《 雅羅・/・襍囈〝3月花Ⅱ〟❖ ’24-62 》

シロバナセツブンソウ(白花節分草)キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Eranthis pinnatifida Maxim. f. albida
シロバナセツブンソウ  セツブンソウの白花品種。
双草(1茎2花)シロバナセツブンソウ 
色々あるセツブンソウの「変わり花」の中でも一際異彩を放つ。
普通品種の中に咲くシロバナセツブンソウ。 
雄蕊と雌蕊が白く、茎と葉は淡緑色
シロバナセツブンソウの幼体。生まれたときから全体の色が淡い。
《 節分草の進化か??“白花節分草” 秩父市、節分草園 》
シロバナセツブンソウ;
白い花の中心部が、紫色。花茎が、赤褐色なのが節分草の特徴・特色。
ごく稀にいわゆる「素心」「青軸」のものが存在してるようだ。
花茎が黄緑色で雄蕊の葯が白く、雌蕊も黄緑色で葉色も暗緑色ではなく明緑色。
通常の節分草の群落に混ざり明るく透明感のある存在は、際立っている。
これが、「シロバナセツブンソウ(白花節分草)」と称される草花である。
突然変異的に赤紫の色素が抜けた姿。この先、経過観察に関心を持つ。
正式に品種として認知されているわけでは無いようだ。
昨今の気象的変化に対して、いかなる姿を見せてくれるだろうか??
この白花節分草の開花は、節分草に比べ少し遅く花を見せるようだ。
白色で大きな花弁のように見える部分は、
多くのキンポウゲ科の植物と同様、花弁ではなく萼片。
花弁は、雄蕊の周りに並んだ小さなY字形で先端が黄色い部分。
通常花の先端、黄色部分が花弁で基部は通常は淡い紫色。
白花は白色。通常花の雄蕊は濃い青紫色。白花は白色〜淡いクリーム色。
花の中心部にある雌蕊は、通常花では薄紅色、白花は淡緑色。
白花は、アントシアニン等の色素を構成する酵素の遺伝子に異常があるか。
白花の出現率は、かなり低いと思えるが、どの程度なのか興味津々。
 
 
「令和陸年(皇紀2684年)3月2日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

《 雅羅・/・襍囈〝3月花Ⅰ〟❖ ’24-61 》

オウバイ(黄梅) バラ科(Rosaceae)
学名:Armeniaca mume ‘Oubai’ 
別名:オウゴンバイ(黄金梅)
瑞泉寺本堂まえの梅の木。


 
《 鎌倉市指定天然記念物“黄梅” 鎌倉瑞泉寺  ❖ 2023/02/28  ❖ 》 
梅は、栽培起源が分からない程、遠い昔より親しまれている花木。
弥生時代前期頃から栽培され始め奈良時代には各地広まったと伝わる。
用途は、薬用・食用・観賞用と色々だが梅干し作りが多かったようだ。
大別すると、果実を収穫する実梅(みうめ)と観賞用の花梅(はなうめ)2種類。
新品種に関しては江戸時代以降、増え続け今では400種以上にも登る。
早咲きには、2月から花咲く冬至、寒紅梅、大盃(おおさかずき)等々。
ウメはアンズ(アプリコット)やスモモと同亜属、此等との交雑種も多い。
地元、鎌倉に’黄梅(おうばい)’と呼ばれる変わった容姿の梅の木がある。
花名の通り花が黄色っぽい而して小花、樹勢も弱く幹も細いのが特徴的。
この梅の木、鎌倉市の瑞泉寺(ずいせんじ)に江戸時代からあると伝わる。
日本植物学の父と称される牧野富太郎博士が’黄梅(おうばい)’と命名した。
本堂前庭に七本あるが、そのうち本堂右前(向かって左前)の古木一株が、
「オウバイ」として鎌倉市指定天然記念物に指定されている。
一般にいうオウゴンバイと別品種なのか別系統の同品種なのか等は不明。
見てみると、”咲き終わり花弁が散り黄ばみ始めた”状態に見えもする。
其の様に思い素通りする人が多い。が、間近で観察すれば満開状態と分かる。
*       *       *
「黄梅」と云えば円覚寺塔頭の黄梅院(おうばいいん)が頭に浮かぶ。
黄梅院は、瑞泉寺の開山、夢窓疎石(むそうそせき、1275-1351)の塔所。
(実際の墓所は京都嵐山の臨川寺)
*       *       *
瑞泉寺の”黄梅”が何かを表しているのだろうか、個人的には想い膨らむ。
黄色く熟した梅の実が悟りに喩(たと)えたのか。
中国の禅の聖地である黄梅県に関係しているのか、
黄色い梅の花(植栽の意図は不明)が、夢窓疎石を思っての植栽か等々。
寺社という場所は、文化の殿堂、と思うがゆえにである(私的感慨)。
オウゴンバイ・・オウバイ!?!
花弁が退化(雄蕊化)して小さめになった、それ故花も小さい(小輪)。
やや淡い黄色で咲き進むと色薄まると資料にある。
花弁が薄黄色、開花しても花中心部の雄蕊はくるりんと丸まった状態。
花弁が完全に退化してなくなった’酈懸梅、別名’茶筅梅’と同様、珍しい梅の木。
*       *       *       *       *
「花壇地錦妙」(1695年)に黄梅、きうめ、おうばいとは別種とある。
黄金梅とは、花弁は普通で、葯の黄色が目立つものを言うに由。
鎌倉市指定天然記念物の瑞泉寺「黄梅」が有名すぎて本黄梅と言われもするが、
古くに記載されている「きうめ」なる表現を定着させてほしく思う。
 
「令和陸年(皇紀2684年)3月1日、記」
 
#ブログ

People Who Wowed This Post

《 雅羅・/・襍囈〝珍名花〟❖ ’24-60 》

ニオイカントウ(匂款冬) キク科(Asteraceae)
学名: Petasites fragrans (Vill.) C.Presl
別名:ウインター・ヘリオトロープ(Winter heliotrope)

《 面白い名の花(園芸種か)“匂款冬” 逗子市内  ❖ 2019/03/01  ❖ 》 
地中海周辺地域を原産とする多年草で、雌雄異株(しゆういしゅ)。
名は、芳香のあるカントウを意する。カントウはフキ(蕗)の別称。
セイヨウフキ(西洋蕗)の仲間でもある。
生え方や葉の形状などは日本在来のフキに似ている。
が、ニオイカントウの方がやや小型。花時の茎丈は20cm程度。
園芸種の植栽しか見ていない。地下茎で増える由。
雌株より華やかな雄株が殆どで、雌株を見つけるのは大変。
奇妙な名だが、葉や花が「フキ」や「ノブキ」等に一寸似ている。
花序が淡紫色の小さな筒状(集合)で周りの舌状花で構成。
筒状花の先端は5裂し、濃紫の葯と白い柱頭が突き出ている。
フキにそっくり。赤紫色がかり色鮮やかな姿。
雄株は、小花で花冠は五裂し星形。両性花の形態を示す。
花喉部(かこうぶ)から一本突き出るこん棒状の突起は雌蕊。
雌蕊の基部を囲う赤紫色の部分が雄蕊。
開花して雌蕊が伸長する時に雄蕊から花粉を付着する。
そして、雄蕊の伸長を促進させ突き出てくる様だ。
見た目は授粉した雌蕊に見えるが、雌蕊は不稔(ふねん)に由。
花後は枯れ結実しない。諸々複雑かつ不合理な仕組みもフキと同じ。
花名の“匂い”は、弱い。かすかにバニラの様な甘い香りを持つ。
花序一個の直径は1cm強、星形小花は、直径4mm強とかなり小さい。
蘆花記念公園(旧脇村邸)の花も総て雄株のようだ。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月29日、記」
 
#ブログ

People Who Wowed This Post

《 雅羅・/・襍囈〝樹花〟❖ ’24-59 》

ベニバナアセビ( 紅花馬酔木)  ツツジ科(Ericaceae)
学名: Pieris japonica f. Rosea Makino
別名:アケボノアセビ(曙馬酔木)、ウスベニアセビ(薄紅馬酔木)
《 稀なる原種か園芸種か“紅花馬酔木”・・現横浜市東戸塚辺り? ❖ 1977/2/28  ❖ 》 
ツツジ科アセビ属の常緑低木で、英名, Japanese andromeda 'Rosea'。 
親のメモにあった“あしび”。一般的には、アシビ(馬酔木)は、白い花。
ロセア種は、鳥取県の大山周辺で発見された品種をアメリカで選別育種された。
花は、ピンク色。他に濃桃色「ダイセン」や紅色「クリスマス・チア」等園芸種もある。
*         *         *
有毒植物で鹿の多い山(丹沢山地)でよく見かける。白・薄紅色も見かける。
そんな花を戸塚の林地で見た。花が美しく薄紅色、場所から見ると自生種だろう。
こんなメモとポジフィルムが出てきた。仔細は不明だが、記録として残そう。
*       *       *       *       *
今では、園芸種のベニバナアセビはよく見られ、庭木等に植栽されている由。
幹はやや捻じれ、樹皮は灰褐色、縦に裂け目が入る。
葉は、互生し枝先に集まってつき長さ3~10㎝、幅1~2㎝の倒披針形~長楕円形。
葉は革質で厚くやや波打ち、葉先半分の縁にはごく浅い鋸歯があり先がとがる。
円錐花序が垂れ下がり、花が下向きに多数つける。
花冠は長さ約7㎜のスズランの様な壺形で先が浅く5裂。
花色は白色が普通、稀にピンクのものも見られる由。
雄蕊は10個。葯に刺状の2個の突起がある。
蒴果は直径5~6㎜の扁球形で上向き。秋に褐色になり翌春まで残る。
種子は長さ2~2.5㎜、稜のある不定形。
Pieris japonica f. rosea Makino ベニバナアセビ((ウスベニアセビ)。
淡紅色花でアケボノアセビ(曙馬酔木)とも呼ばれ花期2~4月。果期9~10月。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月28日、記」
 
#ブログ

People Who Wowed This Post

《 雅羅・/・襍囈〝早朝光景〟❖ ’24-58❖ 》

ホトケノザ(仏の座) シソ科(Lamiaceae/Labiatae)
学名:Lamium amplexicaule L.
別名:サンカイグサ(三階草)
ホトケノザ(仏の座) 、小さな花だが近寄って見れば!!
運良く魅せてくれた。

《 妖しく魅せる草花“仏の座”・・泉の森 ❖ ’24/02/27❖  》
田畑の中や周りに、絨毯を敷きつめた様に群生する草花。
林床に見る仏の座は、ポツンポツンとまばらで、とても可愛い。
ホトケノザは秋に芽吹き、根から直接葉を出して広げる。
陽に暖められた熱を摂取する仕組みが、根生葉(ロゼット状)。
2月頃から開花し始め5月末頃まで、と花期はとても長い。
半円形の葉が、茎を取り囲む様を蓮華座(れんげざ)と云われる。
春に畑を彩るのは、ホトケノザとかヒメオドリコソウだろう。
早春を感じ始める今頃、赤紫の小さく可愛い花を付ける仏の座。
早朝にライフワークを済ませ、早朝散歩に出掛けた。
オドリコソウという花、したたかな生存戦略をみせる。
他家受粉の開放花と自家受粉の閉鎖花を同時に持つ。
種の先にアリが好む成分(エライオソーム)を付け、
アリに種を運ばせる機能を持ってる、自然界の妙だ。
葉が仏座に似て、花が段々に咲く様で“三階草”とも呼ぶ。
四角い茎と唇形花を持つ姿、シソ科の特徴をよく示している。
雨降った翌日の早朝に、時として妖しい姿を見せる。
眼の前の光景が、まさにそれだった。早起きは、三文の徳!!
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月27日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

《雅羅・/・襍囈〝今日は何の日〟❖’24-57❖》

《 歴史・事象を再考しないと・・“226事件” 》
 連休が終わって、清々しい朝を迎えたが、過去を思うと??
激務を、激動の時代を担った“昭和の裕仁天皇”を想う日(個人的に)。
今上天皇のお祝い日のすぐ後で、天皇のお立場等と軽々に申せないが。
裕仁天皇は、20世紀に於ける世界の2大元首と思って止まない。
そしてもうお人方は、英国のエリザベス2世(Elizabeth Alexandra Mary)。
エリザベス2世の言語録に裕仁天皇への敬意が示されている事に日本人として誇りを持つ。
そんな裕仁天皇の在位中の大事件の一つが、「二・二六事件」。
この大事件の背景を思うと、現代の憲法の再検討を痛感する。
現行法に対しての法哲学的思考、その一端をこの事件に重ね仮想してみたい。
法の根底・基本の憲法、手続き法や民事法をも含め過去の事件事例を参考に。
「二・二六事件」は、様々な要素を包含している。ケース・メソッドとして。
今年は、折りに触れ、昭和天皇と法を考えてみたい。と思った一日であった。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月26日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

《 雅羅・/・襍囈〝進化〟❖ ’24-56❖ 》

紅葉・黄葉の混在。どこか、春めきて。。!
葉っぱにみる霜。春を前に最後の喘ぎ!!
モノクロにしてみると・・・より鮮明に映る。


上下のカメラ、外観は全く同じだが中身は超進化されている。
上、FUJIFILM X100V  下、FUJIFILM X100Ⅵ
《 雨模様・・散歩に出掛けられなかった3連休 》
 「早春の風」・・温かさを感じ、神々しさを思った一瞬。
天皇誕生日一般参賀・お立ち台に見る皇室の方々。
天皇・皇后、そして愛子親王殿下のお姿に春の息吹を感受した。
 
この3連休は、雨模様だったが、メタボリズムを思った3日間。
新陳代謝・・我が心身も進化して欲しい、とため息をもって願う。
庭の紫陽花にとっては、恵みの雨か等と窓越しに思ったり。
植物観察していると、得ることが多々ある。葉っぱ一枚をみても。
一瞬の姿に驚く、が常だ。それを撮った表現には情けなさをもつが。
記録・・備忘録として残すのみである。撮り手のことはよしとして。
先年末から、新撮影機材の発表にため息を吐いている。
ただ単に羨望の眼(まなこ)でいるだけだが。
先週発表されたデジカメに嬉しい感慨をもった。
全き個人の思いだが、外観は変化なし、だが中身が進化している。
今時、こんな進化のさせ方もあるのか、メーカーの心意気を感じた。
自分には、高値の花だが異国の写真仲間に誇れる機材の出現だ。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月25日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

《雅羅・/・襍囈〝備忘録 '24-6〟❖ ’24-55❖ 》

ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Anemone keiskeana T.Itô ex Maxim.
* 画像は、総て借物 *
《 今時に植物園でみられる草花・・大船フラワーセンター ❖ ’19/02/08頃?❖  》
ユキワリイチゲ(雪割一華)、在来種;
関東地方では見ることができない花。 自生地は、西日本方面。
Anemone(アネモネ) は、ギリシャ語の「風」が語源。
 「早春の風」が吹き始めると 開花する、 妖精アネモネの化身。 
ユキワリソウ(雪割草)とも呼ばれるミスミソウ(三角草)に近似。 
早春を彩る草花。花も葉も見られるのは春だけのSpring ephemeralだ。
”春” ”儚い” ”短命”を意味する早春季植物で「春の妖精」とも云われている。
葉は三深裂し鋸歯が入るため、ミツバ(三つ葉)のように見える。
寒い時季は紅葉して紫色を帯びている。花弁は多く十五枚程度。
日が陰ると花はすぐ閉じてしまうので観賞は晴れた日の昼過ぎがよい。
山地の渓谷沿いや,山麓の樹林内,竹林などに生える多年草と聞く。
早春植物の1つで葉を展開している秋から春の期間に光を得られる立地に生きる。
地下茎があり,群生する。根茎は太く横に這い,紫色を帯びる。
根生葉は三裂、ほぼ三角形で鋸歯あり、表面は紫色を帯びた緑色で斑がある。
裏面は濃紫色。葉は単葉で柄がない。萼片は10-20枚程度で八重状になる。
白から淡紫色の花が、3月前後に花を開いて初夏には地上部が枯れる。
庭で生育さている人を知らない。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月24日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

《雅羅・/・襍囈〝vox caeli !?!〟❖ ’24-54❖》

冬のダイアモンド富士。
神々しい富士。
黄金の国“ジパング”を彷彿させる富士嶽。
龍神の逆さ富士。
《  きょうは、“富士山の日”   &  〝 caeli !?! 〟  》
富士山の日;
パソコン通信「NiftyServe」内フォーラム「山の展望と地図のフォーラム・FYAMAP」が、
1996年(平成8年)元日に制定。「ふ(2)じ(2)さん(3)」「富士山」の語呂合わせ。
この時期は、富士山がよく望めることが日付の理由。
*       *       *
〝vox caeli !?!〟とは、天の声を意味するラテン語。
かつて、西欧の学問の世界ではラテン語が共通語であった。
今でも学名にラテン語が用いられている。
*       *       *
日本語の中でも特殊な表現がある。
“お上(おかみ)” この言葉は、天皇を表現する宮中言葉。
 
扨、さて。
今日は、天皇誕生日(祝日法第3条第2項による休日);
1960年(昭和35年)2月23日、今上天皇陛下が誕生なされた日。
即位は、2019(令和元)年5月1日。
天皇誕生日、以前の表現では天長節。外交上では国家の日である。
ナショナル・デー(National-day)に該当するのが、天皇誕生日。
日本国第126代天皇  徳仁の誕生日、2月23日(2020年〈令和2年〉以降)。
国家の日(世界各国)の定義同様に日本の国家の日がいつか知る人は少ない!!
天皇誕生日と建国記念の日、この両者の趣旨を統合しようとする提言がある。
2月11日を「皇室の日」というナショナルデーと定義する提案である。
皇位継承問題が、色々と燻っている現況も含め真摯に検討すべき時と思う。
 
今日の天皇誕生日一般参賀を拜すると、愛子内親王殿下のお出ましが初々しかった。
今上天皇、雅子皇后のお元気な姿を拜していると、富士山の如く優美で。
日本を代表する人・山が、重なる偶然に・・・納得が行く。
“  魂  " を感じる、何かを与えてくれてる一日であった。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月23日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

《 雅羅・/・襍囈〝緑地の樹〟❖ ’24-53❖ 》

ネコヤナギ(猫柳) ヤナギ科(Salicaceae)
学名:Salix gracilistyla Miq.
別名:エノコロヤナギ、トウトウヤナギ、他。
ネコヤナギ(猫柳)の新芽
ネコヤナギ(猫柳)のピンク花。
 
《 今時の里山緑地・・泉の森 ❖ ’24/02/18❖  》
ネコヤナギ(猫柳)、在来種;
平地や山中の水辺にごく普通に生えてる樹木。
樹高5m位。樹皮は暗灰色、古木では縦に割れ目が入る。
下部からよく分枝し株立ち状になる。
小枝は黄褐色~小豆色、はじめ軟毛が密生し、後に無毛。
蕾は黄褐色、楕円状卵形、うぶ毛で覆われ、先は尖る。
樹高1〜5m。樹皮は暗灰色。新枝は帯紫褐色で軟毛が密生。
葉は互生。葉身は,長楕円形。先端は尖り縁に細かい鋸歯がある。
雌雄別株。春先に葉の展開前に開花。銀白色に輝く花芽は目立つ。
 
「令和陸年(皇紀2684年)2月22日、記」
#ブログ

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account