Search Bloguru posts

猫の揺りかご Blog

https://en.bloguru.com/catscradle

freespace

原作=ロミジュリのパラレル?

thread
たぶん、旧アニメのうさぎちゃんって、
女の子の憧れを体現した存在であり、

なおかつ親しみやすいキャラなんですよね。

だから、「なんでこんなヤツのために他の戦士たちが必死に戦わなきゃいけないの?」って疑問があまり浮かんでこないし、

浮かんできても、「まあ、うさぎだから仕方ないか」って思えてしまう。

旧アニメも突っ込みどころは満載だけど、
でも、突っ込みながらも楽しんで見ることができる。

でも、原作準拠を目指したCrystal1期は、
突っ込むことに疲れました(笑)

あんまりにもバカくさくて、時間の無駄で、
見る気が失せて、途中でやめた。

突っ込むことを楽しむことができなかった。

Crystal2期は、気になる話だけを部分的に見ました。

確かにイラストはすごく綺麗で、
特にブラックレディの美しさには見惚れたけれど、

それだけでしかなかったかなぁ。

ちびうさのコンプレックスも、

旧アニメに比べれば、浅いというか、
理由づけが甘いというか。

ネオ・クイーン・セレニティが絶対的な存在だからこそのコンプレックスだから、

「女の子の憧れ」であるはずのセレニティが、
さらに遠い存在になっているというか。

それよりも、旧アニメの、「ママみたいな素敵なレディになりたい!!」って願いの方が、ものすごく共感できる。

齢900の幼い王女様の不思議な生態よりも、

等身大の少女の願いだったり、出来心だったり、
罪悪感や劣等感、孤独の方が、親しみを覚える。

旧アニメスタッフは、
そういうのをよく理解していたんだろうな、と思う。

原作及びCrystalは、「戦う女の子」をテーマにしながらも、

「ギリシャ神話」や「ロミオとジュリエット」をモチーフにしたラブストーリーに重きを置いていたのかな。

「ロマンチックで大人な恋」に憧れる少女の、
乙女心を刺激する作品。

でもそれだけじゃつまんないから、
戦うヒロイン要素を入れてみました!!

あら、画期的vv

みたいな、そんな感じ?

そうやって考えれば、ロイヤルファミリー至上主義も、
納得がいくかな。

悲恋で終わってしまった「ロミオとジュリエット」の物語を、
転生とバトルを交えることで、ハッピーエンドに塗り替える物語。

貴族同士の恋だから、従者がいて当然で、
「普通の女の子」にはなりえない、特別な存在で。

なおかつ、月の女神セレーネと人間エンデュミオンとの悲恋を下敷きにしているから、

「不老不死」とか「不老長寿」という設定がベースに来てしまう。

でもさすがに、少女マンガで恋人を永遠の眠りにつかせて恋愛成就、なんてわけにはいかないから、

全員が生きながらにして不老長寿になりました!!って設定になる。

そんで、ベースが女神さまだから、
絶対的な女王として君臨してしまう。

圧倒的な力で反対勢力を排除したり、
亡くなった人を転生させたり。

そんなことが思いのままにできてしまう、絶対的王者。

それが、ネオ・クイーン・セレニティ。

そう考えると納得が行く。

崇高なロミジュリ神話を庶民的な魔法少女にされてしまったから、原作者にとっては納得が行かなかったのかもしれない。

けれど、少女の憧れを刺激しつつも、
庶民的な要素を入れ込んだから、

「普通の女の子が変身して戦う物語。しかも前世はプリンセスだよ♪さらに未来にはクイーンにもなれる!!でも、やっぱりおバカで泣き虫で乙女心を持った、仲間思いの普通の女の子だよ」って設定にしたから、

アニメで爆発的なヒットを生んだ。

そんな気がしてきた。
#雑記

People Who Wowed This Post

無印最終回からのR第1話。

thread
泣けます。マジで、これ。

無印最終回で、「普通の生活に戻りたい……」と願いながら命を落としたムーン。

幻の銀水晶の力で、普通の中学生、
月野うさぎに転生したものの。

戦士だった頃の記憶を失くし、平和に暮らしていたところに、
新たな敵が出現。

「普通の女の子に戻りたい」という、
うさぎちゃんの切ない願いを知っているルナは、

なんとか自分とアルテミスだけで敵を撃退しようとするけど、全く歯が立たない。

うさぎの親友、なるちゃんも襲われ、
うさぎちゃんも危険な目に遭い、街の人々も次々に襲われ……。

背に腹は代えられないと、覚悟したルナが、
うさぎちゃんに「力」を与える。

セーラームーンに変身する力。
戦士として、戦う力。

けれどそれは同時に、
忘れられていた悲しい記憶を呼び覚ますことを意味する。

ルナの呼びかけに応じて、変身して、
敵をやっつけて。

毅然と戦い、
みんなを守るうさぎちゃんだけど、

「泣き虫うさぎ」は健在で、最後にひっそり涙を流す。

「普通のうさぎちゃんに、バイバイ……」

このセリフ、切なすぎます……!!

しかも、涙を流しているところをしっかり見せるんじゃなくて、
目に涙を浮かべている印象的なカットからの、後ろ姿+流れ星。

この演出、うますぎる。

きっと、セラムン旧アニメに夢中になった世代が求めているのは、こういう主人公なんです。

ごく普通の女の子が、戦士として覚醒して、戦う。

その背景には、確かに前世のことが絡んではいるんだけど。

前世は「月のプリンセス」だから、
それは女の子の夢であり、憧れなんだけど。

「運命の出会い」とか、「前世からの絆」とか、
「王子様との恋」とか、ロマンチックなことは大好きなんだけど。

けれど、だからといえ、
前世からのしがらみを引きずりすぎるのは嫌で、
今を生きている女の子。

それが、旧アニメにおける、月野うさぎ。

誰からも愛されるのは、
それが彼女の持って生まれた素質であり、魅力だから。

確かに、「前世のプリンセス」であり、
「セーラームーン」という特殊な存在ではあるけれど、

だからといえ、「従者」を従えているわけではない。
仲間と力を合わせて戦う、女の子。

それが、すごく受けたのだと思います。

おバカで泣き虫。
特殊な力を持ってはいるけれど、強いかと言われれば、
首をかしげてしまう部分もある。

けれどすごく仲間思い。
そんなキャラクターが愛されたのだと思う。

うさぎちゃんをそこまで好きにはなれない人も、

うさぎちゃんの対等な「仲間」として、「友達」として、
彼女を支えるセーラー戦士たちに、

魅力を感じたのだと思う。

だから、もっぱら恋愛脳で、
前世を肯定し、「王子様との恋」にしがみつく雌豚さんには、

嫌悪感を抱いてしまう。

「ムーン=プリンセス」、「他の戦士=プリンセスの従者」って構図も、なんか違和感。

それを自然と受け入れちゃうサブキャラにも違和感を覚える。

何が何でもプリンセスを守るっていう忠誠心は、
すごくカッコよくて、素敵だけれど。

でも、突っ込みたくなる。

ちょっと待て。あんたらのプリンセス、
そこまでして守る必要がある素晴らしい存在なのかい?みたいな。

特に原作準拠だと、プリンセスの死因は自決だからね?
悲恋に絶望しての自決だからね?

愛する人との無理心中だからね?

国を守るとか、そんなのろくに考えてない、
頭の中お花畑なお姫様だからね?

そんな人のために、命を投げ打って戦って、大丈夫?

まあ、前世は立場上、そうせざるをえなかったと思うけど、
現世や未来でまで、そんなの引きずってる必要なくない?

ロイヤルファミリー至上主義もいい加減にしろよ、
って言いたくなる。


【公式】『美少女戦士セーラームーン25周年プロジェクト』始動!! 美少女戦士セーラームーンR 第1話「ムーン復活! 謎のエイリアン出現」
https://youtu.be/i3JvYDV9HbQ
#動画探索 #雑記

People Who Wowed This Post

ほたるのひかり。

thread
原作準拠のアニメ、クリスタルも、デスバスターズ編は好き。
絵柄がかなり見やすくなったから、キャラデザにも好感が持てる。

そして何より、話がおもしろい。

旧アニメとの相違点も、それはそれで楽しめる。

「ここはやっぱり旧アニメの方が好き」って部分ももちろんあるけど、「ここは原作準拠の方がおもしろい」って部分もあるし。

マジで転生前のほたるちゃんラブです(笑)


(追記)

 セラクリ3期、ほたるちゃんのシーン&最終話付近を中心に、
 部分的に見た場合の感想です。
 
 ネットで情報集めたところ、全編通してみると、微妙かも。

 はるか→うさぎ? とか、うさぎ→はるか? 
 とかのシーンは興味ないので見てないけど、、
 
 見なくて正解のような気がする……。


「美少女戦士セーラームーン Crystal」第3期<デス・バスターズ編>アニメーションPV
#動画探索 #雑記

People Who Wowed This Post

月の王国のお姫様

thread
おめでたいお姫様と言えば、
この方は典型じゃないだろうか(笑)

特に原作とか、「プリンセス」ってだけで皆から愛されて、
守られて、敬われているとかいないとか……。

特に30世紀の未来じゃあ、
「白き月の民」とやらの力で地球を支配した侵略者とか、
そうじゃないとか……。

やっぱり旧アニメが好きだ!!

ちびうさが900歳とか、そんな設定必要ない!!
ってか、あんな900歳嫌だ!!

地球がコールドスリープしてたって設定でいいじゃないか!!

でも、原作準拠でありながらも、
旧アニメのいいところを取り入れたり、

ミュージカルならではの表現で魅了してくれる、
セラミュ(ネルケ版)3作目、「Un Nouveau Voyage」は大好き。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Un Nouveau Voyage-ダイジェスト映像~ Pretty Guardians Sailormoon - Un Nouveau Voyage-


ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Un Nouveau Voyage-外部太陽系戦士ダイジェスト映像
#小説執筆 #動画探索 #雑記

People Who Wowed This Post

黄もすごくいいんだけど、白から目を離せない。

thread
王女の「跪きなさいっ!!」も最高なんだけど。
召使もすごく素敵なんだけど。

ハクの「リン……」って言葉が怖い。
内なる憎しみが現れていて、怖いけど惹きつけられる。

その後、王女のフルネームを言うところとか、
目を離せない。

ああ、ハクぅぅぅぅぅぅ!!!

「白ノ娘」のクライマックスに当たるシーンを見たいです。

……そういや、昔、そのシーンを書きたくて、小説書きかけて、
途中で行き詰ってそのまま放置してあるなぁ(笑)

ミュージカル【悪ノ娘】 稽古シーン公開!


【弱音ハク】白ノ娘【中世物語風オリジナル】
#小説執筆 #悪ノシリーズ #動画探索

People Who Wowed This Post

太陽と月影の家族

thread
というかそもそも、「神王家」って何だ?

「天の岩戸計画」が何千年かに一度、
繰り返されてきた計画だとして、

「地平線の少女」が新しい天照だとすると、

最初に生み出した人間、
聖書で言うところの「アダムとイブ」みたいな存在が、

神王家の祖になるんだろうか。

闇に呑み込まれ、全てが死に絶えた世界を照らす、
孤独な太陽。

そんな時に、最初に生まれて来てくれた人間に親しみを覚え、
「親族」とするんだろうか。

天照が、結姫のような少女だったとしても……?

神王家の歴史と謎を紐解かないといけないな、こりゃ……。

でも、これ、澪標シリーズを書き上げるためには、
いずれ必要なことだったから、

今ぶち当たってよかったのかもしれない。


【乙女向遊戲】晨曦時,夢見兮ED-鎮命歌しずめうた(附日文歌詞)
#小説執筆 #夢幻伝説タカマガハラ #動画探索

People Who Wowed This Post

為政者側とは異次元の「光」

thread
伽耶にとって、天照の跡継ぎとして育てられた、
神王家の姫巫女にとって、

終末伝説はどんな意味を持っていたのだろう。

自分が太陽を取り戻して世界を救うわけでも、
新たな太陽として世界を照らすわけでもない。

得体の知れない「中ツ国」とやらからやって来た、
「地平線の少女」とやらに、お株を奪われてしまう。

そんな言い伝えを、快く思っていたのだろうか。

神王家や、天照や、
その継承者たる自分を称える「神話」ではなくて、

自分たちとは違う人間が「救世主」として祭り上げられる。

そんな言い伝えを、果たして素直に受け入れられたのだろうか。
そんな言い伝えを、人々が信じていることを、快く思っていたのだろうか。

伽耶自身には、世界を治める意思も、
守る覚悟も乏しかったとしても。

月読の娘として、天照の跡継ぎとして、
蝶よ花よと育てられた姫君。

そんな彼女が言い伝えに触れることは、
どんな意味を持つのだろう。

もしや周囲の気配りによって、言い伝えに触れることすら、
阻まれていたのだろうか。

けれど、それを彼女の叔母である天照がよく思うだろうか。

自分の代か、それとも次の代か。
いつ訪れてもおかしくはない「世界の危機」への「対応」を、
まったく教えないなんて、そんなことがあるだろうか。

天照の職を譲るその時に、わざわざ一から話すのだろうか。

何も知らなすぎる姪に、一から教えなければいけない状況で、
職を譲ろうなんて思えるのだろうか。

世間で知られていることすら知らない姪に、
「天照としての真の役目」とやらを伝えることなんてできるのだろうか。

「終末伝説は知っていますね?」から初めて、「実は……」と打ち明けるのと、「終末伝説というのがあります。それはこういうもので……」と一から伝えた上で、さらに「実は……」と話すのとでは、まったく伝わり方が違う気がする。

正直、後者なら、私が天照なら、
不安すぎて職を譲ることなんてできない。

もし、自分の次の代で、
計画を発動させなければいけないほど、

世界が病み荒んでしまったとしたら。

そんなとき、天照を継ぐ直前まで、
言い伝えすらまったく知らなかった人間が、

ちゃんと計画を発動させられるなんて思えない。

どうしていいかわからないまま、覚悟なんてできないままに、

再生への道を開かずに、
みすみす世界を完全に死に絶えさせてしまう気がする。

そんな危険性がある状態で、職を譲ることなんてできない。
そんな恐ろしいことはできない。
#小説執筆 #夢幻伝説タカマガハラ

People Who Wowed This Post

ムーン・ライト伝説

thread
金髪少女を月に例えてしまうのは、この方の影響と思われる。

プリンセス・セレニティ、またはネオ・クイーン・セレニティ。

旧アニメ見て育ったので、セレニティが実は銀髪とか、受け付けません(笑)

クイーン・セレニティ(プリンセス・セレニティの母親)は別だけど、
プリンセス・セレニティとネオ・クイーン・セレニティの髪は金髪でなきゃ。

特にネオ・クイーン・セレニティにいたっては、
うさぎの未来の姿なんだから、銀髪のわけはあるまい。

特に原作準拠で行けば、不老長寿らしいから、
なおのこと、銀髪じゃなくて金髪だろうに。

なぜ原作準拠だと銀髪なのだ……。

「月の光」は銀色ではなく金色なのだと、必死に主張する私です(笑)

Sailor Moon Japanese Opening theme
#小説執筆 #夢幻伝説タカマガハラ #動画探索

People Who Wowed This Post

巫女姫の視点

thread
やっぱ、鳴女の告白シーンが難しい。
たぶん、伽耶にとっては、彼女の告白で衝撃的な部分は限られている。

隆臣が破壊神になってしまったという事実は、
まさにその瞬間を目撃しているから、他の誰よりも受け入れざるを得ない状況だし。

そんな彼が天照を殺そうとしていることも、
他の誰よりもわかってしまっている。

何せ、目の前で父親を殺され、
彼が天珠宮に向けて飛び立つところも見ているのだから。

なんでこんなことになったのかはわからなくても、
事実を他の誰よりも、受け入れざるをえない状況に陥っている。

だから、鳴女の告白を聞いても、
他の登場人物よりも驚くポイントが少ないと思う。

だから、鳴女の説明シーンを大幅に削ろうとも思ったけれど、
そうするとやっぱりつながりが悪くなる。

かといえ、削らないと冗長すぎて、
どうすればいいかがわからない……。
#小説執筆 #夢幻伝説タカマガハラ

People Who Wowed This Post

光に照らされた姫君

thread
伽耶にとっての天照は、世界を照らす太陽であると同時に、
大好きな叔母。

きっと、他の登場人物たちよりも、ずっと太陽に近い存在。
天照に近い存在。

それが伽耶なんだと思う。

彼女であれば、きっと、天照にもそれなりの頻度で会っていたんじゃないかと思う。
でなければ、いきなり、後を継ぐことなんてできないと思う。

ラグナレクの発動により、運命の歯車が狂ってしまったけれど。
そうじゃなければ、彼女こそが次代の天照。

月読を父に、天照を叔母に持つ、巫女姫。
それが伽耶。

だから、彼女にとっての「天照の死」は、
他のキャラとはまったく別の意味を持つのだと思う。

世界の存続に直結する事柄なのだと、認識はしていても。
やっぱり真っ先に来るのは、「叔母様の死」に対する恐怖なんだと思う。

命を懸けても、世界を守ろうとした皆の覚悟。
ぶつかり合いながらも、世界を守ろうとした皆の気持ち。

そんなものに触れて、自身も世界の存続そのものに真剣に向き合うようになるのは、
もう少しだけ先なんだと思う。


華風月「月に照らされ、風に揺れる華」 MUSIC VIDEO
#小説執筆 #夢幻伝説タカマガハラ #動画探索

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account