Search Bloguru posts

安全な人?

0 tweet
thread
日本語でも訳されたことのある、... 日本語でも訳されたことのある、「境界線」の作者の心理学者の著作です。

シェルターでカウンセラーをしています。

シェルターでは、ドメスティックバイオレンスの被害者がほとんどです。

女性の薬物中毒患者さんは、ほとんどが、男性や親から薬物を紹介されたケースが多いです。

ただ、薬物をやめるのでなく、健康的な人間関係、信頼関係を築くことを教え、練習し、どんな人が安全なのか学ぶ必要があります。

というのも、育った環境も、家族も安全でなかったというケースが多いからです。

私は、今学期、三クラスを教えることになりました。

今まで、一つでした。
忙しくなりそうです。

今までは、人間関係のパターンを変えるというクラスで、虐待について、また何が虐待を引き寄せるのか、というようなことを学びます。

それに加えて、境界線と安全な人間関係というクラスの、①と②を教えます。

私も、教えることでまた知識がリフレッシュされそうです。

私も境界線を上手く引けるタイプではないし、また、安全でない人にふんずけられたり、攻撃されたりしやすいタイプです。

しっかり、学んだことを身に着けて行きたいものです。

また、この本について、またブログに書きますね!

お楽しみに!
#シェルター #ブログ #DV

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account