Search Bloguru posts

二足の草鞋

thread
これは稲盛さんが言っておられたアメーバー組織論の実践そのもの。かれこれ90年代初頭の頃に遡ると思います。ある夕食の席で稲盛さんから「これからはアメーバー組織の時代・・・」という言葉を聞いた時に、「???」聞かぬは一生の恥だと思い、「どういう意味でしょうか?」とお尋ねして説明していただいた時を鮮明に覚えています。

最近はアメーバー組織とかアメーバー経営という言葉で本にもなっていますが、当時はまだ公には広まっていないことだったと思います。その組織論が現在の私自身の会社の経営スタイルになっています。すでに30年近く前に言われていたのは凄い先見の明だとも言えますね。

パナソニックのそのチャレンジ記事は下記のLINKEDINからご覧ください。
二足のわらじが人材を引きつける、パナソニック深田氏の型破り組織論





#稲盛和夫 #アメーバー組織 #アメーバー経営 #パナソニック

People Who Wowed This Post

天災に思う電子マネーの将来

thread
北海道地震による地滑り 北海道地震による地滑り 台風21号で崩れた京都渡月橋の... 台風21号で崩れた京都渡月橋の欄干 地震後破裂した水道管で起こった... 地震後破裂した水道管で起こった液状化現象 台風で流され橋に突っ込んだタン... 台風で流され橋に突っ込んだタンカー@大阪


台風21号の被害に続き、今週は北海道での地震。一挙に290万世帯以上の北海道全域が停電の被害など天災を目の当たりにして、自然の力の凄さと所詮人間の科学などという英知の限界も感じざるを得ないのは私だけではないだろうと思います。

一方2020年オリンピックを前に、ITと言われる言葉に代表されるデジタル社会のインフラ整備やAIに言われる労働力の図式が大きく変わることも話題に事欠きません。デジタルマネーの浸透率は、中国・韓国でも50%以上。それに対して日本は20%。北米やEUの一部での浸透率はもっとでしょうし、そうした人々が日本に旅行で来た時に現金決済だけでは対応できない社会になっているのは明白です。

しかし、今回のように大規模停電が起こった場合にこうしたデジタルインフラはすべてストップする。クラウドコンピューティングのサービスの大本であるデーターセンターがいくら自社発電で対応すると言っても末端が麻痺では意味がありません。そして、その災害復興に時間がかかる場合に支払い手段が立たれていたら水も買えないのか?そう街角のATMも停電で使えない場合も十分に想定しておかないといけません。想定外という言い訳は政府、企業、マスコミが発することがあれば、危機管理のなさを露呈するだけです。

先進国に限らず、これからの世界は、戦争起こさずとも大規模停電さえ起こせば、一国の政治経済をひっくり返すくらいは簡単にできる世の中になりつつあるということです。

被災された方々の復興支援だけでもしばらく大変ですが、デジタル社会の脆弱性についても考えるべきですね。
#台風21号 #北海道地震 #天災 #電子マネー #デジタル社会 #想定外

People Who Wowed This Post

散り椿 試写会

thread
9月28日(金)全国公開 9月28日(金)全国公開
初めて映画試写会なるものに招待されて行ってきました。

観たのは散り椿

原作は、大学の先輩でもある葉室麟。昨年末に他界され、映画の最後では「葉室麟に捧ぐ」とテロップが流れました。

舞台は江戸時代の享保年間の武士の生き様。
正義を貫くことの難しさと支える愛と友情。

武士同士の闘いの殺陣シーンも地味だけど、玄人好みの動きや型が随所にあり、久しぶりにアクションも楽しめました。血飛沫の多いのには女性受けは悪いかもしれませんが。

映像は全般通して美しく、それも見所かもしれません。
監督の木村大作氏は、黒沢組の撮影助手でもあり、日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた人と知ってさもあらんでしょうか。

自分の信念と意地を貫く姿勢の辛さと大切さに思いを馳せるのもいいかもしれません。

お薦めしたい邦画です。

#散り椿 #葉室麟 #岡田准一 #黒木華 #緒形直人 #奥田瑛二 #渡辺大 #西島秀俊

People Who Wowed This Post

アメーバー組織:稲盛和夫

thread
最近ブログで「シェア」自体のことに再び触れていますが、それをビジネスとして可能にさせる管理ツールは、IT技術になります。

IT自体が商品、サービスとして成立したのは1980年代。これからはITを道具として現在あるビジネスモデルを発展させることで新規ビジネスがまだまだ産み出せると思います。

つまり、IT業界の鎬を削るスピード感あるビジネス戦争というか切磋琢磨は、自分達には無関係ではない。対岸の火事ではないということですね。一番の危機は日本の金融業界にすでに来ていると思います。

第6次産業という新しいビジネスの共創が可能で夢があるのではないでしょうか? 農業も農家が消費者から完全委託(事前予約型)の直送販売ビジネスも農産物ができてからではなく、作物する前からできるのでは? 栽培のノウハウをネットで販売提供して、家庭菜園の新しいかたちも期待できるのでは?

などと色々な案が駆け巡るのですが、前述の通り一人や一企業、一農家などではできない。餅屋は餅屋が集まるアメーバ組織の共創で可能になるビジネスだと考えています。

80年代後半、ある会食の席で当時京セラ会長(いやまだ社長?)であった稲盛さんから言われた「アメーバー経営」。本にもなったりして多くの人々がご存知だと思いますが、すでに四半世紀前から言われていた事です。先見の明ですが、その時のアドバイスがずっと頭の隅にあり、EnLinx Partnersの立ち上げのコアモデルになったのは稲盛さんの当時のアドバイスのおかげです。

そして、造語として言い出した「共創」も気が付いているも最近よく見かける言葉になっています。21世紀はシェア、共創の時代の一面があると思うこの頃です。


#アメーバー経営 #稲盛 #EnLinx #共創 #京セラ

People Who Wowed This Post

メルチャリ ー まだまだ出る所有からシェアへ!

thread
自転車のシェア時代 自転車のシェア時代 ファミリーマート前で発見 ファミリーマート前で発見
シアトルでBMWが始めたReachNowのレポートを2年前に挙げていますが、中国でも取り上げられていた自転車のシェアが日本でもメルチャリとして浮上。

まだ使ったことはありませんが、デフレで年収が下がってきた昨今の日本の背景も影響して、特に若者の間では所有することからシェアに対するサービス拡大が今後も色々と出てくると思います。逆に言えば、そこにビジネスチャンスがありますね。
#シェア #メルチャリ

People Who Wowed This Post

ReachNow 2nd Wave - 所有からHAILシェアへ

thread


ReachNowについてこのブログでも過去2−3度書き留めていますが、初めて私自身が体験したのは2016年春でした。

今年3月にはダイムラーが行なっているCar2Goとの協業も発表。

シアトル市内のいたるところにReachNowのBMWが駐車されていますが、これもスマホアプリで検索して、一番近くにある車を予約。

今度はその予約が1週間前から出来る。そして、2nd waveとしてReachNowを運転している人とのシェア。つまりタクシーを拾う(HAIL)するようにしてのシェアのようです。

参照記事
GEEKWIRE7月17日記事
#BMW #ReachNow #カーシェア #シアトル

People Who Wowed This Post

博多祇園山笠 武者んよか〜

thread
14日の集団山見せで市役所前に... 14日の集団山見せで市役所前に大集合 先頭を勢いよく駈けぬける子供達... 先頭を勢いよく駈けぬける子供達の集団 今年の山の中で好きだった土居流... 今年の山の中で好きだった土居流の暫は市川團十郎 祭りは見るより参加かな? 祭りは見るより参加かな?
朝3時半のバスに乗って結婚以来の約束を果たすべく、行って来ました博多祇園山笠

今年、777年めを迎えました。7月1日から15日までの2週間に及ぶお祭りは、最終日早朝4時59分に第一流れが櫛田入りすることでスタートで最高潮に達します。7つの舁山が5キロを駆け抜ける勇壮で武者んよか(粋な)祭り。

地域の人々が、一緒になって子供を育てているいうのがとてもよく判ります。2−3才の孫を連れて走る爺ちゃんの嬉しそうな顔が見れる前日の集団山見せ。この間は学校を休んだりして参加しているのでしょう。最終日の追い山でも早朝から子供達が先頭を駆け抜けて行きます。こうして地域全体で次世代を育てながら、伝統文化というものが守られていく日本の良き姿を観てジーンと来ました。

タイムレースの山笠は1トンという重量。8番山笠の飾山笠は、高さ12メートル、2トンという重量で、煙を吐きながら、3段階に高くなっていく姿を街中で見せていました。廻り止めというゴールまで30分で駆け抜けて奉納が終わった山は、地元に戻って直ぐに取り壊されます。その潔さ。それも日本人の美学を表していると思います。

「山笠があるけん博多たい!」

でもそれを支えている御料さん(奥さん達)があって成り立つこの伝統行事。九州男児というのは、賢い奥さんの手の平の中で転がされているだけかも。その原点も子供の時から男の子、女の子もそれぞれの役割を身体を通して学んでいっているのでしょうね。

清々しい夜明けを迎えました。
#博多 #山笠 #祇園 #櫛田神社 #追い山 #夏祭 #伝統 #子育て

People Who Wowed This Post

Nike vs. Amazon Go

thread


シアトルに出来たAmazon Goは、手ぶらで買い物できる。人を全く介することがないIT技術の最先端の解というか方向性を示して話題になりました。

最近の若い人々には、店員に話しかけられるのを嫌がる人も多く見てるだけ・・をそのままにしているのであれば、単なる商品陳列ですから高い人件費、経費をかけて店舗を持つ意味はなくなります。

NIKEの挑戦は、IT技術を使い、1対1の接客の質を上げるところにあるとすれば、これが有店舗販売の目指す方向性だと思います。それは下記のインタビューコメントに現れています。

“We recognize the way digital is changing how consumers get inspired, connect with brands, and purchase products,”

つまり、最後の商品購買・・・店舗で見てネットで買うというよりそのまま店舗で買ってもらえる確率をどうして上げていくか? Amazon Goのような食品ストアも一つの方向性ですが、最近、米国でもなぜ蚤の市が流行っているのか?そこで農家が直販している野菜、果物、加工食品に人々は集まるのか? 自然回帰というか本来あるべき姿を忘れないようにすることにビジネスの基本があるかなと感じます。

参考記事:
‘Not like Amazon Go’: Nike debuts high-tech store that removes friction but keeps human connection by Geekwire
#Nike #Amazon #オンラインショッピング #Melrose

People Who Wowed This Post

少林寺拳法70周年記念ビデオ

thread
1979年2月 開祖法話 1979年2月 開祖法話
昨年夏カリフォルニア州サンマテオ市で、少林寺拳法創始70周年記念の世界大会(4年に1度)を開催されました。そして、秋には本部でブルースカイキャンパスという一般公開のイベント。

その両方を武術関連のドキュメンタリーフィルム作成としては毎回素晴らしい作品を提供してくれるThe Empty Mind Films社の協力で記録ドキュメントが撮影され、今日そのダウンロード版が発表されました。DVD版は1週間後になると思われます。

70周年のテーマが「架け橋になろう」

次世代に残すためのドキュメンタリーとしてだけでなく、一般の方々にも「少林寺拳法って何?」を理解していただくにはとてもいい作品に仕上がっていると思います。

少林寺拳法70周年記念ドキュメンタリーフィルム

今回、この作品作成には当初の企画、翻訳、編集一部までボランティアで関わらせて頂きましたが、人との出会い、縁、情熱など色々な刺激を頂き、この機会に関われたことを感謝しています。

日本武術については下記の作品がお勧めです。

エピソード1 空手

エピソード2 空手

エピソード4 柔道

エピソード5 剣道

エピソード6 なぎなた

エピソード7 少林寺拳法
#少林寺拳法 #空手 #剣道 #薙刀 #合気道 #柔道 #武道

People Who Wowed This Post

我のみぞ知る

thread


ジョブズ後継者であるテイムのMIT卒業式におけるスピーチです。

「バカにする奴はほっておけ!」

高校2年生の夏の頃でした。いわゆる大学受験の在り方というか何の為に勉強しているのか?自分の人生ってどうなのか自問し始めていた頃にハマったのが司馬遼太郎の「花神」、「峠」、そして「竜馬がゆく」に繋がる幕末小説でした。同じ年齢の青年が、国のために命をかけて動いている。自分は何がしたい?

その頃に部屋の壁にかけていた言葉が、坂本龍馬の

「世の中の人は何とも云えばいへ 我がなすことは 我のみぞ知る」

でした。そして、最近自分が身近に感じている言葉が高杉晋作と野村望東尼の句

「おもしろき こともなく世を おもしろく すみなすものは 心なりけり」

自分の人生だからこそ、自分が主人公でないといけない。
親の人生でもなければ、ましてや会社のものでもない。他ならぬ自分のもの。

最近、スポーツや武術では体幹の大切さがよく言われます。

人生の体幹は他ならぬ自分自身。そのための自分探しが人生の軌跡なのかもしれないと思うこの頃です。

参照:
TABI LABO記事

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/91
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>