Search Bloguru posts

花模様文花瓶

thread
http://home.h00.itscom.net/shio... http://home.h00.itscom.net/shiokawa/japanesekinkozan6.html
 おそらく明治後期、7代錦光山宗兵衛のアールデコ調の花模様文花瓶である。錦光山宗兵衛といえば、6代の京薩摩焼の細かい絵付けが有名であるが、7代はアールヌーヴォー全盛期の1900年パリ万国博覧会に時代遅れの陶磁器を出品し、その反省から、ヨーロッパの窯を視察して、様々な陶磁器を製作するようになる。磁器の製作も始めるし、当時、ヨーロッパではストンウェアも流行していたので、このストンウェアの花瓶もそのひとつであると思われる。
 実はこの花瓶、数年前にオークションに出品されていたが、結構、いい値段になったので、降りた記憶がある。ここ数年、超絶技巧ブームで錦光山の京薩摩の細かい絵付けが再び人気が出てきたのか、今回だれもビットせず、最低価格で落ちてしまった。私は結構すきなんだけどな..
#陶磁器

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
KEI
Commented by KEI
Posted at 2020-05-13 16:06

私も京薩摩の細密画系は苦手なのですが 
これはいいですね。やはりストーンウエア好きだからでしょうか? 
ドルトンランベスやマーティンブラザースに通じる感覚があります。 
英国のストーンウエアよりは大人しめですが。

People Who Wowed This Post

hiro
Commented by hiro
Posted at 2020-05-13 16:54

そういえば、コペンの豹のストンウェアもあるので、今度アップしますね。

People Who Wowed This Post