Search Bloguru posts
Hashtag "#スポーツ" returned 123 results.

暖かくなって

thread
暖かくなって
練習場の芝は、まだ枯芝なれど打席では上着のいらない季節になった。いよいよシーズン到来。そういえばマスターズウィークだ。

Sent via bloguru mobile.
#スポーツ

People Who Wowed This Post

今年のテーマ

thread
今年のテーマ
今年は、原点に戻って、やり直す位の心構えでゴルフをしようと思っています。

練習場でも、アウトサイドインで適当に打たない様に、一から一から。

Sent via bloguru mobile.
#スポーツ

People Who Wowed This Post

夏の戦いも終わり

thread
夏の戦いも終わり
毎年出ている企業対抗戦。今年は震災の影響で横綱格の「日経」が中止になったので、我々のエントリーするレベルの大会に、大勢の「上級者」が雪崩れ込んできた。
幸か不幸か、わが2チームは、まさにその上級者組みとペアリング。「とにかく飛距離でびびらせろコンビ」すら30Y置いて行かれる展開に両チーム8名そろって討ち死。まぁ、しゃーない。
アルダラで鍛えていただいたブログ主には面目丸つぶれだが、来年に期待?って事でご勘弁。
#スポーツ

People Who Wowed This Post

In USA

thread
久々にメインランドでゴルフさせてもらってます。
良い友人との再会のゴルフ、
良い人々との初見のゴルフ、
良いコースとの出会いのゴルフ、
良い気候を思いっきり吸い込むゴルフ。
人生の至福、ゴルファーで良かったと思う時間です。
#スポーツ

People Who Wowed This Post

なんちゅうか本中華

thread
なんちゅうか本中華
これは巨泉さんの名コピー。

ゴルフブログも良いスコアが出たときだけ更新するようでは、まったくブロガーとして、なんちゅうか本中華。

と、いうことでIゴルフ倶楽部9月Bクラス月例会はベスグロで2位でした。これで、ようやく「年間チャンピオン大会」の出場権ゲット。(1月に開催、年間月例会で3位入賞者のみ参加権)

でも、Bじゃねぇ。(贅沢か!)
#スポーツ

People Who Wowed This Post

2010理事長杯予選

thread
2010理事長杯予選
同スコアハンデ差で予選落ち。要は1打足りず。
あー、くやしい。
でも、まぁ、ロスト、OB3発でこの状況なら、近々ビッグスコア出るでしょ。勝手に、そういうことにします。
#スポーツ

People Who Wowed This Post

4月月例

thread
4月月例
天候不順の今年。関東では遅い雪や寒い朝の通勤風景がニュースネタになった。

ホームコースも例年4月の月例ともなれば皐月が咲き、フェアウェイも青々としているのが常だが、今年は枯れ芝と新芽が半々と言ったところ。それでも、さすがに桜は終わり低山の新芽が吹き出す美しい季節には、なってきた。

4月月例、ホームコースは今年のKGAクラブ対抗予選会の会場となる事からAクラスは同条件のティ、同条件のピン位置でスタート。スティンプは、いつもより1F速く設定。

はい。今回も47/50=97に沈みました。この所、変えたアイアンが絶好調で期待して臨んだのですが、2打目にアイアンを打たしてくれません。
5W、UTで凌ぎましたがアプローチがピンポジの影響も有り寄り切らずスコアばかりが増えてく展開。
この状況を予測して導入した新3Wも練習不足(というか全然振ってない)状況で6番ロングの2打目に、いきなり実戦投入したら見事に左OB。最初の一打がOBという大変可哀想なデビューにしてしまいました。しおしお。

ま、季節も良くなって、これからです。理事長杯予選、今年は久々に突破してマッチプレーするぞー。
#スポーツ

People Who Wowed This Post

決戦!50回記念

thread
決戦!50回記念
永年ゴルフを共にしてきて、お陰様で相手からは元気を「宿敵」と呼んでいただいているH氏と50回同じラウンドをして来た記念のコンペを開催。

どう言う事かと言うと、同じ組で回ったゴルフを含め2002年からの7年間で「同じ日に同じゴルフ場で回って握ってきた回数」が50回に達し、決着のイベントを51回目としてやろう、と言うことになった次第。要は、何でもゴルフが出来ればよいのだ。

お互いのホームコースは選択しないと言うことで、見届け人として立ってもらった人に選択してもらった「本格的コース」は茨城の奥「常陸太田IC」まで遠征しての「新・西山荘CC」。バックティーからのプレーだが、コースレートは実に「75.3」ハード&ハードだね。

いつもの野次喜多珍道中で迎えた16番。

ピートダイ設計だけあって上がり3ホールの難易度が高い。左は全て池、右は1ペナ。ここまで元気の1ストロークビハインド。

元気のティーショットはフェアウェイ、続けて打ったH氏は明らかに左の池を意識しての右突き抜け1ペナ。このホール元気ボギー、H氏ダボでオールスクエア。

そして17番は「ピートダイの17番」。

お約束の完全浮島グリーン。(写真のホール)オナーの元気174Yを4UTでナイスオン。H氏同じく4Uで左池に沈没。このホール元気パー、H氏トリで決定的な3打差が付く。

18番は、このコース最大のシグネチャホールのパー5。オナーの元気は右プッシュアウトの1ペナ。H氏フェアウェイ。

元気3打目は残り210Yの登りフェアウェイ。H氏2打目は、残り150Yフェアウェイど真ん中。

元気4打目をPWで刻んで残り110Yフェアウェイ。

H氏3打目7Iでグリーン狙うも左引っ掛けて崖下。

元気それを見て、滝越え!の5打目をスーパー大きめの8Iでグリーン奥。

H氏4打目滝の石に跳ねてグリーン右の水無しウォーターハザード。そこから直接打ってH氏5打目でグリーンオン。

元気6打目グリーン奥から転がしでパター打つも全然届かずエプロン。元気7打目カップを5Yオーバーの7オン。

H氏6打目パットを寄せて7打のダボでホールアウト。

元気、2パットで勝ち、3パットで分けの超登りパットを何とか寄せて9でホールアウト。

終わってみれば1打差勝利。はぁ、この戦い100回くらいまで続きそうです。
#スポーツ

People Who Wowed This Post

メトロノーム再挑戦

thread
メトロノーム再挑戦
昔々、このブログにも書いたが、メトロノームによるスィングの改善に再挑戦している。

なぜか、というと話せば長い。で、省略(笑)

ゴルフにリズムは重要とは、よく言うがそのリズムってどの位の物かと言うとプロで80ビート以上なのだと言う。一般的なアマチュアは50-70程度らしい。タイガーは110という話。

重要なのは、プロで80ビート以下で振ってる奴は居ない、と言うこと。

このビートを3拍子で「ピッピッピコ」と刻む。最初の「ピ」でバックスィング開始、次の「ピ」でトップから切り返し、最後の「ピコ」でインパクト、となるようにスィングする。

これ、やってみると、最初は80ビートで振れない。リズムが早すぎてスィングが追いつかないのだ。つまり一般的なアマチュアのリズム。

こいつを80ビートで振れるように特訓する。ゴルフの指導書などには「自分のリズムで振れるようになると、いつも一定に振れる。だから自分のリズムを見つけて、そのリズムで、いつでも振れるようにしましょう。」と書いてあるが、あれは嘘!

「自分のリズムで振る」ではなく「プロ並みのリズムでなるべく速く振る」が正解。

これまた指導書などに「ゆっくり振る」「振り急がない」「ティクバックは慎重に」「バックスィングを早く振っても意味が無い」とか書いてあるが全部嘘!(笑)

メトロノームでやってみると判るが、80ビート以上で振るためには「クラブが無駄な軌道を描くと追いつかない」のだ。オーバスィングではクラブが帰ってこないし、体がスェーしても追いつかない。当然、リバースピボットなどしている暇など無い。

結果、80ビート以上で振るとオンプレーンのスィングでなければ追いつかなくなる。

後は、そのスィングスピードに耐えられる体幹や背筋の鍛錬となってくる。

現在、92ビートまで上げている。体が悲鳴を上げつつあるが、それがまた楽しい。(爆)
#スポーツ

People Who Wowed This Post

ようやく復活

thread
ようやく復活
諸般の事情によりブログの更新を7月初めからサボってきたが、ここに来てようやく復活できる状況になりました。読者の皆様、また宜しくご愛顧のほどを。

と、言うことですが、もちろんこの間もゴルフは、当然サボっていた訳ではなく、月例の入賞や企業対抗の予選撃沈や初めてのゴルフ場探訪など、そら、もう色々と楽しんでいた訳であります。

その辺のお話も、またボチボチと。
#スポーツ

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/13
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>