Search Bloguru posts

内倉憲一の日本語ブログ

https://en.bloguru.com/UchikuraCo

NY POST 誌(新聞)記事の和訳 2021年10月2日

0 tweet
thread
アメリカの新聞では 私の意見は... アメリカの新聞では
私の意見は全く入っていません。翻訳はすべて自動翻訳です。
眞子さまと庶民の婚約者・圭。お金のないメグジット
By ダナ・ケネディ

成仁天皇の姪である反抗的な眞子さまとその一般人の婚約者は、アジア版のハリー王子とメーガン・マークルであり、論争の中で王室の生活を捨ててアメリカで再出発する。

しかし、日本で話題になっているのは、ポニーテールをした眞子さまの夫となる小室圭さんを、博識で強引な母親を持つ抜け目のないハスラーとして登場させたメディアのソープオペラだ。

日本の悪名高いゴシップ週刊誌を信じるならば、お姫様は詐欺師と駆け落ちし、無一文に近い状態でニューヨークの不確かな未来に連れて行かれることになるだろう。

しかし、眞子さまを支持する人たちは、眞子さまが小室さんと結婚してアメリカに移住することを、家の中の息苦しい家父長制の世界や菊の御紋から逃れる機会だと考えています。

小室さんの母親である佳代さんのスキャンダルが発覚してから4年間の婚約期間を経て、10月26日に結婚式を挙げることを発表しました(29歳)。

挙式後、お二人はニューヨークに移住し、小室さんはミッドタウンの法律事務所「ローエンスタイン・サンドラーLLP」に就職する予定です。小室は2021年5月に、ジョン・マッケンローの娘、アンナなどが同級生だったマンハッタンのフォーダム大学ロースクールを卒業しています。

ブルックリン在住のジャーナリスト、阿部霞氏がThe Post紙に語ったところによると、小室は在学中の3年間、ニューヨークの日本人記者たちに追いかけられるのを避けるため、目立たないようにしていたという。
「阿部は「彼はずっと隠れていました。「フォーダム大学の寮にしばらく住んでいましたが、誰にも見られませんでした」。これは、「日本のメディアが彼と眞子さまにどれほど厳しい態度をとるか」を考慮してのことでした。

眞子さまの父である秋篠宮家の側近が同日、記者会見を開き、「眞子さまは小室さんとの関係を否定的に報道されたことで、複雑な心的外傷後ストレス障害を発症した」と発表したのだ。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたところによると、同補佐官は精神科医も参加し、皇太子妃の症状として、集中力の欠如、エネルギーの欠如、イライラなどを挙げた。

動揺を誘う報道の中心は、将来の義理の母となる小室佳代さんで、最近までパン屋で働いていたシングルマザーである。小室佳代さんは、お金がなく、家族の悲劇が続いていたにもかかわらず、息子をうまく育て上げたとの報道もありました。

小室さんの父親は小室さんが10歳のときに自殺し、父方の祖父はその1週間後に自殺したという。祖母はその1年後に自殺したと伝えられているが、The Postはそれを確認できなかった。

しかし、数年前、佳代さんの元ボーイフレンドが、小室さんのエリート教育の一部を賄うために使ったかどうかわからない、彼からの約4万ドルの借金を返済していないとメディアに告発しました。

その結果、佳代さんは、眞子さまのような王族になるために息子をインターナショナルスクールに通わせるために、男性から現金を受け取った金食い虫の社会的クライマーというイメージを持たれるようになったと、複数の関係者がThe Postに語っている。

小室さんの息子は、母親の借金疑惑に対する世間の関心を払拭しようと、4月に28ページのメモをメディアに公開した。小室さんは、この騒動は母親と元婚約者の間で、お金が贈り物なのか借金なのかをめぐって争われたものだとし、自分で返済することを誓った。

ある東京出身で、現在ロサンゼルスに住んでいる事情通は、義母の佳代さんは「この事件のヒロインだ」と言う。彼女は息子を立派に育て上げ、今では彼のおかげで眞子さまが本当の人生を歩むチャンスを得ることができたのです」。

そうかもしれない。少なくとも欧米の観察者にとっては。しかし、皇室が2600年以上の歴史を持つと主張したがる日本では(歴史家によれば、現在の皇室は1868年に誕生したと言われている)、お姫様が怪しげな平民と結婚することはショッキングなことだ。

東京に30年住んでいるアメリカ人ライターのジェニファー・マツイ氏は、「日本人の見方では、眞子さまはシングルマザーで、息子の教育費を出してくれる男と結婚している」とポスト紙に語っています。"彼らが心配しているのは、彼女が黒い未亡人のような雰囲気を持っていて、ちょっとしたフーチー・ママのようなものだということだ。"

王女は、貴族と結婚すれば皇室から受け取れる135万ドルを放棄したと報じられている。このお金は、結婚すると自動的に王族の地位を失う女性に与えられる補償金である。

それでも、ポートランド州立大学日本研究センターのディレクター、ケン・ルオフ氏はこう言います。"スキャンダルを静めることに違いがあるかどうかはわかりません。"

Japan's Imperial House in the Postwar Era 1945-2019」の著者であるルオフ氏は、ハリーとメーガンとの比較は、眞子さまが "家族の儀式や伝統、そしてお金には関心がないことをはっきりと示している "という点で正しいと述べている。

違いは、ハリー王子が世界で最も裕福な家庭のひとつで育ったことだという。対照的に皇室は、第二次世界大戦直後に権力と富のほとんどを奪われ、今ではほとんどが儀式の象徴となっています。

「眞子さまとそのご主人が、ハリー王子とメーガン・マークルのように、王室とのつながりを利用するようなことがあれば、私は野球帽を食べることになるでしょう」とルオフは言う。「ハリーはお金とその調達方法しか知らないし、マークルはショービジネスで何年も経験を積んでいる。この二人はもっと保護されています」。

眞子さまと小室さんは、東京の国際基督教大学の学生だった2012年にレストランで出会いました。

もともと2人は、眞子さまの祖父である明仁さまがまだ天皇だった2018年に結婚する予定でした。

小室さんは先週、髪をポニーテールにしてアメリカから東京に出発しましたが、その結果、日本のメディアでは、皇室に嫁ぐ男性としては不適切な髪型だと憤慨した記事が掲載されました。現在、小室さんは横浜の自宅で2週間のCOVID旅行検疫を受けています。

眞子さまは、イギリスのレスター大学で美術館・ギャラリー学の修士号を取得されています。ジャパンタイムズによると、木曜日、彼女は2016年から働いていた東京大学の博物館の特別研究員の仕事を辞めました。

宮内庁の医師から精神的な問題を抱えていると言われた日本の王室女性は、彼女が初めてではありません。近年の皇室にまつわる奇妙な話のひとつに、眞子さまの叔母であり、2019年に菊の玉座に即位した成仁天皇の妻である皇后・雅子さまの武勇伝がある。

雅子さまは、高学歴(ハーバード大学、オックスフォード大学)の外交官として、成仁さまと出会い、後に婚約されました。彼女の父親も外交官であり、彼女はモスクワとニューヨークで育ち、その後、家族は日本に帰国しました。

「松井は、「彼女は、日本の新しい近代的で教養のあるプリンセスとして売り出されました。「そして、あることが起こりました。一つは、ダイアナ妃があまりにもしゃべりすぎて、みんなが怖がってしまったことです。[雅子さまは)男子の後継者を産むことができず、そのことで恥をかいた。そして、雅子さまは男児を授かることができず、恥ずかしい思いをしたので、棚に戻して人形にしてしまったのです。彼女は20年ほど姿を見せず、皆に『適応障害』という症候群だと言われた」。

2019年、56歳の誕生日を迎える頃に発表された報道では、宮内庁の医師たちが雅子さまが徐々に公の場に戻ってきたことを、まるで壊れやすい子供のことを言っているかのように表現しています。

皇后陛下は、「娘の愛子さまのお世話をしながら健康を維持する方法を常に模索し、少しずつ行動範囲を広げ、自信を取り戻してきました。皇后陛下は、「愛子さまのお世話をしながら、健康を維持するための努力を続け、少しずつ活動の場を広げ、国民の温かい歓迎にも励まされました。

現在、彼女は精神的な問題から「回復」しつつあると言われています。
阿部かすみさんのようなニューヨーク在住の日本人女性たちは、眞子さまがPTSDを克服し、ニューヨークに到着したときに、日本のメディアや宮内庁の目から逃れることを願っています。

眞子さまは、マンハッタンのギャラリーで仕事をされているそうです。

「眞子さまは、マンハッタンのギャラリーで作品を発表されているそうです。「皇室の一員として暮らしているときは、檻の中にいるようなものでした。「眞子さまは、日本の皇族の中で、海外に移住する数少ない女性の一人となります。しかし、彼女がお金を放棄した以上、おそらく多くのお金は手に入りません。だから、彼女は本当に仕事をしなければならないのです!"

source: https://nypost.com/2021/10/02/princess-mako-and-commoner-fiance-kei-megxit-without-the-money/







__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__

内倉憲一
Uchikura & Co., LLC.
ken@uchikura.co
Pacific Software Publishing, Inc.
ken.uchikura@pspinc.com

__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__..-・**・-..__

#KenichiUchikura #PSPINC #PacificSoftwarePublishing #WebdeXpress #Web開発 #uchikura #uchikuraco #システムデザイン #内倉憲一 #広告のないブログ #言論の自由

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Commenting on this post has been disabled.