Search Bloguru posts

世界のHONDA、私の本田

thread
世界のHONDA、私の本田

【結局、友達こそ本当の財産だなあ。本田宗一郎の言葉】

(1)

苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった。

(2)

人生でも、企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。

(3)

人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。
いるのは弱さに甘んじている人間と、強くなろうと努力している人間だけだ。

(4)

社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。

長というのは組織上の役割を示すためのものであって、決してその人物の偉さを表すものではない。

(5)

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。

その代わり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。

自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。

(6)

私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることにある。仕事は全部失敗の連続である。

(7)

実を言うと、社長をやっていた時は金儲けが財産だと思っていたけど、結局、友達こそ本当の財産だなあ。

(8)

大いなる若気の至りが個性の芽を育てる。

(9)

新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。

(10)

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。

▼▼▼つづきはコチラ▼▼▼

http://kokoro-movie.com/2018/05/04/post-18564/
#ビジネス

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Commenting on this post has been disabled.