアジサイ(玉紫陽花) アジサイ科 (Hydrangeaceae)
学名:Hydrangea involucrata Siebold var. involucrata
ヨウラクタマアジサイ(瓔珞玉紫陽花)アジサイ科 (Hydrangeaceae)
学名:Hydrangea involucrate var. multiplex
別名:クスダマノキ 、伊豆大島原産
ツボミが割れ花軸を伸ばしてガク片が段咲き状になり八重花を咲かせる。
(2017年12月撮影画像)

《時節・_・襍感⇔“魅せる植物!?!”》
暦のうえでは、凄辰⇔秋の日、に向かい流れ進んでいる。早、9月。
晩夏を彩る紫陽花に「玉紫陽花」があり、大取りの瓔珞玉紫陽花は、これから。
灼熱、炎天下で強烈に自己主張している樹葉を観た。“斑入りミズキ”だ。
はっきり、クッキリ、斑入り葉は美しい(Cornus controversa‘Variegata’)!!
炎天下であっても葉は傷まず綺麗だった。英名は、wedding-cake treeだそうだ。
ミズキの園芸品種。“陽樹”全体が華やかで明るい、洋菓子の様な姿に映った。
そして残暑期になって玉紫陽花が静かに咲き始め、両性花が淡い紫色で魅せる。
蕾の頃「タマアジサイ」を実感出来るが、開花すると可憐な乙女のようだ。
扨、これから令和元年の 瓔珞玉紫陽花が開花する。迫力・重厚な姿が!!
#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account