Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

http://en.bloguru.com/fukushima-requiem

玄海原発3号機配管トラブルの経過

thread
3月30日に発覚した、玄海原発3号機の2次配管に1cmの穴が開いたトラブルで、
九州電力は4月10日までに同配管16本を新しい配管に交換し終えたと発表。
同様に、5月に再稼動を予定していた4号機も同配管を交換するという。

だが原発トラブルは、問題箇所を交換すれば済むという代物ではない。
重大欠陥を抱えて送電開始した九州電力は、厳しく自己を見直す必要がある。

13日に佐賀県が九州電力を同席させての会合でも下記の意見が飛んだ。
錆を認識しての運転に対し、錆を放置しても良いという文化を見直すべきだ。
配管を同タイプの物に置き換えたが、錆に強いステンレス製にするべきだ。
問題となった脱気器を雨水がかからないように屋内に設置すべきだ、等々。
これに対し九州電力は、具体的な改善内容を打ち出さなかった。

九州電力は3号機をすぐに発電させようと考えているのだろう。
今も原子炉自体は臨界状態を保ったままである。
だが、トラブル箇所を交換してすぐ運転しようとする姿勢に県も不信を抱く。
会社側の意識が変わらなければ、送電停止はかなり長期に及ぶ事だろう。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account