“公園の園芸種《花》”《森羅・/・万象19-11》

ボタンイチゲ(牡丹一華)   ... ボタンイチゲ(牡丹一華)    キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Anemone coronaria L.
別名: アネモネ、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)
《時節・_・襍感⇔花壇に見た一輪花”》
ボタンイチゲ(牡丹一華)と思しき花!?!
ボタンイチゲなんて余り聞き慣れない名、流通名のアネモネが一般的か。
根茎があり球形~扁球形の塊茎を作る。葉は、すべて根生し2~3回出複葉。
花茎は直立し高さ20~40?。苞は葉状、3~4個、輪生し総苞状になり深裂する。
花は上向きに一つ咲く。放射相称か直径3~8?、青色等々、雄蕊、雌蕊群は黒っぽい。
花弁は、無く萼片が花弁状で6~8個。画像は、コロナリア品種か!?!
花壇の中に1茎だけ姿を見せていた。春を呼ぶにふさわしい色合いだった。
「2019/01/20・花菜ガーデン」

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“小さな(樹)花3”《森羅・/・万象19-10》

ユキヤナギ(雪柳) バラ科(R... ユキヤナギ(雪柳) バラ科(Rosaceae)
学名:Spiraea thunbergii
英名:breath of spring spirea
別名:コゴメヤナギ(小米柳)、コゴメバナ(小米花))、コゴメザクラ(小米桜)

《時節・_・襍感⇔見過ごすほどに小さい花3”》
ユキヤナギ(雪柳);
和名の由来は葉が柳に似て、花が雪のように白く見えるから。
白く咲きそして密集している樹花。柳と名ずくもバラ科の植物。
雪が降ったように小さな白い花をいっぱい付けるのだが。。。?
樹高1~2m位で枝先は垂れ下がり樹皮は暗灰色。若い枝は褐色で縦にすじがある。
葉は互生。葉身は長さ2~4.5cmの狭披針形。先端はとがり基部は楔形。縁は鋭い鋸歯。
葉柄はほとんどなくあってもい1~2?。前年枝に散形花序を多数つける。
花序には直径約8mmの白い花が2~7個ずつつく。花弁は5個、長さ3mm位の円形か広倒卵形。
雄蕊は20個位、雌蕊1個、雄蕊と雌蕊の間に黄色の蜜腺がある。萼は無毛で萼片は卵状三角形。
普通、花期は3~4月。雪が垂れ下がっているようにかたまって咲く姿はみごとである。
ぽつんと咲く一輪は、何とも可愛らしい。春爛漫の先駆けと言える姿だ。
「2019/01/20・花菜ガーデン」

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“道端の小さな花2”《森羅・/・万象19-08》

キュウリグサ(胡瓜草) ムラサ... キュウリグサ(胡瓜草) ムラサキ科(Boraginaceae)
学名:Trigonotis peduncularis (Trevis.) Benth. ex Baker et S. Moore
別名: タビラコ

《時節・_・襍感⇔見過ごすほどに小さい花2”》
キュウリグサ(胡瓜草);
葉をもむとキュウリのような匂いがする。3~5mmと小さな花なので見逃してしまう。
茎高15~30cm位。下部の葉は長い柄があるが、上部の葉には柄がない。葉は、1~3cmの卵円形。
茎の先にサソリ形花序をだし、直径約2mm位の淡青紫色の花を次々に咲かせる。
良く似た仲間にハナイバナがあるが、この花は花が葉と葉の間に付く。
又、園芸種の勿忘草(ムラサキ科)もよく似ている。
区別は、キュウリグサ は花が咲いているところから先の巻いているところまでが離れて長い。
対してワスレナグサは咲いているところからすぐ巻いている。
「2019/01/14・泉の森」

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“道端の小さな花”《森羅・/・万象19-07》

ウシハコベ(牛繁縷) ナデシコ... ウシハコベ(牛繁縷) ナデシコ科(Caryophyllaceae)
学名:Stellaria aquatica (L.) Scop.
Myosoton aquaticum (L.) Moench

《時節・_・襍感⇔見過ごすほどに小さい花”》
ウシハコベ(牛繁縷);
ハコベやミドリハコベとの違いは、ハコベの雌しべは3つに分かれているが、
ウシハコベは5つ。とは申せ実際に肉眼では見分ける事が難しい程に小さい。
ハコベより大形というのが名前の由来、道端、畑や草原等々何処にでも見れる野草で食用でもある。
茎はよく分枝して下部は地につき、上部は立ち上がって高さ50cmに達する場合もある。
茎の片側に1列の縮れた毛が生え、茎上部には軟らかいちじれた毛と腺毛がある。
葉は卵形、鋭頭または鋭尖頭、上部の葉は茎を抱き葉脈が深く波打ち下部のものは小さく柄がある。
萼片は花弁に比べ少し短い程度が普通であり、白毛と腺毛が生える。
花は白色の5弁花、花弁が基部まで深裂し、10弁に見える。花柱は5個あることが特徴である。
雄しべは10個。種子は長さ1.0~1.1mmのやや楕円の厚い円盤形で、全体に低い突起がある。
花は、普通4~6月に多いが、今年は既に咲いている。年間を通して咲いているかもしれない。
とにもかくにも小さすぎ目立たない花だ。ルーペが必要、それ故、必死に観察するのである。
※この小さな花を眺めると“躙口”とか“長閑”という言葉が脳裏を過ぎった ※
「2019/01/14・泉の森」

#植物

People Who Wowed This Post

“七草粥”《森羅・/・万象19-03+1》

“七草粥”《森羅・/・万象19...
“七草粥”《森羅・/・万象19...
御相伴・・させて頂けた、七草粥 御相伴・・させて頂けた、七草粥
北島家内での模様 北島家内での模様
“七草粥”《森羅・/・万象19...
“七草粥”《森羅・/・万象19...
ミツマタ(三又、三椏) ジンチ... ミツマタ(三又、三椏) ジンチョウゲ科(Thymelaeaceae)
学名:Edgeworthia chrysantha Lindl.
民家脇に植えられている三椏に花芽がついて、初春を感じる。

《時節・_・襍感⇔正月気分^^)”》
今日は、人日の節句(七草の節句)
古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、
それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた由。
そして、7日目を人の日として犯罪者に対する刑罰は行わなかった。
この日は7種類の野菜を入れた羹を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。
日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した由。
(羹とは、肉・野菜を入れた熱い吸い物、とあった)
又、七日は「つめ切りの日」とされていた由!!
新年になって初めて爪を切る日、昔から七草爪といってこの日に初めて爪を切った由。
草を浸したお湯につめをつけて柔らかくしてから切るとその年は風邪をひかないとも言われた由。
云われ、風習は、楽しい。今の時代、色々思い返して伝統を再認識すべきではなかろうか!?!

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※

昨今の「七草粥」、材料はスーパー等でパック詰めで販売されている。
我が家のは、すずな・すずしろ三浦産(最近は、どこででも作られている)を使用。
お粥だが、暮れの残りご飯を土鍋で炊いてお粥にした。
今年は、菜の花も加えて八草にして頂いた。七草だけでは味ッけがないので。
実は、昨日の朝「泉の森・郷土民家園」で森管理者とボランティアの方々が作った七草粥を頂きました。
七草粥って基本的に作ると薄味だ。地方によっては、だし汁など他の具材を入れたりもするらしい。
僕が入れたように菜の花だったり鶏肉といった具を入れ美味しく食しているとか。
だがしかし、正月のおせち料理は結構濃密。さっぱりとした七草粥で丁度良いのかもしれない。
我が家族は、揃って全くお酒を頂かない。お酒まみれには、七草粥が適してるって思う。

#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

“年頭に思ったこと”《森羅・/・万象19-03》

サザンカ(山茶花) ツバキ科(... サザンカ(山茶花) ツバキ科(Theaceae)
学名:Camellia sasanqua

《時節・_・襍感⇔白い華!!”》
恒例正月2・3日の箱根駅伝、今年はドキドキ・惑惑の応援でした。
毎年、今年こそ!?!と東海大学(わが子の母校)の優勝を祈ってきました。
今年は、着実に歩を進め満を持してのレース運び、10人が一丸となっていた。
身近に見る山茶花の白色が、彼等の栄誉をたたえているように映った。

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※

2017年 12月31日にブログルで“魅せる「白花」”を記した。
その中で《ひとりごと》に国会の事、隣国との外交の事を記したのだが・・・!?!
1年間を以ってしても「反日」は、過激さを増すばかり。如何ともし難い。
粛々と真意を提示するしかない。そして益々、改憲を思う年頭である。

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“冠毛!?!”《襍感・/・点描18-82》

“冠毛!?!”《襍感・/・点描...

《時節感慨・・呟記・・樹々の冠毛!?!”》
秋に里山でひと目に付かない所で楚々と咲くコウヤボウキ(高野箒)の花と出会った。
背丈が低いので目立たない。花が散るとタンポポのような綿毛をつけた種が残る。
更に綿毛が飛散すると、残った萼がドライフラワーのように見える。
今年は、年越ししない頃に綿毛(冠毛)姿を見せてくれた。
高野箒の由来のように綿毛が飛び散った後、細枝を使って箒を作って見るか!?!
でも年内は綿毛が飛ばないとみえる。年末の大掃除をしたくない、って我が脳裏。
愈々以って押し迫った。が、お正月は何がおめでたいのだろうか??

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“道端の今、黄色!!”《襍感・/・点描18-79》

ノボロギク(野襤褸菊) キク科... ノボロギク(野襤褸菊) キク科(Asteraceae/Compositae)
学名:Senecio vulgaris L.
別名: ボロギク
花といって良いか??と思うほど... 花といって良いか??と思うほどに中途半端な咲き方。
でも蕎麦で眺めると、楽しい^^)。

《時節感慨・・呟記・・身近の黄色い野草!?!”》
ノボロギク(野襤褸菊) キク科(Asteraceae/Compositae)
学名:Senecio vulgaris L.
別名: ボロギク
ごく普通にどこでも観られる野草。明治期にヨーロッパから渡来した帰化植物に由。
この辺では、一年中道端や畑地などで健気に花を咲かせている。が、嫌われもののようだ。
茎は、高さ20~40cm位で紫褐色帯びて、まばらに白い毛がある。
葉は互生するが、柄がなく不規則で羽状に裂け基部で広がり茎を抱く。濃緑色でやや光沢がある。
頭花は、散房花序状に付き、黄色の筒状で開かない。花冠の先は5列、白色毛状の冠毛がある。
小苞の先に濃紫色の点がある。実についた穂綿がボロ布のように見えることから、名がついた由。
よく云われるのが、湿性畑地等での強害雑草!?!家畜に有毒な物質を含み持っている。
「2018・12・17」
*     *     *     *     *
今年も余す所、10日になってしまった。何かと気ぜわしい。
年末に成って、サイバー空間の脅威を一庶民でも考えなければいけない!!
そんな事を脳裏の片隅に置かなければいけないか、って思うように成った。
アナログ世代の爺には無縁等と言っておれない。便利になったが、脅威も大きくなった。

諸々思っている時に、当ブログルの自分表紙(カスタムテーマβ版)仕様が刷新された。
早速使わせて頂いている。インパクトあるスレッドになったが、その分、粗も目立つ。
丁寧な使い方をしないといけない。頭を使う・脳の活性化をさせて頂いて。。。!
内倉さんはじめとするPSPの皆さんに感謝申し上げたい。

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“里山の今、赤い実!!”《襍感・/・点描18-77》

ガマズミ(鎌酸実、莢迷/実“f... ガマズミ(鎌酸実、莢迷/実“fructus") レンプクソウ科(Adoxaceae)
学名:Viburnum dilatatum Thunb.
「エナガ(多分)」 「エナガ(多分)」

《時節感慨・・呟記・・初冬、鳥の「食」、赤い実!?!”》
ガマズミ(鎌酸実、莢迷、蒲染);
花に関しては、以前に細かく記したのでそちらを参照して頂きたい。
ガマズミ(鎌酸実、莢迷)の花は ムシカリ(虫狩・スイカズラ科)とかなり大きさが異なるが、
赤い実になったら区別が難しいほど良く似ている。
秋には ムシカリやヤブデマリの実と同じように真っ赤に実る。
鳥たちの餌になるが、食してみると紅くなりたての頃は酸味が強い果汁である。
初冬の頃には、甘くなり食べられるが、果肉は薄く種子が大きい。
昔から天然の着色料に用いた。山里では果実酒にする(きれいな深紅色)。
秋も深まると、実より遅れて葉も赤くなる。
又、タマバエの一種による虫こぶにもなる。正常実の2~3倍の大きさの球形になる。
色は淡緑色から淡紅色を帯び、表面には白色の短毛が密生する。
例年、11月には実(種子)が姿を表すが、今年はなぜか遅れ気味に実が付いた。

一寸離れたところでは、“鳥撮”集団が、「カワセミ」を狙って三脚を立てていた。
邪魔しない様に遠回りして林の中をいくと池近くで可愛い「エナガ(多分)」に出会った。
「2018/12/09大和市・泉の森」 

#植物 #鳥

People Who Wowed This Post

“里山の今、小花が!!”《襍感・/・点描18-76》

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)... ヒメオドリコソウ(姫踊り子草) シソ科(Lamiaceae/Labiatae)
学名:Lamium purpureum L.

《時節感慨・・呟記・・初冬、地表に佇む小さな華!?!”》
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草);
花の形が,笠をかぶった踊り子!?!の姿を思わせることから名前が付いた。
関東一縁から長野県に多く見られ、明治中頃に渡来した帰化植物で径高20cm前後。
道端や畑などに見えるが市街地付近にも多い。肥沃な場所ではよく群生している。
葉が茎の先端になるほど紫色っぽくなり、花期には赤紫色を帯びるのが特徴で葉は対生する。
三角状卵形、脈が深く有柄な葉形。鋸歯はやや不規則で丸みあり葉裏は軟毛でやや白く腺点がある。
茎は四角形で、下向きの白毛が生える。茎の上部の葉脇に長さ約1cmの淡紅紫色の唇形花をつける。
雄蕊4個。花粉は、橙色。萼は5裂、裂片の先がとがり脈が隆起し、脈の一部が紫褐色になる。
仏の座より花が小さく、頭頂部にはあまりつかない。上部の葉のわきに花をみせる。
よく似ている姿で葉の鋸歯が深く切れ込むものにモミジバヒメオドリコソウがある。
(別名キレハヒメオドリコソウ/Lamium hybridum)
仏の座やもみじ葉姫踊り子草は、夏や秋にも花をつけることがある。がヒメオドリコソウは稀。
仲間のオドリコソウは緑の葉だけでであることと、花も背丈もずっと大きくロゼットの姿で冬を越す。
白花のは、シロバナヒメオドリコソウと呼ばれる。よく似たホトケノザの花は、細長く上に立つ。
ヒメオドリコソウの花期は、普通3~5月だがここ周辺では1月に咲く。所が今年は早くも咲いた。
*     *     *      *      *


 

#植物

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account