Search Bloguru posts

“玉串奉奠(たまぐしほうてん)!!”《襍感・/・画録‘18-2》

thread
森戸大明神前海岸の「千貫松」 ... 森戸大明神前海岸の「千貫松」
明日が、婚姻の儀。祝い・目出度い。
潮来で行われている、嫁入り風景... 潮来で行われている、嫁入り風景(借り物画像)。
嫁入り道具の入った、桐衣装箱。とってに棒を指し二人で担いだ。
こんな嫁入り、是非に行って欲しく感じる。

《時節感慨・・呟記・・》
ジューンブライド・・・June bride、こんな言葉、最近、耳にしない(僕が聞かないだけかも)。
「6月の花嫁」、日本では梅雨時と重なり、当事者としては、少々頭が痛いのではないか!?!
初めて西欧を見分した時、結構この時期に結婚式を挙げる西欧の人々を見かけた。
西欧の故事に「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えが在る。
又、古くは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が「禁」だったとも聞いたことがある。
西欧を見聞して、日本の梅雨時期にジューンブライド感覚!?!は不似合いとおもう。

生活環境の鎌倉は、神社仏閣が多い所、我が家も仏教寺院の檀家だ。
今の鎌倉は、鎌倉時代の要所跡の殆どが現在基督教関係の施設になっている。
「黒船来航」以来、三浦半島は宗教的にも基督教とは関係が在るのかもしれないが、
でもねぇ~~~~!!日本人の多くは、仏教・神道の徒が多いのではないか。
事、結婚式となると海外で・・・ハワイ等、異国で結婚式を行う人が多くいる。
個々人の信仰と挙式スタイルは、日本人にとっては余り関係しないことのようだ。
結婚式場と言う仕事自体、日本独特の形式に思える。式自体が「宴」で信仰とは別。
この半世紀余りでも、古来からの神前式挙式は、形骸化されつつあるように観える。
和装、親族しか列席しない神殿・神前式挙式。他方、式典と披露宴が一体化する合理的結婚式。
結婚式場・ホテル等で形ばかりの結婚式・・披露宴。伝統様式は、形骸化されつつある。

日本の結婚式は、「家」という伝統を重んじる挙式で各地に独特の風習があった。
その伝統を紹介する観光もある(上画像)。良いとは思うが、文化風習として残って欲しいものだ。
ぼくが育った鎌倉周辺では、新郎の自宅に身内が集まり、床の間に祭られた神様の前で儀式が行われた。
現在の様な神殿神式結婚式は、1900(明治33)年に行われた大正天皇のご成婚が最初と聞いている。
一般に広まったのは第二次世界大戦後のことらしい。
神前式では三三九度や玉串奉奠(ほうてん)など独特の所作がある。式の流は、厳かで趣あるものだ。
参進の儀(さんしんのぎ)、修祓(しゅうばつ)、祝詞奏上(のりとそうじょう)、誓盃の儀(せいはいのぎ)、
神楽奉納(かぐらほうのう)、誓詞奏上(せいしそうじょう)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)、
親族杯の儀(しんぞくはいのぎ)等々、家と家のつながりが見て取れて「和」を意識できるものである。
着物姿での結婚式は、爺になって参列してみると日本人を実感できる日本の古き良き結婚式と思うのだ。
白無垢・・唐織、刺しゅう柄など色々ある白無垢。伝統的な綿帽子を合わせる白無垢はいいね。
黒引き振り袖、花嫁衣裳としておめでたい松竹梅や鶴柄、文金高島田に角隠しなんて楽しい。
家紋は、洋の東西を問わずある。紋付きとはよくいったものだ。
和服は、立ち直せば、代々受け継げるものだ。
男の和装(紋服)、黒羽二重の羽織に、黒もしくは茶色のしま柄の袴を合わせる正装は身が引き締まる。
礼装の和服文化は、せめても将来に引き継がれてほしいものだ。
神殿で神主・巫女さんで式次を行うのではなく、家と家、そして仲人の証人をえてこじんまり行う。
こんな結婚式は、ご近所さんも協力しての地域社会のよき習わしであったと思う。

生粋の鎌倉っ子のお嬢さんが、結婚すると。。。何とも喜ばしい。それも観光的鎌倉を避けて式をあげると。
皇室の御用邸がある葉山の森戸大明神で式を執り行うのだと。この神社は、源頼朝の創建した神社。
静かな葉山森戸の海沿いの少し海に突き出た部分にあり、静かで抜群の眺望と雰囲気ある所。
風光明媚な景勝地、鎌倉幕府の重要な戦略地でもあった。
鎌倉幕府の公式記録『吾妻鏡』にも、流鏑馬(やぶさめ)、笠懸(かさがけ)、相撲(すもう)が、
杜戸(森戸)において盛んに催されたと記されている。この地は、鎌倉幕府の重要御家人であった、
三浦一族が支配しており、その足跡の一つに森戸一帯は三浦義明の六男、森戸重行が治めていた。
森戸大明神本殿左手にある広場辺りに源頼朝の別邸があったといわれている。
森戸大明神まえの杜戸(森戸)の浜は、三浦一族の騎馬練習場であった由。
森戸大明神本殿右手から裏に回ると千貫松と呼ばれているところがある。
千貫松は、1181年(養和元年)6月、源頼朝が三浦一族の居城であった衣笠城に向かう途中、
杜戸(森戸)で休憩した。その時岩上の松をみて「如何にも珍しい松」とほめたところ、
出迎えた和田義盛が「千貫の価値ありとて、千貫松と呼びて候」と答えたという伝説の松。
海上には森戸神社の鳥居がみえ、鳥居の立っている小さな島を名島という。
往古は、岩場でつながっていたと言われている。

由緒ある森戸の風情の中で悪友のお嬢さんが、森戸大明神で結婚式を挙げる。
相模湾越しに見ゆる富士山、千貫松との景観は、最良のお祝いと思い載せてみた。
源頼朝が鎌倉を見定めたという旗立山(鐙摺城址)下にある日影茶屋での会食。
鎌倉っ子にして最良の式典場所とおもえる。お幸せにと・・・対岸の稲村ヶ崎より頭を垂れたい。

森戸大明神。。。石原裕次郎(こんな故人も忘れ去られた存在??)。
名島の向こうに見えるのが裕次郎灯台。僕等の青春時代、楽しい思い出の場所。
森戸大明神境内にある「マルチーノ公使 ベルツ博士記念碑」。
マルチーノ公使 ベルツ博士が、保養地として最適と皇室に進言した。
1894年(明治27年)に葉山御用邸が造営された。
詩人、歌人であるフランス文学者、堀口大學氏の歌碑。「花はいろ 人はこころ」と刻まれている。
堀口氏は1950年(昭和25年)から1981年(昭和56年)まで終生を葉山に住んでいた。
今や世界的企業に上り詰めた「味の素」は、ここ葉山で産声を上げた。
葉山・・近くの秋谷、学生時代の思い出ある心の故郷的地でもある。





#ブログ

People Who Wowed This Post

“華・・・満開!!”《襍感・/・画録‘18-1》

thread
“華・・・満開!!”《襍感・/...

《時節感慨・・呟記・・》
アジサイ(紫陽花)の原種(日本固有種)である萼紫陽花は、自生場所を減らしている。
そんな中で楚々と道路脇に多様に魅せている場所が、伊豆半島に点在している。
関心を以って観察してきたが、今年は訪れていない。相棒が超多忙なのだ。
伊豆半島は、食の宝庫でもあり観光・温泉も多様にあるのだが。。。
東側の相模湾・西側の駿河湾は、共に海洋生物の宝庫で在ることは余り知られていない。
そして、植物の世界でも伊豆半島は貴重な場所で、その一植物が、紫陽花である。
萼紫陽花と山紫陽花が自然交配して生まれたと思しき茎があちこちで見られる。
3日を要せれば、その全容を見ることができるが、開花状況等、観察日時が特定出来ない。
1週間、半島を揺れ動けば好条件な花々にであえるのだが、、、中々時間が取れない。
扨、さて、、、萼紫陽花は、面白く楽しい花だ。一輪で花は沢山見せる。
画像の白い花弁のように見えるのは、萼片が変化した装飾花だ。
真ん中の中央にある小さな花が両性花と呼ばれる本物の花、5~6mmの大きさでしかない。
正しくは「中性花」とよぶらしい。花びらは4枚が多いが、まれに5枚のものもある。

萼片に囲まれた中に沢山の花梗(花の柄)が見られ小さな花が多数見られる。
これを真花と呼んでいる(萼片の中の花も真花)。複雑な構成だが、満開だと小宇宙のようだ。
数年前の今頃出会った紫陽花。「里紫陽花」と呼ばれている種類かも知れない??

#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“艶・・色合い”《襍感・/・点描‘18-35》

thread
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)... ムラサキクンシラン(紫君子蘭) ヒガンバナ科(Amaryllidaceae)
学名:Agapanthus africanus (L.) Hoffmanns.
別名:アガパンサス

《時節感慨・・呟記・・》
ムラサキクンシラン(紫君子蘭);
高貴な風合を漂わせる花だが、和名は余り出てこない。アガパンサスが、一般的か。
ムラサキクンシランは、ギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)「愛の花」という意味。
明治時代に観賞用として渡来したと言われ、多くの園芸品種がある。
畑の横や、道端にも生えられているものが見られ、大きいため初夏に目立つ。
根茎はサトイモのように肥大する。葉は長さ10~35㎝、幅1~2㎝。
花茎の先の散形花序に20~30個の花をつける。花冠は直径2.5~5㎝の漏斗形、先が6深裂する。
花色は青、紫、白。果実は3室のある蒴果、秋に熟し、種子には翼がある。
多くの資料では、以上のように解説されている。
画像のように蕾みの方がより妖艶に映るって感じるは、個人の感性か。
今の時代では、生活地のあちこちで普通に見られるようになった。
あまりにも普通過ぎて道端で1~2茎あっても止まって迄みないだろう。
だが近寄って覗くと・・・ゾクゾクって感じる程に艶っぽい。

*    *    *    *    *

大阪北部地震、地震エリアにお住まいのブログルの皆さん、お見舞い申し上げます。

扨、さて、、、
先般、米朝首脳会談が実現した。報道機関は、こぞってトランプ大統領言動に批判的だ。
そこで思うのだが、我々日本人は、ことさら冷静に・・冷淡に眺め対応しないといけない。
小泉訪朝の轍を踏んではいけないって、一歩さがってより慎重に受け止めるべきだろう。
国会を眺めると、未だに「モリカケ問題」に終始しているではないか。
安倍晋三首相と全閣僚が出席して開かれた18日の参院決算委員会、
国民民主党を始めとする一部野党は相変わらず「モリカケ問題」に質問時間を費やした。
一体野党の面々は、国際情勢を如何にかんがえておられるのだろう??
そんな中で、立憲民主党の風間直樹氏が、日本人拉致問題や日朝首脳会談、北朝鮮問題を質問した。
新潟選挙区選出議員が、ここに至って「モリカケ問題」だとしたら顰蹙ものである。
日朝首脳会談が在るかもしれない!!今こそ国民総意で拉致被害者全員帰国を。。。。
否、拉致の全容を日本人によって検証できる体制を構築できるようにすべき時だ。
メディアは、何故におとなしくしているのか??世論を喚起すべきではないか!?!
NHK取材陣が、米朝首脳会談プレスセンターに多数派遣され、経費も贅沢に使ったようだ。
それなのに報道されたものは、おざなりのものでしかなかった。
NHKの存在も民営化したらどうか、国営的に対処するなら国民に多くを真摯に報告すべきだ。
時間は止まってくれない。野党・マスメディアが、拉致問題に大声を挙げないのは何故??
とどの詰まり、憲法問題に及ぶのがいやなだけなのか。
法治国家、人権尊重等々を語っておられる国会議員諸氏が、拉致を許すのか、と問いたい。


#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“水滴の艶”《襍感・/・点描‘18-34》

thread
アジサイ(紫陽花)   アジサ... アジサイ(紫陽花)   アジサイ科(Hydrangeaceae)
英名; Hydrangea(ヒドランゲア)
学名; Hydrangea macrophylla (Thunberg) Seringe
Hydrangea macrophylla (Thunberg) Seringe form. macrophylla 
別名;ホンアジサイ
上画像「手鞠蝦夷紫陽花」

《時節感慨・・呟記・・》
アジサイ(紫陽花);ラテン語読みヒドランゲア・マクロフィラ。
ホンアジサイとも呼ばれるあじさいは、日本暖帯に広く自生分布する日本固有種である。
日本原産のものが西欧に渡り、園芸作出され里帰りした手鞠咲き種が、一般的に多く見られていた。
以前は、ユキノシタ科とされていたが、今はアジサイ科と独立している。
アジサイ属は、世界に四十数種あると云われ広い地域に分布している。
花形が特徴的で装飾花を有する品種がほとんどである。
装飾花の花弁のように見えるの部分は、萼片が変化したものである。
一般にアジサイと呼ばれているものは、画像の様に丸い形の花形で花序全体が装飾花のもの。
野生種は、減少の一途だが、園芸品種は増え続けており多彩な色や形のアジサイがある。
日本に自生するガクアジサイ Hydrangea macrophylla form. normalis が原種。
そして古くより日本で栽培されている装飾花だけの花のもの(テマリ咲き)を指す。
(学名;Hydrangea macrophylla form. macrophylla)
これに対しヨーロッパでの改良品種をセイヨウアジサイ form. hortensia と分類する。
Hydrangea macrophyllaは広義にはガクアジサイやセイヨウアジサイや園芸品種を含む栽培種の総称。
中国、ニュージーランド、南アメリカ等で野生化しているものも含めてアジサイと一般的に呼んでいる。
アジサイは広義にはアジサイ属の園芸品種の総称でもある。
ヤマアジサイやアメリカノリノキの園芸品種なども含められ、2000種以上の園芸品種がある。
特にヤマアジサイは、エゾアジサイ、アマチャ、ベニガク、シチダンカなどの変種が多い。
アジサイやコガクウツギなどとの自然交雑種も多い。
最近、ジョウザンアジサイやカラコテンギ等を交配した全く新しいニューアジサイと称する品種もある。
仔細に表記すると;
アジサイ Hydrangea macrophylla は日本に自生するガクアジサイ Hydrangea macrophylla form. normalis
とホンアジサイ Hydrangea macrophylla form. macrophyllaを原種とする栽培種であり、
狭義には古くから日本で栽培されている装飾花だけのホンアジサイを指す。
また、アジサイのヨーロッパでの改良品種をセイヨウアジサイ form. hortensia に分けることもあるが、
セイヨウアジサイの日本での改良種も多く、区分は難しい。
広義にはアジサイ以外のヤマアジサイ、ノリウツギ、アメリカノリノキなども含むアジサイ属の種の総称。
アジサイ分類資料を以前のブログルに書いたことがあった。参照されたいm(._.)m(^з^)。





#植物

People Who Wowed This Post

“植物園の花2018/05/26”《襍感・/・点描‘18-33》

thread
ハナショウブ(花菖蒲) アヤメ... ハナショウブ(花菖蒲) アヤメ科(Iridaceae)
学名:Iris ensata Thunb. var. ensata
Iris ensata Thunb. var. hortensis Makino et Nemoto
「種名; 心の色」

《時節感慨・・呟記・・》
花菖蒲は、ノハナショウブを原種とする栽培種。
江戸時代から生け花や園芸は、庶民まで浸透した日本独特の文化。
日本各地や海外から珍しい花が江戸に集まり、江戸は、園芸都市でもあった。
日本最初の園芸書である『花壇綱目』(水野元勝著)が1681年に発刊されている。
花菖蒲は、江戸を中心に多くの園芸品種が作られてきた。
園芸品種は、地域別に系統分類され、江戸系(東京都)、伊勢系(三重県)、
肥後系(熊本県)、長井古種・長井系(山形県長井市)、外国系に大別される。
他にカキツバタ、キショウブ等の近縁種との雑種(雑種系)と呼ばれるのもある。
観賞用として品種改良が加えられ花種類も豊富で2000種以上あると言われている。
花弁は6枚に見えるが、外側の3枚は萼片、内側に立っている3枚が花弁。八重種もある。
外国系とは、明治期からの米国への輸出で江戸系、肥後系を元に米国で品種改良されたもの。
雑種系は、近縁種との交配種。 愛知の輝(キショウブとハナショウブ)が知られている。
花菖蒲の中に「大船系」と呼ばれているものがある。

*ノハナショウブ《Iris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai》は、湿地に生える。
根茎は古い葉の繊維に覆われ、太く、よく分枝する。
葉は剣状で花は直径約10cm位、赤紫色。外花弁は惰円形、中央部に黄色の斑紋がある。
内花弁は長楕円形で直立する。花柱の上部は3分岐して花弁状、分岐の先は2裂し全縁。
*カキツバタは外花弁片の斑紋が白く、葉の主脈が不明瞭。
*アヤメは外花弁片の斑紋が黄色の網目状。花柱の分岐の先の裂片が鋸歯縁。


*   *   *   *   *

大船フラワーセンターは、この4月にリニューアルされ、日比谷花壇大船フラワーセンターとなった。
管理者が日比谷花壇となったということなのか??神奈川県立フラワーセンター大船植物園名は消えた。
この地は、古く大正11(1922)年、神奈川県の『農事試験場』として開場した由緒ある場所。
大正時代、花菖蒲は海外へ多く輸出されており、新しい品種作出は必然的だったかもしれない。
その任に当たったのが、農業試験場の場長であった宮沢文吾博士であった。
大正4年から9年頃に作出された品種を昭和11年『農事試験場成績 花菖蒲の品種改良成績』と纏めている。
宮澤博士は、主に江戸系を基に改良し新品種を約300種、芍薬も約700種を新出し共に大船系と称される。
そんな由緒ある神奈川県農事試験場跡地を引き継ぎ、昭和37年に植物園として発足し現在に至った。
特に、農事試験場時代に育成された花菖蒲、芍薬、つつじ等を保存育成している。
花菖蒲は、江戸時代から育成されたわが国の伝統的園芸植物で、花の文化財といえるだろう。
花菖蒲を「歴史を感じながら鑑賞する花」と玉川大学農学部教授 田淵俊人農学博士は語っておられる。
「歴史的・文化的・学術的に価値があり、後世に末永く残すべきわが国の文化財的な価値のある品種」
江戸の町民文化を表すのに相応しい品種群-江戸系品種群がそれに当てはまると思う。
大船系品種群は、江戸系を育成交配して出来た貴重な遺伝資源、文化財としての価値があると言われている。
花の姿は、おだやかで、やさしい品種が多く独特の花容から、「大船系」と称し分類している(田淵博士談)。
日本花菖蒲協会の分析によれば現在のセンター菖蒲田で栽培されている品種と、昭和11年の記録と照合して、
同一種として今日まで保存されていると断定している。綿密な研究記録、当に文化財であろう。
5月の終わりに改装された日比谷花壇大船フラワーセンターを訪ねた。目的は、自生あじさい展だったが、、!
展示植物を拝していて思ったは、本当に自生種か??表現的には育成種の方が相応しい気がした。
そして、盆栽的に飾って展示されていた。野種好みからすると、ちょっと違和感があった。
外庭の菖蒲田は、すっきり瀟洒に魅せてくれていた。育成種、それを長いこと保存してきた努力には敬服する。
アジサイの季節、此処の近くの北鎌倉明月院の手鞠ホンアジサイも文化財だと思う。

「日比谷花壇大船フラワーセンター」




#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

“里山の今、2018/06/2”《襍感・/・点描‘18-32》

thread
ウマノスズクサ(馬の鈴草) ウ... ウマノスズクサ(馬の鈴草) ウマノスズクサ科(Aristolochiaceae)
学名:Aristolochia debilis Siebold et Zucc

《時節感慨・・呟記・・》
ウマノスズクサ(馬の鈴草);
変わった名前は、実が馬にかける鈴に似ることから名付けられたと資料にあるが、面白い名前だ。
ウマノスズクサ科は、ランヨウアオイ、タマノカンアオイ等、面白い花がある。
この花は、ジャコウアゲハの食草として知られている在来種である。
土手や畑、林のふちなどで普通にみられ、茎は細くて上部でよく分枝しほかの木や草にからみつく。
葉は、有柄で互生し三角状卵形。基部は心形で両側が耳状に張りだしている。
葉腋にサキソフォンに似た形の花が1個ずつつく。萼筒はゆるく湾曲し、先端は斜めにややそり返る。
昨年は、6月下旬に見れた。今年は、早くも咲いていた。

*   *   *   *   *

先日、「働き方改革法案」が衆院厚生労働委で可決された。
与党と一部野党の議論で修正が加えられての可決だ。
「結論ありきで無理やり法案を通した。」「強行採決」と大々的に一面に掲載した大手新聞社。
国会審議を調べてみると、法案は、維新の会と希望の党が加わって修正がなされていた。
適用は本人同意が必要との従来の内容に加え、新たに離脱規定も設けられていた。
一部(野党の半数以上か)野党が、「過労死促進法案」と叫んでいることに疑問をもった。
テレビもマスコミももっと正確に報道して欲しい。印象操作は、後にバレるのに。。。!


「泉の森2018・06・02」




#植物 #ブログ

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account