Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

政府と東電が福島第一原発汚染処理水を1km沖合い放出を検討

thread
政府と東電は福島第一原発汚染処理水の海洋放出を考えている。
報道各社は、その方法について、
原発から1km離れた沖合いに放出する方法を検討していると報道している。

汚染処理水の海洋放出は、国民も諸外国も許していない。
だが、着々と方法や時期が検討されている。
このままだと、勝手に始めそうな勢いだ。

そもそも福島第一原発の汚染水の増加は止まっていない。
これを止めずに放出を始めると、永遠に汚染水を垂れ流す事になる。
そんな事を許す訳にはいかないだろう。

大規模土木工事を行ってでも、
まず汚染水増加の原因である地下水流入を止める事が先決の筈だ。

People Who Wowed This Post

日本原電のデータ書き換え問題で、敦賀原発2号機の審査中断

thread
18日の原子力規制委で、敦賀原発2号機の審査の取扱いについて審議し、
提出される調査データの作成過程が明確化されるような体制が整うまで、
敦賀原発の新基準への適合性審査を中断する事を決定した。
敦賀原発2号機の新規性基準適合性審査の取扱い

敦賀原発の安全審査では、過去に提出したデータを、
その後の審査時に原電の都合の良いデータに書き換えた事が判明している。
曖昧な調査データを基に審査したならば、安全は確保されない。
日本原電は、そんな基礎的な事も理解していなかったようだ。
敦賀原発2号機の適合性審査中断は、当然の措置と言える。

問題なのは、同じ原電が適合審査合格を貰った東海第二原発である。
データを軽んじる日本原電に、原発を運転する資格は無いと言える。

People Who Wowed This Post

西日本の大雨やまず

thread
九州、四国、中国、関西に、降り続く雨がやまない。
夏最盛期に、これ程長期に渡る雨が続くのは異常だ。

兵庫県の甲子園球場で行われている全国高校野球選手権は順延が続く。
佐賀県の六角川など、幾つかの河川の氾濫が発生して家屋が浸水した。
14日も、長崎県、佐賀県、福岡県、広島県に大雨特別警報が発令された。
降雨範囲は広がり、中部や関東も長雨に見舞われ始めている。

今年は世界各地で異常気象が発生している。
日本も毎年、気象情報の記録が塗り替えられている。
地球温暖化の影響が大きく出始めているのだろうか。
今後も今まで経験が無いような異常気象が現れてくるのかもしれない。

People Who Wowed This Post

2021年7月末までのスイッチング件数

thread
2021年7月末までのスイッチ...
今月も電力広域的運営推進機関のスイッチングデータをグラフ化した。
・スイッチング支援システムの利用状況について(7月31日時点)

まだまだスイッチング件数は伸び続けている。
関東でも関西でも、既に3割以上の人が自分の使う電力会社を変えた事になる。
この流れは当分続きそうだ。

関西電力は老朽原発を次々稼働しているようだが、
個人的にはそんな危うい原発から電気を買う人が、もっと少なくなって欲しいと思う。

People Who Wowed This Post

長崎n原爆の日の残された人々の思い

thread
長崎平和公園で8月9日、76回目の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式が行われた。
コロナ禍だが、原爆の犠牲になった人の遺族と世界63の国や地域の人々が集まり、
真に世界平和になるよう祈念した。
私達も原爆の犠牲になる地が、二度と出ない事を願っている。

広島・長崎の人々の意を汲み、世界各国は核無き世界の実現に向けて動き始めている。
核兵器禁止条約が批准され、来年3月には初の国際会議がオーストリアで開かれる。
だが、被爆国日本は核兵器禁止条約に背を向け、国際会議には出られない。

こんな悲しい事があるだろうか。
広島と長崎の原爆の悲惨さを世に問うてきたのは、他ならぬ日本では無いのか。

残念ながら、この国の与党、自民・公明は世界の平和に背を向け続けている。
首相は長崎の祈念式典でも核兵器禁止条約について触れる事は無かった。

多くの人の思いに反する事が、国の方針となっている事が多過ぎる。
日本の政府が人々と共に歩む日は、いつ来るのだろうか。

People Who Wowed This Post

核兵器の無い世界の思いを阻む菅氏

thread
8月6日、原爆投下から76年目の広島平和式典が開かれました。
原爆の犠牲になった方々のご冥福を祈りたいと思います。


ところで、この式典で日本の首相である菅氏が、
世界の悲願である核兵器無き世界の実現を、阻もうとしている事が露わになった。
なんと平和式典のために用意された文章のうち、
「日本は核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くす」という部分を読み飛ばしたのだ。

この重要文章の読み飛ばしの事実は、NHKが中継をしていたTV画面の下に、
読むべき文章がテロップで流れていたためにリアルタイムで全国民の知る所となった。

菅氏は後の記者会見で読み飛ばしを認め謝罪したようだが、
式典の模様をyoutubeなどの映像で見直しても、飛ばした場所は流暢に繋げており、
明らかに読み飛ばしが作為的である事が分かる。

後から見ると笑えるところもある。
菅氏は、いかにうまく読み飛ばしをするか頭がいっぱいで緊張したのだろう。
挨拶最初の「被爆76周年の広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」のくだりを、
「被曝76年・・・目のひろまし・・・広島市げんぱつ・・・げんぱつ死没者慰霊式」
と、噛むし間違えるしと、酷い出だしとなってしまっている。

とは言え、平和祈念式典を見下すかの様な、重要な内容の故意の読み飛ばしは笑えない。
今後は菅氏には、式典の壇上に乗らないで頂きたい。

People Who Wowed This Post

米国が2030年に新車の50%を排ガスを出さない車にする目標を発表

thread
世界が電動車拡大に傾く中、アメリカも電動車の目標を打ち出した。
2030年に電気自動車や燃料電池車など、
排ガスを出さない車を新車販売の50%にしていくというものだ。

中国、アメリカ、EU、そして日本と、世界中が自動車の電動化へ向かっている。
2030年まで、あとたった9年。
世界は急激な勢いで変わっていきそうだ。

People Who Wowed This Post

大飯原発3号機で海水を使用した冷却水系から漏れ

thread
関西電力は4日、大飯原発3号機で発電タービンを回した後の蒸気を冷やす、
海水を利用した冷却装置の配管から、海水が漏れ出ていたと発表した。
二次冷却装置からの漏れのため、放射能の漏洩は無く、運転は続けるという。

大飯原発3号機は昨年にも配管に問題が発生するなど、老朽化の弊害が出ている。
今後も運転中のどの原発に問題が発生してもおかしくはない。
このような問題が、原子炉の重要配管に起これば、過酷事故に発展する恐れがある。

放射能漏れが無いトラブルだと思って侮ってはならない。
いくら点検を重ねても100%安全という保証はできない。
原発は絶対に止めていかねばならないと、何度でも言わねばならない。

People Who Wowed This Post

放射能漏れ騒動のあった台山原発が運転停止に

thread
中国広東省の台山原発1号機で、開発した仏企業から6月中旬に放射能漏れの報告があった。
中国政府は後から渋々、同原発の燃料棒の一部が破損していた事を発表したが、
放射能漏れは極軽微で問題はないとしていた。

ところが7月30日に、この原発を持つ中国国営企業が、1号機の運転停止を発表。
6月に発生した燃料棒の破損の規模が、実は大きかったのではとの憶測を呼んでいる。

中国当局は、数万本あるうちの数本が破損しただけで大きな問題はないとしているが、
公表される情報が少ないので、国外からは状況が分からない。
もしかして破損の対処ができていないのだろうか。
少し様子を見ていく必要がありそうだ。

People Who Wowed This Post

8/1:社会そのものが変わっていく

thread
危ぶまれていた五輪開催中のコロナ拡大が現実となってきました。
そのコロナ禍は、富める者と持たざる者の格差を拡大させています。
今後、公平であるべき医療現場でも格差による差が出てくるのではと危惧します。

そんな中、今の社会のあり方に疑問を持つ人が増えています。
人が集まって新しい商品やサービスを作り出し、それらを大量に消費する事で成り立つ社会。
その社会の仕組みがコロナで滞り、ギリギリやってきた人達が困窮し始めています。

五輪などのイベントがあれば、消費が拡大し、社会も豊かになる・・・。
そんな時代は過ぎ去ってしまったのかもしれません。

地球全体も、人が豊かさを追求し続けていける程の余裕が無くなっています。
物を大切にし、エネルギーを使わず、自然と共存して行ける社会。
そんな社会のあり方を模索していかなければならない時期にきているだろうと思います。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account