Search Bloguru posts

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://en.bloguru.com/falcon
  • Hashtag "#ブログ" returned 39654 results.

海鮮中華あんかけごはん@【ほっともっと】

thread
海鮮中華あんかけごはん@【ほっ...
【ほっともっと】では、「中華あんかけ」シリーズとして、〈ごはん〉と〈かた焼きそば〉の2種類が発売されています。また、1/2日分の野菜が含まれ、エビ・ホタテを加えた「海鮮中華あんかけ」も同時に発売です。
 
前回は、「中華あんかけごはん」(590円・税込み)を試しにいただき、野菜たっぷりなとろ〜りとした餡の食べ応えのある具材に満足でした。
 
今回は、「海鮮中華あんかけごはん」(790円・税込み)です。豚肉と1/2日分の野菜<白菜、玉ねぎ、人参、スナップエンドウ>など色とりどりの野菜が使用され、<豚肉ときくらげ>に<ホタテと海老>加わり食べ応えもありました。
 
お気に入りの味わいの商品ですが、期間限定販売なのが残念です。
#グルメ #ブログ #中華 #弁当

People Who Wowed This Post

『ローマの休日(4Kレストア版)』日本語吹き替え版公開

thread
『ローマの休日(4Kレストア版...
2023年に製作70周年を記念して2023年8月25日より公開されました『ローマの休日(4Kレストア版)』は、字幕版での上映でしたが、好評であったことから、このたび日本語吹替版が、2024年4月5日より限定公開されます。
 
<グレゴリー・ペック>と<オードリー・ヘプバーン>が共演しました『ローマの休日』は、自由のない生活に嫌気が差して公務を抜け出した王女「アン」と、偶然彼女を手助けした新聞記者「ジョー・ブラドリー」が織りなすラブロマンスです。
 
今回の吹替版には、1979年11月11日に『日曜洋画劇場』でテレビ初放送されたときの音声が使用されます。
 
<池田昌子>が「アン」、<城達也>が「ジョー」を演じ、理容師「マリオ」に<広川太一郎>が声を当てています。
 
初回放送時時には約20分の音声がカットされていましたが、1994年制作のソフト版に収録された音声で欠落部分を補完。字幕版と同様に映画評論家の<淀川長治>による約3分の解説映像が付属しています。
#4Kレストア版 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』@NHK-BS

thread
『レイダース 失われたアーク《...
本日<12:00>より<ハリソン・フォード>が主演を演じ、1981年アメリカ製作の『原題:Raiders of the Lost Ark』は、<ジョージ・ルーカス>と<スティーヴン・スピルバーグ>の豪華コンビが放つ映画史に残る名作アクションアドベンチャー 「インディ・ジョーンズ」シリーズ第1作として邦題『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』として、1981年12月5日より劇場公開されました作品の放送があります。

 第2次世界大戦前夜の1936年を舞台に、旧約聖書に記されている十戒が刻まれた石板が収められ、神秘の力を宿しているという契約の箱(=聖櫃)を巡って、ナチスドイツとアメリカの考古学者「インディ・ジョーンズ」が争奪戦を展開します。
 
神秘的なパワーを持ち、強大な力を得られると言われている《聖櫃(アーク)》です。(アーク)を手に入れ世界征服を目論むナチスを阻止すべく、昔の恋人「マリオン」や「サラー」、「マーカス」の協力を得て(アーク)の行方を追う「インディ」ですが、ライバルの「ベロック」やナチスに阻まれながら、命がけの大冒険を繰り広げます。
 
「インディアナ・ジョーンズ」に<ハリソン・フォード>、「マリオン・レイヴンウッド」に<カレン・アレン>、「サラー」に<ジョン・リス=デイヴィス>、「マーカス・ブロディ」に<デンホルム・エリオット>、「ゲシュタポエージェントのトート」に<ロナルド・レイシー>ほかが出演しています。監督は<スティーヴン・スピルバーグ>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

オープン戦4連敗@<阪神タイガース>(896)

thread
オープン戦4連敗@<阪神タイガ...
3月2日15:00、観客数1万2937人の札幌ドームにてオープン戦「日本ハムー阪神」戦が行われ、阪神は「2-3」で負けています。
 
春季キャンプ後初のオープン戦に臨んだ阪神は日本ハムとの接戦に敗れています。これでオープン戦〈巨人「4-9」・ヤクルト0-1」・中日「1-4」〉に続いて4連敗を喫し、今季初勝利はまたしてもお預けとなりました。
 
投手陣では期待の高卒(東海大学付属札幌高等学校)2年目の<門別啓人>が地元(現:日高町出身)・札幌で凱旋先発し、4回を投げて59球2安打4奪三振1失点(自責点1)の好投でした。
#オープン戦 #ブログ #プロ野球

People Who Wowed This Post

<古江彩佳>単独首位@「HSBC女子世界選手権」第3日

thread
<古江彩佳>単独首位@「HSB...
2日、シンガポール・セントーサGC(6775ヤード・パー72)にて米女子ゴルフツアー「HSBC女子世界選手権」〈賞金総額180万ドル(約2億7000万円)優勝27万ドル(約4050万円)〉第3日が行われました。
 
兵庫県神戸市出身の<古江彩佳>(23・富士通)が首位と1打差2位から出た第3ラウンドは5バーディー、1ボギーの「68」で回り、通算10アンダー「206(71・67・68)」と2位の<ハナ:グリーン>に2打差をつけて単独首位に立ち、米ツアー2勝目に王手をかけています。
 
スタートの1番から連続バーディーを奪い勢いに乗りました。前半はかわいた硬いグリーンでしたが、的確なショットの距離感で5、7番でもバーディーを挙げています。後半の12番パー4で、この日初のボギーをたたきましたが、続く13番パー5できっちりとバーディーとしています。16番パー5では激しいスコールに見舞われましたが、冷静でパーをキープしています。
 
今季はここまで5戦中4位が3回と好調を維持しています。2位に2打差をつけて単独首位で迎える最終日、2022年7月のスコットランド女子オープン以来の米ツアー2勝目を狙います。
#ブログ #女子ゴルフ #米ツアー

People Who Wowed This Post

光合成を行わない植物【ムジナノショクダイ】

thread
光合成を行わない植物【ムジナノ...
2日、自ら光合成を行わない植物「タヌキノショクダイ」の仲間の新種を発見したと、神戸大学大学院理学研究科の<末次健司>教授らの研究チームが発表しています。
 
種の上のカテゴリーとなる「属」としても新しいことが認められました。ほとんどが地中に埋まっているため、地下をすみかとする〈ムジナ(アナグマ)〉にちなんで【ムジナノショクダイ】と命名されています。論文は1日、日本植物学会誌(英語版)に掲載されました。
 
「タヌキノショクダイ」は、光合成をせずに土中の菌類から栄養を得て生きる植物で、ろうそく立てのような1センチ程度の花を咲かせるのが特徴です。世界で約100種の報告があり、海外では「妖精のランプ」とも呼ばれています。日本で知られている6種のうち1種は絶滅が宣言され、他の5種も絶滅危惧種に指定されるなど、希少な植物としても知られています。
 
今回発見されました新属新種は、植物愛好家が2022年6月に鹿児島県・大隅半島で発見しています。<末次教授>らが詳細に調べた結果、雄しべと雌しべの形状などにこれまでと異なる特徴があることが判明したといいいます。
#ブログ #光合成 #植物

People Who Wowed This Post

『かづゑ的』@<熊谷博子>監督

thread
『かづゑ的』@<熊谷博子>監督
『三池 終わらない炭鉱の物語』(2006年)などで炭鉱に関わる人々を追い続けて来たドキュメンタリー映画監督<熊谷博子>が、瀬戸内海のハンセン病回復者<宮崎かづゑ>さんのドキュメンタリー『かづゑ的』が、2024年3月2日より公開されています。
 
瀬戸内海の長島にある国立ハンセン病療養所・長島愛生園。<かづゑ>さんは10歳で入所してから約80年、ずっとこの島で生きてきました。病気の影響で手の指や足を切断し、視力もほとんど残っていませんが、周囲の手を借りながら買い物も料理も自分で行ないます。
 
患者同士のいじめに遭うなどつらかった子ども時代には、家族の愛情とたくさんの愛読書が、彼女を絶望の淵から救ってくれました。そして夫の<孝行>さんと出会ってからは、海沿いの夫婦寮で自然とともに暮らしてきました。
 
いつも新しいことに挑戦している<かづゑ>さんは、76歳の時にパソコンを覚え、84歳で初の著作『長い道』を出版。<熊谷博子>監督が2016年から8年間にわたって長島愛生園に通い続け、<かづゑ>さんの日常を映し出しています。
 
兵庫県神戸市出身の俳優<斉藤とも子>がナレーションを担当しています。
#ドキュメンタリー #ハンセン病 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『瞼の転校生』@<藤田直哉>監督

thread
『瞼の転校生』@<藤田直哉>監...
若手映像クリエイターの登竜門にもなっているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭の20周年と、同映画祭の開催地でもある埼玉県川口市の市制施行90周年を記念し、埼玉県と川口市が共同製作した『瞼の転校生』が、2024年3月2日より公開されています。
 
川口市を舞台に、大衆演劇の世界に生き、公演に合わせて転校を繰り返す中学生が、限られた時間の中で出会う人々と心を通わせながら成長していく姿を描いています。
 
旅回りの大衆演劇一座に所属する中学生の「裕貴」は、公演に合わせてひと月ごとに転校を繰り返しています。そのため、どの学校でも出会いに期待せず、友だちを作ろうともしません。そんな「裕貴」でしたが、ある学校に通っていた時、担任から学校へ来ないクラスメイトへの届け物を頼まれたことをきっかけに、不登校なのに成績優秀な「建」と知り合います。ひょんなことから彼と仲良くなり、「建」の元カノである「茉耶」も加わり、3人で過ごす時間が増えていくなかで、「裕貴」は2人に役者として舞台に立つ自分を見てほしいと思いはじめます。
 
「裕貴」役は『雑魚どもよ、大志を抱け!』の<松藤史恩>、「建」役は『カラオケ行こ!』の<齋藤潤>、「茉耶」役は『福田村事件』で映画初出演を果たした新人の<葉山さら>が演じ、<村田寛奈>、<タモト清嵐>、<高島礼子>、<佐伯日菜子>が出演、監督は、『stay』で2020年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭国内コンペティション短編部門の優秀作品賞を受賞した新鋭<藤田直哉>が務めています。
#ブログ #埼玉県 #川口市 #映画

People Who Wowed This Post

<伊原六花>『肝臓を奪われた妻』@日本テレビ「ドラマDEEP」

thread
<伊原六花>『肝臓を奪われた妻...
<伊原六花>(24)が、2024年4月2日(火・後0:24~後0:54)スタートの日本テレビ「ドラマDEEP」『肝臓を奪われた妻』で、地上波連続ドラマ初主演を務めています。
 
物語は、主人公「優香」が理不尽に肝臓を奪われてしまうという衝撃的な展開から始まります。誰しもが応援したくなる痛快な復讐劇となっています。しかし、単なる復讐ドラマでは終わりません。最愛の人から裏切られ、他人を信じられなくなった「優香」が、それでも支えてくれた温かい人たち、守るべき我が子のために、もう一度、愛を信じ、前を向いて歩いていく成長物語となっています。
 
幼少期に父親を亡くし、母親によって女手ひとつで育てられた「優香」は、母親の愛を一身に受け、献身的な元気で優しい子に育ちます。そんな「優香」の夢は、「幸せな家庭を築くこと」でした。「優香」は、自分と似た境遇で育った家族思いの「中村光星」に惹かれ、付き合い始めます。そして母親が息を引き取り、天涯孤独になった「優香」は、「光星」と結婚。光星の母親「聖子」の肝臓移植のドナーになると名乗り出ます。
 
しかし、すべては義母への臓器移植のための偽りの結婚でした。離婚を強いられ、騙されたと知りますが、「光星」の子どもを身ごもり、悩んだ末に出産し、1人で育てる決意をします。そして、肝臓を奪われてから5年の月日が経った日、「光星」と偶然の再会をします。母と息子を侮辱する「光星」やその家族に恨みの感情があふれ、中村家への復讐を決意するのでした。
 
LINEマンガ(ストーリー:JYUN、作画:Mana)で累計閲覧数1億3300万ビューを超えた韓国発の人気漫画を原作として、ヒロイン「北山優香」を<伊原六花>が演じ、脚本 は< 遠山絵梨香>、演出は< 中前勇児>、<二宮崇>が担当しています。
#テレビドラマ #ブログ

People Who Wowed This Post

今年の読書(15)『デイヴィッド・リンチ 幻想と混沌の美を求めて』イアン・ネイサン(フィルムアート社)

thread
今年の読書(15)『デイヴィッ...
アメリカ映画史上「最も過激で、強烈で、奇妙で、滑稽で、恐ろしく、深遠で、忘れがたい作品」を生み出した映画監督<デヴィッド・リンチ>の評伝『デイヴィッド・リンチ 幻想と混沌の美を求めて』(3520円)が、2024年2月23日にフィルムアート社から発売されています。
 
映画『イレイザーヘッド』(1977年)・『エレファント・マン』(1980年)・『デューン/砂の惑星』(1984年)・『ブルーベルベット』(1986年)・『ワイルド・アット・ハート』(1990年)・『ロスト・ハイウェイ』(1997年)・『マルホランド・ドライブ』(2001年)・『インランド・エンパイア』(2006年)やテレビシリーズ『ツイン・ピークス』(1990年~1991年)・『ツイン・ピークス The Return』などで観る者を魅了し、挑発してきた<デヴィッド・リンチ>です。本書は〈リンチアン(Lynchian)”を理解するための探究書です。
 
〈リンチアン〉とは「リンチの映画ならではのスタイル、感覚、雰囲気、物語の語り口、登場人物のタイプ、ジャンルのアレンジ、話し方、風景、街、ユーモアとホラーの融合、現実というベールの向こう側への旅、心の奥底にある欲望の考察、リンチが故郷と呼ぶ国の奥深くへの探検」を意味する言葉です。
 
本書では<デヴィッド・リンチ>の長編映画10本とテレビシリーズ2本を詳しく解説し、貴重な場面写真やオフショットとともに〈リンチアン〉の謎に迫ります。
#ブログ #単行本 #映画 #映画監督 #読書

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Happy
Sad
Surprise