Search Bloguru posts

離婚の際の財産分与、コニュニティ・プロパティ

thread
カリフォルニアで生活をされている方なら、夫婦共同財産(Community Property)という言葉を聞かれたこともあると思います。米国南部・東部には、夫婦共同財産法を適用している州が幾つかあり、カリフォルニア州もその一つです。夫婦共同財産法の基では、夫婦の所有する財産は共同財産(Community Property)と個人財産(Separate Property)とに分かれます。

夫婦共同財産(Community Property)

結婚中に稼いだ収入(給料)、共同財産の資産を使って購入した不動産・株等からの収入は共同財産となります。銀行口座や不動産の名義が連名になっているかいないかは関係ありません。雇用先でリタイアメント・ファンドの積み立てをしている方は、結婚中に積み立てられた部分は共同財産とみなされます。共同財産は夫婦の財産とみなされ、それぞれが50%を受け取る権利があります。

個人財産(Separate Property)

結婚前及び別居後に稼いだ収入、個人財産の資産を使って購入した不動産・株等からの収入は、個人財産です。その他に、結婚中であっても個人的に受け取ったギフトや遺産相続は個人財産です。個人財産はその名の通り、個人の財産であって、配偶者に折半する義務はありません。


上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。
貴方のビジネス・財産・権利守ります。
無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account