Search Bloguru posts

freespace

ヘアスプレーは匂いが大事!おすすめはどこの商品?正しい捨て方は?

thread
ヘアスプレーは、世代を問わず多くの男女から重宝されています。用途は様々ですが、ヘアセットに使うこともあればヘアケアのために使う人もいるでしょう。しかしそんな中でも忘れてはならないのが、ヘアスプレーの匂いなのです。匂いは周囲にいる人へも影響を与えますから、できるだけ万人受けしやすいものを選んでください。

まずおすすめとして挙げられるのが、シャネルのチャンス・オータンドゥル・ヘアミストです。こちらは携帯用を目的としたコンパクトなサイズで、カバンやポケットの中にも入れやすくなっています。シーン別で重ね付けをすることもあるヘアスプレーですから、こういう持ち運びのしやすいサイズは尚のことおすすめポイントに当たるでしょう。肝心の匂いは落ち着きや品のある香りで、ふわっといい匂いだなと周囲に感じさせる適度な主張の強さです。有名ブランドなだけありやや価格は張るものの、大人の女性には特に合わせやすい商品かもしれません。

次におすすめするのが、アクアシャボンのヘアミストです。ミストとは霧のことで、髪の毛全体に潤いを与える役割も持っています。冬場の乾燥しやすい髪の毛や夏の紫外線で傷んだ髪の毛には、ダメージ修復の目的も兼ねて使いやすいです。しかもシトラス系の洗い立てのシャンプーのような匂いがし、ほぼほぼ誰からも嫌われることのない香りだと言えます。男性でも付けやすく、エチケットアイテムに持っておいても不自然ではありません。コスパも抜群なため、学生からでも手を出しやすくなっています。

以上の2点がおすすめのヘアスプレーなのですが、具体的な使い方についても触れておかなければなりません。基本的には、無造作に髪の毛に振り掛けるイメージで結構です。しかし初めての頃は付ける量が判りにくく、一点に集中して付けてしまう人もいます。よって香らせたいタイミングの10分前に、様子見感覚で使うことから始めていきましょう。

スプレーをする距離は、大体髪の毛から15cm程度離れた場所からです。頭皮ではなく髪の毛に付けるのが目的ですし、変にかき上げて使うことはありません。また油分の多いタイプだとベタベタしてしまうことが嫌なため、内容成分に応じて付ける量や間隔を調整してください。

最後に、使い終わった後の捨て方についてです。まず最も気を付けるべきなのが、静電気の置きにくい衣服で作業をしましょう。静電気が起きるとそれとの摩擦で引火し、爆発などが起こるケースがあります。静電気防止は最大の注意点ですので、必ず覚えておいてください。

中身を使い切って捨てることも、大変重要です。残りを噴射する際はマスクなどをし、且つ換気のしやすい空間で行うのがポイントです。完全に空になったのを確認できたら、自分の住む自治体のルールに沿ってゴミに出しましょう。ホームページを確認すれば大抵は書いていますし、特別難しいルールは存在していません。安全第一で、事故のない捨て方をしてください。

People Who Wowed This Post

ヘアアイロンの正しい使い方を紹介!髪が痛まない温度は何度?やり方は?

thread
毛先がパサついてまとまりが悪くスタイリングが大変、潤いやツヤ感や失われてごわついてしまう、指通りが悪く切れ毛や枝毛が多い、うねりが出て毛先が広がってしまうなど髪の毛にまつわる悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

加齢でコラーゲンが失われ髪の毛の潤いやハリや弾力やツヤを維持することが出来なくなる、食生活の乱れや無理なダイエットなどで栄養不足に陥り栄養が髪の毛に行き渡らない、誤った方法でのシャンプーやヘアケア不足、紫外線や大気汚染や湿度の低下などによる外的な要因、自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れて新陳代謝が低下する、睡眠不足やストレスや疲れや喫煙などで頭皮環境が悪化する、カラーやパーマのやり過ぎなど悩みにつながる原因は様々ですが、ヘアアイロンによるダメージもその一つです。

パーマをかけなくても簡単に髪の毛にクセをつけることが出来る、1本持っていると色々な髪型になれてスタイリングの幅が広がる、その日の気分やファッションやメイクに合わせて髪型を変えることが出来る、うねりやごわつきを抑えてツヤツヤの髪の毛になれる、ボリュームアップやボリュームダウンが自由自在に出来るなど、ヘアアイロンにはたくさんのメリットや魅力がありますが、使い方を誤ると髪の毛へのダメージにつながってしまいます。

毎日ヘアアイロンでスタイリングをしつつ、健やかで美しい髪の毛を維持するためには、ヘアアイロンを正しく使うことが重要なポイントとなります。ヘアアイロンの正しい使い方についてですが、まずはNG行為についての理解を深めておきましょう。

避けるべきNG行為としては、濡れた髪の毛に使用する、高温で同じ部分に何度もアイロンを押し当てるなどがあります。濡れた髪の毛にヘアアイロンを使ってしまうとキューティクルを傷つけてしまい、それがダメージに直結します。

髪の毛が濡れている状態は、キューティクルが開いている状態です。ダメージを受けやすい状態ですので、必ず髪の毛をきちんとドライヤーで乾かしてからヘアアイロンを使用しましょう。温度が高すぎるのも良くありません。200℃以上になるヘアアイロンもありますが、髪の毛のためには180℃以下で使用するのがおすすめです。温度が低ければ低いほどダメージも少なくなりますので、150℃くらいで使用するのが理想的です。

同じ部分にアイロンを当て続けたり、同じ部分に何度もアイロンを当てたりするのもNGです。髪の毛への負担を最小限に抑えるために、短時間で効率良く仕上げることが大切です。ヘアアイロンの熱から髪の毛を守るために、専用のスタイリング剤を使用するというのも良い方法です。スプレーやミストやオイルやクリームやローションなど様々な形状のスタイリング剤が様々なメーカーから市販されていますので、自分の髪質や髪の毛の悩みや理想のスタイリングや目的や好みに合わせて最適なものを選びましょう。

スタイリング剤をつけ過ぎると髪の毛のクセがつきにくくなってしまい、アイロンが傷むという問題も生じますので注意が必要です。正しい方法でヘアアイロンを使い、スタイリングとヘアケアを両立させましょう。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account