Search Bloguru posts

Fukushima Daiichi Requiem

https://en.bloguru.com/fukushima-requiem

九州で10月も再エネの出力制御

thread
10月12日と13日の週末の2日間、九州は再エネの出力制御を実行した。
接続を切られた再エネは17~62万kWで、川内原発の半基程度の電力だった。
九州電力でんき予報、下段の「再生可能エネルギー出力制御見通し」の「九州本土」参照

九州電力は、今年1月から5月まで再エネ出力制御を行っていたが、
5月13日に玄海原発3号機が定期検査で停止し、その出力制御は止まった。
その後順次定期検査入りしていたが、
川内原発1号機が定期検査終了間際の調整運転を開始した途端に電力が余り出した。

10月末に、今度は川内原発2号機が定期検査入りするため、
運転原発は玄海原発3号機と川内原発1号機の2基となり、出力制御は止まる。
再エネが拡大したため、原発3基稼働では電力が余り過ぎてしまうようだ。

それにしても、原発のために再エネが良いように利用され過ぎていないか?
温暖化対策のため、再エネを広げていかねばならないというのに。

その川内原発は、テロ対策と呼ばれる特定重大事故等対処施設工事の遅れで、
来年3月と5月に順次停止し、再エネも制限されずに済むようになる。
九電は来年末にも工事を終えて原発を再稼働したいようだが、
電気余りが顕著となった今、もう二度と稼働させる必要は無い。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
Commenting on this post has been disabled.