Search Bloguru posts

翻訳・広告代理店Ru Communications LLC便り

https://en.bloguru.com/RuCommunications

地獄の餌箱:なぜか巨大植物が生えた…

thread
餌箱の下に生えた、雑草とは思え... 餌箱の下に生えた、雑草とは思えない大きな植物(中央)。



『鳥のために大出費』https://jp.bloguru.com/RuCommunications/441771/2022-06-06 
に始まった、小鳥との素朴な‟癒やしの時間”が鳩との壮絶バトルに変わった次第は書き記しましたが、その後、意外な展開がありました。

ーーその展開の前に、まずラスベガスの天候について書いておきましょう。先々週の1週間は毎日数時間、ひどい嵐が来ました。その激しさと言ったら、打ち付ける雨で家が揺れ、5分ごとに雷が落ち、近所中のポリバケツ(タイヤ付き)が一斉にゴロゴロお出掛けするほどの暴風が吹き荒れるレベル。大きなトランポリンがいくつも空を飛んでいました。全く砂漠に生まれたこの街は、暴れる野獣を背負い投げして無理やり飼い慣らしたような環境なのです。

しかし、大地をひっくり返すような嵐ではあるものの、過ぎ去った後は街中の緑が色濃く生気をみなぎらせます。

もちろん我が家の庭もーー「あれ?ちょっと待って」。一昨日ふと、餌箱の下の花壇が妙に混み合っていることに気付きました。約50センチの高さの、見たこともない大型植物が生えています。「こんなのあったっけ!?」。

もしやこれはーーああ!トウモロコシ!

小鳥にあげていた市販の餌の中に確かに、乾燥したトウモロコシが入っていました。あれが地面に落ち、嵐の恵みを受け、急成長したようなのです(しかも4本も)。

夫は収穫したら額縁に入れて飾ると言っています。…なぜ?

せっかくなので、本当に実がなるか、楽しみに待ちましょう。








#トウモロコシ #バードフィーダー

People Who Wowed This Post

恐怖の永住権延長:さすがアメリカ(涙)

thread
恐怖の永住権延長:さすがアメリ...



日本は連日コロナ感染者数が史上最多を記録しているそうで。今朝のニュースでは、各病院が申請書を何時間もかかって手書き&ファックスし、それを保健所のスタッフが一つ一つデータベースに打ち込んでいるため、業務がパンク状態なのだと報じていました。

最初の病院でパソコンに打ち込んでもらえたら、次の保健所はきっとかなり楽になるでしょうね涙。でも日本は色々なシステムが「最もできない人」を考慮して作られている感じなので、オンライン化は難しいのかもしれません。

それで思い出したのが、私の米国永住権の延長申請です。10年に1回だけ延長申請しなければならないのですが、ちょうど7月に期限が切れるので、念の為3ヶ月前の4月に延長を申請しました。

まず、開いた移民局のウェブサイトには電話番号は載っていません。電話がかかってくるとうるさいので、あえて載せないのでしょう。そして申請方法はオンラインの一択でした(実際の窓口は完全クローズ。もしかしたら郵送もあったのかな?でも申請書をダウンロードして印刷して手書きで郵便局に行って、、、とかは逆にスキルが要りそう)。

どうにか記入を終えて、最後の「写真」「指紋などの本人確認確認」のステップではなんと「10年前のを流用するので不要」。ありがたいけど20年間同じ写真でいいのでしょうか笑 また、私が本人だとあっさり信じてくれてありがとう、、、。これもまた、郵送であれこれ送られたらうるさいので、思い切って省略したのでしょう。

そして「延長申請」の最後のボタンをクリックすると、申請プロセスにかかる時間がパーンと出てきました。

え?見間違い?ーーーまさかの「1年2ヶ月」、、、、。

ここまで簡略化しておきながら1年2ヶ月もかかるとは、、、それまでアメリカを出られない?もし日本の老母に何かあったら?3ヶ月前に申請したのに何てこった、と思わずパニック&絶望感。

でも「苦情が来ないように、わざと超異常なタイムフレームを伝えるのかな?」と前向きに捉えることにしました(ぶるぶる)。

するとなんと!翌月にはあっさり紙の「仮の証明書」が郵送されてきました。これがあれば海外にも行けるんだそうです涙 なんだあ、「1年2ヶ月」はやっぱり前振りだったんだあ。この紙は1年で失効するのですが、まあそれまでに実物のカードも届くでしょう。

ーーーと思っていたら、やっぱり侮れない!

先日、同じく永住権持ちのクライアントさんと話をしていたら、ちょうど「昨年、延長申請したんですよ」。そして同じように紙の「仮の証明書」が届いて安心していたら、その紙の失効(1年)が来月に迫った今も本物のカードが届かないのだと、、、「失効後、私はどうすればいいんでしょう涙」。

あそこまで簡素化されていても、この始末。日本だったら暴動モノなんじゃないでしょうか、、、。




#グリーンカード #グリーンカード延長 #永住権 #永住権延長

People Who Wowed This Post

あっさりコロナ感染

thread
数回通って私だけあっさり感染 数回通って私だけあっさり感染


仕事仲間の方々にはまるで何事もないようにメールを送っていますが、実は私、コロナ感染療養中です涙 しかしメールだと私のウイルスが届かないので安心ですね!

【ことの顛末】
不眠症→ジムでコテンパンに疲れろと助言される→ジムに入る→先週数回通う→速攻でコロナにかかる

助言してくれた皆は、コロナの最中もずーっとジムに通い続けていた方々、、、ところが私がわずか数回通って感染。さすがの私(TT)。

もしかしたらワクチン4回目を打って10日後ぐらいだったので、逆に免疫力が下がっていたのかもしれません。

症状といえば、きつかったのは最初の3〜4日だけ。とはいえごく普通の風邪、いや風邪以下の症状でした(この軽さはワクチンのおかげか?)。そのため4日目の夜から普通に仕事に戻りました(隔離室で)。

なにやらワクチン+感染の組み合わせが「最も強い免疫力」を作るそうで。この隔離期間が終わりましたら、いよいよ心も体も不死鳥のように蘇り、もうやけくそのように暴れまくる予定です!








People Who Wowed This Post

死者から届くサイン

thread
死者から届くサイン
電気が異常な様子でついたり消えたりする様子(『Surviving Death』)




これまでも何度も書いたのですが、どうも私はスピリチュアルな話が苦手でして。何を聞いても「気のせいじゃないの?」「ただの偶然よ」としか思えないのです。

というようなことも、別段何も考えていなかった一昨日、古くからの友達Mさんから久しぶりにメッセージが届きました。「元気?ネットフリックスのドキュメンタリー、Surviving Deathを見てみて。死んだ人が生きている人を見守っているという話。そして見終わったら感想を聞かせて」。

スピリチュアル系は苦手なのですが、珍しく感想まで求められたこともあり、また、もしかしたら死んだ愛犬バク君のことを受け入れられるきっかけがあるかもと思い、とにかく見てみることにしました。

すると内容は私が好きな感じのものでした。簡単に言うと、臨死状態に陥った人々がした不思議な体験についての、医師による科学的な検証です。医師が不思議がるのは、臨死という体の臓器の機能が止まった状態では脳の活動も停止するため、その体験の記憶は一体、どこで感じていたのか?ということです。脳の活動を表す脳波がゼロ(いわゆる死んだ状態)の中では、何か想像することは不可能だからです。

医師らは「脳が死んだ後も、どこかで意識は続いていくのでは」と推測します。

とすると、次の疑問は「その意識はどこに存在するのか」ということです。どこかに死んだ人の意識があるなら、もしかしたら話したり会ったりはできないものか。

そこで次のエピソードでは、アメリカ屈指の霊媒師らを「試す」試みが始まります。霊媒師との面会の前に、これから会いたい故人(ここでは父)に心の中であるお願いをしておくのです。例えば「お父さん、もし本当に来てくれるなら、今日、僕の髪のことを話してください」(ちなみに薄毛とかではない、髪に何の話題性もない方でした)。これなら霊媒師が予めネットで調べることはできません。はたしてその面会では、霊媒師が唐突に「お父さんがあなたの髪のことを話したがっている」と口にしました。番組の中では偽物と認定?された霊媒師も登場しましたが、このアメリカの霊媒師の話は全てが具体的でした。

その霊媒師、また他の霊媒師も口を揃えて「死者はあなたにサインを送る」と言います。例えば上の動画はその例ですが、家の電気が尋常でない様子でついたり消えたりしています。

たまたま電気系統が壊れたのかもしれませんが、私はそれを見て、「あーー!」と思いました。実はバク君が亡くなって数ヶ月間の間、私はこれに悩まされていたのです。

例えば暗闇の中で寝ようと努力していたら、急に辺りが眩しくなって、目を覚ますと隣の部屋に続くドアが開いていて(1時間前に確かに閉めた)、隣の部屋に光が燦々とついて真っ暗な寝室を照らしていたり。でもこれだけじゃ、たまたまかもしれません。

一人で夜中に2階でテレビを見ていると、テレビの裏の青い照明がパチっとついて、「これはまた来るぞ」と思ったら、家中の全ての電気がどんどんついていったこともあります。1階の玄関から居間から廊下から階段から、とにかく全てです。翌日夫に電気系統を調べてもらいましたが、何の異常もなしでした。でも今思えば、夫がすやすや寝ていた部屋だけつきませんでした。配慮?

またある時は、居間でバクのことを思いつめて、もう生きる意味はないかな、、、なんて思っていると、体の1メートルほど横で大爆発音。体が飛び上がるほどの音量で「ぎゃ!」。心臓もドキドキして「何を考えていたんだ」と我に返りました。

結果、私は医師に相談し、精神科のアポを入れました。頭がおかしくなったと思ったのです。でもある日、不意に「もう今日から電気はつかないし、音も鳴らないんだ」と頭に思い浮かび、本当にその日から私を悩ませていた現象はおさまりました。

でもこの番組の、この添付の場面を見て、「あーーー!」と思いました。もしかしたらあれはバク君が必死に送っていたサインだったのかも、、、。


もしあの数ヶ月間に私の周りで起こり続けた不思議な現象が、バク君からのサインだったとしたら、犬にしては頑張ってくれたと思います。スピリチュアル系が苦手な私ですが、家中のライトがどんどんついていくあの不思議な感覚を思い出すと、いつもの私の思考ではぴったりの答えが見つかりません。もちろん、数ヶ月間家のさまざまな電気系統がおかしくなっていた(電気、爆発音他、あらゆる異常な音を含め)、私がおかしくなっていた、という可能性もありますが。

でも今は、確かにバク君はどこかにいるんだと、確かにそう思えるようになりました。するとさまざまな不安もすーっと消えていきました。突然この番組をお勧めしてくれたMさんにも、ありがとうと言いたいです。

これを読んでいるあなたの、亡くなった大切なあの人も、どこかにいます。






#ペットロス

People Who Wowed This Post

眠れない日々――愛犬を亡くしてから

thread
気温40℃前後の朝の散歩中、空... 気温40℃前後の朝の散歩中、空を撮ってみました。暑さは伝わらないですね。



もともと遺伝的に不眠症気味の私ですが、近年はほぼ克服していました――それがバク君を亡くした後から再び、眠れなくなってしまいました。

ぐっすり記憶をなくして眠っているのは、1週間に4時間ぐらいですかね…あとは「早く寝たい、明日があるのに」と焦りながら朝まで寝返りを打ち続けています。

そこで毎朝、太陽の下を散歩をすることにしました。午前中に太陽をたっぷり浴びると良いと言われ…でもバク君(4カ月前に亡くなった愛犬)なしで歩くなんて…寂しいですね。向こうから犬連れが来たら、犬同士がワンワン言い合って大変なので、反射的に道路を渡って、「あ、バクいないのに」なんて気付いて、涙が流れます。

それにしても、朝とはいえ、気温は40度前後です。さすがに気温が45℃近くになる11時ぐらいにもなると、人っ子一人いなくなります。私も不眠症の非常事態でなければ、外なんて歩きたくありません…。ところが先日、この信じられないほどの熱風の中をワシワシ元気良く前から走ってくる男性がいました。「物好きもいるもんだな」と思ったら――夫でした…。きゃつは11歳も年上なのに、私の11倍ぐらい元気です。

さて、半月歩いてもまだ不眠症改善の兆しは現れていませんが、今朝、ジムにサインアップしました。皆が「こてんぱんに疲れろ」と言うので、疲れてみようと思います。不眠症のせいで幽霊的なオーラをまとっている私ですが、生活は妙にアクティブです。













#ペットロス

People Who Wowed This Post

年配女性2人vs若い男性2人

thread
こんな迫力でした こんな迫力でした


昨日、ホテルのビュッフェに行ったのですが、私たちのテーブルに付いた年配女性サーバーさんと若い男性サーバーさんが近くで口喧嘩を始めました(どちらも白人)。

年配女性が若い男性に何かを伝えた瞬間、若い男性のボルテージは急上昇。「It is not my fault!!」。それは「私のせいではないですよ」という訳ではない、「俺のせいじゃない!!」と強めに訳すのがぴったりの語調で年配女性にくってかかりました。

しかし年配女性は、ここは偉いなあと思ったのですが、「Whatever(どうとでも)」と答えただけでさっとキレ男性から離れました。とはいえ、私の横を通りながら「I really don' t know that man(あの男は本当、わけわからん)」と呟いていましたが…。

その後、暇にまかせて見ていると、その年配女性が強烈なメイクをした(ベラ的な)同僚年配女性をつかまえて、さっき言い合いが起こった場所を指差しながら、口角泡を飛ばしながら何かを伝えています。ベラ的女性も「what the heck! Cant believe it!(何それ!本当!?)」などと言いながら憤慨している様子です。

元気いっぱい、表情豊かに話す2人は、戦場にでも送りたいほど猛々しいオーラを放っていました。

一方で彼女らが去った後、今度は先ほどの若い男性が、同じように他の男性サーバーさんをつかまえて、また事件が起こった場所を指差しながら熱っぽく語り始めました。つかまえられた男性は「そりゃひどい」的に頷いていますが、なんだか迫力ゼロ。

若い男性2人が集まって文句を言っている時の迫力と、年配女性2人が集まって文句を言っている時の迫力はこうも違うのか…と、本当にどうでもいいことをしみじみ考えながら食したビュッフェでした。





#どうでもいい話

People Who Wowed This Post

怒りの餌箱:地獄バージョン

thread
入口に、尖った釘が立ち並ぶ地獄... 入口に、尖った釘が立ち並ぶ地獄的な餌箱



やられました。

↓今回は初めて2日間は持ったんですよ…。
『まだやってる‟鳩との戦い”』https://jp.bloguru.com/RuCommunications/443802/2022-06-27


四つの角に針金を立てておけばとまれないと思ったのに、鳩さま、その針金をつかんで羽ばたきながら餌を食べていました。加えてその勇姿の下や横にぎっしり20羽が待機。「こら!」と出て行ったら飛び去ったのですが、デッキやベンチは糞だらけでした。

「もう餌箱は引っ込めるよ…」と、悲し気な夫。

と言いつつ「最後に思い切りやらせて」…夫は朝からトンカンやっていましたが、今見に行ったら「ぎゃおえー」。餌箱という名の地獄(上写真)が出来上がっていました。

‟こりゃ小鳥も入れない”と思いながら、室内のカウチに座っていましたら、また庭で黒い影がバタつきまわっています。

嘘でしょ!ここまで恐ろしい餌箱の中に、なぜか鳩が平気な顔で1羽入って餌をつついていました!

でももう鳥が怪我をしたら大変なので(このオソロシさにも関わらず、小鳥はもちろん鳩まで普通に中に入っているのですが…)、諦めましょう…涙。




#鳩撃退

People Who Wowed This Post

まだやってる‟鳩との戦い”

thread
日々、狂暴化していく餌箱 日々、狂暴化していく餌箱


鳩って頭がいいですね…と、また同じ呟きですか?

「(小鳥用)餌箱を吊り下げると、鳩がとまろうとしても餌箱が揺れてとまれない」はずだったのが、翌日には攻略され。

餌箱の中に付属品のディバイダ―を立てて、鳩が決して着陸できないほどスペースを狭めて「成功!」と思っていたら、こちらも翌日には攻略され。

それではと、側面十字の柵を立てて(上写真の黒丸)首を突っ込む高さをなくしたら、今度は羽ばたきながら食べている。

羽ばたきながらも餌箱の4つの角を足で掴んでいる感じなので、今度はその4角ににアルミ製のメッシュを打ち付けました。するとあらま、そのメッシュに足を差し込んで、また羽ばたきながら食べている。

こりゃ永遠に終わらない。よく日本で使われているような、V字にしたワイヤーを並べる感じの鳩除けグッズを見た夫は「鳩を傷つをそうで使いたくない…」と言っていたのに、今見たら、鬼の形相で?メッシュ部分にワイヤーを取り付けていました(上写真の赤丸)。






#鳩撃退

People Who Wowed This Post

『罪と罰』に出て来た料理を見つけた

thread
多分、これが「ザクースカ」(わ... 多分、これが「ザクースカ」(わずか3.98ドルの謎)。


ロシアの侵攻が始まった頃から、あえてロシア文学を読み直しています――ツルゲーネフの『初恋』や、ドストエフスキーの『罪と罰』など。もう何十年も前に何度も読んだ本なのですが、読書体験における過去と今の大きな違いは、‟出て来る固有名詞を検索できること”でして、今回はこの素晴らしいテクノロジーを大いに活用しています。

『罪と罰』に何度も出て来る「センナヤ公園」は、私の頭の中ではみすぼらしい公園だったのですが、検索してみると、なんとも壮麗、壮大…。公園と言うより宮殿? 度肝を抜かされる美しさで、あわてて数十年にわたり脳内で設定していた舞台背景をこちらに入れ替えました。

途中で出て来る「ザクースカ」という料理が、これまた、おいしそう。某ロシア料理レストランさんの説明によると、スモークサーモンや塩漬けニシンなどの前菜のことだそうです。

それで昨日、東欧スーパーに行って棚を見て回ったら、幸運にもこの「ザクースカ」らしきものを見つけました(写真)。塩漬け?オイル漬け?のサーモンとニシンの詰め合わせで、店員さんいわく、生でそのまま食べられるそうです。家に着くなり早速食べてみましたが、日本人好みの素晴らしいおいしさでした。

ついでに、そのスーパーのデリにあった、藁草履のような大きな揚げ物(まさに靴のような大きさ)が気になり、店員さんに何かと聞くと、「ピロシキ」だと言います。おお…日本で食べた、カリっと揚がったカレーパンサイズの小さいながら繊細に作られたあのピロシキ――とは判別不可能なほど異なる物体。

その大きさや中の具(ジャガイモとわずかな肉)、油のまわった感――言ってみると”エネルギー重視”の感に、これはカロリーが必要な庶民のソウルフードなのだと想像。とはいえこちらもハーブが効いていておいしかったです。なお、ピロシキはウクライナとロシア、両方で食べられている料理だそうです(全体的に同じなのかも)。














#ザクースカ #ピロシキ #罪と罰

People Who Wowed This Post

悲しくなる時

thread
会いたいな。14年間も私の影の... 会いたいな。14年間も私の影のようにぴったりそばにいたバク君。私の影はなくなってしまいました。



まだまだですね…。

バク君(愛犬)を亡くしてから、もう数カ月経つのに。

元気を出そうと散歩に出ては、「もう横にいないんだ…」と気付いて逆に暗い気持ちになったり、普段開けないクローゼットの中にバク君のおもちゃ入れを見つけて呆然としたり、ドアにぶら下がったままの首輪と紐を見てまるで亡骸のようだと思ったり。

犬用クッションは寄付でもすればいいのですが、そこに残っているバク君の思い出を考えるとできず、家の至る所に埃が積もったまま置いてあります。前はいつもバク君が寝転んでいたから、埃なんて積もらなかったっけ…。

あの子は天国にいて幸せなんだと、最近は思っています。だとしたらあとは私だけの問題…。どうにか自分で乗り越えていかなきゃ…。






#ペットロス

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account