自尊心を傷つけない伝え方

こんにちは。森琢也です。


 


6/18(金)は、中小企業診断士の資格更新研修講師として、『基礎から学ぶ「効果的な教育研修の作り方」』という講座を担当します。これ、今年の5月に初めてリリースしたのですが、おかげさまで大好評でした。【中小企業診断士の方⇒https://www.jqs.jp/kensyu/schedule】講座の中でお伝えしていることに一つに、講師としてのフィードバック方法があります。



受講者の発言やロールプレイに対して、講師がフィードバックする際、無自覚に『●●が良くなかった』ってダメだしする方がいます。本人、意外と悪気無いのですが、、、。これ、親の立場でもたまにやってしまうことありませんか??一方で、保育園や小学校のパパママを見ていると、自然と違う言い方を選んでいる方もいます。例えばこんな感じ。


 


「●●が良くなかったね~」


 ▽


「●●ができていればもっと良かったね~」


 


研修では、こういうちょっといいした言葉のチョイスで、研修参加者の心境や態度が変わり、研修の場や雰囲気が大きく変わってきます。ちなみに過度なプレッシャーや緊張状態は学習効果を低下させるようです。・・・ということは、、家庭の雰囲気や子供への影響も変わってくるんでしょうね。仕事もプライベートも変わりなく、いつでも実践できるようにしたいですね。


 


研修資料を作りながら、我が身を振り返りました。。


 


【コーチングの復習】


・相手が体内消化しやすい表現にしないと、フィードバックは効果をなさない。


 


ビジネスコーチングのブログ:コチラ


コーチとしての自己紹介ページ:コチラ


【大好評】LEGO®Serious Play®(LSP)メソッドと教材を活用したワークショップ




 




 


#4歳 #6歳 #コーチング #パパ #メンタルトレーニング #レゴシリアスプレイ #中小企業診断士 #子育て #子育てコーチング #男児

People Who Wowed This Post

×
  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account