首里城火災の原因は?

赤丸の部分が端子盤、テスターの背面に温度表示が出ます。
首里城の火災の原因は配電盤ではないかと言われています。
しかしNHKなどは「ショートの痕跡」などと報道しています。
焼け焦げた痕なら、それはショートでは無くブレーカーの端子盤の緩みが
原因ではないかとと思えるのです。

ショートつまり短絡であれば、ブレーカーが切断し、焼け焦げにはならない
はずです。焼け焦げが起こるのは端子盤のネジの締め付けが緩み、そこに
接触抵抗が発生し、通過電流によるジュール熱の発生が濃厚です。

この事故は稀ではなく、あちこちでチョイチョイ発生しますが、大抵は
ビニール皮膜の焦げる臭いなどで発見され、火災に至る事は少ないようです。

この端子盤の緩みを、一個一個増す締めで点検するには、かなりの時間
と熟練者が必要です、間違うと感電の危険もあり素人には出来ません。

そこで、おすすめしているのは放射温度計での検査です。
レーザーポインターが内蔵されているので、端子付近の発生熱を検知
出来ます。

活線(通電したまま)での検査が出来るので、業務に支障も発生しません。
温度計は比較的安価なので、企業でお持ちになって良いと思います。

People Who Wowed This Post

AviUtl171(備忘録として)

170の応用編です、スポットライトように光の円が動きます。
座標は自由に指定ができます。
Layer1に表示する画面、Layer2に黒画面をセットし、Layer2に
マスク処理をし、マスクの反転で「穴」を開けます。

https://drive.google.com/drive/folders/1ziVE5k0HO-pyAz_pdFYu2rvXIFD2FPwB
Spotlight.zip

People Who Wowed This Post

筍山の草刈り(2019.11.17)

この部分を全部刈り取ります、顔面にはスクリーン
プロテクターをしてガードします。背丈の低い雑草なら
メガネ程度OKですが、この高さになると、刃を入れた時
蔦などがある場合、顔面直撃を食らう事が珍しくないので
不可欠な防御です。
ひと夏でこの有様です、一年放置したら手がつかなくなります。
右側中央が「柿爆弾」
2週連続で草刈りをしています。
今年は猛暑&台風の来週もあり、日照も水分も豊富のため、雑草がよく伸び
ました。
一番厄介なのはセイタカアワダチソウで、こいつは枯れると茎が固くなり
刈払機の刃が痛みます。

このため、枯れる前に切りたさねばなりませんが、そうすると花粉が飛び
アレルギーがなくても半日はくしゃみに悩まされます。

この日は8:30から最後の柿の収穫、低い位置のそれは収穫済みのため
高い位置残ったいる部分を脚立を使って総なめにします。

柿の枝は固くて複雑に絡んでいるのでその間に体をねじ入れるように
上り、収穫します、高い部分は二人がかりの方が効率があがります。

注意せねばならぬのは、転落と「柿爆弾」完熟でとろけた柿は
簡単に落下するので、帽子とツナギの服は必須、なれるとうまく
避けれるようになりますが、それでも数発は直撃弾を見舞われます。

最後には機材を丁寧に洗って置かないと、柿の糖分が凝固し、厄介
な事になります。

作業には長靴が必須、蔦もあり、足の踏ん張りと、バランスが崩れた時
の体勢維持が出来る筋力と慣れが必要です、エンジン回転機は超危険な
道具です、Uハンドルでのくっだり斜面の作業は絶対禁止。

刈払機は転倒時に刃までの距離が確保出来るような長さになっていますが
高い注意力が要求されます。

People Who Wowed This Post

AviUtl170(備忘録として)

スポットライトで照らしたように、光の円が移動します。
Layer1にオリジナル、Layer2を画面のように加工、透明度ではなく
明るさを落とさないと透過時の効果が出ません、この部分が重要。

つまり、2枚の同じ画像を上下のタイムラインに同じタイムテーブルに
セット。
上Layerの画像の明るさを落と、画像を暗くします(透明度ではありません)
マスク処理を「円」「反転」でかけます。
この段階で円形部分は切り抜かれて、下の画像が出ています、つまり
周囲に比べ「明るい」画像となり、光があたった様に見えます。

周辺をぼかしたりして細工をします。

People Who Wowed This Post

画像合成について

合成画像、本来なら雲の上にあるのだが、同じ白の色調
なのでそのままで合成
背景画像
合成する画像
周辺は透過処理する。
画像合成は動画作成の原画作成には必要な技法です。
動画APP上で作業するのではなく、予め画像編集APPで処理するほうが
簡単です。
Layer上に貼り付ければ合成は出来ますが、合成するなら予め「合成」を
意識して元画像は撮影すべきです。

静止画の場合には合成であることは比較的簡単に見破れますが、動画の
場合は、あまりこの部分を意識せず、全体の雰囲気形成に主眼を置くと
作業時間が短縮出来ます。

People Who Wowed This Post

PoE負荷試験器の公開

製作開始から2年以上経過し、仕様の変更も一段落したので備忘録を兼ね
公開します。

これはPoEのPDのエミュレータで、PDとの心臓部分は台湾製の基板を
使用しており、搭載のチップは規格品で、現時点で正規のPoE規格の
PSEでは全て稼働しています。

この試験機はDCの電力伝送のチェックのために設計されており、信号伝送
には一切の考慮はなされておらず、信号の減衰やインピーダンスの不整合
は感知していません。

特徴として、af/atの長時間の室温での負荷試験を想定し、安価で交換が
可能な自動車用の電球を負荷に用い、自然放熱での熱平衡を維持しています。

ただし、電球を負荷としているため、電源投入時の低抵抗による
突入電流での瞬間的な負荷増大での消費電力がPSEの許容値をオーバー
する対策として、セメント抵抗器を電源投入時には直列接続で負荷に加え
初期の消費電力を抑え、電球の抵抗値が予熱で上昇した段階(数秒後)
にはジャンパーする仕組みとしています。
※これは手動で抵抗の両端をジャンパーします。

普段、商用電源を使っていると、この消費電力の許容値オーバが根本から
理解出来なくなります。過負荷の場合ブレーカで切断する程度で、供給
量は際限なくあるように思われますが、PoEのような電源形態では、
供給量に制限があり、色々な手段が必要になります。

本機は各所で測定用の端子となるに設計してあります。
負荷試験器として頒布しております、お問い合わせ下さい。
0586-71-3903

People Who Wowed This Post

今日の夜明け(2019.11.15)

日の出30分前です、今日はこの冬一番の冷え込みのようですが、風はなく
なんとなく穏やかな感じです。

毎日、色々な作業があり、なかなかはかどりません、ルーティンワークでは
ないので、効率アップが図れず時間が過ぎていきます。

いわゆる一品物の作業なので、仕方ありませんが・・・・


めっきり寒くなってきました、10月の暑さが嘘のように冷え込んで
きました。これで漬物が安心して室温で作ることが出来ます。

People Who Wowed This Post

不安定な天候

東北や北海道は積雪、中部山岳でも荒れ予報です。
なめこの採取が今年はまだです・・・・・
ちょっと難しいかな?

People Who Wowed This Post

朝ごはん(2019.11.04)

今年の暑さは格別で、朝キッチンに立つのも嫌になるほどでした。
特に片付けを、少しでも怠ると残滓の腐敗がすすみ、日中が不在の密室は
「調理がやれない」環境でした。

この環境での生活(朝食抜きに近い)は体調には当然悪く、疑似熱中症や
登山中のスタミナ切れ、今までに無い程の便秘を引き起こし、改めて
心してキッチンに立っております。

今日はうどん。
今日は完全に野菜中心です。
大蒜(大)、油揚げ、しめじ、玉ねぎ一個(中)、生姜、酒粕、卵
麺は細麺で一把(50g)、ブロッコリーの芯の部分を薄切りにして
麺の湯で時間10分の残り3分で、同じ鍋に投入して茹であげます。
水切りし、スープを注げば出来上がり、片付けも入れて20分程度。

流石にスープは残しますが、具は完食します。

People Who Wowed This Post

満月の夜(2019.11.13)

今夜の満月の光はとても明るい・・・・

これは合成写真です。
背景のレイヤの上に、クロマキー首里し処理した月のみを貼り付けて
あります。

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account