Search Bloguru posts

平時と有事 ⑤

thread
金融機関・税務署への支払いをストップする。

恐らく、ほとんどの方が
「そんなことは不可能だ」
と言われるかもしれません。

ちょっとだけ考えてください。
「他に道があるのでしょうか?」
「なぜできないと決めつけるのですか?」

ここで考えて頂きたいのが「信用」です。

金融機関や税務署の支払いや納付をストップすることは、あなたの「事業そのもの」にどんな影響があるのでしょうか?

支払い・納付をストップすると、言うまでもなく銀行などの信用は失うでしょう。

ですが、失う信用は、そこまでです。

従業員、仕入先・取引先にまで、その失う信用は波及しません。

銀行への支払いをストップしているからと言って、あなたの会社の従業員が働かなくなったりしますか?
税務署への税金を滞納しているからと言って、仕入先が原料を売らなくなったりしますか?
金融機関から督促を受けているからと言って、取引先やお客様が、商品を買ってくれなくなったりしますか?

全て逆ですよね。

従業員への給与を滞らせて従業員との信用を失えば、従業員は働かなくなる。
仕入れ先への支払いを滞らせて仕入れ先との信用を失えば、次の仕入れができなくなる。
商品を収めなかったりすれば、取引先やお客様の信用を失う。

だとしたら、経営者が「有事」において本当に守るべき「信用」とは、一体何でしょうか?

その答えは、明らかです。

ここまでお話ししてきたのが「平時と有事」の違い、「平時と有事」の対応の差、ということになります。

「平時と有事」では、選ぶべき信用が違う、そして全く別の対応をする必要があるのです。

そうであるのにも関わらず、多くの経営者は「平時と有事」を理解せず、本当に守るべき「信用」を失い、破産に向かって、再起への道を自ら閉ざしていきます。

だからこそ、あなたに理解して欲しい。

ここまでの話を少しまとめてみます。
1.事業の売上に欠かせないのは、「従業員・仕入先・取引先」であり、「銀行・税務署」は関係ない。
2.事業が順調に回っている「平時」では、銀行・税務署と仲良くすべきである。
3.事業が危機的状況にある「有事」では、なぜか多くの経営者が、銀行・税務署の信用を優先してしまう。
4.銀行・税務署への支払いを優先した為に、事業が縮小し、結果、債務超過から破産に至ってしまう。
5.有事において事業を継続するために、本当に優先し、守るべきものは「従業員・仕入先・取引先」である。

最後にもう一度。
「平時と有事」では、選ぶべき道が違う、そして全く別の対応を取る必要があるのです。

People Who Wowed This Post

  • If you are a bloguru member, please login.
    Login
  • If you are not a bloguru member, you may request a free account here:
    Request Account
* indicates required fields
  • none
  • center
  • left
  • right
If checked, your avatar will be displayed
Captcha