《襍・/・囈“植物(19)・・草の宝門”❖’22-41》

ユキモチソウ(雪餅草) サトイモ科(Araceae)
学名:Arisaema sikokianum
久し振りに地植えの花を拝めた。




花によってかなり色合いが異なる!!
クマガイソウ(熊谷草) ラン科(Orchidaceae)
学名:Cypripedium japonicum
神奈川県内で自生していたクマガイソウ。
宮ヶ瀬湖が出来る前、里山斜面地に大群落があった。
ここで花咲く頃は、周辺マムシの大生息地だった。
湖底に沈む前、許可を得て皆で移植した。今でも活き活きとしてる由。


《地植え初見の春花・・藤沢えびねヤマユリ園にて❖’22/04/17》
藤沢・遠藤にある“えびねヤマユリ園”は、面白い運営をしている。
“春爛漫”の季節を迎え面白い花々が、顔を見せていた。
この地に存在した花々ではなく、ここの土地潜在能力を活かした植栽。
広さから言っても里山ではなく、かつての“里地”と言った感じだ。
地域の緑地保存、未来に向かって創りだした花園と受け止めた。
運営されてる皆さん、活き活きとしている。散歩していて楽しい!!
懐かしい花を二種類観れた。

ユキモチソウ;
ユキモチソウ(雪餅草)は、日本原産、サトイモ科テンナンショウ属の草。
本州の一部(三重県、奈良県)と四国の山野の湿った林床に自生する。
春に、偽茎に2枚の葉を付け中央から1本の花茎を伸ばす。
葉は鳥足状、仏炎苞は紫褐色、そこに淡紫褐色と白のストライプが入る。
先端が尾状に伸び、仏炎苞は口辺部から下部の内側は白い。
仏炎苞に包まれた肉垂花序の付属体は白く先端が雪餅のように膨らみ、
少し仏炎苞からはみ出す。妖艶と言った趣きのある草花。
雌雄異株だが、総ての株は、最初は雄株である。
成熟につれて雌株に変わる性転換植物。
野生地は、:三重県、奈良県と四国。や整置を見たい。
草丈;20~30 cm、雌雄異株、仏炎苞長;8~12 cm。
付属体径:2~2.5 cm、花被片:無、開花期:4月~5月。


クマガイソウ(熊谷草);
日本の野生蘭の中で最大。地下に匐枝を伸ばして増え群生する。
茎高35~55cm。根茎は直径3~4mm、比較的細く、這う。
葉の間から伸びた花茎先端に1個の白い袋状の花を横向きに付ける。
花は薄黄緑色の外花被片と内花被片の側花弁と、
白地に褐色模様が入る唇弁から構成されている。
   ニセハイイロマルハナバチによる虫媒花。

パソコンが、今いち調子が悪い。暫くブログルお休みm(._.)m(^з^)。
「令和肆年(皇紀2682年)4月21日、記」









#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

《襍観・/・凡声“出会った木の温もり!!”❖’22-40》

感動・・感激の玩具!! 群 & 家具の調度品。
《木の遊び玩具、大和市南林間❖’22/04/19》
所要が早くに済み、駅から遠回りして帰路についた。
のんびり通ったことのない路を行くと工務店の作業場が見えた。
年配の職人さんが、木工家具を作っているさいちゅう。
工房の脇にショールームがあり、ひっそりと展示販売されつる物が!!
覗かせていただくと・・・!!何と、木工玩具でいっぱい。
失礼ながら、職人・・・作家ではない。目の前の玩具に釘付けに。
驚きと感動、こどもの日を前に孫に見せたいものが出来た!!!
「令和肆年(皇紀2682年)4月20日、記」






zakkaboh_pfs.jpg
#ブログ

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(18)・・春の宝門”❖’22-39》

泉の森の木製吊橋。豪雨の時は、橋くらいまで増水する。
最も30年余りで2~3回あったらしいが(実際に観ていない)。

吊り橋の下は、水車小屋からの小川が流れ、子供達の遊び場。


1986年に購入したとある野草ハンドブック。
中に挟んであった押し花栞莉。
何処で採取したか記載されていないが、母が作ったものだろう。



《今年の春は???❖’22/04~》
泉の森は、我が両親世代が楽しみながら公園化し始めた所。
そろそろ“春爛漫”の季節、泉の森も温るんで来た。
ゴールデンウイークは、少し運動をしよう、Walking!!
運動不足、近間の森で歩こう。珍植物さがしに。。。
両親が残した資料を見ると、かなり様変りしている森。
整備の仕方に不満がある(個人的感覚にすぎないが)。
疑義がある。整形しすぎて造られし里山に。
先日、親の参考書を観ていたら栞莉が挟んであった。
春の山野草“ツルキンバイソウ”とあり、可愛い花!
写真ではなく実物が残っているのは貴重で参考になる。
親の採集した植物標本があったはずだが、、、。
親世代がやっていた植物採取、真似しようと思うが!?!
実行したら盗みに??胴乱(どうらん)など持っていたら。
胴乱なんて観ても何だか分からないだろう、現代では、、。
植物との接し方も子供の頃とは、かなり違ってきた。
採取は、ご法度。来る連休は、自宅に缶詰で遠出出来ない。

ツルキンバイソウって、里山でも見られるのだろうか??
「令和肆年(皇紀2682年)4月16日、記」



#ブログ

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(17)・・春花〈3〉”❖’22-38》

サギゴケ(鷺苔) ハエドクソウ科 (Phrymaceae)
学名:Mazus miquelii Makino form. albiflorus (Makino) Makino
別名:シロバナサギゴケ(白花鷺苔)
驚き・・・数百の茎を魅せている!!
カントウタンポポ(関東蒲公英)  キク科(Asteraceae/Compositae)
学名:Taraxacum platycarpum Dahlst. var. platycarpum
鷺苔・蒲公英との共演、中々のものである。
タツナミソウ属(Scutellaria)下記3種のどれか??
*タツナミソウ(立浪草) シソ科(Lamiaceae)
学名:Scutellaria indica L.
*オカタツナミソウ(岡立波草)学名:Scutellaria brachyspica Nakai et H.Hara
*コバノタツナミ(小葉の立波) 学名:Scutellaria ind
(庭奥にひっそりと姿を現した)


《年々増大する野草(2)、大和市自宅❖’22/04/12》
泉の森は、年輪を重ねると共に変化、楽しくも面白い光景を見れて!!!
我が住いいる場でも“春の驚き”が繰り広げられている。
野放図にしている芝地が、辺り一面に粉雪が散りばめらた様に!!
そんな錯覚を覚える(家の脇庭全体)が、白花鷺苔群落になった。
年々の増加に只々驚く。関東タンポポ、タツナミソウ属、共に瀟洒。
家人達は雑草とのたまうが、野草の楽園になりつつあるって・・・!
「令和肆年(皇紀2682年)4月13日、記」

#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(16)春の花々〈2〉”❖’22-37》

泉の森・かしゃば山とよばれる所に咲く、ワダソウ。
結構、増えていた。





泉の森・北入り口近くのワダソウ。
金網の中(水道局管理地内・・一般人は入れない)。

ワダソウ(和田草)    ナデシコ科 ( Caryophyllaceae)
学名:Pseudostellaria heterophylla





《年々増大する野草(1)、大和市泉の森❖’22/04/09》
泉の森で定点観察している野草に“わだそう”がある。
4月に入ると咲き始める野草だが、年々増え続けているのが嬉しい。
その一箇所、県水道企業局敷地内、金網の向こう側に咲いてたワダソウ。
今年は、森の小路側にも茎をみせ、瀟洒に咲いていた。感謝だ。
「令和肆年(皇紀2682年)4月12日、記」
#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(15)春の花々〈1〉”❖’22-36》

泉の森入り口(公園の北側)。
公園北側入り口の西側(画像左側の明るい所)、ウバユリの群生地。
アズマヤマアザミ(東山薊) キク科(Asteraceae)
学名:Cirsium microspicatum Nakai
葉の確認は、出来た。花は周りの野草に隠れて中々確認できない。
ムサシアブミ(武蔵鐙) サトイモ科(Araceae)
学名:Arisaema ringens (Thunb.) Schott
泉の森で1茎だけ確認されている(僕が知る限り??)。
ハナイカダ(花筏) ハナイカダ科(Helwingiaceae)
学名:Helwingia japonica
別名:ママッコ、ヨメノナミダ
クサイチゴ(草苺) バラ科(Rosaceae)
学名:Rubus hirsutus Thunb.
ハンショウヅル(半鐘蔓) キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Clematis japonica
シロバナノハンショウヅル(白花の半鐘蔓) キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Clematis williamsii
上のハンショウズル蕾と比較すると色の違いがわかる。
イカリソウ(錨草) メギ科(Berberidaceae)
学名:Epimedium grandiflorum C.Morren var. thunbergianum (Miq.) Nakai
イカリソウの群落が観られるが、画像は不鮮明??
広角では、一寸届かない位地??
ヤマシャクヤク(山芍薬) ボタン科(Paeoniaceae)
学名:Paenia japonica (Makino) Miyabe et Takeda.
ニリンソウ(二輪草) キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Anemone flaccida F. Schmidt.
ヤマブキソウ(山吹草) ケシ科 (Papaveraceae)
学名:Hylomecon japonica (Thunb.) Prantl et Kündig
ヤマブキソウの近くには、ニリンソウがよく観られる。
《大和市泉の森❖’22/04/09》
4月に入って泉の森野草園周辺は、彩りを持ち始める。
可愛い色々な花が、咲き始め嬉しく・楽しいかぎりだ。
ほんの一瞬のことだが、花々は我を忘れさせてくれる。
「令和肆年(皇紀2682年)4月9日、記」

#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

《叛逆のろれつ❖’22-35》

日本は、安全・安心な国って思える。
安心・・・こんな感じ。
其々が、互いを尊重し見せてくれている。人間もかくありたい。
《”国 益”!?!今の日本は。。。?》
四月、日本では新学期、新たな年度の始まり。
3月末に湯島天神に参ったが、花見に行かなかった。
例年、花観察として散策するのが常だったが、、、?
この2年、コロナの問題で花見どころではなかった。
漸く、明るい兆しが見えてきたというのに、異国では?!?
今の時代に、”戦争”なんて、、、侵攻等考えもしない。
でも過去を振り返ると戦争を実感する事象、過去に3回ある。
初めては、子供の頃に街中で傷痍軍人を見た時。
2回めは、ベトナムでの体験(戦地を少し観ただけだが)。
3回めは、韓国のソウル空港をトランジットした時。
背筋がぞおっとした韓国でのトランジット通路を歩いた時!!
空港内の通路を小銃を持った兵士が監視していた。
眼光鋭く、子供が騒ごうものなら、そちらに銃口をむける。
家族で見た光景は、強烈で・・鮮明に脳裏に残っている。
激戦を体験したわけではないが国防とは、を思うことがあった。
今は、情報・報道が、TVで逐一映しだされている。
どう考えても、ロシアの発表は”詭弁”としか思えない。
それにしても一般国民に被害が及んでいるのは間違いあるまい。
一日も早く停戦してほしいものだ。
日本は、対岸の火事ではない。現に日本の領土が脅かされている。
新年度の始まりだが、“国防・憲法”の文字が脳裏に浮かぶ。
「令和肆年(皇紀2682年)4月6日、記」




#ブログ

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(14)近間の桜”❖’22-34》

泉の森・しらかしの池畔。
泉の森・寒桜
近間の小公園・ソメイヨシノ。
1本の大木(そめいよしの)でも花見になる。
公園脇の道路の桜の木、日陰になるので開花が遅い。
小田急江ノ島線沿いの桜、7分先ってところか!!




《大和市西鶴間周辺❖’22/03/27・28》
3月は、色々と雑用あって散歩すらままならなかった。
住宅地の小さな桜並木、そして住宅地の小公園の桜。
このような光景でも人の混みあいが見られないだけ良いか。
買い物の行き帰りに見れるだけでもよい。

ニュースを聞くと、未だにコロナ・・コロナ???
国の対応、慎重に・・ってわかるが手順が狂っている。
自分で自分の首を締めている、としか思えない。
新年度の始まり、コロナ対応も新たに策を練り直すべきだ。
「令和肆年(皇紀2682年)4月3日、記」
#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(13)里山の花々”❖’22-33》

泉の森は、こんな感じの道の両側に野草が生き生きと顔を見せている。
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草) キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Delphinium anthriscifolium Hance
ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) バラ科(Rosaceae)
学名:Duchesnea indica (Andrews) Focke var. major Makino


シロバナノハンショウヅル(白花の半鐘蔓)
キンポウゲ科(Ranunculaceae) 学名:Clematis williamsii
シュンラン(春蘭) ラン科(Orchidaceae)
学名:Cymbidium goeringii(Rchb.f.) Rchb.f.
別名: ホクロ(黒子)

タチツボスミレ(立壺菫) スミレ科 (Violaceae)
学名:Viola grypoceras A. Gray

カタクリ(片栗) ユリ科(Liliaceae)
学名:Erythronium japonicum Decne

カジイチゴ・・モミジイチゴ???
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索) ケシ科 (Papaveraceae)  
学名:Corydalis decumbens (Thunb.) Pers.

ウラシマソウ(浦島草) サトイモ科(Araceae)
学名:Arisaema urashima H.Hara
《泉の森❖’22/03/28》
近間故、1時間余で散策できる泉の森。一寸の息抜きに良い。
だが今年はタイミング悪く、桜の好景を見ること出来ないと感じてる。
でも暇を見つけて、散歩・散歩。野草に出会えるだけでいい、と散歩。
「令和肆年(皇紀2682年)3月31日、記」

#ブログ #植物

People Who Wowed This Post

《襍・/・囈“植物(12)待ちわびた花々”❖’22-32》

カタクリ(片栗) ユリ科(Liliaceae)  
学名:Erythronium japonicum Decne
ミスミソウ(三角草) キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Hepatica nobilis Schreber var. japonica Nakai
別名: ユキワリソウ(雪割草)
シュンラン(春蘭) ラン科(Orchidaceae)
学名:Cymbidium goeringii(Rchb.f.) Rchb.f.
別名: ホクロ(黒子)
ホトケノザ(仏の座) シソ科(Lamiaceae)
学名:Lamium amplexicaule
シロバナノハンショウヅル(白花の半鐘蔓)の葉
キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Clematis williamsii
キブシ(木五倍子) キブシ科 (Stachyuraceae)
学名:Stachyurus praecox Sieb. et Zucc.
別名: マメブシ(豆五倍子)、キフジ(黄藤)
ダイサギ  サギ科(Ardeidae)
学名:Ardea alba
遊水池で餌を探していた。
泉の森は、引地川の源泉地。源泉は、ここより少し上部にある。
水車小屋奥に見えるのは、森の管理・しらかしの家。
ここは、遊水池。大雨の時は、水車小屋辺りまで水位が上がる。
《泉の森❖’22/03/20》
遅れ気味の野草の開花、それでも足は森に向いてしまう。
毎年、顔を見せてくれる野の花々。森の今、桜が主だろうが。
地表近くで健気に魅せる花々、今年も出会えたって、ほっとする。
「令和肆年(皇紀2682年)3月28日、記」

#ブログ

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account