LAN工事のABC-029(PoE6)

PoEの規格はIEEEで定められています。
現在、IEEE802.3af/at/btが公開されています。

ここで重要なのは「下位互換」と言われるルールで、PSE(給電)とPD(受電)の
関係はPSEが802.3btであれば、PDはaf/at/btのどれもが稼働することを指します。
無論、電力供給の問題があるのでaf PDat/btでは動作が保証されません。

ところが、このルールが適用出来ないケースがわずかながらあるようです。
これは802.3atでの期間があまりにも長過ぎたため、802.3atでは「亜種」が
製造されてしまい、PSEが802.3btでPDが亜種の802.3atの場合、稼働はするが
電力供給は802.3afレベルしか供給されない事例が発生しています。

しかしこれはPSEに搭載されるチップで回避が出来るようで、この辺りが複雑
な状況となっています。


わかお かずまさ
VegaSystems


#LAN_PRO

#kuma

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account