Search Bloguru posts

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://en.bloguru.com/falcon
  • Hashtag "#テレビ番組" returned 2057 results.

『四十四にして死屍死す』@ABCテレビ

thread
『四十四にして死屍死す』@AB...
本日深夜<1:34>より「ABCテレビ」にて、2023年香港製作の『原題:死屍死時四十四』が、邦題『四十四にして死屍死す』として、2023年3月15日より「第18回大阪アジアン映画祭」にて公開されました作品の放送があります。
 
義母の住む高層マンションで、妻と娘、義兄と暮らす「ミン」は、ある夜、玄関先で裸の男性の死体を発見し、家族と大騒動になります。自分たちの部屋が〈事故物件〉となり、資産価値が暴落することを恐れ、義母の号令のもと死体を隣人の玄関先に移します。
 
やがて同じ階に住む、余生を静かに過ごす老夫妻、禁止された犬を飼う女性とそのメイド、怒りっぽい父親と気難しい息子が、次々とこの騒動に巻き込まれていくのでした。熱血警備員と監視カメラの目をかいくぐり、彼らは死体を運び出すことができるのか。そして死体はどこからやってきたのか?
 
<テレサ・モー>、<ロナルド・チェン>、<ウォン・ヤウナム>、<ジェニファー・ユー>、<イーダン・ルイ>、<ヨン・ワイルン>が出演、監督は< ホー・チェクティン>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画 #香港映画

People Who Wowed This Post

『アラジン』@金曜ロードショー

thread
『アラジン』@金曜ロードショー
今夜<21:00>より「日本テレビ系」の『金曜ロードショー』にて、2019年アメリカ製作の『原題:Aladdin』が、邦題『アラジン』として、2019年6月7日より劇場公開されました作品の放送があります。
 
『アラビアン・ナイト』の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズの<ガイ・リッチー>が監督を務めディズニーが実写映画しました。
 
生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年「アラジン」と、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女「ジャスミン」でした。2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始めます。そして「アラジン」は、邪悪な大臣「ジャファー」の甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けます。
 
「アラジン」に<メナ・マスード>、「ジーニー」に<ウィル・スミス>、「ジャスミン」に<ナオミ・スコット>、「ジャファー」に<マーワン・ケンザリ>、「サルタン」に<ナヴィド・ネガーバン>、「ダリア」に<ナシム・ペドラド>、「アンダース王子
」に<ビリー・マグヌッセン>ほかが出演しています。
 
アカデミー主題歌賞を受賞した<アラン・メンケン>作曲、><ティム・ライス>作詞の『ホール・ニュー・ワールド』などおなじみの楽曲も流れるほか、『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の<ベンジ・パセック>&<ジャスティン・ポール>が手がけた新曲も物語を彩ります。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『抜き打ち二丁拳銃』@NHK-BS

thread
『抜き打ち二丁拳銃』@NHK-...
本日<13:00>より「NHK-BS」にて、1952年アメリカ製作の『原題:The Duel at Silver Creek』が、邦題『抜き打ち二丁拳銃』として1959年11月3日より公開されました作品の放送があります。
 
金の採掘場を荒らすギャングによって父親を殺された「ルーク」は仇を討つために町へ行きます。拳銃とポーカーの名人として〈シルバー・キッド〉と異名を持つ彼は保安官「タイロン」の助手となり、捜査を続けます。そしてついに強盗団の首領の正体が明らかになります。
 
「ルーク」に<オーディ・マーフィ>、「タイロン」に<スティーブン・マクナリー>、「ダスティ」に<スーザン・キャボット>、「オパル」に<フェイス・ドマーグ>ほかが出演、監督は<ドン・シーゲル>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

<福山雅治>『沈黙のパレード』@フジテレビ系

thread
<福山雅治>『沈黙のパレード』...
<福山雅治>が主演を務めたフジテレビ系の「ガリレオ」シリーズ劇場版3作目『沈黙のパレード』が、フジテレビ系で3月30日21時から地上波初放送されます。
 
<東野圭吾>原作の『沈黙のパレード』は、<福山雅治>演じる天才物理学者「湯川学」が未解決事件を科学的検証と推理で解決していく「ガリレオ」シリーズです。『沈黙のパレード』では秋祭りのパレード中に発生した怪死事件の謎に迫ります。
 
刑事「内海薫」役の<柴咲コウ>は『容疑者Xの献身』以来、14年ぶりに劇場版へ復帰を果たしています。
 
<北村一輝>、<飯尾和樹>、<戸田菜穂>、、田口浩正>、<酒向芳>、<岡山天音>、<村上淳>、<吉田羊>、<檀れい>、<椎名桔平>、<川床明日香>、<出口夏希>がキャストに名を連ね、監督は<西谷弘>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『007/リビング・デイライツ』@BS日テレ

thread
『007/リビング・デイライツ...
今夜<21:00>より「BS日テレ」にて、1987年イギリス製作の『原題:The Living Daylights』が、邦題『007/リビング・デイライツ』として1987年12月12日より公開されました作品の放送があります。
 
英国情報員「ジェームズ・ボンド」の活躍を描くシリーズ第15作目として、また、シリーズ誕生25周年の記念作品でもあり、<ティモシー・ダルトン>が4代目「ジェームズ・ボンド」を演じる最初の作品です。
 
東西冷戦時代を背景に、MI6(英国秘密情報部)のスパイ暗殺事件を追う「ボンド」が、ソ連KGB(国家保安委員会)や武器密売人が絡んだ陰謀に挑んでいきます。 ソ連高官の「コスコフ」が亡命を希望してきます。護衛についた「ボンド」は、KGBの殺し屋の手から「コスコフ」を守ります。そして、「コスコフ」の情報から、KGBによるスパイ暗殺計画が告げられます。国際的武器商人の陰謀と闘う「ボンド」の活躍を描いています。
 
「ジェームズ・ボンド」に<ティモシー・ダルトン>、「カーラ・ミロヴィ」に<マリアム・ダボ>、「ゲオルギ・コスコフ」に<ジェローン・クラッベ>、「ブラッド・ウィティカー」に<ジョー・ドン・ベイカー>、「フィリックス・ライター」に<ジョン・テリー>、「Ⅿ」に<ロバート・ブラウン>、「Q」に<デスモンド・リュウェリン>、「レオニード・プーシキン」に<ジョン・リス=デイヴィス>ほかが出演、監督は、第14作目の『007/美しき獲物たち』に続き<ジョン・グレン>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『敦煌』@NHK-BS

thread
『敦煌』@NHK-BS
本日<13:00>より「NHK-BS」にて、<井上靖>原作の同名小説『敦煌』(1959年11月・講談社)を映画化、1988年6月25日より劇場公開されました『敦煌』の放送があります。
 
1989年・第12回日本アカデミー賞にて、〈最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞 - 西田敏行・最優秀撮影賞・最優秀照明賞・最優秀美術賞・最優秀録音賞〉の7勝を受賞、また、第90回キネマ旬報ベストテンにて新人女優賞 < 中川安奈>が受賞しています。

 戦乱の混乱期にありました11世紀のシルクロードを舞台に、新興国・西夏に魅せられてシルクロードに旅立つ若者「趙行徳」と、侵略が繰り返される砂漠に生きる人々の姿を描いています。
 
スタッフやキャストの交代劇、中国ロケの了承を取りつける難しさなどがあり、完成には25年が費された。それだけにでき上がった作品は、のべ10万人のエキストラ、4万頭の馬によるロケーションのスペクタクル大作となっています。
 
「朱王礼」に<西田敏行>、「趙行徳」に<佐藤浩市>、「李元昊」に<渡瀬恒彦>、「呂志敏」に<柄本明>、「曹延恵」に<田村高廣>、「ツルピア王女」に<中川安奈>、「西夏の女」に<三田佳子>、「没蔵嗣文」に<蜷川幸雄>、「絵師」に<加藤和夫>ほかが出演、監督は<佐藤純彌>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『現代やくざ 与太者の掟』@BS12トゥエルビ

thread
『現代やくざ 与太者の掟』@B...
今夜<20:00>より「BS12トゥエルビ」にて、1969年2月1日に公開されました<菅原文太>の東映移籍後初主演作品で「現代やくざシリーズ」の第1作である『現代やくざ 与太者の掟』の放送があります。
 
府中刑務所を出た「勝又五郎」は、持ち金をスラれて困っているところを荒尾組の「福地」に救われます。折りしも荒尾組は、新宿を仕切る岩上一家の縄張りを狙い、「福地」は「岩上」を殺すよう命ぜられます。「五郎」は、「福地」と男と男の契りを交し二人で「岩上」を刺します。
 
「五郎」は荒尾の組の縄張で、客を集め競馬の賭けをやったことで、荒尾組幹部の「拝島」を怒らせ五十万円を要求され、金策に困る「五郎」をみかねて金を用意したのは「福地」でした。やがて「五郎」は、手形のパクリを企てます。東京金属化学に目をつけた「五郎」は、三千万円の取引を承知させると、関東銀行の支店長の友人と偽り、手形を受取ります。
 
すべてを見抜いていた荒尾組は、手形の処分を任せるよう迫り、指定された場所に出向いた「五郎」は、荒尾組に襲われ、ドスを奪った「五郎」は、手形横どりを企む「荒尾」と対決しますが、「福地」が「五郎」の前に立ちはだかります。
 
「勝又五郎」に<菅原文太>、「福地鉄男」に<待田京介>、「石井直吉(刺青師)」に<志村喬>、「樋口道子(パチンコ屋の店員)」に<田村奈巳>、「江夏加奈子(福地の恋人)」に<橘ますみ>、「ヤッパの政」に<山城新伍>、「五代竜三」に<若山富三郎>ほかが出演、監督は<降旗康男>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『日本侠客伝 白刃の盃』@BS12トゥエルビ

thread
『日本侠客伝 白刃の盃』@BS...
今夜<18:00>より「BS12トゥエルビ」にて、「日本侠客伝」シリーズ第6作目として1967年1月28日より劇場公開されました『日本侠客伝 白刃の盃』の放送があります。
 
千葉銚子の博徒外川一家は、親分の死後解散、若親分を助けて運送業を開き順調に繁盛していましたが、元幹部であった「根占」が、新たに根占運送業を起し、外川運送と事あるごとに衝突を繰り返していました。
 
そんな銚子港に、ある日ぶらりと「大多喜俊二」が、流れてきます。どうしても船に乗りたくて東京から飛んできたのですが、保証人もない彼をどこの網元も雇ってくれません。この「大多喜」を拾ったのが「外川」でした。外川運送の仲間はみな好漢揃い、組のために罪を負って刑に服している代貸「江夏」と妻「澄江」の夫婦に義理立てする美しい人情を持っていました。
 
それに半して、根占運送の遣り方は卑怯で悪辣です。「根占」は合併という口実で外川運送を乗っ取ろうと企み、強引に仲買人組合長を買収して運送業を独占しようと直接行動に出ます。さらに「根占」は出所間近の代貸江夏の妻「澄江」を酒の勢いで犯してしまいます。やがて「江夏」が出所、手厚く家に迎えた夜に「澄江」は自殺を遂げます。
 
「大多喜俊二」に<高倉健>、「外川正一郎」に<菅原謙二>、「外川頼子」に<三島ゆり子>、「根占撥一」に<天津敏>、「大林弓子」に<富士純子>、「江夏澄江」に<松尾嘉代>、「江夏一男」に<小池修一>ほかが出演、監督は<マキノ雅弘>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『ザ・ファーム 法律事務所』@NHK-BS

thread
『ザ・ファーム 法律事務所』@...
本日<13:00>より「NHK-BS」にて、<ジョン・グリシャム>の小説『法律事務所(英語版)』(日本語版は小学館刊行、白石朗訳)を映画化した1993年アメリカ製作の『原題:The Firm』が、邦題『ザ・ファーム 法律事務所』として1993年7月24日より公開されました作品の放送があります。
 
ハーバード大学を優秀な成績で卒業した苦学生「ミッチ」は、テネシー州メンフィスの税務方面を得意とする法律事務所から初年俸8万ドル+ボーナスの給料や、手厚い福利厚生などの破格の条件を提示され、大喜びで就職する「ミッチ」でしたが、この事務所には謎の死を遂げた4人の弁護士がいたことが判明します。
 
やがて「ミッチ」は事務所とシカゴ・マフィアの繋がりを知ります。マフィアのボスを相手に、青年の必死の攻勢を描くスリル満点のサスペンス映画です。
 
出演は、主人公「ミッチ・マクディーア」に<トム・クルーズ>、「エイヴァリー・トラー」に<ジーン・ハックマン>、「アビー・マクディーア」に<ジーン・トリプルホーン>、「ウェイン・タランス」に<エド・ハリス>ほかが出演、監督は<シドニー・ポラック>が務めています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『ブルーサンダー』@テレビ大阪

thread
『ブルーサンダー』@テレビ大阪
本日深夜<1:45>より「テレビ大阪」にて、1983年アメリカ製作の『原題:Blue Thunder』が、邦題『ブルーサンダー』として1983年10月1日より公開されました作品の放送があります。
 
ロス市警に勤めるヘリ・パイロット「フランク・マーフィー」は、新開発された攻撃ヘリコプター「ブルーサンダー」の運用試験を担当します。その際偶然連邦政府と軍による陰謀を知り、追われる身になってしまいます。「フランク・マーフィー」は真実を明らかにするため、「ブルーサンダー」を強奪し激しい空中戦を展開することになります。
 
映画の撮影は警察立ち会いのもと実際にロス上空で行われ、大迫力の映像を収めることに成功しています。
 
出演は「フランク・マーフィー」役に<ロイ・シャイダー>、「ジャック・ブラドック警部」役に<ウォーレン・オーツ>、「ケイト」役に<キャンディ・クラーク>、「コクラン大佐」役に<マルコム・マクダウェル>、「リチャード・ライマングッド」役に<ダニエル・スターン>ほかが名を連ね、『ドラキュラ』」(1979年)のジョン・バダムが監督を務めています。
 
なお、この作品は撮影後の(1982年4月3日)に亡くなった<ウォーレン・オーツ>に捧げられ、「ウオーレンオーツに捧ぐ」という献辞文がテロップされています。
#テレビ番組 #ブログ #映画

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Happy
Sad
Surprise