Search Bloguru posts

古銭買取について調べてみるかのぅ

https://en.bloguru.com/takoroushi

freespace

一銭について・古銭

thread
現在は廃止されていますが、以前は『1円』より小さい単位として『銭』が使われていました。銅貨1枚で1銭、100銭で1円となっていました。

ちなみに明治時代の1円は現在の価値に換算すると約2万円、1銭は200円と言われているそうです。

銭として使われていた硬貨は今では使用はできませんが、古銭としてコレクション対象となっていたりします。

大正時代や昭和時代の1銭でも、現在では数千円で売れたりするので、もし持っている人がいるなら一度価値を調べてみるのもいいと思います。

他にも、日本軍が軍用貨幣として生産していた1銭で、未発行のものなどは10万円を超える価格で取引されたりしますし、他にも明治6年の竜1銭銅貨、明治35年の稲1銭青銅貨、昭和4年の桐1銭青銅貨なども高額で取引されています。

また、どの1銭古銭であっても、美品や極美品であれば高く売れる可能性は十分あります。古銭を持っていて将来的に売ろうと考えている人は、保管方法には十分注意した方がいいでしょう。

People Who Wowed This Post

古銭の種類いろいろ

thread
古銭の事を調べてみたときに驚いたことがあります。それは古銭の種類が思っていたよりもかなり多いということです。

古銭というと昔のお金ということで、まだまだ発展途上だった日本で作られた貨幣だしそこまで種類は多くないのかなとぼんやり思っていましたが、全然そんな事はありませんでした。

古銭で一番流通していたのは銅貨(銅銭)になるのですが、銅は鋳鉄技術がそこまで必要としなかったですし、豆板銀などの古銭は量り(古銭の重量)によって価格が変わるものを用いていたため、そもそも規格が統一されていなかったりしました。つまり鋳鉄技術が未熟だったという事ですね。

調べる前は多くても20種類程度かなとぼんやり思っていましたが、江尾時代だけでも大判小判が約20種類、銀貨が約5種類、銭貨が30~40種類と、60種類くらいの古銭が出てきました。

他にも紙幣だけでも何十種類かありますし、和同開珎や富本銭のような初期のものからすべて数えると、100種類は超えるのではないでしょうか。

People Who Wowed This Post

古銭コレクターが注目している古銭

thread
1円や10円、100円などは現代では硬貨で流通していますが、少し前までは紙幣として発行されていました。
しかし、現在ではほとんど見かける事はありません。それは何故かというと、もちろん通貨として使われていない事もありますが、古銭コレクターが所持しているからという理由もあります。

古い紙幣は元々の流通枚数が少ないものもあり、現在でもそれが残っているのは少ないく希少価値が高くなっています。

普通に使用されていた通貨が、年月が経つだけで価値が上がるということで、コレクターだけでなくそうやって利益を得ようとしている人にもまた人気がありますね。

古銭の価値として製造された年代も重要ですが、それ以上に製造枚数やその背景が重要になります。上記でも言いましたが製造枚数、つまり流通枚数が少ないものは高くなります。それに加え偽物が多さなども古銭の価値に影響を及ぼします。
言うまでもありませんが、偽物を集めたいコレクターはいません。従って偽物が多いとわかっている古銭は、人気が少なくやはり価値が少し下がってしまいます。

他の要素としては古銭の状態もありますね。状態が良いものほど流通しにくく、コレクターが欲しがるものになります。
価値が低めの古銭でも状態いかんによっては価値が跳ね上がる事もあるので、状態の良い古銭を持っているならばkロエクターの動向を探ってみるのもいいかもしれません。

People Who Wowed This Post

おもちゃにもなる?古銭の人気

thread
小判や寛永通宝など、一般的にも知名度の高い古銭はおもちゃとしても制作されることがあります。

特に小判は世界的にも認知度の高い古銭で、キーホルダー、お金のおもちゃ、ぬいぐるみ等のキャラクターが小判を持っているなど、様々なシーンで使用されています。
世界で一番人気のある日本製のモンスターのゲームにも、小判を持っているネコ風モンスターがいる事からも、その知名度の高さが伺えます。

外国の古銭でいいますと、金貨や銀貨はおもちゃとして見かける事が良くあります。特にお金の概念があるゲームにおいては金貨が使用されることが多いです。
金貨が銀貨のレプリカのおもちゃも子供には人気があります。やはりキラキラとしたものが子供心をくすぐるのは全世界共通なのでしょうね。

おもちゃの古銭なのでもちろん価値というものはありません。ただアンティークやレトロのおもちゃの場合、それ自体に価値がついている事があるので、古いおもちゃは捨てる前に一度確認しておくのもいいと思います。

People Who Wowed This Post

古銭のコレクションとその注意点

thread
日本でも古銭は昔からコレクションとして人気がありますが、外国でも同じようにコレクションしている人が沢山存在します。

海外の古銭はいわゆるアンティークコインと呼ばれていて、1枚で数百万もの価値があるコインもあります。そういったコインは投資の対象ともされていて、価値の高いアンティークコインを収集し、それの価値が上がった頃に売ったりしているそうです。
上手くすれば100万円で買ったものが200万、300万円になったりと、コレクションだけでなく資産運用としてもかなり有用なものになっています。

日本の古銭の場合は投資目的ではなく、単純にコレクションとして集められている事が多いですね。

古銭をコレクションする場合ですが、日本のものだけでも100種類以上あるのですべて集めようと思うと大変です。希少価値の高いものはなかなか市場にも出回らないですし、一度に全部集めようとはせず長い時間をかけて少しずつ集めていくのがいいのではないでしょうか。

これからコレクションしていこうと思っている人へ。古銭を入手するときに一つ注意としては、古銭は偽物やレプリカも沢山出回っています。偽物をつかまされないよう注意を払って下さい。購入する場合はそのお店が信用できるお店なのかどうか、評判を調べる事も大事です。

People Who Wowed This Post

古銭を売り買いするときのコツ

thread
古銭の事を調べてみると様々なところで売り買いされていることがわかりました。

まず一つ目がリサイクルショップです。リサイクルショップなのでそこまで多くの古銭の取り扱いはありませんが、誰でも器楽に利用しやすい事が一番のメリットですね。ただ販売だけでなく買取もしてくれるところも多いですが、金額には期待はできないでしょう。

二つ目はネットオークションですね。ネットオークションは出品や落札したときのやりとりが面倒ではありますが、使おうと思えば誰でも利用できます。買うのも売るのも上手くやればいい値段で取引できますが、偽物が出ている事もあるのでそこは注意が必要ですね。

三つ目は古銭の販売や買取店をしているお店です。これには総合的に扱っているお店と、古銭を専門に扱っているお店があります。どちらにも長所がありますがおすすめとしては総合的に買取しているお店です。総合的に買取している中でも、ネットで全国的に買取をしているお店は今まで買い取ってきた古銭の数も膨大なので、データが豊富で相場とかけはなれた金額にはならないからです。

上記の3つの中で、一番おすすめなのはネットで売買している買取店ですね。

People Who Wowed This Post

古銭をお守り替わりに使うという風習

thread
骨董品など、古くからあるものをお守りとして持っておくという風習がありますが、古銭もその一つとして持たれています。メジャーなものではキーホルダーにしているものなどがそうですね。

入手のしやすさや値段的な面も含め、人気が高いのは寛永通宝です。寛永通宝は鎌倉時代に使われていたものですが、流通していた枚数が莫大なため現在でも相当数の寛永通宝が残っています。これには穴も開いているので、キーホルダーとして使いやすいのも人気の一つですね。

キーホルダー以外の使い方としては、お守りの中に古銭を入れるというやり方もあります。
この方法だと穴が開いている古銭に限られないので、色々な選択肢が生まれるのもメリットの一つですね。聞いた話では、古銭とは微妙に違いますがオリンピック記念硬貨をお守り代わりに持っている人や、財布にいれてご利益として持っている人もいるようです。

ただオリンピック記念硬貨は、お守りにしようとするとそこそこ値段がするので、あまりお金をかけたくない人は入手しやすい安めの古銭を選ぶといいと思います。

People Who Wowed This Post

実は古銭として価値がある50円玉

thread
50円玉というと比較的最近になって発行された硬貨なので、古銭と呼んでいいか微妙なラインではありますが、そんな50円玉にも実は希少価値があるものがあります。

代表的なところでいいますと、昭和35年と昭和62年に発行された50円です。
まず昭和34年〜昭和41年に発行されたと、それ以降に発行された50円玉ではデザインが違い、前者の中でも一番発行枚数が少ない昭和35年の50円玉に希少価値がついています。美品のものですと千円を超える事もあるそうです。

次に昭和62年のものですが、これは一般流通はしておらず貨幣セットに組み込まれた物のみが流通しています。発行枚数も77万5千枚と少なく入手する事は非常に困難。そのため希少価値がついています。

上記のどちらも、未使用品なら価値は数万円にもなるようです。ただの50円玉がその価値100倍以上と夢がある話ですね。

あと一番希少価値のある50円玉としてエラーコインがあります。エラーコインとは穴の位置がずれたものや、穴が開いていないものがあります。

People Who Wowed This Post

古銭を販売しているお店

thread
見かけた事もあるかと思いますが、古銭を販売しているお店は結構沢山あります。街中だと駅前に古銭や切手を売っているお店がありますし、ちょっと街中外れたところでも、骨董品店で古銭が売っていたりします。
また、ネットで通信販売を行っている古銭の取り扱い店も沢山あり、欲しいと思った時に簡単に手に入る時代になってきました。

古銭は偽物やレプリカも流通しているので、偽物と本物を見分けられない人や知識があまり無い人は、きちんとした信頼のできるお店で購入する事をおすすめします。で、どこが信用できるお店なのだろうかという事ですが、古銭の取り扱いがあるお店は古物商としてきちんと登録しているはずなので、そちらの番号を確認してお店を決めると安心です。

古銭販売店の中には、古銭の買取を行っているお店もあります。そういったお店は、仕入れ値を低く抑える事ができているので、安く手に入れたいという人にはおすすめですね。

また、実際にネットショップで買う場合、実物を見て購入する事ができないので、実物を見て買いたい派の人は街中にある古銭買取店を利用するといいと思います。

People Who Wowed This Post

古銭を洗浄したら高く買取される?

thread
古銭は、古いだけに様々な汚れや錆(さび)があります。錆などは見た目に悪いですし、硬貨を錆前の新品のような状態にクリーニング、洗浄していたら良いのではないか?と考える方もいらっしゃるかと思います。

古銭収集家の間では、「古銭は汚れも価値の一つ」「入手した時の状態が保持されているのに価値がある」とされまています。

さびを落とす場合は、結局、錆びた部分がなくなった分、硬貨が薄くなっている、ということになりますし、拡大してみると表面がでこぼこなっている場合が多いです。

買取価値を上げるためのクリーニング(洗浄)は、経年変化にも価値がある古銭の世界では、逆に古銭の買取値段を下げてしまう結果につながることが多いです。

単に自分が保管するために汚れを落としたいのであれば、メガネを洗うための超音波洗浄機などを使うと良いようです。本格的に硬貨の価値を損なわないでやるには、電解還元が使われる場合があります。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account