Search Bloguru posts

詩は元気です ☆ 齋藤純二

https://en.bloguru.com/shoboter99

freespace

⚪︎リンクㅤネット詩誌『MY DEAR』
http://www.poem-mydear.com/

⚪︎MY DEAR 詩の仲間たちツイッター
https://mobile.twitter.com/mydear2000s

“ # ” のついたタイトルはツイッター詩(140文字以内)
毎日ある記念日がテーマになっています

詩は元気です

thread
どんな趣味をおもちですか?

詩です

詩ですか……
詩を書いたり、読んだり

私は詩ってよくわかないのですが……

そうですか
僕もよくはわかりません

それでも詩を?

詩が元気の源ということはわかっています
書けば元気
読めば元気になります

はあ、元気……

僕にとって詩は呼吸です
風が吹いて心地よければ
うれしい

風が吹いて心細ければ
さみしい

そんな思いを表現すれば
感性が呼吸して元気になります

詩人ですね!

詩人ですか
あなたが僕のことを詩人と言うならば
あなたにとって僕は詩人なのでしょう
でも、僕は自分のことを詩人と言いません
そんなことは恥ずかしくて言えません
未熟者ですから

なんだか、あなたは個性的ですね!

そうなんですか
とにかく詩は元気なのです

とにかく詩は元気なのですね!?

そうです、詩はとても元気です
書いた詩が遊びまわり
伝わる思いが膨らんで成長してゆきます
そんな魔法の言葉で綴るのですから
詩は元気そのものです

はあ、そうですか……

そうです

なんだか楽しそうですね、私も詩を書いてみましょうかね!?

そうしてください、今よりもっとあなたは元気になりますから

おや、時間がきましたので、
それではまた詩の話をぜひ聞かせてください

もちろんです、それでは

#詩

People Who Wowed This Post

今日のヒストリー ☆ 八月十四日(日)

thread
本日は、
『蜜柑太郎』の文章形態を詩から小説にかえてアップ。
詩を三編綴りアップ。
その他、詩を二編綴りアップしないで。
アップアップだけれども充実の詩生活でした。
墓参りもしたし。
それでは、明日もアップップ!
と。。。

あれ、明日になってしまったが……
#雑記

People Who Wowed This Post

さよならで始まる家族シアター

thread
私たちの想い出は
ふとㅤ家族シアターで現れるんだよ

結婚式で転けた場面
赤ん坊が泣いて戸惑う場面
子どもをおんぶする場面
賑やかに家族で遊ぶ場面
息子の受験でピリピリする場面
末っ子が卒業する場面
娘の結婚にじわりとくる場面
孫が可愛くてしかたない場面
年老いた夫婦が呟く場面

私たちの記憶は家族の中でやさしく小さくなりながら
やがて静かにㅤ緩やかにㅤ風が止まるように
私たちの時代が眠るのだから大丈夫
恐れることはなにもない

だからもう安心しておやすみ
私もフィルムになる準備はできているから

私が妻の手を握る場面

#詩

People Who Wowed This Post

茄子

thread
A picture is taken in iPad Pro. A picture is taken in iPad Pro.

しゃくれた顔に紫黒の髪
肌はテカテカした
あなたはまだ若い
食べてしまうには
ずいぶんと老いてしまったわたし

恋を夢みる時代には金属の塊が
ゴーゴーと音を立て
わたしたちを暗い場所に追いやった

それでも生きてきた
平和と
容易く消える命と
恋より芋を食べること
わたしの奪われた時間

しゃくれたあなたが育み続け
わたしの手の皺と同じように老けたのなら
晩年の恋をしましょうか

#詩

People Who Wowed This Post

墓の声

thread
太陽が被せた暑さ
ラップされたところにつく
熱い水滴のように
私はここから逃げれない夏

親父の墓参り
お盆だというのにお寺には人気がない

本堂のふすまからは「よう!」って
仏像が手を上げ挨拶するくらい
猛暑による閑散かげんなのか

太陽が真上にある時に手を合わせる私が
世間との時間がズレているのか
たぶん思考行動の脳内時計がイカれている
望んでイカれているのは薄々ㅤ実感あり

ひとがいない静かなところに聴こえる声が
無性に好きだったりする

私だけが聴いている砂利の音
私だけが聴いてる水を垂らす音
ひとがいないと自然とボリュームは上がる

寺の脇にある広げられた墓地の敷地に
親父の墓がぽつんと離れに佇む

引っ越して家を建てたときもそうだった
周りには草が茂る空き地ばかりだった
今では四方ご近所の家に囲まれている
ここもそうなるのだろう

それがなんだか親父らしい
いつの間にか主のように俺が歴史だ
なんて語り出すのだろう
そんなに自己愛もないくせに

俺が亡くなったら適当に散骨してくれ

そういう親父に私は

亡くなった者はいいけど残された者に
手を合わせるという文化の否定しているみたいだな

なんだか嫌味な息子だなと自分で思った
ただㅤ存在した価値を決めるのは残された者で
自分でそれを決めないで欲しかった

あんたは立派だったよ
そう手を合わせる具現物が欲しかった

数ヶ月すると親父は寺に墓を建てていた
敷地を広げられた墓地にぽつんㅤと

おっㅤ来たか
相変わらず時間の使い方が下手だな
暑いから俺のことはいいからすぐ帰れよ

親父らしいなあㅤわかったよㅤありがとう

ひとがいると聴こえない
そんな親父らしい声が聴きたくて
私は太陽に被された中
手を合わせㅤ頭を下げてㅤ汗を垂らした

#詩

People Who Wowed This Post

蜜柑太郎

thread
僕は広辞苑の文字数を越える、一編の詩を綴った。それには十五年という歳月を費やした。右手に鉛筆、左手にはノート持ってうろちょろと、家の周りを歩きながら夢の言葉をしたためていった。それはそれは、とても幸せな時間。呼吸することと詩を綴ることのどちらかしかできないって、言われたら顔を真っ赤にしながら詩を綴り、死んでゆくことを選ぶだろう。それくらい詩を書くことが好きなんだ。

詩のどこが好きかって、それは自由に思ったことを自分の言葉で表現できるところだよ。素敵な言葉を探して、文として色をつけてゆく楽しみがいいね。絵を描くことも好きだけど、言葉という絵の具を使うところも好きかな。とにかく自分の気持ちを詩で表現すると最高なんだ。鳥肌が立つくらいにね。わかってくれるかなあ。

そんな詩の大好きな僕は、蜜柑から生まれた蜜柑太郎っていうんだ。
今、君笑ったでしょう。
しかもバカにした感じで。どうせ僕は桃太郎みたいにメジャーではないから。うんいいの、いいの。目指すところはそこじゃないし、詩を綴っているという充実だけで、僕は幸せななんだから。

そんな僕にある日、とんでもない依頼が迷い込んできたんだ。僕の詩を本にして出版しないか、そういう話だったんだ。しかも友だちのピンク太郎が仕組んだことだったんだけどね。

ああ、そうそう。ちなみにピンク太郎は桃太郎じゃないよ。母親がなぜがピンク色が好きで、女の子が生まれたらピンク子って名前をつけようとしていたらしいよ。だけど男の子が生まれたからピンク男って、名前にしようとしたんだって。なんだかゴロが悪いし、ダサいよね。でも、父親が、おいおいピンク男はないだろ、ってカンカンだったみたいだよ。

その後のことは、よく知らないんだけれど、ピンクに太郎をつけた安易な名前に落ち着いたらしいよ。普段そんなことは思わないけれど、これに関してはピンク太郎が可哀想だなあ、って思うんだよね。頑張れ、ピン太郎。いやいや、ピンク太郎。名前は略しちゃ駄目だよね。

また、ピンク太郎の風貌もなかなかのものなんだ。体は相撲取りみたいに大きくて、おかっぱ頭で黒の短パンを履いているんだ。それだけじゃなくて、腹掛けをしてるんだけど、そこに大きくピンクって書いてあるんだよ。可笑しいでしょ。
さらにまさかりをいつも担いでいるんだから、初めて会ったひとは悲鳴をあげて逃げて行くよ。ちなみにまさかりはプラスチック製なんだけれどもね。

一度、ピンク太郎に聞いたことがあるんだ。なんでそんな格好しているんだ、と。すると俺は「金太郎に憧れているんだ」って、真剣にいうもんだから、笑いを堪えるのに涙が出たくらいだったよ。

まあ、変なやつなんだけど、基本、僕はピンク太郎の破天荒なところは好きだよ。ケンカも強いし、意外と優しいところもあるしね。
ああ、ごめんごめん。話がずいぶんそれてしまった。

それでなんだけど。そのピンク太郎が僕の詩を勝手に持ち出し、父親の知り合いの出版社のひとに読んでもらったらしいよ。許せないよ、ほんとうにピンク太郎のやつ。たまに僕の気持ちを無視して突っ走ってしまうんだよな、まったく。

だけど出版社の担当者が僕の詩を読むのに一ヶ月かかったらしい。なんて素晴らしい詩なんだ。そう言いながら読んでくれたらしいよ。そしてその担当者はうちにも帰れず、さらには奥さんが「あんたは家庭をなんだと思ってるの」なんていわれたんだって。最終的には、妻と子どもはうちを出て行っちゃたらしいよ。

それって僕のせいだなんて、君はいわないよね。どちらかというと、僕の詩を勝手に持ち出したピンク太郎の方が悪いよね。
ああ、ごめんごめん。すごーく話は戻るけど、なんで勝手に詩を持ち出したんだ、とピンク太郎にいいよったんだ。すると僕の詩があまりにもよかったから、「みんなに読んでほしいなあ」って、いい出すからつい許しちゃったんだ。

それで僕の詩集を出すことになったんだけど、その詩はあまりにも長いので、編集者のひとに、「省ける言葉はなくしてゆこう」そういわれたんだ。それからが大変だったんだ。この言葉は、いらないかな。いや、そうではない、この言葉がいらないんだ。そんな感じで、鉛筆を消しゴムに持ち変えて推敲を始めたんだ。

詩を書く楽しみとは違い、なんだか寂しいっていうか、悲しいっていうか、切ないっていうか、複雑な気持ちで作業をしたんだよね。絵でいえば、水でキャンパスの絵の具を水で薄め続けている感じかな。僕の個性がなくなっていくように感じたんだ。

だけど、みんなが喜んで読める詩にしなくては、そんな気持ちが僕を頑張らせたんだと思うよ、きっと。
ああ、この言葉もいらないな。
うーん、ここもいらないな。
そんな感じで、消しゴムでどんどん言葉を消していったんだ。けっきょく、その作業には、三年の歳月がもかかってしまった。

よーし。全ページの作業が終ったぞ。やっとの思いで、出版社にノートの束になった原稿を持っていったんだ。すると「編集者は首を長くして待っていたんだよ」と、いったその姿はキリンになっていたので、僕はつい笑ってしまった。僕のため、首を長くして待ってくれたのに、そこ、笑うところじゃないよね。

でも、我慢できなかったんだ。だって、キリンなんだから。
まあ、いいか。可笑しいかったんだから仕方ない。
そして、起きてしまったんだな。
いや、起こしてしまったんだな。

人生最大の汚点。

編集者の一言、「言葉がひとつもなくなっている」と。

言葉がなくなってる?

そんな、バカな。

そりゃ、いらないと思った言葉は消していったさ。だけど、全部いらないってことはないだろう。僕が大好きでしたためた言葉なんだから、全部いらない言葉なわけがない。きっと、何かの間違いだ。
僕はキリンになった編集者からノートを手渡されると、パラパラとページをめくった。

うそだ、うそだ、うそだーーーーーっ

バタンっ

僕はあまりものショックでその場に倒れてしまった。そして、気がついたら病院のベットに寝ていたんだ。
僕の生きがいだった詩を書くことが、いらない言葉の集まりだったなんて考えると、どうしようもなく虚しくて。頭はあのノートようにまっ白になってしまったんだ。

僕はピンク太郎がお見舞いに来てくれても、手元にあるタオルやらテッシュを投げ飛ばし、帰ってくてと荒れてしまう始末。それでもピンク太郎は、毎日のようにお見舞いに来てくれたんだ。そしてある日、ピンク太郎がいったんだ。「ごめん」と。それも悲しそうに涙を流して。

そんな姿を見てハッと目が覚めたんだ。僕はどれだけ我がままで身勝手なんだろう、と。どんどん恥ずかしい気持ちでいっぱいになったんだ。僕にはピンク太郎という優しい友だちのためにもこんなところで、グダグダしていられないんだ。

そして、病院を退院することが出来たんだけどさ、僕から詩をとってしまったら退屈の文字しか浮かんでこないんだよ。何もなくなってしまったようだ。退屈っていうのは、ずいぶん苦痛なんだと初めて感じた。

じゃあ、何か新しいことを始めようと考えたけど、やりたいことがぜんぜん見つからなかった。あせっていた。このままでは、イライラばかりして僕は僕でなくなってしまう気がして怖くて眠れない夜が続いたんだ。

そんなある日 、ピンク太郎が変な詩を僕のところに持って来たんだ。それが笑っちゃうんだけど、「憧れの金太郎」という詩を書いてきて、僕に読んで聞かせたんだ。
えーと、どんなのだったけな、そうそう。

金金、金金太郎。俺の憧れの金金、金金太郎。イエー。

みたいなふざけた詩で、こころに突き刺さってくるものもなければ、情感的なもがなくて、おいおいって思ったわけ。「ここはさ、どうして憧れているのか表現した方がいいんじゃない、そこは四月でなくて桜とか季節を感じさせるもので表現したら」て、アドバイスをしたんだよ。

そうしているうちに、僕はやっぱり詩が好きなんだなあ、って改めて感じたんだ。これって、もしかしたらピン太郎の術中にハマってしまったのかな。
それから無性に詩が書きたくて書きたくて、手が震えるくらいに鉛筆を持ちたくなったんだ。それで僕の言葉がいらないものばかりだと思うことがあっても、そんなことどうでもいいんだ。そうだ、そうだ、と。

それに白紙になってしまった詩のノートにだって、ちゃんと意味があったんだ。中身の何もない僕のこころが表現できているじゃないか。それを教えてくれたんだ。

だから僕は、これからこころのある言葉で詩を綴っていこう。もう弱音なんて吐かないよ。この決心は本物だし、僕はほんとうに詩の大好きな蜜柑太郎にグレードアップしたんだから。

今のちょっと、臭いセリフなんて思ってない、君。そんなことないよね。僕は、いつだって大真面目なんだから。

ああ、そうそう、最後にいいたいことがあるんだけど・・・・・
いいの、ほんとうに。
じゃあ、いわせてもらうね。


親愛なる友だちへ

ピンク太郎は、ダサくて、変で、突拍子なく、お節介で、言葉少なく無愛想だけど、とても優しい最高の友だちだよ。いつもこんな僕の相手をしてくれて、ほんとうにありがとう!

そして最後まで読んでくれた君へ

ありがとう!

#小説

People Who Wowed This Post

ニコマーク

thread
記事の下にある、ニコマーク。
どうなっているんだろうと確認すると

ひとりの方が「ワオッ」と言ってます。

すると、すべて自分が「ワオッ」と言っていたようだ。

どないなっとんや!
ハズっ。

今日はブログ開設日ということで、
なんだかんだ投稿してしまったが、
明日からはドライな感じで詩だけを投稿しよう。

失礼しました、こんなことで。。。
#雑記

People Who Wowed This Post

ミュオンという雨

thread
どうしようもなく
哀しい夕陽を夜空が包む

夢になってどこまでも飛沫した
僕の願いの粒子
バラバラになって遥か遠くへ

いずれ粒子は大気中をさまよい
引き寄せあって集魂の結晶に

そして時を越えどんな物質にも
もちろん君の中にも入れる
ミュオンとなる

笑顔を守りたい思い

辛さに添う思い

涙に肩を抱きしめる思い

僕は君の幸せを願うために
降り続ける雨のミュオンでありたい


✳︎ミュオンとは → https://www2.kek.jp/kids/class/earth/class08-03.html
#詩

People Who Wowed This Post

平成二十八年八月十三日(土)猛暑。 ㅤ《 詩は元気です☆ブログ開設 》

thread
さて、どのような方がお越しになるのだろう?

わたくし齋藤純二と申します。
みなさまが詩などをお読みになられて
元気になるように努めたいと思っています。
コメントも大歓迎!
まあ、スルーされるのは覚悟してますが……
誹謗中傷は勘弁して下さい。
さあ、始まったぞ!

えっ、自分の詩のブログだって、
勘違いしてないのか、
自己満足のあれか!

いいえ、詩は元気になりますよ!

そんなわけで何卒、宜しくお願い致します。



#雑記

People Who Wowed This Post

詩のストレッチ

thread
詩にとってストレッチは大事だ

ベースボールのイチロー選手は
よくストレッチをしているらしい
怪我もせずㅤその柔軟な活躍はひとびとを感動させる

なにもストレッチが大事なのはスポーツだけではない
もちろん詩にとっても必要なものだ
いつでもどこでも言葉を柔軟にしておくことは
描く世界をひろげるためには必須である

はてㅤそれでは言葉のストレッチとは

なるべく感情を入れずに風景や状態を
声を出して言ってもいいし
心の中で言ってもいい

例えば今のわたしの状況だと

頭の上 ㅤ扇風機ㅤゾーゾーと音
風がきたㅤ風が行ってしまう
風がきたㅤ風が行ってしまう
風がきたㅤ風が行ってしまう
カーテンが揺れるㅤ足をくすぐる
外から車の音ㅤザーㅤザー
肩がこるㅤ起き上がる
右手にタブレットㅤ左手まわす
左手にタブレットㅤ右手まわす
左手にタブレットㅤ右手のコップ
タブレットを置きㅤ暑いと叫ぶ

こんなふうになんでも良いので言葉が柔軟に動けるように
作品を認(したた)めるにはストレッチが重要だ

では本番ㅤ行ってみよう


頭の上ではお前に風などやりたくない
扇風機がゾーゾーと電気用語を話す
僕は通訳がなくてもわかってしまう

それは言葉のストレッチをしているから
詩的なイメージがすっと入ってくる
それは詩を書くものにとって特別なことではない

カーテンが足をくすぐる
おいおいまたかよㅤって思うんだけど仕方ない
風の命令だってことは知っているんだよ
僕と遊びたいのは風だってことも知っているんだ
風の声がわからないのなら詩なんて書けない
君もそう思うだろう

外から車の音がザーザー
起き上がれよダラダラ人間
そんなヤンキー語が聞こえる

それじゃ休日をエンジョイするか

立ち上がり
右手にタブレットㅤ左手まわす
左手にタブレットㅤ右手まわす
左手にタブレットㅤ右手にコップ

一杯の水を飲み
燃えすぎなんだよ太陽ㅤって叫んだ
今日も猛暑

それでも出かけよう
カラダが鈍ってしまうしな

タブレットをカバンにいれ
玄関を開けたら地面から熱気が

ようこそ夏地獄へㅤって笑っていた


まあㅤこんな感じかな

詩の柔軟性を活かすには
言葉のストレッチが大事だってことだ


#詩

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account