Search Bloguru posts

もう一つの「2.5次元」世界!?

thread
セブンイレブンのキャンペーンで... セブンイレブンのキャンペーンでげっとしたクリアファイル(^-^)/
対象のお菓子を一個買うともらえる。
(https://www.sanrio.co.jp/news/kt-okashi-campaign-20171113)
最寄りのセブン行ったらキャンペーンは今日からなのに、キティちゃん
(とBF等その関係者)だらけのこのファイルは既に残り3枚だったよ(゜ロ゜)
庭の蜜柑がたわわになってきた。... 庭の蜜柑がたわわになってきた。この前収穫したザクロに続き蜜柑も
もうすぐ収穫だ(^-^)/
今年の夏は暑く長かったせいもあるのか実が大きめなのだ。
先日、ここに行っていた。すんご... 先日、ここに行っていた。すんごい人で駐車場の空きも際どかったので
余裕を持って早めに到着しておいてよかった。

それと特定のことに限った話ではないんだけど、公関係の書類や各付属物は
少なくとも新しいものが更新等新交付されるまでは処分や紛失しないように
した方がいい。後々面倒なことになったり時間を要したり、場合によっては
新交付されるまで手元にブツがないとなると違法状態(*_*)なんてこともある
んだよね。





ここから先は時代劇ドラマ「水戸黄門」、第七話についてちょっと。




今回の第七話、いくら黄門様でも如何ともしがたい、黄門様も人間なので
何でもなんとか出来るわけではなく、拠って立つ土台を否定して己の存在
自体を無にすることは出来ないのだと思った回だった。
この話における鶴姫の縁談を潰すということは、武家社会における根本、ひいては
幕府制度そのものの否定ということに繋がるのだろうし、そうなると最強の印籠を
持つ黄門様の存在土台自体を否定することになり、この「水戸黄門」というドラマ
が成り立たなくなる。
黄門様は世直し旅はしているけど幕府制度そのものの否定、革命旅をしているわけ
でもないし、あくまでも武家社会の幕府制度が大前提なのだ。
それにしてもやはり、「ローマの休日」よろしく一般人の娘として助さんと
過ごし、束の間の自由を楽しんでいた鶴姫を観るにとても切ない(T_T)
(ちなみに助さんは女の子というか女性に対してけっこうマメだしエスコートも巧い)
これでせめて、鶴姫の縁談相手サイドが悪だとかラスボス柳沢吉保の陰謀である
とか、あるいは、鶴姫が助さんと同じぐらいの大人の年齢で助さんと相思相愛に
なり助さんが婿入りするとかなら黄門様も何か動き様があったかもしれないけど
今回、こういう要素もないしね。
この鶴姫を演じた子役の女の子はすごい名演技。
男の子の羽織袴で変装し城から逃げ出してきたシーンにしても、普段着ている
お姫様、女の子の着物と違っていかにも着慣れておらず動きづらい、訳ありの
怪しい子供であるという雰囲気がよく出ている動き、演技だったし。


一方、今回も悪役陣が濃い、濃すぎる(^-^)/
旭座重兵衛の着ている着物(赤フンに達磨柄)や帽子(中華料理の某有名シェフが
かぶっている帽子と同じような形の黒い帽子)も強烈だ。
この重兵衛はライバルの寿座と比べて自分の旭座にお客が入らないとキレて
悪事を働いてるけど、まず旭座はその劇場、芝居小屋の外観が怪しい賭場か
悪の溜まり場、あるいは、白装束で血糊付きの怖い般若の看板も掛かってて
まるでお化け屋敷(゜ロ゜)
そもそも芝居を観せる場所に見えない所からしてダメなのかもしれない。
それと今回の大ワル、鶴姫のお父さん(藩主)の叔父さんを演じた俳優さんは
貫禄たっぷり、ワルな怖い笑顔がまた素晴らしく夢にまで出てくる印象の強さ。
この叔父さんは印籠が出て黄門様の正体がわかった後もプチ往生際の悪い小抵抗
を見せていて、そのときの憎々しげなワルの極みな表情や態度も圧巻だった。
斬られ役というかやられ役のワルの子分達も、今回は口まわりを点々と髭が囲う
悪役がいたりで相変わらず濃くて芸が細かい仕上がり。
そういえば第五話に登場していたモヒカン風(天然ちょんまげ!?)のやられ役は
また登場しないのかな?
このモヒカンのやられ役は、やられた弾みで傍にあった藤籠を頭にかぶってしまい
(虚無僧?)、前が見えずそのまま力士風のやられ役と体当たりしてしまい自滅という
思わず吹き出してしまう面白いやれら方をしていて、見た目と演技が強烈だったのだ。


この第七話最大の見せ場であろう劇中劇、黄門様famも舞台に役者として登場。
風刺劇を演じてるんだけど、この劇中劇は重兵衛や鶴姫のお父さんの叔父さんはじめ
ワルの面々の名前をぼかさずはっきり名乗って演じられているので風刺劇というよりは
実在の悪の犯罪録、事実の再現劇になっている。
しかもワルの面々もこの劇中劇の上演を取り締まるべく来ているのにすぐに止め
させず、途中までとはいえ自分達の実録犯罪再現劇をしっかり観劇しているのが
なんとも律儀。
弥七により解放された鶴姫のお父さんも頭巾をかぶってこっそり舞台を観に来て
いるんだけど、身なりといいどう見ても高貴な立場の人間だしその頭巾のせいで
かえって目立っているような気がしないでもない。
しかも、この頭巾の口元まで外してしまって自ら顔バレ、頭巾の意味がますます
よくわからないんだけどこういう頭巾も時代劇のお約束、流して鑑賞を続けたよ。
この劇中劇では格さんと弥七が悪役、助さんは正義のヒーロー役。
格さんを演じている俳優さんは将来、悪代官役もいけるのではないかと思えた。
表情とか雰囲気も悪役らしく作って演じていたけど違和感がないし、なんか
凄みすら感じたよ。
弥七もこの劇中劇で悪役をやらせられ、正義のヒーロー助さんにやっつけられながら
「何で俺がこんな役を・・・」と格さんとこっそりぼやいていたけど、このときの
弥七には弥七こそ普段は黄門様famのピンチを救う格好いいヒーローなのにと同情の
悲哀を感じたよ。
この劇中劇にて正義のヒーロー、助さんが〆をキメた丁度いいタイミングで
自分達の悪事を再現劇された悪役陣がついに突入、劇中劇舞台上での格闘&印籠
シーンとなり、テレビドラマ「水戸黄門」を観ているのか舞台「水戸黄門」を観て
いるのか、二つの別世界が混ざりあったような不思議な視聴感。
これももう一つの「2.5次元」世界なのだろうか、テレビと舞台両方の感覚を
一度に観ることが出来てお得な気持ちになった。


それと、洗脳されて黄門様を狙う刺客女忍者となった詩乃さんはどうなったのかと
思っていたらラストの方で刺客同僚の柘植九郎太だけ登場し、黄門様famをマーク
していた(その柘植九郎太をさらに弥七がしっかりマークしていたけど)。
もっとも、蛇骨と共に江戸まで徒歩で柳沢吉保に刺客新加入の挨拶をしに行っていた
詩乃さんがこれまた徒歩ですぐに東北まで戻って来られるわけがない、忍者とはいえ
これまた人間、何でも出来るわけではないからこの第七話で詩乃さんが登場しなかった
のはやむをえないだろう。
予告によると次の第八話には登場、東北に戻って来るようなので期待している。
(それにしても足が速いのは変わりない。さすが忍者だ)


People Who Wowed This Post

野生の王国!?

thread
耳と尻尾付パーカーを買った(2... 耳と尻尾付パーカーを買った(2804円。送料手数料含税込)
猫や兎の耳付きやそうでないのも含めて複数枚パーカーを持っているんだけど
洗濯をするとフード部分が乾きにくいのがパーカー類の難点(*_*)
フード部分だけでもナイロン素材にしてくれたらちょっとは乾きやすく
なるかもしれない。
猫とか兎といえばこういうタイツ... 猫とか兎といえばこういうタイツもけっこう持っている(^-^)/
なお、この画像アップしているものについては収納整理の関係でパッケージ
から出しているだけのまだ履いてない新品。
このシリーズのタイツは比較的丈夫で伝線しにくい優れものなのだ(^-^)/



ときに、今年もあと2ヶ月切ったし年末対応進行射程内。
しかも11月は先の3連休に祝祭日、加えて地元県民の日にプレミアムフライデー
もあるせいか各所なかなか早い段階で予定を確定出来ない場合もあって、それが
雪崩式に重なってどんどん時間がタイト化。
各所、スケジュール調整に四苦八苦、どれを優先すべきか各所同士でまず
話し合って決める、そしてこの調整だけでも時間がかかるなんてことも。
こういう状況だし、どれを優先すべきか段取りしてからでないと総崩れに
なってしまうから調整に時間がかかるのもやむをえないんだ。
休みが多い、多くなるのは大変けっこう、いいことなんだけど、一方、休みでない
ときにその皺寄せが押し寄せることになってしまうとこれはこれでどちらがいいのか
悩ましいところだ。



ここから話題変更、時代劇ドラマ「水戸黄門」第六話について。



この第六話にきて、ついに待ちに待った女忍者、くのいちが登場したと思ったら
黄門様famに加わるのではなくて黄門様を狙う刺客の一員になってしまったよ。
隠密、隠れくのいちだった詩乃さんが生きていたのはよかったけど記憶喪失に
なってしまい、それをいいことに洗脳されてしまったんだよ。
この女忍者、詩乃さんを演じている女優さんは、綺麗なのにどこか訳あり
陰があるという役柄の雰囲気をよく演じていたよ。
詩乃さんは隠れ忍者だったんだけど、旦那さん(忍者ではなく武士、役人だ)との
生活がよほど幸せで居心地がよかったのだろう。
旦那さんと一緒に逃げるときには忍者らしくもなく転んでみたり、格闘にしても
己の身を守ることすら危うく、すっかり忍者の勘が鈍ってしまっていたのだ。
一方、洗脳後は一変。
東北から徒歩(駆け足、ランニング?)でやって来たにもかかわらず、江戸にいる
であろうラスボス(刺客達の雇い主)の柳沢吉保の所へ随分早くたどり着き、刺客
仲間入りの挨拶をしていて足が超速っ!
しかもこの後これまたすぐに東北に戻るようだし超タフっ!
すっかり忍者としての感覚が戻っている詩乃さんなのだ。
詩乃さんには早く記憶を戻してもらって旦那さんと再会してハッピーエンドに
なって欲しい。旦那さんはたとえ片袖ひとつでも見つかればと、詩乃さんを
探しているんだよ。
詩乃さんの旦那さんは一見、飄々としてヘラヘラしてるけどなかなかどうして鋭い、
食えないという点では武田鉄矢氏演じる黄門様といい勝負。
黄門様と助さん格さんが商人(越後のちりめん問屋)ではなく武家の人間である
ことも見抜いていたし、今回これまた刺客入りした蛇骨に脅されて詩乃さんが
汁に入れた毒も上手く防いでことなきを得たし。
黄門様が商人ではないことを見抜きながら、タダ者ではないと思いつつ黄門様を
ご老体呼ばわりする詩乃さんの旦那さんと、助さんにお年寄り扱いされて怒って
たのに詩乃さんの旦那さんにもお年寄扱いされて内心面白くなさそうでもわざと
らしい笑顔を浮かべて対応する黄門様。
このいい意味で食えない二人のやりとりは、悪代官と悪徳商人同士の悪の誉め合いとは
また違った意味でなんかゾクゾクする。
黄門様サイドでは前回に続き格さんの棒技が光っていた、格好いい。
今シリーズの助さん格さんの場合は、格さんが棒とか刀とか武器を使い、助さんが
空手技とか素手で格闘シーンを演じた方がさらに映えるのかもしれない。
それと今回、弥七の過去が少し明らかになった。弥七は昔、蛇骨の配下にいた模様。
この蛇骨は忍者世界ではかなり有名、顔がきくし腕もたつ大ベテランのようで
柘植九郎太も蛇骨が仲間入りしても「俺だけでも出来るのに」等の文句ひとつ
言わない。
蛇骨はともかくこの柘植九郎太については、何かきっかけさえあれば改心して
黄門様famに飛猿枠でメンバー入りすることは可能ではないかと思える。
柘植九郎太は詩乃さんに対して隠密として今まで何をやっていた、何か隠密として
貢献していたことはあるのかと問い詰めていたし、黄門様が憎くてどうこうという
よりは己の隠密としての職業意識に純粋に忠実なだけな気がする。
だから、黄門様の方が柳沢吉保よりも上の上司であると理解認識する何かきっかけ、
展開があればそのまま今度は黄門様に忠実に従うタイプなのかもしれないと思うのだ。
悪役サイドといえば、今回の悪徳商人が着ていた羽織と着物の色合いがとても
お洒落だった。仙台藩はお洒落な藩なのかな。
着物について、悪役が虎柄の着物を着ていた回(イカサマ賭博で黄門様が
スッテンテンになる回だった記憶があるんだけど)もあった。
アニマル柄の着物は強面にピッタリ、また悪役に着てもらいたいよ。
それとそろそろ、黄門様が印籠を出しても「ええい、ご老公でもかまわん」とか
「あれはご老公の偽者だ」とかトチ狂って斬りかかる往生際が悪い悪役なんかも
出てくるかな?
こういう往生際が悪い悪役は「水戸黄門」よりも「暴れん坊将軍」の方に
顕著なイメージがあるんだけどね。


今回の水戸黄門、本編後に弥七が音声で各地の名物を紹介してくれるコーナーも
あって、今回ははらこ飯とキラキラ丼を紹介していた。
このはらこ飯、以前行った東北バスツアーで食べたことがある。
適度に魚の生々しい味や風味が残っていてとても美味しいんだ(^-^)v
キラキラ丼も食べてみたい。紹介映像を観るに、ウニがどっちゃりのってて
これまた美味しそうだよ(^-^)/



People Who Wowed This Post

きんぐ おぶ こらぼ(^o^)/(11月2日またまた追記)

thread
以前やってたマルチャン(東洋水... 以前やってたマルチャン(東洋水産)の全員プレゼントで入手した
キティちゃんコラボキーホルダー。
今後のキャンペーンでキティちゃんとマルチャンコラボのラバーストラップ
やぬいぐるみも出してくれると嬉しいな。
(ちなみにマルチャンの焼きうどん醤油味、大好物(^-^)v 週に一度は買ってる)

ときに、郵便貯金のことについて以下ちょっと。
郵政民営化(平成19年(2007年)10月1日)より前に郵便局に預けた定額郵便貯金、
定期郵便貯金、積立郵便貯金は満期を過ぎているということ。
それで、これらの郵便貯金は満期後20年2ヶ月経つとタイムオーバー、
払い戻しが受けられなくなるんだ。
これは相続が発生した場合(故人の預金)にもあてはまるし、これを書いている
現段階において相続についての特例もないとのことなので、自分の預金だけで
なく家族の預金についても念のため注意、確認した方がいいと思う。
なお郵便貯金の普通預金については、最後の入金や出金から10年経つと
払い戻しに面倒がかかるし、また、今後の法改正によってはまさかよもやの
万が一だけど普通預金についても払い戻しが出来ないとかになるかもしれないし、
相続のことも含めこれまた自分だけでなく家族の預金についても注意確認した方
がいいと思うよ。
それと以上のことに関して振り込み詐欺、払い戻し手伝い詐欺とか代行詐欺とか
ワルい奴が出てくるかもしれないからこれも要注意φ(゜゜)ノ゜




ここから先は話題変更、BS-TBSで放映中の時代劇「水戸黄門」の話。

新生水戸黄門がスタートして先日第2話が放映された。
武田鉄矢氏演じる水戸黄門はじめ助さん格さんも第1話と比べてこなれて
きたように見えるし助さん格さんの格闘、殺陣も見ごたえあるよ。
もっとも今回の旅は水戸黄門初めての漫遊との設定なので、放映が始まった
ばかりの第1話において印籠のシーン等ぎこちないところがあったとしても
それが自然、初めての漫遊という設定で慣れすぎている方がむしろ不自然だ。

武田鉄矢氏演じる水戸黄門にはどうしても「金八先生」を彷彿
させられてしまう。
四文字熟語を教えるところは国語の先生みたいだし助さんと格さんは生徒。
ワルい奴のお父さんをたしなめるその様は、生徒のPTAを叱るこれまた先生。
ただ、水戸黄門の最大の魅力はそのブレのない大いなるマンネリズムなので
よく知られている金八先生を彷彿させることでむしろ安心安定感。
別のドラマの別の役にしても観ている側がよく馴染んでいるお馴染み役を
彷彿させることでマンネリズム効果がさらに増す。
今週も何のストレスもなく、変に奇をてらったところを観ることもなく安心して
観ていられるという安全感バリアーが二重にかかってるかのようなのだ。
武田鉄矢氏演じる水戸黄門は格闘等はほとんど参戦しないし厳しい裁きも
しないけどトラブルの実際的な解決はちゃんと呈示するので、スッキリしない
モヤモヤ感はない。
左馬とお嬢さんの邂逅、ハッピーエンドも入れてこの点もきちんと〆てるし、
このような、観ていてストレス要因というものがないマンネリズムという
水戸黄門の基本に武田鉄矢氏は上手くハマってると思う。
今の所、うっかり八兵衛にあたるキャラがいないこともあるのか武田鉄矢氏
演じる水戸黄門はその役も兼ねているようで各地の名物食べ物も紹介してるん
だけど、武田鉄矢氏はコミカルな所もある俳優さんなのでこの点もハマってるし
ほっこり安心安全感をさらに増し増ししてくれる。
(名物といえば、2話のモチーフになっていた相馬焼きの茶碗は色も綺麗で
素敵な茶碗だ。番組最後のご当地紹介コーナーを観るに造りも丈夫そうだ)

今回の水戸黄門、一番格好よくていい所(おいしいところ)をバシッとキメて
くるのは弥七、渋くてどことなくニヒルでいい味をだしてる。
黄門様の密書を風車を飛ばして送るにしても、ちゃんと相手がそれに気づいて
開封したのを確認してからその場を去ってるし、いい仕事をしているよ。
今回の黄門様famには飛猿やお銀に相当するキャラは入らないのかな?
そろそろ女性メンバー、特にくのいち、女忍者キャラも御一行メンバーに
欲しいな。

そういえば間に入った、番組スポンサーである東洋水産のCMには大爆笑(^-^)/
まだ早いだろうという番組途中の時間帯に武田鉄矢氏演じる水戸黄門と
助さん格さんの印籠シーンが入って何事か(゜ロ゜)と思ったら、それは
マルチャンの赤いきつねと緑のたぬきのCMだったんだよ。
印籠の代わりに赤いきつねと緑のたぬきを使い、最後は悪代官達と横一列に
並んで和やかにカップ麺をすするというCM。
この堂々たるコラボCMにはテレビ画面を指差して大笑い、お腹がよじれる
ほど笑ってしまい、録画をヘビーリピートしちゃったよ(^o^)/
コラボ流行で世の中には数多くのコラボがあるけれど、自分的にはこのCMが
今年ナンバーワンのコラボ大賞だと思う。
このCM、別ヴァージョン含めてまた観たいし今回の水戸黄門、もちろん
今後も視聴を続けるよ(^-^)/
今回の放映は全10話の予定みたいだけどもっと長くやって欲しいし
次のクールがあることも期待している。
(ちなみに自分、カップ麺では緑のたぬきが一等好きだ(^-^)v
入ってるかき揚げも大きめだし汁も美味しい(^-^)/)




(追記)


水戸黄門、第三話第四話と引き続き観たよ。
今期水戸黄門、ますます面白いよ(^-^)/
第三話はイカサマ丁半博打にハメられてヒートアップした武田鉄矢氏
演じる黄門様が「今度は丁だ、丁~~~!!!!」と絶叫してるシーンが
あまりにも面白かったのでまたもお腹がよじれるほど笑ってしまったよ。
笑いすぎて涙まで出てきたしお腹が痛い(^o^;)
武田鉄矢氏演じる黄門様は一見偉そうに見えないけどいい意味で人間臭くて
親しみももてるし、それでいてけっこう強かで食えない、味のあるキャラだ。
一方、第四話は悪役オールスターの回。
今後も登場するだろう真ラスボス柳沢吉保の直属刺客にもベテラン悪役俳優さん
を配してきたし、今回のスポット悪役陣も名悪役俳優揃い。
誰が見てもすぐにワルだとはっきりわかる佇まいや台詞まわし、演技も
すごいんだけど特にすごいのは悪役俳優陣のその表情。
演技における表情のひとつひとつが「The時代劇のTheワル!」というコテコテ
のドロドロで見ごたえあるし濃い内容。
悪徳商人に向かって「なんとか屋、お主もワルよのう~~」とかいう、互いの
悪を誉めるお馴染みのシーンに至っては、二人の悪役俳優さんの演技表情を
観ていてなんかゾクゾク寒気がしてきたぐらいだ。
それとこの第四話悪役オールスター回は細部に至るまで隙がない。
「日本一の斬られ役」、あの福本清三氏も出演しているのだ。
(ちなみに今回、福本清三氏は斬られ役だけでなく斬る役もやっていた)
やはり福本清三氏は素晴らしい。斬られ役なので登場シーンはごくわずか、
画面の片隅にチラリと映るのが基本なんだけどどうしても目が離せない、
しかも印象に残る演技だし、斬られた後もこれまたほんの一瞬映っただけ
なのにその映り方と倒れて画面から消えるわずかな「溜め」の動きが絶妙、
神業。決してメイン俳優の邪魔はせずメイン俳優を引き立たせて、なおかつ
己にしか出来ない印象的な斬られ方を魅せる、さすがは福本清三氏だ。
どんな小さな役、小さなことでも「どこかで誰かが見ていてくれる」
というのは本当のことだと思うし、実際、観ているし魅せられてるよ。

それと前述のように今回から黄門様を狙う柳沢吉保の刺客として小沢仁志氏
演じる玄竜が加わったんだけど刺客同僚の柘植九郎太とはあまり仲良くない
様子だった。今後、柘植九郎太は「飛猿」枠として黄門様famの一員に入ると
いうこともあったりするのか、この辺も気になる。




(またまた追記)



時代劇ドラマ「水戸黄門」第五話も観たよ。
この時代劇、どんなゲストが出演するのかも毎回の楽しみのひとつ。
この第五話冒頭では新沼謙治氏が船頭役で友情出演して歌も披露していた。
歌が上手いのはもちろん、船頭役としての演技もその地方なまりも相まって
劇中にナチュラルに馴染んでいた。
この船頭役の感じを見るかぎり、コミカルな感じもあったし新沼謙治氏は
うっかり八兵衛役もナチュラルにハマりそうな気がしないでもない。
それと今回の水戸黄門、 うっかり八兵衛や飛猿、お銀にあたるメンバーが
まだ登場していないし、斬られ役に至るまで悪役サイドがベテラン俳優名優で
固められていて濃い布陣になっていることもあって、黄門famサイドとの人数調整、
バランスをとる必要があるのだろうか。
今回、黄門famサイドのゲストとして宅麻伸氏が出演していた。
宅麻伸氏は時代劇「 逃亡者おりん」に出演していたこともあって、格闘殺陣
シーンも見応えたっぷりに活躍していた。
(余談だけど、「 逃亡者おりん」において宅麻伸氏は主人公おりんのピンチにどこ
からともなく格好よく登場しておりんを助けるという、まるで「セーラームーン」
のタキシード仮面のような役をやっていた)
宅麻伸氏はその演技と主役サイドのメインがハマるルックスも相まって、弥七役の
俳優さんと共に並んで黄門様を守るシーンになるとすんごい安定感、どっしりと
場がキマっていた。
一方、悪役サイドを見るに今回一番印象に残っているのは黄門様を狙う
刺客役の小沢仁志氏演じる玄竜の壮絶な最期のシーン。
弥七に敗れ、不敵な笑みを浮かべながら絶命するその演技や表情は悪として
悔いなしという気概も感じ圧巻だった。
これで玄竜の登場が終わりとはあまりにも残念(>_<)。
小沢仁志氏演じる玄竜にはドラマの最後まで登場して欲しいし、出来れば今後も
柘植九郎太と共に「飛猿」枠として黄門様famに入ってもらいたいよ。
玄竜が投げ飛ばしたらそのはずみで黄門様の腰の痛みも完治したしさ。
それと前述のように、武田鉄矢氏演じる黄門様と助さん格さんは先生と生徒、
優等生とやんちゃな生徒を引率している先生のような感じなんだけど、先生から
すると優等生だけでなくやんちゃな生徒も可愛いのか、憎まれ口を叩きあいつつ
黄門様と助さんもこれまた面白い、いいコンビ、いい掛け合いになっている。
なんだかんだ言いつつも、腰が痛いと当初は嘘をついていた黄門様を助さんは
おんぶしてあげていたしね。
この助さん役の俳優さんは何か格闘技の素養があるのかな?
格闘シーンの動きがビシッとしてて無駄なく綺麗だし。

この「水戸黄門」、今後のテレビシリーズ継続はもちろん、同じく武田鉄矢氏
演じる黄門様はじめこの主要キャスト陣で舞台化もあったらいいな観たいなと
思っている。
ちなみに舞台グッズとして、テレビ番組スポンサーであるマルチャン(東洋水産)と
キティちゃんコラボの水戸黄門各キャララバーストラップ等が発売されたりすると
さらに嬉しい(^-^)/


People Who Wowed This Post

Deadline

thread
キティちゃんのぬいぐるみを購入... キティちゃんのぬいぐるみを購入(2つで1510円税込)\(^-^)/
これらは元々はゲーセンプライズだったみたい。縁あって入手出来た。
それぞれ紐を縫い付けて鞄につけようと思う。ちと大きさがあって重いかも
しれないけど体力増強の筋トレ(!?)だと思って持つよ。
いまだ半袖どころかノースリーブ... いまだ半袖どころかノースリーブ、寝るときはキャミを着ている(゜ロ゜)
東京行きの予定も組みたいんだけど何を着ればいいのか悩ましい(*_*)
それでも春夏ものと秋冬ものの洋服入れ替え整理は既にやってある。
ちなみにニット帽以外でもこういうさらに暖かそう(暑そう)な帽子も
持っている。この前、入れ替え途中でちょいと遊び心でかぶってみたら
頭が蒸れてのぼせそうだったよ(>_<)


以下、アップした画像とは関係ない話なんだけど、昨今、マイナンバー
も記載する箇所もある公又は公的な申請書もある。
それで、いざ記入するということになってマイナンバーがわからない、
通知書も紛失してしまってすぐに確認出来ないということになるとそこで
ロスタイム、期限ギリギリだったりした日には〆切に間に合わないなんて
こともありうるから、なるべく余裕を持って準備するなりマイナンバーは
いつでもすぐ確認出来るように管理、整理しておいた方がいいと思う。
意外な所で意外な形でマイナンバー記載が必要なこともあったりするんだ。



またまた話が変わり(我ながら思う。このブログは唐突に話題が錯綜する
精神立体交差点、複雑信号みたいだ)、今夜は録画してある「コズミック
フロントnext」を観たいんだ。
土星接近の回と宇宙が真空崩壊して終わりがどうのとかいう回を録画して
あるんだけどまだ観られていないのだ。
この番組はけっこう好きでちょこちょこ観ているんだけど、中でも太陽の
兄弟というか双子星だというネメシスの回は興味深かったよ。
このネメシスの超~長い軌道が一定のターンで地球に大きな害を及ぼす、
これは恐竜の絶滅にも関係してるとかいう内容だった記憶がある。
ネメシスは明るい星ではないこともあって、はっきり存在が確認されて
いるわけではないけど、話としては論は通っていると思う。
もし本当にこのネメシスという星が存在していたら、それが地球に
害を及ぼす時期は、太陽の寿命時期や地球がある銀河系とアンドロメダ
銀河が衝突する時期よりもけっこう早く来るんだよね。
早いといっても万年単位のことだろうしすんごく先のことだけど、脱出や
星の狙撃等による軌道変更なりなんらかの対策技術開発がそれまでに間に
合うのかなとも思えてしまう。
逃げるといってもそれは銀河系の外に行かないとならないかもしれない。
でもいまだ一般人が普通にお手頃価格で月上陸旅行にも行けてないし、銀河系
自体詳しい全容もよくわかってないし状況状態把握だけでも時間がかかりそう
なんだけど。
それと放射線や重力、気圧等のこともあるし、宇宙に逃げるにあたって
宇宙に対応した人間の生物としての進化というか適応(改造!?)もその
来るべき時期までに間に合うのかなとも思ってしまってるんだけど。
とりあえず今こんなこと心配してもしょうがないから、コーヒー
ブレイクでもしよ(^-^)/


People Who Wowed This Post

Land of confusion !?

thread



カフェで昼休憩中。今のうちに思うところをちょいと
つらつらブログに書いてみよ。



公又は半公的と言っていい所の窓口メールのアドレスのこと
なんだけど、中には記号なんかも入ってる所もある。
その記号もすぐにポンっと打てない、タブレットやスマホの機種に
よってはさらに面倒くさいものだったりすることも。
どうやったら簡単に打てるか諸々web等調べてるならば、いっそその
公又は公的窓口に直接電話した方がはるかに早く済んだなんてことも
用件によってはある。

それとこれは特定のことに限った話じゃないんだけど、調べると言っても
今日この頃、以前と比べるとネット検索がやりづらいというかものによって
は用をなさない、かえって時間ばかりがかかることが目につくようになった
気がする。
検索してみても内容というか文章自体が同じ、似たり寄ったりの情報サイト(?)
ばかりが検索上位ページを占めていて、それがあまり関係ない話の前フリばかり
が長く続いてなかなか本題に辿り着かない。
その本題はほんの数行というか一行で済む話なのに何故かわざわざ
数ページに分けていて何回もページクリックをさせられる。
各ページには多くの広告が各所に貼られていて、それもタップミスを
誘う箇所にビッシリ。
誤タップの罠(!?)にハメられてその広告を無理矢理クリックさせられても
その広告商品やサービス、その企業に嫌悪感を持つだけで、こういうやり方
が本当に宣伝として効果あるのかは疑問でもあるんだけど。
しかも前述のように、引用とはもはや言えないような丸写し文の情報サイトが
幾つもあって、これらはその執筆者が一人で各種別アカウントを幾つも持って
やっているサイトなのか、それとも元の執筆者の許可を取った上で各人がやって
いることなのか、はたまた無断で丸写し、さらに別の人がそれを丸写し~といった
無断丸写しの無限ループ状態(!?)によって生じているのかよくわからないものもある。
同じようなコピーサイトや不必要にして不自然な数ページ分け、誤タップ誘引多用、
これらだけが原因とは言えないけど、どうも前と比べてネット利用がやりづらく
なってるような気がするんだ。
ネットは通信料は別にして閲覧料基本無料で見られるからある程度の不便は
いた仕方がないのはもちろん、難しく複雑、マジな重要事は別の方法で情報
入手するのはもちろんにしても、災害時等でもネットは公共インフラ的な役割
も持ってきているので、全くの無法地帯で検索困難になってるような状況でも
いいのかという思いを感じてる今日この頃だったりする。
それに、ではもっとまともな検索機能やネット空間が欲しいということに
なってくると、有料ブログや有料SNSという部分的、村的な話を越えて、
検索土台というかネットそのものを有料化して、今の検索閲覧基本無料の
ネット世界とはまた別のネット世界が出来て、一部ではなく全般的にお金
を払わないとネットでいい情報は見られない、ネット世界でも分断化、
格差が出てくることになったりするのか、なーんてことまで思ってしまっ
てる。これは自分のただの妄想、余計な心配だったらいいんだけど(-.-)ノ



それとこれは余談、別の話だけど数あるSNSの中には入会、始めるときの
案内ページは日本語なのに退会、やめたいときの案内ページは英語なんて
ものもある。
退会したいといってもそのSNSの親玉の住所も電話番号もメルアドも不明で
あるのは英語で書かれたフォームだけ。
なんとかそのフォームからメルアドを送っても返事は英語の退会案内説明文。
その定型説明では用をなさない場合、状況説明文をさらに送ったとしても
それが日本語で書いてたりするといくら待ってもとんと返事が来ないことも。
そこで英語で状況説明、退会希望の文を送ってみると今度はその日のうちに
すぐ返事(英語)が来て処理も迅速なんてものもある。
そんなに日本人を退会させたくないのか、一体何がしたいのか
疑問なSNSもある(゜ロ゜)




People Who Wowed This Post

好きブツに囲まれて\(^o^)/

thread
三連休中にアップしようと思って... 三連休中にアップしようと思ってたんだけどしそびれてしまった画像
でもアップしよ。
まずこれは地元(車で15分弱の所にある近所)のアウトレットから
見える牛久の大仏。とにかくすんごくデカい(^-^)/
外国をイメージしたであろう外観のアウトレットのすぐ近くに純和風の
どデカイ大仏が高速の高架道を睥睨して聳え立つ景色はシュール\(^_^)/
こういう何でもあり的な所もある地元が大好きだ(^o^)v
キティちゃんのキラキラキーホル... キティちゃんのキラキラキーホルダー(各1080円税込)を入手\(^o^)/
こういうのがずっと欲しかったんだ。最大幅7センチ、実物は画像で
見ていたイメージよりも大きく見えるしぷっくりと厚みもある。
一個はキーホルダーのままにしとくけど、もう一個はチェーン通して
ネックレスにするんだ(^_^)v
キーホルダーといえば、以前入手... キーホルダーといえば、以前入手した手持ちのこれもネックレス
にするつもりなんだけど、これは重さもあるのでちと首が痛くなる
かもしれない(/--)/
来年度のダイアリー手帳に切り替... 来年度のダイアリー手帳に切り替え、用意した。年末が近くなると
何かとバタバタするだろうし、今のうちにやっておこうと思って。
手帳は毎年このシリーズに決めている。見た目に誤魔化されるなかれ。
この手帳は一ヶ月の予定が全体把握しやすいし、西暦和暦早見表に
東京と大阪近郊路線図&東京横浜大阪京都神戸札幌仙台名古屋福岡の
地下鉄路線図も付いているんだ(^-^)/
相変わらず例によって、脈絡もへったくれもないよろず画像の
アップになってしまった(-_-)

People Who Wowed This Post

Basic instinct(←妖しい美女が組んだ脚を妖しく組み替える某映画タイトルの意味ではないよ)

thread
自分が一等大好きな映画、「大脱... 自分が一等大好きな映画、「大脱走」。
好き過ぎてDVDも持っていたりする。



この「大脱走」、今夜21時にBS‐TBSで放映予定(吹替版)なのだ。
DVD持っているけど今夜の放映も録画予約しちゃってるよ(^^)v

以下、詳しいあらすじは書かないけどネタバレ的なことを書いて
しまうかもしれないので、まだ観ていない方はご注意下さい。





この映画を初めて観たときにまず持った感想は、男性という生き物は
どのような状況でも適材適所で組織的に目的に向かって動かずには
いられない生き物というか、そういう基本的本能があるのかなと
いうことなのだ。
脱走して家族や大切な人達が待っている国に帰りたいのはもちろん
だけど、映画中のロジャーの言を聞くにそれだけではなく、一つの
重要な目的に向けて組織的に動くことそれ自体も彼らの「生き甲斐」
になってしまってるように思える。
敵側の所長、ルーゲル大佐ですら呆れる「脱走未遂17回(映画中の
脱走を足すと22回か)」という脱走のレコードホルダーを持つヒルツ
にしても、その発想力のキレと身体能力があれば一人ならば脱走成功
可能だったろうし、実際、そのチャンスもあった。
そのチャンスの前でも、もう少し自身の脱走計画を詰めていたら
一人でも脱走成功していたのかもしれない。
それでも、ヒルツはロジャーの脱走計画に加わるし、また、自身独自の
脱走にしても、何度捕まって連れ戻されてもロクに計画も詰めずにすぐ
また懲りもせず脱走を繰り返すヒルツを見ていると、これまた、成功の
如何とは別に脱走すること自体も「生き甲斐」にすらなってるのでは
と思えてしまう。
所長のルーゲル大佐は大脱走の責任を問われ所長を解任、最前線送り
になってしまうんだけど、最後にヒルツにかけた言葉が深い。
短い一言ながらもルーゲル大佐の葛藤と本音(この戦争はヒルツ達の
国の方が最終的に勝つし自分の国が負けると本当は思ってること)も
わかるし。
映画ではわからないんだけど、ヒルツはベルリンを見ることは
出来たのかな・・・・

このヒルツを演じる俳優さんは役にピッタリ、この俳優さん以外
ありえないぐらいハマり役だと思う。
ふてぶてしさと懲りなさがありつつも軽快さもあって、「自由を求める」
象徴としてもピッタリ。
(余談だけど、コリン役の俳優さんは007で悪役のボス、ブロフェルド
も演じている。このブロフェルドはコリン役とは全然違う雰囲気だし
俳優さんはすごいな)
ヒルツの国境越えバイクシーンも何度観ても素晴らしい、
映画史に残る名シーン。
バイクのシーンも含めてこの映画、映画館の大スクリーンで観たい。
地元の映画館で上映してくれないかな。



追記

今回のテレビ放映は完全版じゃなくてカットされてるシーンもある。
CM挿入の都合もあるし、ノーカットで放映となると3時間で
収まらなくなってしまうからやむをえないんだけど、あのOP曲の
シーンもカットされてたのは残念(>_<)





People Who Wowed This Post

My own eyes only

thread
ちと脳内整理も兼ねてつらつら思うところを書いてみよう。



所謂、「立体物」について。
立体は三次元的厚みもあるので平面的な画像を見るだけでは
全容がわからない、そこで実際のブツを直接見る必要があることも。
側面の画像もあるにしてもその画像自体も平面だし。
また、画像写真は加工修正の有無や撮影時の天候や光の入り具合
によって実物とは違って見えてる可能性もある。
さらに、色というのは多彩だし、例えば、一口に灰色といっても白っぽい
ものや黒っぽいもの、はたまた他の色が混じっている等によって各々
違った色合いにもなってくるし。
人間、写真を撮るときはどうしても恰好よく、綺麗に撮りたい創りたい
という気持ちも入るだろうから、そうなるとアングルや加工等で実物
をそのままそっくり写しだしているというよりは別物になっているという
可能性も完否定出来ない場合もある。
実際、技術的にも、恰好よく綺麗に撮ること以上に、そのブツを見たまま
そっくりそのまま生の自然の状態で写しだす方がさらに難しいものなの
かもしれないし。

それと、その立体物の周囲に何があるのか、群像として他の何かと
一体化して別物となっていないか、また、その立体物はいつから
そこにその現状として存在しているのかも問題発生時期&期間にも
関わることだし、場合によっては現地聞き込みの必要もでてくる。
さらに、立体物となると場合によっては「立体商標」との関わりが考え
られることも。
この場合、商品(ブツ)のカテゴリー種類範囲も問題になるし、はたまた、
Aさんの商標権利発生よりも別のBさんの著作物としての権利発生時期
の方がそのブツについては早いということもありうる。

要するに何が言いたいのかというと、そのブツの使用方法や状態如何に
よっては、ただ別の何かに「似ている」ということそれだけでは法的に「黒」
とか「限りなく黒に近い灰色」とか簡単にバッサリ決めつけることは出来ない。

それとこれは余談だけど、企業のサイトで日本語版だけではなく、各種外国語版
のサイトもあって、その外国語版サイトでは日本語版サイトにはない壁紙等の無料
配布サービスをやってたりして、しかもその規約を見ても特に特定の国のユーザー
にのみ使用を限るという掟もなく、ユーザーの所在国に関係なく広く配布してたり
することもある。
だから、これまた日本語版のサイトだけ見て、それだけで即違法使用と決めつける
ことも出来ない場合もある。


People Who Wowed This Post

とりあえず

thread
とりあえず、このブログに引っ越... とりあえず、このブログに引っ越す前のブログでアップし損ねていた画像をアップしてみよう。
まずは裏庭で試験的に作ってみたスイカ。 
お盆前に収穫したところ、全部で7個出来たんだ\(^o^)/
中は真っ赤で甘く美味しかったよ(^o^)v
「ゆるキャラグランプリ2017... 「ゆるキャラグランプリ2017」、マイ業界の公式キャラであるユキマサくんも参加中。
(http://sp.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00003147)
ユキマサくんはキティちゃんとは白猫繋がりだし今年も連日投票してる。
ユキマサくんとキティちゃんがコラボしてグッズだす日が来たらいいなと心待ちもしている(^o^)
8月の中旬過ぎにこのイヤリング... 8月の中旬過ぎにこのイヤリング買った(税込600円)。
年々、ハロウィン商戦開始時期が早くなってるような気がする(゜ロ゜) 
一方、この時期は好みのモチーフのアクセも登場するので楽しみでもあるんだ\(^o^)/


なんか何の脈絡もない、よろずな写真のアップになってしまったよ(*_*)

People Who Wowed This Post

引っ越してきたよ

thread

技術的な仕様上の理由により、このブログに引っ越ししてきた。
今日からこのブログの世話になるよ(^-^)/
このブログは開始設定、準備が思ってたよりも楽で助かったよ(^-^)v

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account