Search Bloguru posts

フライタイイング

thread
フライタイイング

2021.09.03 フライタイイング

フライフィッシングの楽しみに4つのFがある。
フィッシング、フライキャスティング、フライタイイング、フィールドワークである。
しばらくフライタイイングもご無沙汰だったので、毛鉤を巻くことにした。
メイフライパラシュート、ディアヘァーカディス、CDCダンの3種類。これがあれば普段行く釣り場では大抵のステージに通用する。
大きさは、面倒なのでフックは15番に統一して、ハックルやボディの色と大きさを変えていろいろ巻く。
結局、ドライフライは、マッチザハッチと良く見えて良く浮くフライが、釣っていてもストレスのない良いフライとなるんじゃないかと思っている。

People Who Wowed This Post

マザーリバー

thread
マザーリバー

2021.08.28 マザーリバーⓈ

8月中旬の大雨の後、実は、マザーリバーⓂ︎に行ったのだが、今まで経験したことのない増水で釣りにならなかった。
それから後、もう良いだろうということでマザーリバーⓈに行く。
ここの禁漁は早いので、この日が最後になるだろう。
土曜ということもあり、釣り人は多かった。
夕方、日没は早くなり、増水気味の河原にハッチは無かったがイブニングを狙うことにした。
かなりの大物のアタックがあったが、結局、フッキングせずに終わった。

People Who Wowed This Post

兄岩

thread
兄岩

2021.08.11 兄岩

クライミング二日目は兄岩。
金峰山荘の対岸、目の前にある。
ここはピクニクラなどの良いルートがある。
昼過ぎから、テントを撤収しながら、帰りを待つ。
久しぶりに廻り目平のテント泊を楽しんだ。
天気が良ければもう一泊のつもりだったが、翌日は雨予報なので素直に夕方帰路に着いた。

People Who Wowed This Post

マラ岩

thread
マラ岩

2021.08.10 マラ岩

この日の夕食は炭火の焼き肉だった。
夕方、そろそろ帰って来るだろうと思っていたところ、ヨシエさんから、先に帰りたいが道が分からないのでマラ岩まで迎えに来るようメールが来た。
子供じゃあるまいし、自力で戻るよう言ったが、人の言うことを聞かない。
仕方ないのでマラ岩まで迎えに行く。
マラ岩は久しぶりで、川を渡ってから踏み跡を登っていくが、大きなガレ場に出た。
昔、こんなガレ場は無かったはずで、数年前のガマスラブの土砂災害ぐらいの時に、ここもこういう風になったのだろうと推測した。
が、問題は、それから沢の対岸からのマラ岩へのアプローチが見つからない、マラ岩は上の方に見えているが。
その旨メールを入れると、コウちゃんも一緒に降りて来てくれて、結局、ガレ場にいく途中の左に入る道を見落としていた。

People Who Wowed This Post

小川山クライミング

thread
小川山クライミング

2021.08.10 小川山クライミング

翌日は晴で、早朝、金峰山荘前にクライミング講習の方々が集合した。
この日はマラ岩に行くそうだ。
レギュラー、イレギュラー、カサブランカなどを登るそうだ。
私は、川で釣りをするつもりだったが、風が強いので(フライフィッシングは風が強いと厄介だ)テントでのんびり本を読むことにした。

People Who Wowed This Post

廻り目平

thread
廻り目平

2021.08.09 廻り目平

Ko-Wallの小川山クライミングツァーにヨシエさんが参加したいということなので、いつもの事だが、アッシー君をした。
前日の8月9日の夕方に廻り目平のキャンプ場に着いたが、天気予報通りの雨だった。
雨の中のテントなどの設営は慣れているが、この日は風も強く、たびたびタープのペグが吹き飛ばされて、何度も補強した。
この日は、ナナーズで買ってきた刺身で手巻き寿司を食べた。
ご飯は、アウトランダーの電源で炊飯器で炊いたので手間要らずで楽ちんだった。

People Who Wowed This Post

ボウリング

thread
ボウリング

2021.08.08 ボウリング

毎月のボウリング大会も、8月開催以降、コロナのとんでもない感染拡大により中止となっている。
リスクを考えると仕方ない。
8月の大会は、3月末退職で新しく退職者の会に入られたワタベさんも参加し、ボウリングを楽しんだ。

People Who Wowed This Post

クライミング ジム

thread
クライミング ジム

2021.07.29 Ko-Wall

クライミングジムに来て、何本か登って、満足して帰る、というのも楽しみ方のひとつである。
目標のグレードやルートを攻略していくのも悪くない。
ただし漠然と登っているのも進歩がないので、コウちゃんに教えてもらったルーティンを繰り返し反復練習し、自動化させていく。
アップを登り、何本か上位グレード(自分にとっての)を登り、その後限界グレードにトライする、最後にクールダウンに何本か登る、という具合でジムの3時間は過ぎていく。

People Who Wowed This Post

真夏の山釣り

thread
真夏の山釣り

2021.07.25 マザーリバーⓂ︎

昨夜は遅くテントを張りスコッチを飲んでぐっすり眠った。
連休最終日でキャンプ場は大勢で賑わっていた。
朝はゆったりして、釣り場に向かう。
マザーリバーⓂ︎は、前回来たよりも渓相は落ち着いており、大水以前に戻りつつあるようだ。
もう真夏と言っていい時期で、この辺りは虻がうるさいので敬遠してきた経緯があるが、この日は幸いに虻の襲来はなかった。
しかし、真夏の山釣りは陽に絆されて辛いものがあった。

People Who Wowed This Post

キャンプ場

thread
キャンプ場

2021.07.24 キャンプ場

イブニングの釣りを終えて川から上がったのが午後8時前だった、この日はキャンプ場に移動する。
マザーリバーⓈ周辺のキャンプ場は連休でどこもいっぱいで予約できなかった。
昨夜は車中泊で、食事はアウトランダーの電源からケトルでお湯を沸かして、アルファ米で済ませた。
タバロくんは、ガスコンロでなんか訳の分からないものを作っていたが。
この日は、この連休中でもテントが張れるキャンプ場を選んだ。
キャンプ場に行くまでの道は、ガスに包まれたり豪雨になったりして、なかなかの冒険だった。
キャンプ場に着くと雨は上がっていてラッキーだった。
タバロくんは、雨に祟られているとやたらとぼやくが、実際は、豪雨に濡れることもなく上手くやっているし、結構ついている。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
    Page 1/87
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>