Search Bloguru posts

バスケットボールのスーパーヒーロー

thread
バスケットボールのスーパーヒー... バスケットボールのスーパーヒー... バスケットボールのスーパーヒー... バスケットボールのスーパーヒー... バスケットボールのスーパーヒー...



Zion Williamson
ザイオン・ウイリアムソン

息子が夢中になっているバスケットボール界の新星。

先日高校を卒業したばかりの若干18才。

彼のプレイを見ろ、と言うことで強制されて息子の隣に座って何度かビデオ観戦。

確かに他の選手を寄せ付けない飛び抜けた身体能力とシュートの正確さ。

280ポンドもある筋肉で鎧われた巨体で40インチの垂直飛びが出来る。

相手選手のシュートボールをゴールより高くジャンプして自ら手の手でボールを弾く。

プロリーグのNBAには大学に1年間通わなくてはならないと言うルールがあるとのこと。

そこでつい先ごろ、彼はまもなく終える大学1年の後、NBAへ行くことを表明した。

来年の東京オリンピックには米国代表の1人の選手として来る事はほぼ間違いないでしょう。

大相撲でもやっていけそうな体躯を持ちながら、トカゲのような素早さで相手選手をすり抜け、高く舞い上がってのダンクシュート。

子供たちが夢中になるのも無理は無い。

やがて日本でも注目されるでしょう。


#スポーツ

People Who Wowed This Post

「大胆に恵みの御座に近づこう」

thread
「大胆に恵みの御座に近づこう」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージノートです。



「大胆に恵みの御座に近づこう」


ヘブル人への手紙 4章14~16節


"さて、私たちには、もろもろの天を通られた、神の子イエスという偉大な大祭司がおられるのですから、信仰の告白を堅く保とうではありませんか。
私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが、すべての点において、私たちと同じように試みにあわれたのです。
ですから私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、折にかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。"


⑴主イエスを知ろう(14)〜その職能を把握せよ

①「もろもろの天を通られて偉大な大祭司となられた」
かつて大祭司アロンは贖罪の日に会衆の面前でさまざまな仕切りを通り至聖所にまで至った(レビ16:15、17)

②本書が論述している「優れた方」
預言者より
天使より
モーセより
ヨシュアより
アロンより


⑵主イエスとともに(15)〜その方は低いところに降って来られた


①人との自己同一性を開拓された主
完全な人間として肉体、感情を備えられ喜怒哀楽を経験して来られた

②自己同一性が成立して始めて「同情」が可能となる
*イチロー選手の引退。
「アメリカに来て、外国人になったことで、人の心をおもんぱかったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れた」「孤独を感じて苦しんだことは多々ありましたが、その体験は未来の自分にとって大きな支えになると、いまは思います」。

国民栄誉賞授与を3回目にして拒否〜「人生の幕を降ろす時に」


⑶主イエスに近づこう


*新しい元号「令和」時代の華やぎと希望
『初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、〜』(万葉集)との文言から引用。

「この令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。万葉集は1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたい」(安倍首相談話)

新しい時代を感じさせる、希望を見据えた元号改元である。
春という季節や日本古典からの典拠と言う雰囲気に依拠するのではなく、
私たちが希望を失わずに済む確固とした土台があることを知ろう。

①あわれみと恵みとをいただくために

②折にかなった助けを受けるために

③恵みの御座に近づこう



(結論)
私たちの側には俊敏なユダヤ人弁護士(イエス)が常時ついていることを知ろう。この方は、大祭司として私たちのために執り成しをしておられる。

#メッセージ

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account