Search Bloguru posts

コロナウィルス★お籠り生活を楽しもう

thread
真似して作ってみた中国の焼餅。... 真似して作ってみた中国の焼餅。あまりおいしそうじゃない…でもカリッカリに焼けておいしかったんですよ!



コロナウィルス騒ぎが始まってから、続けて見ているYouTubeの番組があります。

中国は武漢に住むある一家の日常を撮影した、他愛もないと言えば他愛もない投稿なのですが、ほぼ家の中に閉じ込められた人々の大変な生活の様子を少しですが理解することができます。

ビデオはこちらです↓
https://www.youtube.com/watch?v=n7mo360f8S0&t=335s

優しいご主人とかわいくて料理上手な奥さん、そしてBabyと呼ばれている小さい男の子の3人家族。家から出られない、仕事にも行けない、会社からの給料は振り込まれなかった、けれども食料を買い、電気代などを払い、サバイバルしていかなければならない――そんなストレスフルな状況の中で、ご主人も奥さんもいつも明るく優しさにあふれる声で互いに話しています。

私はこういう家庭に憧れます。なぜなら私が育った家では、母が「家族だから言いたいことを言い合おう」という信条を強く持っていたからです。よって家族間では「自分が持つ中で最も悪い声と態度」で「互いを罵り合う」ことが認められていました。私は幼い頃からこれが本当に嫌でした。仕事や学校で疲れ切って家に戻っても、そこに安らぎはありません。こういう町全体が封鎖されるようなストレスフルな状況の中では、私の実家なら罵詈雑言が飛び交い、最後は家庭内殺人に発展しているかもしれません。

だから私は「もし自分が家庭を持ったなら…」といつも考えていました。「私は、一番大切な家族だからこそ一番優しい声で話すんだ」。

そういう私ですから、この武漢の一家族の明るく優しい言葉遣いにいつも心が温まるのです。

待機生活では結局、「家の中でどう楽しむか」が重要になります。このビデオに登場するかわいい奥さんは料理がとても上手で、全ての料理(炒め物、揚げ物、スープも)を一つの大きな中華鍋で作ります。それ以外にも、ある日は大きな瓶で白菜の塩漬けを作り、ある時はホットプレートで中国の焼餅を作るなど、どれも本当においしそうで、真似してみたくなります。

そして昨日、私も奥さんが作っていた焼餅を作ってみました!(上のリンク参照)

暗い気分になったら本当に意味でコロナウィルスに負けたもの同然ですから、元気良く過ごしたいものですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#コロナウィルス #アメリカ生活

People Who Wowed This Post

アメリカで手作りアロマオイル抗菌スプレー《ウィルス対策》

thread
アメリカで手作りアロマオイル抗...
以前取材させていただいたアロマテラピスト・Yoriko Walker先生のレシピで、アロマオイルの抗菌スプレーを作ってみました。

先生直伝のこのレシピはとてもシンプルで、誰にでも手軽に作れるのが特徴。さらにアメリカでの材料購入法も詳しく教えてくださったので、アメリカ在住でも挫折することなく作れます。

→→詳しくは日系情報誌『ライトハウス』のアロマ特集をご覧ください。
http://magazine.us-lighthouse.com/publication/?m=12396&i=559369&p=68&ver=html5

作ったのは上の写真のレシピです。

材料は既に持っていたので、制作は5分で完了。
やっぱり自然のものっていいですね!優しい香りがたまりません。
うちは洗濯物を部屋干しするので、早速、洗濯物のまわりにもシュッシュしました。

実は夫の職場用に作ったのですが、夫からは「そんな(女子っぽい香りシュッシュとか)、やだよ」と断られてしまったので、ちょっとがっくり(笑)。たくさん作ったのにどうしましょ。どなたか近所にご希望の方がいらっしゃったら差し上げます…。

Yoriko先生のハーブ・アロマ・アカデミー・オブ・シアトル jaromalab-usa.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#手作りアロマ #手作り抗菌スプレー #アロマオイル #アメリカ #アロマテラピー #アロマセラピー #コロナウィルス

People Who Wowed This Post

コロナウィルス騒ぎの中、中国の旧正月パーティーに参加することに

thread
結構大はしゃぎ… 結構大はしゃぎ…
新型コロナウィルスに関しては、早いうちから敏感になっていた私。今年ばかりは各カジノホテルの華やかな旧正月デコレーションも決して見に行かないと心に決め、さらにはお気に入りの中国系スーパー、ついで密閉空間のカジノにもしばらく行かないことにしていました。

そんな中、約1カ月前。カジノのVIP客である義姉さんが、ホテルでの着席フルコースのディナーチケット(ショー付き♥)を譲ってくれると言うのです。「Really!?」。“フードコートでの食事”が唯一の贅沢である私と夫は、大喜びで飛びつきました。

チケットをディナー会場の入り口で渡してくれるというので、2人でワクワクして訪れたら、なんとなく会場の周りの装飾が真っ赤。赤いランタンが大量にぶら下がっています。嫌な予感…。会場に入ってみると、思いっ切り、「Happy Chinese New Year!」の会場でした!

う…思わずひるんだ私ですが、優しい義姉さんの手前、「あ、ありがとう!!」と言って覚悟を決めるしかありません。「ショー」とは、おめでたい獅子舞ショーのことだったのです。

興味深かったのは、ホテルの中国人客への熱烈歓迎ぶりです。「あけましておめでとうございます!」という中国語での挨拶が終わると、ビデオメッセージが始まり、支配人や各部署の代表者が「中国の旧正月を私たちは祝います」「中国の皆様、ようこそおいでくださいました」と、並々ならぬ歓迎の意を表します。中国人客は、ラスベガスのカジノにとってもやはり重要な存在なんですね。

同じことはフィリピン人客にも言えます。このホテルでは年に何度も、フィリピン人有名歌手によるコンサートが開催されています。アメリカ人は誰も知らない歌手ですが、フィリピンの人々がどどーっと押し寄せます。そしてコンサートの後はどどーっとカジノへ。

さて日本人客に対しての歓待は?日本人接待的なイベントは、私はまだ見たことがありません。日本人はお金は持っていると思いますが、やはりカジノで散財という率は中国人やフィリピン人よりも少ない、つまりカジノのメインターゲットではないのでしょう。

贅沢な中華料理のフルコース、飲み放題のお酒、獅子舞や歌などのステージを期せずして(かつ恐る恐る)堪能した私は、この日、ようやく2020年が明けたような気分にもなりました。しかし、正直な友人たちからは「2週間は近寄るな」と言われてしまいました(その気持ちは分かります…^^!)。

そしてどうにか1カ月過ぎ、感染していないことが分かり、ほっとしてこのブログを書いてみました。が、カジノの街はいかにも感染が広がりそうな環境ですからね、来週はどうなるか分かりません。

皆様もどうぞお気をつけて!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#ラスベガス #カジノ #中国人客 #カジノホテル #コロナウィルス #コロナ #コロナウイルスの影響 #旧正月イベント

People Who Wowed This Post

ワンコのボランティアで天手古舞

thread
レスキューのイベント会場で私を... レスキューのイベント会場で私を見て立ち上がったスノークレーク君(左)
テンテコダンスを踊っていますよ、連日…。

ここラスベガスにはいくつもの犬猫のレスキュー団体があり、皆さん、献身的に恵まれない犬猫を世話しています。先々週から私も、みなしご君を1匹預かってきました。スノークレーク君。夫いわく、「なんだ、なよなよした女みたいな名前。スノーフレーク(雪片)じゃなくて、スノーストーム(雪嵐)に変えちゃえ」――そんな、勝手に一時預かりのワンコの名前を変えられません。

スノーフレーク君は生まれながらにして右足が動きません。だから歩くときは飛び跳ねるように歩きます。かわいそうなスノーフレーク君。皆から同情され、大切に育てられてきたのでしょう…甘やかされた結果、捨てられてしまった…。

自宅に到着すると、早速、その暴れん坊ぶりがさく裂しました。まず、家中におしっこ!シャワーに入れたら大暴れで私の方がずぶ濡れ。丹念にドライヤーで乾かして庭に出したら、下痢をして真っ白な毛が下痢だらけ。はい、シャワーやり直し!とにかく1日中泣く、鳴く、叫ぶ、私たちの耳がどうにかなりそう。うちのワンコ、バクスターと大喧嘩して流血の騒ぎ(障害があっても負けずに戦う!)、散歩に連れて行ったら右へ左へ駆け回って私の足に紐が絡みつく…。

わー、犬のあらゆる問題を詰め込んだような、スノークレーク君。

しかしこのままでは、この子は誰にもらわれても嫌われて戻されます。だから決めました。この問題をどうにか解決します!――私なんかに何ができる?――分からない――誰か助けて――いいや、どうにかします!

まずトイレはどうにかなってきました。家の中を歩く時はご褒美を手に持って、おしっこをさせないように庭まで誘導。しそうになったら「No!」。庭でおしっこをしたら、すかさず「Good job!」と褒めちぎって、ご褒美をあげる。先週は寒かったので、凍えながら庭中、スノーフレーク君のお尻を追いかけまわしていました。室内には常にスノーフレーク君の叫び声が響き渡り、バクスターとの喧嘩の仲裁をしては足を噛まれ、なんだか私の具合が悪くなってきました。

そんなタイミングで、バクスターの左目が超充血。動物病院に連れて行って目薬をもらって今度はバクスターを追いかけまわし、1日2回目薬をさしては吠えられ…それを見ていた夫が手伝いもせずに大爆笑。あそっか、私は犬を3匹飼っているのね!(←せめてもの!)

でも、自分以外の生き物のために時間や労力を割くって、きっと素晴らしい体験ですよね。今まで自分のみのために時間を使ってきた人生を顧みると、全然&全然足りないぐらいでしょう。

次の課題克服も割とうまくいっているので、また後日報告させてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#犬の問題行動 #レスキュー #一時預かりボランティア #フォスター #犬のギャン鳴き

People Who Wowed This Post

母親は必ず子どものトラウマ!?

thread
母親は必ず子どものトラウマ!?
私の好きなNetflixのドラマに『Crazy Ex-Girlfriend』というのがあります。内容はお気楽な恋愛ものでツッコミどころも満載なのですが、生まれて初めてミュージカルって楽しいなあ~と感じさせてくれたドラマです。

当たり前ですけど感動的なのは、出演者が全員、歌が上手だということ!主役のレベッカはもちろん、ちょい役のライバル女性弁護士から、結婚式に参加した親戚のおばさん、通りすがりの端役の人まで、歌が始まると、朗々と、かつ感動的な美声で歌い上げます。

そしてやっぱりミュージカルの歌というのは、物語を歌っているので、普通の歌と違って、具体的な詳細を語っていることが多く、おもしろいというか、変というか、美声とともにその内容も楽しめます。そしてこのドラマの場合は、特に、「そうそう!」と共感できる内容が多くて唸らされます。

私が好きなのは、主役のレベッカが自らの母親について歌った歌です。その歌詞は「自分の母親は世界で一番最悪。…でも、そうじゃかったのかしら…」のようなものです。もしかしたら、これって多くの人が思っていることなのかも?なんて思ったりしているところに偶然、心理学者・加藤諦三先生の番組で母親についての分析を聞く機会に恵まれました――加藤先生いわく「母親は必ず子どものトラウマになります」。

思わず笑ってしまいました。実際、そうかもしれません。自分の幼少時代を思い出すと、確かに「もう少しどうにかならなかったの、お母さん…あれ私は本当に傷ついたの」と思うところもくさんあります。

加藤先生はさらに続けました。「でも、それでいいのです」――「子どもは母親のトラウマを乗り越えて、大人になるのです」。

私の母も完璧ではありませんでした。そして私が母親になったら、やはり完璧ではなく、子どものトラウマになるのでしょう。そしてそれで良いんだと。あらためて、「誰も完璧ではない」と心のメモに残した今日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #母親 #毒親

People Who Wowed This Post

手を差し伸べてくれたイザベル

thread
右端がイザベル。真ん中は、こち... 右端がイザベル。真ん中は、こちらも本当に親切にしてくれたクラスメートのイシドロ。


渡米直後、元夫と住んだ家は、1階のベランダが水辺につながっていて、カヌーなどで出かけられる美しいヴィラでした。色とりどりの花が咲き乱れる庭園内にはアヒルが歩き回り、ちょっとした楽園のような雰囲気です。日本のビジネスを閉め、先に渡米していた夫だけを頼りにやって来た私は、そこで新生活の一歩を踏み出したのでした。

屋外に出ると、時折、よく日に焼けた、麦わら帽子と汚れたシャツ姿のメキシコ人風の人々が庭園の手入れや工事作業をしている姿を見かけました。白人の夫は、彼らを少し警戒しているようでした。右も左も分からない私にとっても、なんだかとても遠い存在のような気がして、「Hi」と声をかけることができなかったのを覚えています。

結局、そのわずか1年後には、この楽園生活は終わりを告げます。離婚することになったのです。

アメリカでの生活の仕方も分からない、家もなければ収入もない、家族もいない私でしたが、ルームメイト募集の告知を見付けてどうにか住まいを確保。しかし生きるためにはとにかく働かなければなりません。ネックは英語です。仕事探しをするかたわら、連日通ったのは、アメリカ政府が移民のために提供している無料の語学学校でした。

そこで私は思い切り「外国人」でした!なにせ60人以上はぎっしり詰まった教室の生徒はほぼメキシコ人だったのです。

夕方6時から始まるクラスはとても賑やか。昼間、近隣のイチゴ畑などで働いたメキシコ人の男女が、真っ黒に日焼けした顔で眠気と戦いながら、かつ大笑いしながら、元気いっぱいに英語を学んでいます。ページをめくる、土の詰まった真っ黒な爪を見ると、皆、えらいなあ、本当にえらいなあと心から思ったものです――「私もまだまだがんばれるぞ」。

異邦人の私は、皆からとてもかわいがられました。でも賑やかなクラスが終わった後の真っ暗な帰り道はいつも際立って孤独でした。クラスにいる時間が好きでした…終わるとまたひとりぼっちになってしまいます。クラス以外でまで私を誘って遊ぼうという人はいませんでしたし、私も自分から誘う勇気はありませんでした。

しかし数カ月ほど通ったある日、隣に座ったメキシコ人女性が唐突に質問してきました。「Do you like dance?」。「Yes, I do!」と答えただけで終わった会話でしたが、授業が終わった後、彼女は出口で私を待っていました。「Follow me(ついて来て)」。

連れて行かれた先はダンスフロアのあるバーでした!以来、そのメキシコ人女性・イザベルと私は、教室を一緒に出て必ず一緒にどこかに行きました。言葉はあまり伝わらない二人でしたが、ある時はお祭り、ある時はイザベルの親戚のパーティー、そしてある時はイザベルの家でゴロゴロ…。

学校がない日も、貧乏な私が「今日は夕食は我慢するか…」と思っていると、イザベルから電話が来ます。「うちにおいで」。行くと、彼女の食卓にはいつも5~6人のメキシコ人がいました。イザベルの娘や、居候している家の大家さんやその子どもです。「1人増えても3人増えても一緒だよ」。大きな食卓について、メキシコ人の皆と一緒にメキシコの家庭料理を食べていると、ひとりぼっちの寂しさが吹き飛んで、目にじわりと水分がたまってきます。

とはいえイザベルも決してお金があるわけではありませんでした。夫は長らく刑務所に入ったまま。ベビーシッターのバイトをしながら一人娘を必死に育ててきました。週末も彼女は休みません。知り合いの家を何軒も掃除して、わずか40ドルのお金を得るためにそれぞれ4時間ずつ働きます。

ある日、掃除帰りの彼女が私に20ドルを投げてよこしました。「な、なに?」と聞くと、「今日は40ドルだったから」。私の苦境を知っているイザベルが、自分の4時間の対価の半分を私にくれようというのです。自分の生活も大変なのに、休みの日に働いたお金を私に…。

あれから自らの会社をアメリカで立ち上げ、日本時代の生活レベルを奇跡的に取り戻した私は、あの苦しい時代のイザベルの優しさと、アメリカ生活の出発点をいつも忘れてはならないと強く思うのです。

優しさをありがとう、イザベル。今日、Facebookで上の写真が「過去の思い出」として出てきたので、あなたを思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#アメリカ生活 #メキシコ

People Who Wowed This Post

アメリカ:あおり運転と銃社会

thread
アメリカ:あおり運転と銃社会
日本では危険なあおり運転の問題が取りざたされていますが、アメリカでももちろんあおり運転はあります。

★あおり運転:road rage 
※直訳すると「路上の憤怒」、あおること+それ以上の過激な行動を指す

★前の車のすぐ後ろに付けて走ること:tailgating

私もアメリカでroad rageに遭遇したことがあります。ある時、大きな道に入ろうとした時、ちょうどその車線にすごい勢いで、かつウィンカーなしで車線変更してきた車と接近してしまい、クラクションを激しく鳴らされた後、追いかけまわされました(私も気を付けます!)。乗っていたのは、イタリアンマフィア風の年配のおじさん。横にぴったりくっつけてきて、さらにクラクションをさらにバンバン鳴らしながら、怒鳴ってきます。「すみません!」と叫んでも、もう憤怒が収まらない、許さない!という形相で、なかなか去ってくれず、手足がガタガタ震えるほど怖かったです。

本来、道路の車線数がとにかく多いアメリカでは、あおり運転が発生しにくい状況ではあると思うんですがね(NYなどの大都会を除く)。大抵その車線以外に選択肢があと2~5本ぐらいありますから、怒るする前にさっさと違う車線に行けば良いのです。しかもアメリカは銃社会です。アブナイ人をあおってしまったら、命を落としかねません。

しかし恐ろしいのは、むしろそういう「銃を携えたアブナイ人」に「あおられて」しまうことです。『The New York Times』※によると、2014~2016年の3年間に発生した「銃器類の絡んだあおり運転事件」数は、少なくとも1,319件。そのうち、354人が負傷し、136人が殺害されたと報告しています。

https://www.nytimes.com/2017/04/25/us/road-rage-guns.html

この『The New York Times』の記事で興味深かったのは、文中に引用されている、ハーバード・インジュアリー・コントロール・リサーチ・センターのデヴィッド・ヘメンウェイ博士が発表した2002年論文の一文です――「車内に銃を載せているアリゾナ州のドライバーは、傲慢で攻撃的になりやすい」。そもそも人は車に乗っている時は心理的に強くなったような感覚を持つそうですが、そこに銃が加わることで、さらに俺様度が加速するのでしょうか。

アメリカでは、アブナイ人に絡まれた時は、文句を言ったり戦ったりせずに逃げるのが一番賢い策です。路上で逃げるのは本当に難しいことですけどね…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
https://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#アメリカのあおり運転 #あおり運転 #アメリカ

People Who Wowed This Post

カジノディーラーさんのお話

thread
カジノディーラーさんのお話
さすがラスベガス、ご近所にカジノのディーラーさんが3人も住んでいます。そのうちの一人、台湾人のKさん(女性)が先週、うちにランチに来てくれました。

カジノのディーラーさんと話す機会なんてこれまでの人生で全くなかったので、私は興味津々。あまりにも質問し過ぎて「本でも書きたいのか?」と言われてしまいましたが、快く答えてくれました。

以下、私の質問とその答えです。

-ディーラーになるのは難しいでしょう?
簡単、誰にでもなれるわ(何度聞いてもこの回答、謙遜ですね)。

-ディーラーになって良かったことは?
何もない。退屈。同僚も誰も楽しんでいる人はいないと思う。他にやれることがないからしぶしぶやっているだけ(そ、そんな身も蓋もない…)。

-でもカッコいい男子が来たらやっぱり上がる?
上がらない。誰でも一緒(ちなみ彼女は既婚で、旦那さんもディーラー)。退屈で仕方がない。

-ディーラーさんに話しかけてもいいの?
別に構わないわ。話しかけてきたら私もフレンドリーに話すし、話しかけなくてもいい。

-お客さんと仲良くなることは?
あるわよ。毎日のように来ている人も多いしね、顔見知りになるの。勤務が終わって翌日出勤したら、昨日いた人がまだギャンブルしていることもよくある。だから「まだやってるの?そろそろお金を稼ぎに帰りなさい」って言うの。

-ディーラーの仕事の嫌なところは?
セカンドハンドスモーク。顔に煙を吹きかけてくる人もいて本当に嫌。他のディーラーはナイスだから、顔に吹きかけられても我慢しているけど、私はあからさまに手であおぐの。

あと、叫ぶ人。叫んでいいけど、私の耳元で叫ぶのやめて。鼓膜が破れそうになる。

-確かに大金が当たったら叫ぶよね
そうとも言えないわ。大金を当てた人は静かに集中している場合もある。逆に叫ぶ人は5ドル当たっても叫びまわる。本当、やめてほしいの。

-これまで担当したお客さんの中で最高、いくら当たった人がいる?
100万ドル(約1100万円)、中国人女性だった。でもこの話には続きがあるの。うちのカジノではカードゲームで勝ったら、手数料を5%ホテル側に払わないといけないのね。この時は5000ドル(約55万円)支払う必要があったんだけど、彼女は賞金を準備している間もギャンブルをし続けた。そして100万ドルの準備ができた時には、100万ドルすってしまっていたの。結局彼女の手元に残ったのは、5000ドルの支払いだけだったってわけ(え!!)。

-ディーラーをやっていると、究極の状況を見てしまうことが多そうね
そう。日常ではありえないような悲喜こもごもの場面を見てしまうわ。特にね、とてもロークラスなものを見てしまうのよ。

どの職業も、いろいろあるものです…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #ラスベガス #カジノ #ディーラー

People Who Wowed This Post

日米離婚比較★どっちがいい?

thread
日米離婚比較 日米離婚比較
日米といっても、アメリカは州によって法律が違うので、私が知っているカリフォルニア州と日本の離婚の違いについて少し書いてみましょう。

例えばあなたが妻で、夫が若い女性と不倫した挙句に自分を捨てると言い出したとき、日本では「有責配偶者」である夫をある意味懲らしめることができます。

よくある懲らしめ方のひとつが「離婚しないこと」です。今すぐにでも離婚して若い女性との新生活を始めたい夫に、これは効きます。この状況から離婚するには、夫はまず別居する必要があります。5~8年ほどの別居期間を経て、かつ生活費や養育費を滞りなく払っているという「誠意の歴史」を積み立てれば、裁判所はまあ離婚を認めてくれます。

もう一つの懲らしめ方は、もう離婚はOKして、慰謝料を払わせることです。

一方、カリフォルニア州が採用しているのは、無過失離婚(No Fault Divorce)です。カリフォルニア州では夫が若い女性と浮気しようが、ギャンブルやドラッグにはまって婚姻破綻の原因を作ろうが、理由は問わず、どちらかが「離婚したい」と思えば責任追及なしで離婚できます。つまり、離婚しないことによる懲らしめはもちろん、慰謝料の請求すらできません。

※法律改正や状況によって変わる可能性があるので、詳しくは必ず弁護士に確認してください。

初めてカリフォルニア州の法律を聞いたとき、そしてそれに則って浮気夫との離婚を経験したとき(2008年)、「なんて殺生な」と思いました。

でも今ではカリフォルニア州の法律にすっぱりばっさり終わらせてもらって、時間の無駄にならずに良かったなあと思っています。5~8年かけて懲らしめられるとなったら、自分の人生の大切な5~8年間を投じて…という気持ちになっていたかもしれません。そういう選択を本当に自分がしたのかどうかは分かりませんが、この選択肢が目の前にぶら下げられなくて本当に良かったと思います。

理不尽であれなんであれ、すっぱりばっさりサヨウナラ。大切な人生をアホ男のために一秒も無駄にせず、自分の幸せめがけて一直線に進む、というのが、今思えば一番の‟懲らしめ”なんだと心から思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #アメリカ #離婚

People Who Wowed This Post

体より先に悲鳴を上げるのは、脳である

thread
体より先に悲鳴を上げるのは、脳...
著作権などの事情でリンクは載せられないのですが、最近、「フリーダイビング」に関する記事に携わる機会がありました(M.Tさんとのタッグ。おかげで素敵に仕上がりました)。

フリーダイビングとは、タンクなどの呼吸補助器材をつけずに潜るダイビングですが、顔を水に付けることもできない怖がりの私には、一生無理なスポーツです。しかし、納品が終わってからも、何度も思い返してしまうくだりがこの記事の中にありました。

フリーダイビングには8種類の競技があり、その中でも「コンスタント・ウエイト」という競技は、ガイドロープに沿って海底深く潜行していくものです(上写真参照)。現在の世界記録はダニエル・コーヴァルの102メートル。100メートルというのは実際に陸上を走ってみたりすると分かるのですが、かなーり遠いですよね。フリーダイビングの場合は、行ってまた戻って来るまで息を止めなければなりません(私には無理です!)。

しかしこの記事では「体より先に悲鳴を上げるのは、脳である」と説明しています。

というのも、肺に蓄えられているのは「人間の体が必要とする酸素の1/3だけ」。残り2/3の酸素は血管などその他の器官に蓄えられているため、実は体内には十分な酸素があるのに、呼吸ができない恐怖に「脳」が先にギブアップしてしまうのだそうです。

長く息を止めるため、フリーダイバーは潜る直前に「ブリーズアップ」という呼吸法を何度も行います。これはゆっくりと息を吸い、それ以上時間をかけてゆっくりと吐く、ヨガのような呼吸法です。これにより、体内のいたるところに酸素がいきわたり、蓄えられます。

ヨガでは「ゆっくり吸って~、ゆっくり吐いて~」と言われますが、この呼吸法に実際に科学的な根拠があるとは知りませんでした。これを日常的に行い、いつでも全身パンパンに酸素をいきわたらせることができたら、どれほど体に良いでしょうか。

この仕事に携わってから1カ月以上経つのに、「体より先に脳がギブアップする」くだりをちょくちょく思い出します。これは弱い私に届けられた啓示なのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #フリーダイビング #ブリーズアップ

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account