Search Bloguru posts

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://en.bloguru.com/falcon

巨大隕石が衝突して生じたと推定される球状粒子を発見

thread
巨大隕石が地球に衝突する様子の... 巨大隕石が地球に衝突する様子の想像図(画像:アメリカ航空宇宙局)
南鳥島沖の深海底で採取した堆積物から、約1100万年前に巨大隕石が衝突して生じたと推定される球状粒子を多数発見したと、海洋研究開発機構や千葉工業大、東京大などの研究チームが、英科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』に20日発表しいます。この時代のクレーターは陸上で見つかっていないため、巨大隕石は深い海に落下した可能性が高いといいます。

堆積物の採取場所は南鳥島の南方、水深約5650メートルの海底下。南米大陸南端沖の深海底では約250万年前に巨大隕石が落ちた証拠が見つかっており、深海への落下が確認されれば2例目となります。大規模な津波を引き起こしたとみられるが、約1100万年前の痕跡は見つかっていません。

隕石衝突の年代推定には幅があるため、約1160万年前に地球規模で生物が大量絶滅した原因になった可能性も考えられるといいます。
海洋機構は、「今後は他の海域の深海底から採取した堆積物を調べ、巨大隕石の大きさや衝突地点を解明したい」とています。

南鳥島沖で2014年に海底鉱物資源を調査した際、採取した堆積物に含まれる白金族元素「オスミウム」の濃度が異常に高いことが判明。詳細に分析した結果、巨大隕石が落下、衝突した際の高温で溶融し、飛散して冷えて固まったとみられる物質を含む球状粒子が多数見つかっていました。 
#ブログ #宇宙 #隕石

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account