Search Bloguru posts

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://en.bloguru.com/falcon
  • Hashtag "#映画" returned 2630 results.

<ポスター>(107)『モンスターハンター』@<ポール・W・S・アンダーソン>監督

thread
<ポスター>(107)『モンス...
<ポール・W・S・アンダーソン>が監督を務め公開延期となっていました 『モンスターハンター』 が、3月26日より全国で公開されるのに伴い、新たなポスタービジュアルが解禁されています。

ポスターには、監督の妻(2009年~)である<ミラ・ジョヴォヴィッチ>(45)演じる「アルテミス」をはじめ、<トニー・ジャー>、<ティップ“T.I.”ハリス>、<ミーガン・グッド>、<山崎紘菜>(26)扮する受付嬢のキャラクターが捉えられています。

また<ロン・パールマン>演じる大団長のオトモであり調査団の料理長を務める、片目に傷を負った「アイルー」の姿も。背後にはディアブロス亜種とリオレウスがあしらわれています。

日本語吹替版のキャストは、<本田貴子>、<松坂桃李>、<大塚明夫>、<杉田智和>、<宮野真守>、<井上麻里奈>、<中村悠一>、<花江夏樹>らが声を当てています。
#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

<マリリン・モンロー>の過ごした豪邸(約91億)で売却

thread
<マリリン・モンロー>の過ごし...
<マリリン・モンロー>(1926年6月1日~1962年8月5日)が生前暮らした家が、8800万ドル(約91億)で売却されています。米ロサンゼルスの高級住宅街ホルムビー・ヒルズにある豪邸は、2017年に1億8000万ドル(約187億円)で売りに出されていました、その後1億1500万ドル(約119億円)に値下げ、最終的には半値を切る価格となっています。

トスカーナ様式の豪邸は1935年、建築家<ロバート・D・ファークワー>が、<チャールズ&フローレンス・クイン>夫妻のために設計、その後、20世紀フォックスの共同設立者<ジョセフ・シェンク>(1878年12月25日~1961年10月22日)が購入し、<ジョセフ>と交際していた<マリリン>も住んでいたことで知られています。

9室のベッドルーム、10つの浴槽がある同邸宅はその後、当時俳優として引退間近だった<トニー・カーティス>に<ジョセフ>が売却、さらにパーティーで訪れたポップス・デュオ<シェール>と夫だった<ソニー・ボノ>が夢の家だとして<トニー・カーティスから購入を決めた経緯があります。

ちなみに<シェール>と<ソニー>は破局後、しばらく家の別棟でそれぞれの生活を送るも、その後モナコのビジネスマン、<ガジ・アイタ>に売却しました。
#ブログ #映画 #芸能 #住宅

People Who Wowed This Post

「第44回日本アカデミー賞」特別賞発表@日本アカデミー賞協会

thread
「第44回日本アカデミー賞」特...
日本アカデミー賞協会は20日までに、「第44回日本アカデミー賞」特別賞の受賞者を発表しています。

映画製作の現場を支える職能に従事する人たちの栄誉をたたえる「協会特別賞」には、『里見八犬伝』(1983年・監督: 深作 欣二)、『男たちの大和/YAMATO』(2005年・監督: 佐藤 純彌)など50年以上にわたり塗装・エージングを手掛ける<池端松夫>氏。『機動戦士ガンダム』でブームを巻き起こしたアニメーター<安彦良和>氏。ガンエフェクトの<納富貴久男>氏が選出されました。

永年にわたり顕著な実績をしるした映画人に与えられる「会長功労賞」には、石原プロモーション代表取締役会長<石原まき子>氏、女優の<小山明子>、<吉行和子>、映画カメラマンの<鈴木達夫>氏、<前田米造>氏が選ばれています。

また、故人に対し与えられる「会長特別賞」は<宍戸錠>さん、<大林宣彦>監督、<渡哲也>さん、協会発展に貢献した「協会栄誉賞」は東映の会長<岡田裕介>さんに贈られます。

なお今回の授賞式は、 3月19日(金)に東京・グランドプリンスホテル新高輪 にて開催される予定です。
#ブログ #映画 #芸能 #賞

People Who Wowed This Post

『Kitbag(原題)』@<リドリー・スコット>監督

thread
第92回アカデミー賞主演男優賞... 第92回アカデミー賞主演男優賞・受賞式の<ホアキン・フェニックス>
<リドリー・スコット>監督がフランスの皇帝<ナポレオン・ボナパルト>を題材にする伝記映画『Kitbag(原題)』を、米Appleが獲得したと報じられています。2022年上半期にイギリスでクランクインする予定です。


『Kitbag(原題)』は、『ゲティ家の身代金』(2017年・監督: リドリー・スコット)の<デビッド・スカルパ>が執筆し、<リドリー・スコット>監督の製作会社「スコット・フリー」がプロデュースする意欲作です。

2020年秋、「スコット・フリー」はファーストルック契約を結ぶ20世紀スタジオに同企画を持ちかけたものの、「ディズニー」傘下となった同スタジオが契約しなかったことから、他社との交渉を開始しました。そんななか、「スコット・フリー」がテレビコンテンツのファーストルック契約を結ぶ米Appleの映像製作会社「アップル・スタジオ」が獲得に動きました。Apple TV+のオリジナル映画として製作されることになります。

「ナポレオン」役は、第73回アカデミー賞および第58回ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞した<リドリー・スコット>監督の2000年の映画『グラディエーター』にローマ皇帝「コモドゥス」役で出演し、 『ジョーカー』 (2019年・監督: トッド・フィリップス)で第92回アカデミー主演男優賞を受賞した<ホアキン・フェニックス>(46)が演じます。

<リドリー・スコット>監督は、「ホアキンのようにナポレオンを体現できる俳優は他にいません。彼は『グラディエーター』において映画史上もっとも複雑な皇帝のひとりを作り上げましたが、この作品でまた別の皇帝を築きあげてくれるでしょう」と期待を寄せています。
#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『どん底作家の人生に幸あれ!』@<アーマンド・イアヌッチ>監督

thread
『どん底作家の人生に幸あれ!』...
『スターリンの葬送狂騒曲』(2017年)の<アーマンド・イアヌッチ>監督が、イギリスの文豪<チャールズ・ディケンズ>の代表作『デイヴィッド・コパフィールド』を、2019年イギリス・アメリカ合作として映画化された『原題:The Personal History of David Copperfield』が、邦題『どん底作家の人生に幸あれ!』として、2021年1月22日に全国で公開されます。

「デイヴィッド」は幼い頃、周囲の変わり者たちについて書き留めては空想して楽しんでいました。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らす「デイヴィッド」でしたが、暴力的な継父によって工場へ売り飛ばされてしまいます。

どん底の日々の中でたくましく成長した「デイヴィッド」は、母の死をきっかけに工場から脱走。唯一の肉親である裕福な伯母の助けで上流階級の名門校に通い始め、今まで体験した〈作り話〉を同級生に披露して人気者となります。

卒業後は法律事務所で働き、恋人もできてついに幸せを手に入れたかに見えたのですが。

『LION ライオン 25年目のただいま』(2016年・監督: ガース・デイビス)の<デブ・パテル>が主演を務め、『サスペリア』(1977年・監督: ダリオ・アルジェント)の<ティルダ・スウィントン>、『007』シリーズの<ベン・ウィショー>が共演しています。
#ブログ #映画

People Who Wowed This Post

『16ブロック』<リチャード・ドナー>監督@BS-TBS

thread
『16ブロック』<リチャード・...
今夜「BS-TBS]にて21:00より、日本で2006年10月14日公開されました『16ブロック』が放映されます。

『リーサル・ウェポン』の<リチャード・ドナー>監督と『ダイ・ハード』の<ブルース・ウィリス>というアクション映画の人気者2人が初のタッグを組んだ刑事アクションです。

ニューヨーク市警の落ちこぼれ刑事「ジャック」は、ある朝突然、裁判所への証人護送の任務を押しつけられます。護送の距離はわずか16ブロック(区画)でしたたが、護送中に何者かによって襲撃されてしまいます。

共演は『コンタクト』の<デビッド・モース>に、ラッパーの<モス・デフ>が出演しています。
#ブログ #映画 #テレビ番組

People Who Wowed This Post

『MISS ミス・フランスになりたい!』@<ルーベン・アウヴェス>監督

thread
『MISS ミス・フランスにな...
フランス映画『MISS ミス・フランスになりたい!』が2021年2月26日より全国で公開されますが、予告編が解禁されています。

本作は「ミス・フランスになること」が幼い頃の夢だった「アレックス」が、男性であることを隠してミスコンテストに臨むさまを描く物語です。

フランスのユニセックスモデルである<アレクサンドル・ヴェテール>が「アレックス」役で長編映画初主演を飾り、<イザベル・ナンティ>、<パスカル・アルビロ>、<ステフィ・セルマ>がキャストに名を連ねています。俳優としても活躍する<ルーベン・アウヴェス>が監督、原案、共同脚本を担当しています。

予告編は、幼い頃の「アレックス」がクラスメイトの前でミス・フランスになる夢を明かす場面からスタート。その後、成長した「アレックス」が本気で夢を叶えようと決意するさまや、ウォーキングやテーブルマナーなどハードなレッスンに挑む様子が映し出されています。
#ブログ #映画 #フランス

People Who Wowed This Post

『いつか、どこかで』@<リム・カーワイ>監督

thread
『いつか、どこかで』@<リム・...
大阪を舞台に描いた「新世界の夜明け」に始まる大阪3部作や、香港を舞台にした『マジック&ロス』(2011年)など国境を越えて多国籍・多言語の映画製作を続けるマレーシア出身の映画監督<リム・カーワイ>が、バルカン半島の各国で撮影した2019年制作のセルビア・クロアチア・モンテネグロ・マカオ・日本・マレーシア合作『原題:Somewhen, Somewhere』が、邦題『いつか、どこかで』として、2021年1月23日より公開されます。

クロアチア、セルビア、モンテネグロを旅をするアジア人女性の姿を通し、バルカン半島の複雑な歴史に翻弄されながらも前向きに普通の生活を送る人々や、世界の置かれた現状を浮き上がらせます。

マカオ人女性の「アデラ」(アデラ・ソー)は、愛する人との思い出の品物を展示する「別れの博物館」を訪れるため、クロアチアへ向かいます。そこには彼女が寄贈した、いまは亡き恋人の残した携帯電話が展示されています。その後、SNSを通じて知り合ったセルビア人の「アレックス」に会うため、セルビアの首都ベオグラードへ向かった「アデラ」でしたが、「アレックス」は姿を見せません。

「アレックス」の到着を待つ間、「アデラ」は見知らぬ土地でのささやかな冒険を重ね、自分の国とは異なる歴史や文化の中で暮らす人々との出会いを通し、新たな自分を発見する「アデラ」でした。そして、ようやく現れた「アレックス」から予想外の言葉を投げかけられますが、その後も彼女のバルカン半島の旅は続いていくのでした。
#ブログ #映画 #マレーシア

People Who Wowed This Post

『アーカイヴ』@<ギャビン・ロザリー>監督

thread
『アーカイヴ』@<ギャビン・ロ...
『ダイバージェント』シリーズの<テオ・ジェームズ>が主演を務めたSFスリラー『アーカイヴ』が2021年1月22日より全国で公開されます。

ロボット工学者「ジョージ・アルモア」は、日本の山奥にある施設で人型アンドロイドの開発を進めていました。会社からは成果をあげていないと不評でしたが、実は亡き妻「ジュール」を甦らせるための研究を続けていました。

「アーカイヴ」というシステムを通じて彼女と交流する「ジュール」は、そこから違法にデータを取り出し、「J1」、「J2」とバージョンアップしたアンドロイドを開発。そしてついに、まるで本物の「ジュール」のような「J3」の完成が目前となりますが、そんな矢先、「J2」が予想外の行動をとり始め、さらに施設が外部の何者かに見つかってしまいます。

共演は『ニンフォマニアック』(2013年・監督: ラース・フォン・トリアー)の<ステイシー・マーティン>、『アンダーワールド ビギンズ』(2009年・監督: パトリック・タトポロス)の<ローナ・ミトラ>、『裏切りのサーカス』(2011年・監督: トーマス・アルフレッドソン)の<トビー・ジョーンズ>。監督は、<ギャビン・ロザリー>が務めています。
#ブログ #映画 #イギリス

People Who Wowed This Post

『出櫃(カミングアウト)中国LGBTの叫び』@<房満満>監督

thread
『出櫃(カミングアウト)中国L...
約7000万人とも推定される中国の性的マイノリティの人々を題材にしたドキュメンタリー『出櫃(カミングアウト)中国LGBTの叫び』が、2021年1月23日より全国で公開されます。

ありのままの自分を受け入れてもらいたいと親と向き合うゲイとレズビアンの若者に密着しています。中国・江蘇省で教員資格の認定試験を控える「谷超(グーチャオ)」は、自身がゲイであることを父親に告白しようと決心します。一方、上海に暮らす「安安(アンアン)」は 19 歳の時に母親にカミングアウトしましたが、受け入れられないまま32歳になりました。今はパートナーの「丹丹(ダンダン)」と暮らしている「安安」は、性的マイノリティを支援するボランティアの助けを得て、あらためて母親と話し合い、受け入れてもらおうとします。

かつて同性愛は「犯罪」とみなされた社会通念がいまだ根強い中国で、葛藤し、壁を乗り越えようとする親子の関係を追っています。

監督は、ドキュメンタリー 『あこがれの空の下 教科書のない小学校の一年』 (2020年)など、中国出身で留学を機に日本で映像製作の道に進み、テレビドキュメンタリーなどを手がける<房満満>(32)が務めています。
#ブログ #映画 #ドキュメンタリー

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account