映像と音声その75(音声データの取り出し)

動画ファイルには通常音声データが含まれます。
そのまま使えば良いのですが、動画データを編集すると、音声が寸断する場合が
多発します。
この場合、音声データを事前に切り出し、音声は音声で編集する方が簡単です。
また、字幕処理も音声データの切り出しと、事前編集をして置かないと工数が増えて
しまいます。

音声の分離には様々な方法がありますが、FREEのAudacityにLIBを追加するのが一番簡単
です。
映像と音声その74 に詳細を記します。


わかお かずまさ
VegaSystems

📷📷📷📷📷📷
#LAN_PRO
#Bloguru
#kuma_ichinomiya
#VegaSystems
#photography_Ichinomiya

#AVIUTL
#DaVinci Resolve
#OBS_Studio
#Audacity


#kuma

People Who Wowed This Post

映像と音声その74(Audacity)

これが3.03以降に関する説明画面
https://lame.buanzo.org/ffmpeg64audacity.php
一番下の赤丸のZipファイルをDLし、解凍しておく
ここでLIBを入れる(画面はすでに入れた状態)
場所を指定をクリックし、解凍フォルダーを指定するが、「OK」が複数あるので迷う。
エラーにならないOKを押して完了
MP4を読み込んでみた
AudacityはFREEとしてはかなり出来がよく、使いやすいAPPです。
私に思い込みがあって、AudacityはMP4などの動画ファイルはそのままでは読み込め無い。
と決め込んでおり、音声データの取り出しには、AviUtlでのWAVの取り出しや、同時
編集ならCubaseと使い分けておりました。

SNSでの投稿でLIBに関する指摘を受け、改めて調べるとLIB次第でMP4などが直読みが
出来る事が判明、早速対応してみました。

所が、FFmpegのLIBがどうしても入りません、直にしてしてもダメ。
こんな時はオリジナルサイトの説明をみます、日本語サイトは「古い」時があるからです。
オリジナルサイトに指摘がありました、Audacityは3.03から64Bitに変わっていました。
※現在は3.13
このため、32bitLIB(dll)は当然受け付けてくれません,WIN-OSの厄介部分です。
改めて64bitのLIBをDLしてOKとなりました。

これで、MP4などを直読み出来るようになりました、この状態で当然MP3などに
書き出せます。
音声編集は動画APPよりやはりこちらが便利です、切り貼りが楽になりました。


わかお かずまさ
VegaSystems

📷📷📷📷📷📷
#LAN_PRO
#Bloguru
#kuma_ichinomiya
#VegaSystems
#photography_Ichinomiya
#AVIUTL
#DaVinci Resolve
#Audacity

#kuma

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account