Search Bloguru posts

ギター余話

https://en.bloguru.com/hauser2
  • Hashtag "#旅行" returned 138 results.

マテーラの洞窟住居

thread
洞窟住居の遠景です。 かなり広... 洞窟住居の遠景です。
かなり広い面積なんですねぇ・・・。
なんか暗い雰囲気です。
洞窟だから当然なのかな・・・。

細かい住居がたくさんくっついて... 細かい住居がたくさんくっついて並んでるんですね。
ちょっと見がれきの山のようです・・・。
ここに以前はたくさんの人が住んでいたようです。

古い教会の跡ということです。 ... 古い教会の跡ということです。
今は新しくなって近くに立ってるようです。
なんか凄いですね・・・。

街並みの一角・・・。... 街並みの一角・・・。

地下に向かっていくつか部屋があ... 地下に向かっていくつか部屋があります。
人獣同居の環境だったようです。
ロバ、ヤギ、アヒルなど・・・。
それらの糞尿で冬は暖かったようです。
窓もなく衛生状態は押して知るべし・・・ですね。

住居内の台所。 窓はひとつ・・... 住居内の台所。
窓はひとつ・・・。

今回のイタリア訪問で唯一雨に降られたところ。
まあ、10分くらいでしたが傘をさしました。

世界遺産の一つということですが、
なんだかちょっとぞっとしないでもないところですね。
ここには2000から3000の住居があるようです。
ここの住人は結局強制移住させられっということです。
衛生状態があまりに悪く大変なことになったようです。
窓がほとんどなく暖房も冷房もない環境です。
長生きできそうな状態ではないですね・・・。

現在はうまく跡を利用して住んで人もいるようです。

>クリックで大きくなります<
#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

ポンペイ遺跡

thread
ここから街の遺跡に入っていきま... ここから街の遺跡に入っていきます。
ここ自体も遺跡なんですね。

神殿の跡ですね。 柱の太さが凄... 神殿の跡ですね。
柱の太さが凄いです。

メインストリートです。 写真で... メインストリートです。
写真で見る以上に広い通りで、
石が敷き詰められてます。
車道と歩道がしっかり分かれてるんですね。
文明の高さが分かります。

お店の跡です。 店先で飲み物を... お店の跡です。
店先で飲み物を売っていたようです。
通りがかりに一杯飲んでたんでしょうね。

噴火で灰に埋まって悶えながら死... 噴火で灰に埋まって悶えながら死んだ犬です。
なんだか生々しいです・・・。

道沿いにお店が並んでたんですか... 道沿いにお店が並んでたんですかね。

毎日天気が悪いですね。
気温も低くて、
なんだかいきなり冬の世界に叩き込まれた気分です。
選挙カーも走り回ってますよ・・・。

ポンペイ遺跡です。
ベスビオス火山の噴火で、
一夜にして火山灰の下に埋もれてしまった街。
それにしても街全体が往時の栄えていた名残をよく残してます。
この写真はほんの一部で、
ここはかなり撮影ポイントが多かったです。
全部載せられないのが残念・・・。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

アマルフィ海岸にて

thread
コバルトブルーが素晴らしい海で... コバルトブルーが素晴らしい海です。

アマルフィの街をバックにパチリ... アマルフィの街をバックにパチリでした。

海岸から山に向かって町が開けて... 海岸から山に向かって町が開けてるんですね。
青い海と真っ白な家の対象がなんとも綺麗でびっくりです。
漆喰の家なんですね。

岸壁に張り付くように建てられた... 岸壁に張り付くように建てられた家。
凄いところに建てるもんです。

ほんとに岸壁に張り付くように建... ほんとに岸壁に張り付くように建ってるんですね。
崩れたら怖いなと思いましたが、
まあ、大丈夫なんですね。

夕暮れ迫るアマルフィの海。 な... 夕暮れ迫るアマルフィの海。
なかなかきれいな色合いでした・・・。

寒い!!
気温が12月並までさがってる。
秋を通り過ぎて冬突入か(*´Д`*)

織田裕二と天海祐希主演の映画で、
一躍有名になった「アマルフィ海岸」
この映画をきっかけに、
ここに来る日本人が多くなったとか・・・。
とりあえずアマルフィ海岸は世界遺産なんですね。
海の青と空の青がとてつもなく綺麗なところでした。
しばらくゆっくりと滞在したくなるようなところでした。

>クリックで大きくなります<
#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

カプリ島にて

thread
海からの景色。... 海からの景色。

真っ白な街並み・・・。... 真っ白な街並み・・・。

ヨットがかなりの数停泊していた... ヨットがかなりの数停泊していた。

狭いけど良い雰囲気の街並み。... 狭いけど良い雰囲気の街並み。

魚が泳いでるのが見えた。 凄い... 魚が泳いでるのが見えた。
凄い数群れて泳いでいた。

今回の田部井の全行程の中でも、
特に気に入ったのがカプリ島。
快晴のお天気にも恵まれた。
ローマ帝国の皇帝が別荘にしていた。
しばらく滞在してもよかったという気がした。

>クリックで大きくなります<


#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

カプリ島へ「青の洞窟」

thread
船でカプリ島へ到着すると、 こ... 船でカプリ島へ到着すると、
このカプリ城がすぐに目に入ります。
昔の領主の館だそうです。
石造りの堅牢な城ですね。

カプリ島の港から大きめのモータ... カプリ島の港から大きめのモータボートで、
洞窟入り口に向かいます。
なかなか良い風景が見えてきます。

さらに小さいボートに乗り換えま... さらに小さいボートに乗り換えます。
乗り換える時が要注意で、
バランスを崩すと海へドボンという感じです。
救命胴衣など着てないので、
泳げないと大変なことになりそうです。


入り口はかなり小さく、 ボート... 入り口はかなり小さく、
ボートに仰向けに寝るようにして入ります。
20センチも地盤沈下して、
入り口が小さくなってしまったと言ってました。

洞窟の中に入ると、 わが目を疑... 洞窟の中に入ると、
わが目を疑うような光景が広がります。
信じられないようなコバルトブルーが広がってます。
唖然とする風景です。
思わず写真を撮るのを忘れそうになりました。
間一髪撮影に成功!!

カプリ島にあるという「青の洞窟」へ向かいます。
ここは天気が悪くても波が高くても、
入ることのできない洞窟ということです。
また中に入るまで順番待ちがきついということも言われてます。
非常にラッキーなことに空は快晴、
波穏やかという状態で洞窟入り口の到着。
前の日は中止になったそうです。
小舟に乗り換えて洞窟入り口に向かいます。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

ローマ記=システィーナ礼拝堂

thread
現在の暦を制定した法王グレゴリ... 現在の暦を制定した法王グレゴリオ。
グレゴリオ暦という今の暦はこの人が始めたんですね。

システィーナの礼拝堂。 ものす... システィーナの礼拝堂。
ものすごい空間です。
この中に多くの装飾や彫刻があるのです。

人の大きさを見ると、 いかに巨... 人の大きさを見ると、
いかに巨大かが分かりますね。
壮麗という言葉がぴったりです。

天井には遥か天上界に続くような... 天井には遥か天上界に続くような穴があります。
ものすごい高さで吸い込まれそうです・・・。

外に出るとホッとしますね。 と... 外に出るとホッとしますね。
とても紹介できないくらいの感じで、
中にいると息が詰まりそうになります。
外に出てもその広さは桁違いです・・・。
人類の作り出した最高のものの一つですね。

システィーナ礼拝堂に続く回廊を出ると、
なんだかとてつもないすごい空間が目の前に広がります。
装飾も凄いですがいろんな彫刻がおかれてます。
呆気にとられるとはこのことですね・・・。
紹介しきれないのが残念なくらいです。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

ローマ記=バチカンにて

thread
聖堂内に続く回廊を行きます。 ... 聖堂内に続く回廊を行きます。
天井には絵が描かれ、
柱にも細工が施されてます。
びっくりですね!!
撮影するのも大変!!
行列して歩くので立ち止まれないです。

長い廊下を歩きますが、 絵画で... 長い廊下を歩きますが、
絵画で天井も壁も凄いです!!
これもびっくりの美しさです!!

中は巨大な広い空間ですね。 壁... 中は巨大な広い空間ですね。
壁と天井すべての装飾が凄いです。
天井が恐ろしく高いです。

これがかの有名なミケランジェロ... これがかの有名なミケランジェロの大傑作の一つ。
「ピエタ」です。
さすがにガラスで保護されてます。

かなり近くで見ることができます... かなり近くで見ることができますが、
死したキリストを抱くマリアの表情。
情感がにじみ出てくる感じです。
写真では見てますが、
本物は全く別物ですね。
これを間近で見られただけでも感激です。
ほんと素晴らしい!!

世界で最も小さい独立国。
バチカン市国に入ります。
サン・ピエトロ大聖堂に入るのですが、
さすがに観光客は半端なく多いですね。
その大きさにもびっくりですが、
美術品の素晴らしさも特筆ものですね。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

ローマの街角で

thread
なんのチケットを売ってるのか分... なんのチケットを売ってるのか分からないですが、
このスタイルの売りおじさんが結構いました。
なにか書いてあるけど分からない。

屋台のお土産売りが結構いて、 ... 屋台のお土産売りが結構いて、
その雑多な細かいお土産が隙間なくギッシリ並べられてる。
よくこれだけ詰め込めるもんだとなんだか感心。
見てると面白い・・・。
お店のおじさんが睨むので早々に退散。

水の出っ放しの水道。 この水は... 水の出っ放しの水道。
この水は飲めないんですよね。
飲めばお腹の具合は保証されてない・・・。
水はすべて買わないといけない。

街中を馬車がけっこう走っている... 街中を馬車がけっこう走っている。
観光なのかタクシーなのか・・・。
これがまた街の雰囲気によくマッチしてる。
浅草の人力車みたいなもんですね。

街の路地を歩くと、 こういう風... 街の路地を歩くと、
こういう風景が広がっていて、
映画に出てきそうな雰囲気です。
自分のエトランゼ感をしっとりと感じることができますね。

ローマの街角をスナップしてみました。
なかなか凄いといえばすごいかな。
見るもの何もかも物珍しいという、
お上りさん気分もあるのですが、
雑多な雰囲気がまたいいんですよね。
歩いてみる価値ありです。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

ローマ記=Ⅲ

thread
「スペイン階段」 この階段があ... 「スペイン階段」
この階段があのオードリー・ヘップバーンが、
ジェラードを食べながら歩いた階段です。

「トリニタ・デイ・モンティ教会... 「トリニタ・デイ・モンティ教会」
スペイン階段の一番上にあるフランス教会です。
真っ白で綺麗でした。

「コンドッテイ道路とバルカッチ... 「コンドッテイ道路とバルカッチャ噴水」
スペイン広場あらまっすぐ伸びる通り。
ファッションストリートですね。
手前に池があるのですが人がいっぱいで、
よく分からないですね。

「サン・ピエトロ大聖堂の大伽藍... 「サン・ピエトロ大聖堂の大伽藍」
一番高いところからはこれから行く、
サン・ピエトロ大聖堂の伽藍が見えます。

階段に座るお二人・・・。 女性... 階段に座るお二人・・・。
女性があまりの美人でびっくり!!
なんかこのまま映画になりそう・・・。
ブログル魂発揮でパチリ・・・('◇')ゞ


ここがあの「ローマの休日」で、
オードリー・ヘップバーンがジェラードを食べる名場面の舞台ですね。
今は禁止されていて食べることはできにですが・・・。
なんだかあの名場面が思い出される場所ですね。

とにかく観光客が多くてそんな余裕のある場所でもないですね。
それだけ知名度が高いということかな。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

ローマ記=Ⅱ

thread
「イタリア王ヴィットーリオ・エ... 「イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の記念堂」
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂、或いは短くヴィットーリオ(Vittorio)と呼ばれる場合もある。
他に無名戦士の墓としての役割も兼ねており、祭壇が設置されている。建物は首都ローマの中心地に位置しており、
ヴェネツィア広場とカピトリーノの丘の間に建設。

「トレビの泉」 元々は古代ロー... 「トレビの泉」
元々は古代ローマ時代に皇帝アウグストゥスが作らせたもので、ヴィルゴ水道(ヴェルジネ水道、乙女の水道の意)の終端施設としての人工の泉が場所を替えた後、今の位置になった。
コイン1枚だと再びローマに来ることができ、
2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、
3枚になると恋人や夫・妻と別れることができると言われる。
けっこう意味が深い・・・。

ベネチア広場方面に歩いていくと、
真っ白な大理石のこれまた巨大な建物に遭遇。
ほんとに白くてしばし茫然・・・。

ローマといえばここですね。
トレビの泉。
観光客が多く。
なかなかきれいに撮影できなかった。
物がでかいのでカメラに収まり切れず、
頭の部分が切れたのは残念。

>クリックで大きくなります<

#旅行 #イタリア

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account